猫のアレルギーについて【獣医師が教える】アレルギーの種類

猫の飼い主が心配することに、愛猫にアレルギーがあるのではないか?ということがあると思います。

くしゃみをしたり、体調が優れないなど、アレルギーがあると不安が募ります。

そこで今回は、獣医師が猫のアレルギーの種類やフードとの関係について解説します。

スポンサードリンク

猫のアレルギーの種類

人間と同様に、猫のアレルギーは体の免疫反応の暴走であると考えられています。

ある特定の物質を触ったり、口に入れたり、吸い込んだりした後、正常な免疫反応であれば、適度な状態で体を守ることができます。

しかし、アレルギー反応が出てしまう場合には、その物質に対する免疫反応が過剰である為、結果的に体に異常を来たして不快な状態になります。

例えば、皮膚が赤くなったり、痒みが出たり、嘔吐や下痢、などの症状が代表的なものです。

こう言った猫のアレルギーは、大きく分けて以下の2種類が挙げられます。

食物アレルギー(食物過敏症)

猫が食べた物がアレルゲン(アレルギー原因物質)である場合に、様々な症状が出ます。

例)肉類:動物由来の肉類の内、1種類以上の肉に対するアレルギー反応により、何らかの症状が出る場合があります。

例えば、いつもビーフを食べると体に異常が現れる(嘔吐や下痢する、皮膚にブツブツが出る、など症状は様々)と言った猫は、まず最初にビーフに対するアレルギーを疑います。

穀類:動物に限らず、植物由来の物質に対しても、下痢や嘔吐、皮膚の異常、などの症状が見られることがあります。

食物以外の物質に対する過敏症

食物以外でも、アレルゲンが鼻や皮膚などから入り込み、アレルギー反応が出ることがあります。

例)ノミアレルギー:ノミに寄生されて血液を吸われてしまうと、ノミの唾液の中の成分が猫の体の中に入り込みます。

この唾液に対する過敏な免疫反応により、全身の皮膚に多数のブツブツとした発疹が見られ、猫はひたすら体を舐めたり、掻いたりして皮膚に傷をつけていきます。

その結果、脱毛したり、引っ掻き傷による細菌感染などが起こり、更に、ノミから瓜実条虫をうつされる可能性も高く、問題は深刻化します。

香料アレルギー:香料が加えられている猫の砂や、室内の消臭剤、洗浄剤、と言ったものを吸い込んだり、触れることで、鼻水が出たり、目やにが出たり、皮膚炎になったり、する場合があります。

アトピー性皮膚炎:遺伝的な因子も関係していると考えられていますが、生活環境に存在している何らかの物質、例えば、屋外であれば花粉、屋内であればハウスダストと言われているような物質に対して過剰に反応します。

症状は、鼻水や涙、脱毛、皮膚を異常に舐める、発疹、など、様々なで、全ての猫に同じ症状が出るわけではありません。

また、アレルギーの原因になる物質は1種類とは限りません。

他のアレルギーと同様に、症状に対する猫の行動(舐め過ぎる、掻き過ぎる、など)によって二次的な問題が出てくることが非常に多いです。

年齢やアレルギーが出やすい猫の特徴

アレルギーが出やすい年齢:アトピー性皮膚炎に限っては、2歳よりも早い時期に発症する可能性が高いと言われていますが、一般的に、アレルギーと言われている物に関しては、どの年齢でも発症する可能性があります。

ただし、生まれて初めて特定の食物を口にして下痢や嘔吐などの症状が出る場合には、元々、その食物を受け付けないということがあり、アレルギーとは区別されます。

アレルギーになりやすい猫:サイアミーズ(シャム)は食物アレルギーを発症する好発猫種と言われています(参考:The Feline Patient, fourth edition)が、どの猫も発症する可能性があります。

また、何らかのアレルギーを持った猫の家族は、アレルギーを発症する可能性が高いと考えられています。

スポンサードリンク

アレルギーとフードの関係

アレルギー用のフードは効果ある?

アレルギー用のフードの効果に関しては、まずアレルゲンが何であるかにより、効果も異なります。

例えば、ノミアレルギーの猫に、チキンや穀類にアレルギーがある猫の為のアレルギー用フードを与えても、治療効果は得られません。

まず、ノミを駆除して寄生させない予防を行う必要があります。

一方、穀類にアレルギーがある猫が、穀類を全く含まないグレインフリーと言われているアレルギー用のフードを食べた場合には、効果が期待されます。

しかしながら、アレルギーを発症している原因物質(アレルゲン)が穀類のみでない場合には、全てのアレルゲンを排除しなければなりません。

その為、飼育環境などを徹底的に管理する必要があります。

フードでアレルギーはどの程度解決できる?

フードでアレルギーが解決できる種類のアレルギーであれば、解決できる可能性があります。

しかし、アレルゲンがフードの成分のみに限定されていない症例も存在する為、ライフスタイルからの総合的な評価と診断が必要になります。

例えば、フードはアレルギー用のフードに交換しても、食べる器のプラスティックにアレルギーがある場合には、症状が軽減しても、完全に症状が消えることは難しいと言えます。

安いフードはアレルギーになりやすい?

安いフードに使われている素材が、必ずしもアレルギーを起こしやすいという訳ではありません。

どんな人間も猫も、同じ素材を毎日長期間食べ続けていると、アレルギーになる可能性があります。

また、体質や生活環境、習慣にも個体差がありますから、フードの値段での判断はできないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク