プレミアムドッグフードは意味あるのか?獣医師が教える真実

ワンちゃんを飼っている家庭の方なら、ドックフード選びに気を使っているのではないでしょうか。

大切な家族であるワンちゃんにも、良いドッグフードを食べてほしいと思うのは当然です。

最近では、プレミアムドッグフードの人気が上がっていますね。

ただプレミアムドッグフード、一体どんなものなのかわからず買っている人もいるのではないでしょうか。

プレミアムと付く理由は何なんでしょうか。

獣医師が、プレミアムドッグフードについて解説するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

プレミアムドッグフードとは

プレミアムドッグフードとは、高品質な原材料を使用し、添加物を必要最小限に留め、より安全性や栄養価を高めたドッグフードを指します。

では、高品質な材料とは具体的にどのようなものでしょうか。

まずは、ドッグフードのメインである肉についてです。

安価で販売されている市販のドッグフードでは、人間が食べる基準に満たないような肉が犬専用として使用されることが多いようです。

一方、プレミアムドッグフードでは、材料となる肉は人間が食べる肉と同等の部位が使われており、より安全で消化しやすいものになっています。

また、小麦やトウモロコシといった穀物を使用していない、「グレインフリー(穀物不使用)」のフードも販売されています。

これらの穀物は消化の負荷になるだけでなく、食物アレルギーの原因物質にもなり得ることが知られています。

食物アレルギーはワンちゃんの皮膚病の大きな割合を占めるので、グレインフリーという点はプレミアムドッグフードの大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、プレミアムドッグフードの中にも、比較的良質な穀物を使ってはいるものの、「グレインフリー」でないドッグフードもあるようです。

より安全で良質なものを求める場合には、「グレインフリー」の表示があるものを選びましょう。

プレミアムドッグフードの特徴として、添加物が必要最小限に留められているという点も挙げられます。

市販のドッグフードには、合成添加物(人工調味料、着色料、防腐剤など)が含まれていることが多くあります。

プレミアムドッグフードは良質な材料を使用しているために必要のない添加物を加えなくても、ワンちゃんが美味しく食事をすることができるのです。

しかし、添加物が含まれるフードよりも保存期間は短くなるので、そこには注意が必要です。

近年は、高品質、無添加な食事を与えたいという飼い主も多く、肉、野菜、穀物などを組み合わせて「オーダーメイドの手作り食」を作っているという方もいらっしゃるでしょう。

しかしこのようなご飯はワンちゃんの好き嫌いなども影響し、時に栄養バランスが最適ではない可能性もあります。

また、ワンちゃんの体型(肥満度合い)、運動量、年齢などによって必要な栄養量、栄養バランスは変化してきます。

このようなことを全て考慮することは難しいですので、動物栄養管理士がしっかりと栄養バランスを考えたプレミアムドッグフードを使うことも検討してみてはいかがでしょうか。

プレミアムドッグフードは犬の種類やサイズで変えたりすべきなのか

犬とはいっても種類は豊富で、小型犬と大型犬では体格が何十倍も異なります。

基本的な体の構造に違いはありませんので、必要な栄養素や栄養バランスは犬種によって大きく差はありません。

しかしドッグフードを選ぶ点で2つの点は小型犬と大型犬で異なるので、注意して選びましょう。

まずはドッグフードの粒径です。

小型犬と大型犬では歯の大きさも口の大きさも全く違うので、犬種に合わせて粒径を選ばなければなりません。

口の小さい小型犬に粒の大きなフードを与えてしまうと、十分噛むことができずに喉に詰まらせてしまう心配もあります。

逆に大型犬に粒の小さなフードを与えてしまうと、噛むことなく一気にフードを飲み込んでしまうために、吐き戻しの原因にもなります。

もう一つはカロリー量です。

性格にもよりますが、小型犬は大型犬よりも活発に動く傾向があります。

また、身体の大きさに対する運動量も必然的に大きくなります。

例えば、同じ1kmを散歩するにしても、大型犬と小型犬では歩幅は何倍も違うので、同じ距離を歩いたとしても小型犬の運動量は大型犬の何倍にもなります。

さらに、胃の大きさも考慮すると、小型犬は少量のフードでなるべく多くのカロリーを摂取しなければならないのです。

このため、市販のフードもフード1gあたりのカロリー量は、小型犬用の方が高く設定されているのが一般的です。

プレミアムドッグフードを選ぶときも同様、これらの点を考慮して、愛犬の体格にあったフードを選ぶのがよいでしょう。

プレミアムドッグフードの安全性(アレルギーなどのリスクはあるか)

ペットの皮膚炎の10%がアレルギー性皮膚炎で、そのうち23~62%が食物性であると言われています。

そして牛肉、豚肉、鶏肉、卵白、卵黄、牛乳、小麦、大豆、トウモロコシといったものが主要なアレルゲン物質として特定されています。

さらに、ドッグフードに含まれる合成添加物もアレルゲンとなる場合があるため、これらが最小限に留められているプレミアムドッグフードは食物アレルギーを起こすリスクを下げることができます。

また、グレインフリーのフードを選べば、さらにそのリスクは下げることができるでしょう。

しかし、食物アレルギーを起こす原因物質はワンちゃんによって違うので、プレミアムドッグフードを食べていれば食物アレルギーを必ず起こさないというわけではありません。

しかし、市販のドッグフードで食物アレルギーを起こしてしまうワンちゃんなどでは試してみる価値はありそうです。

・プレミアムドッグフードと肥満(去勢・避妊)の関係について
去勢、避妊手術を行った後はホルモンバランスの変化により代謝も変化し、一般的に太りやすい傾向にあります。

このため、最近では去勢、避妊後専用の低カロリーのフードも販売されています。

しかしこれらはカロリーを抑えるために、動物性たんぱく質(肉類)を抑え、穀物(小麦、トウモロコシなど)を多く含んでいるようです。

犬は本来肉食動物なので、動物性たんぱく質が体の維持には大切で、穀物の消化は苦手とされています。

前にも述べた通り、穀物を多く含むフードは消化の負荷になったり、食物アレルギーを起こすことがあります。

このため、太りやすい傾向にあるワンちゃんには低カロリーで高品質な動物性たんぱく質のドッグフードを選んであげると太りにくく、なおかつ健康な体を保つことができるのです。

グレインフリーや穀物の割合が低いプレミアムドッグフードは、肥満予防にも適したフードと言えそうです。

肥満の予防にはフードの内容もそうですが、適した量をあげることも非常に重要です。

犬のライフステージ、運動量などによっても必要なエネルギー量は変わってきますので、こまめに体重を測り食事管理をしっかりすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク