ドッグフードにおすすめランキングを信じて良いの?獣医師が教えるドックフードの真実

人間を癒してくれる可愛いペット達は、今や子供の数を上回る勢いです。

そして、癒し担当のペット達の健康を願って、飼い主さん達は彼らのフード選びに頭を抱えているようです。

インターネットではワンちゃんの飼い主さん向けに、あらゆる角度から分析したドッグフードランキングを紹介しています。

しかし、これらの情報は完璧な一方通行であり、最終的にはワンちゃんの体質や健康状態を考慮して、フードの内容を吟味しなければなりません。

ですから、決してこのランキングばかりに頼ってフード選びをすることが正しいとは言い切れ無いのです。

例えば、犬も祖先である森の狼のように、基本的には動物の肉をメインにした食餌を食べるべきである、と言う発想が根付いています。

しかし、もしもペットのワンちゃんが、密かに腎臓病を発症していて、それを飼い主さんが知らずに、動物の肉たっぷりの高タンパクなドッグフードを食べさせていたらどうでしょうか?腎臓病に一番負担がかかる栄養分と言えばタンパク質ですから、タンパク質を制限する必要があります。

しかし、飼い主さんが我が子の腎臓病に気づいていないとすれば、当然、ワンちゃんは具合がどんどん悪くなる可能性があります。

次に、グレインフリーのドッグフードがかなり流行っているようですが、こう言ったフードのメリットは何でしょうか?穀類にアレルギーがある子は当然、穀類を使っていないタイプのフードを使う必要があります。

しかし、特に穀類のアレルギーが発症していない場合には、必ずしもそれが必要であるのかは疑問が残ります。

グレインフリーのフードの必要性は、患畜さんであるワンちゃんを診察した獣医師が判断することであり、飼い主さんの好みだけで選ぶ物でもありません。

そして一番肝心なことは、ワンちゃんが喜んで食べてくれ、元気いっぱい、快便、尿も問題なし、と言う条件が全て揃ったものがランキング上位でしょうか?飼い主さんが張り切ってインターネットランキングで上位に上がっていたフードを買って来たとしても、ワンちゃんが食べてくれない、下痢をする、と言った反応が出ることも考えられます。

このような体質に関わる問題を考慮した場合、ランキングに関係なく適切な物を選ぶことが必要です。

スポンサードリンク

ドッグフードランキングサイトは信用できるのか

ドッグフードランキングサイトの殆どは、フードの袋に書いてある栄養成分のラベルをそのまま転記しており、”ラベルの内容が正しく表示されている”と言う点では信用しても良いでしょう。

しかし、フードを比較することに関しては、獣医師の立場からは疑問が浮かびます。

その理由は、獣医師がフードをアドバイスする際には、必ずワンちゃんの健康状態を確認し、その時点でのワンちゃんの体調に合わせてフード選びを行います。

従って、フードの原材料の質がどれだけ良いか、嗜好性がどうであるか、と言うことだけに焦点を当てたランキングが、全てのワンちゃんに一律に適切であるとは言い難いのです。

まず、全国で飼われているワンちゃん達を外側から見ただけでも、体重や、運動量、生活スタイル、様々な条件が著しく異なります。

そして、血液検査などでわかる内側の臓器の状態は、同じワンちゃんでも、前回の検査から1年経過していれば異なっている可能性があります。

それを知らずに、ランキングサイトを参考にして評価が高い物を選んだとしても、果たして本当に適切なフードであるかは、実際に与えて経過を見ながら判断するしかありません。

おすすめできるドッグフードとは

お勧めできるドッグフードと言われても、どんなタイプの子にお勧めできるか、と言うところからスタートすれば、限りなく細かい分類が必要になります。

好き嫌いが多い子などには、お勧めできるフレーバー探しから始まりますし、飼い主さんがオーガニックオンリーの方であれば、その限られた範囲の中から引っ張って来なければなりません。

また、獣医師の立場と言っても、アロパシー(西洋医学)を中心にした治療を行うドクターと、ホリスティックを中心にした治療をするドクターでは、お勧めするフードも異なることがあります。

当然、これはどちらも科学的な根拠に基づいてのアドバイスですから、どちらが良い、悪い、ではありません。

結局のところ、健康で長生きするかどうかは、結果が出てみなければわからないのが現実なのです。

ですから、この項目では、ごく一般的な”基礎の部分”でのお勧めドッグフードの条件を挙げてみたいと思います。

・値段

購入に当たって、誰しもが気になるポイントが値段です。

”安かろう悪かろう”と言う言葉の通り、値段が安ければ質は悪くなる、という判断は決して間違っている訳ではありません。

高価なフードである最初の理由が、原材料が高いと言うことは容易に想像できるでしょう。

そして、人間がデパートの食品売り場とスーパーの食品売り場の値段の差からも分かるように、原材料が高い理由は、上質であると判断が出来ます。

値段の目安としては、動物病院で販売されている健康維持を目的とした一般食(療法食は治療目的であり、全く目的が異なる)に近い値段であれば、ある程度の質の高さが期待出来ます。

但し、国内産でない場合には輸送費が上乗せされている可能性がある為、極端に高い値段に跳ね上がっていることもあります。

日本の販売価格がかなり高価で、まるで最高級の原材料と言う印象を受けるかもしれませんが、本国での実際の値段も確認してみると良いでしょう。

・ドライフード派とウェットフード派

これは永遠のテーマとも言えるほど、誰しもが耳にする項目ではないでしょうか。

残念ながら、どちらが優れているかと言う結論を出すことは難しいです。

その理由は、まず、ワンちゃんによってはドライフードが大好きで、そちらを好む子もいますし、当然、その逆もあるからです。

嫌いなフードを嫌々食べさせる訳には行きません。

次に、飼い主さんの懐具合は重要なファクターです。

より安価で、品質が良い物を探している飼い主さんが殆どであると思いますから、少し割高になってしまうウェットフードが、飼い主さんもワンちゃんも100%満足できるフードであるかの判断は難しいでしょう。

また、水分の多い物が良いとされる一方で、歯石が溜まりやすいことが問題とする専門家もいます。

その点、ドライフードは歯石が溜まりにくく、水分はそれなりにワンちゃんが自分で必要量を飲むことで、特に問題視しない、と言う専門家もいます。

どちらも、間違っている訳ではありません。

しかし、歯石問題はいずれにせよ歯磨きをすることで防止できます。

水分に関しても、水を飲ませるような努力をすることで解決ができるでしょう。

ですから、結局のところ、経済理由とワンちゃんの好みと言う点に注目した判断が適切と言わざるを得ませn。

・製造会社に注目

殆どの飼い主さんが、ドッグフードが製造されている会社の名前やホームページなどを確認しているのではないでしょうか。

フードの成分は勿論、原材料がどこから仕入れられているか、工場はどこにあるのか、どのような資格を持った人間が製造に関わっているのか、と言った点が明確に書かれているでしょうか?最も重要な事は、そう言った情報を明確に公開して、品質管理の徹底した状況を消費者である飼い主さんに伝えてくれているか、と言う点です。

最近では、動物栄養学と品質をどこまでも追求した獣医師自らがフードを製造し、飼い主さんに通信販売しているのを見かけます。

こう言ったタイプのフードは、誰が製造して、どのような素材を用いているか、と言う点が明らかであり、何らかの不具合があった場合も直接相談できることから、理想的なフードとも言えるでしょう。

おすすめできないドッグフードとは

国内のペットショップや動物病院だけではなく、国内外のインターネットの通信販売を含めた場合、ドッグフードは数限りないと言っても過言ではないでしょう。

しかし、それらの中から、好ましいと思える物を見つける事は非常に困難です。

そこで、逆に排除すべきポイントを考えてみたいと思います。

・栄養成分

非常に面白いことに、ドッグフードの流行りと言うものが存在します。

どのドッグフード関連の情報サイトを見ても”高タンパク質、動物由来”と言った言葉が散らばっています。

しかし、この言葉の裏には、”あなたのワンちゃんが健康であるなら、多分、これを食べても大丈夫です”と言う意味が含まれています。

例えば、動物の肉由来である高タンパク質のフードであれば、リンとカルシウムのバランスが崩れたり、必要以上に栄養成分を摂取してしまうかもしれません。

当然、必要以上の摂取分は体にとってはマイナスの効果となる可能性があります。

ですから、すぐに高タンパクが良いと思って飛びついてしまわずに、まずは健康診断をして、現状を把握した上で必要な栄養分のバランスを見ながらフード選びするべきなのです。

・賞味期限と製造年月日

ペットショップや大型スーパーのペットコーナーでは、ドッグフードが山積みにされており、その中から適切なフードを選ぶのは至難の技とも言えます。

しかし、単純に篩い分けをする方法の一つとして、賞味期限に注目してみる事をお勧めします。

リピーターが少なく回転が悪いフードであれば、かなり前に仕入れた物が店頭に並んでいます。

賞味期限内で十分に余裕があっても、製造年月日からかなり経過しているフードであれば、人気が無いことを示しており、新鮮さにも欠けているので避けた方が良いでしょう。

また、埃が被っているなども仕入れてからの時間の経過を判断できますが、埃を放置しているような商品管理が悪いショップ自体を避けなければなりません。

・値段

経済的な理由から、少し安価な物を選ぶのは良いと思いますが、極端に安い場合には特売などの例外的なケースを除いて、避けるべきでしょう。

安価に製造できる理由が必ず存在する訳で、その理由の殆どが原材料の質である事は言うまでもありません。

また、国内産と外国産のフードの値段の差は、輸送費の上乗せにあります。

輸送費を含めた値段である事を忘れずに考慮して、フードのクオリティと値段を比較しなければなりません。

・添加物

添加物は、今や人間の食品でもペットフードでも、まるで当たり前のように使用されるようになりました。

もちろん、これらの添加物が全て健康を害すると言う訳ではありませんし、その使用目的はワンちゃんにとってプラスである事も沢山あります。

しかし、往々にして、ペットフードの質が悪い場合には、その質の悪さを補うように使われる事も否定出来ません。

特に人工着色料や保存料に関しては、なるべく避けた方が良いでしょう。

・過去にリコール歴

ドッグフードの製造会社における、過去のリコール歴をチェックする事も必要です。

特に外国産のフードを購入する場合には、該当する会社のホームページやリコール歴がアップされている情報サイトで確認してみましょう。

非常に気に入った外国産フードでも、リコール歴が複数回ある場合には、要注意です。

本当に愛犬のことを考えて餌選びをするためには

飼い主さんも獣医師も、ワンちゃん達が健康で長生きして欲しい訳で、なるべく病気で病院に来て欲しくはないのです。

しかし、インターネットや口コミ情報で、ワンちゃん達の生理学や栄養学を理解したつもりになっていると、思わぬ落とし穴があります。

以前、ペットフード売り場で恐ろしい会話を聞きました。

尿pHがわかるペットシーツを使ったらアルカリ性で、ネットで見たら尿結石とわかった、尿結石を予防できる療法食が欲しい、という話でした。

ペットフード売り場の店員さんは獣医師ではありません。

ですから、獣医師である立場から、”かかりつけのドクターに検査をしてもらって、指示されたフードを購入して下さい”と伝えました。

検査せずにネット情報診断をして、全く見当違いの療法食を食べると、健康に害を及ぼす事もあるので注意しなければなりません。

このように、餌選びに必死なことはよく理解できますが、以下のことは頭に入れておきましょう。

①定期的に健康診断。

見た目健康であっても、心雑音や貧血気味、太り気味、尿の変化、などは獣医師にしかわかりません。

健康状態によって選ぶフードも異なります。

②安価には注意。

動物病院で販売されている健康維持食を目安に、極端に安価である場合には、クオリティに問題があると考えるべきです。

③嗜好性は何よりも大事。

やはり、喜んで食べてくれる物を最優先とすべきでしょう。

④体質。

新しいフードを食べて下痢をする、と言うことは本当によくある事です。

どんなに高級でも体質に合わないフードは害にしかなりません。

⑤”獣医師が勧める”の意味
広告によくあるフレーズですが、その獣医師が自分のワンちゃんを実際に診て判断しているならば良いと思いますが、単に宣伝で書いてあるだけの言葉であるなら、全く意味がありません。

かかりつけの獣医師が勧める、と言うポイントを重視するべきです。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク