プログラミングに向いていない人の特徴【実は誰でもプログラムはできます】

プログラミングを勉強し始めたけど、自分は向いていないんじゃ・・・

初めて勉強する人にとって、プログラミングの難易度は簡単なものではありません。

むしろ難しいので、自分には向いていないと諦めないでほしいです。

どんな分野にしても、勉強してすぐに理解できることって少ないと思います。

わからないからとすぐに諦めずに、継続して勉強することでプログラミングは誰でもできるようになります。

ただ、それでもプログラミングが身につかずに止めてしまうことはあります。

誰にでも向き不向きはあるので、プログラミングを学んで仕事にしていきたいと考えている人に、どういった人が不向きなのかをお話ししていきます。

スポンサードリンク

ITの技術やプログラミングがあまり好きではない

プログラミングを仕事にするということは、技術を売ることに繋がります。

ですので、プログラミングを勉強したけど、好きではない(興味がない)と感じたら向いていない可能性があります。

就職活動をしていると、ITの世界というのは未経験歓迎という文字をよく見かけることになります。

就職する際には未経験が歓迎だから、もしくは内定をもらうことができた、デスクワークを行いたいと思っていたというようなケースが考えられます。

ただ、プログラミングというのはかなり特殊な技術職であり、未経験であってもプログラミングの世界に少しでも興味がないと継続するのが難しいです。

ただ、プログラミングと言っても、一つではなく、その中には数十種類の言語があります。

  • Java
  • C言語
  • Python
  • PHP
  • Perl

などプログラミング言語はたくさんあります。

一つを勉強してわからなかったから、プログラミングが向いていないと考えないでください。

例えば難易度が高いC言語から勉強して、全くわからないから向いていないと決めつけて止める人をよく見かけます。

もしそのプログラミング言語が難しいと感じたら、別のプログラミング言語を勉強してみて下さい。

新しいプログラミング言語の方が、自分に向いていた!という結果になることもありますよ。

私はそれがPHPでしたが、個人によって差異はありますので自分に合った言語に出会えるとプログラミングに対する苦手意識が改善されるでしょう。

プログラミング言語も向き不向きは人それぞれなので、向いていないと感じたら他のプログラミング言語にも目を向けて下さい。

最新技術を学ぶ姿勢がない

ITの世界は常に進化し続けています。

数年前まではスマホがなかったことを考えると、今はどんどん技術が進歩していることを感じることができます。

そういった最新の技術を支えているのはプログラミングなのです。

そしてそのプログラミングの言語もどんどん新しいものが生まれています。

そのため常に最先端の技術が蔓延する環境に身を置いて、常に自分の知識を再進化する姿勢が求められます。

そのため決まった仕事だけをやっていきたいという人や勉強を続けていくのは望ましくないと考えている人は不向きだと考えられます。

ただ、新しい技術とは何かしらが便利になったり、めんどくさい仕事がシステム化されて簡単になっていることが多いです。

勉強して何が良くなるのかというメリットを自分できちんと知ることで、最新技術を受け入れる心構えができると、勉強も悪くないと思うことができます。

意外と思うかも知れませんが、昔のプログラミング言語よりも、今のプログラミング言語の方が簡単になっています。

最初の取っ掛かりは難しいかもしれませんが、プログラミング言語も新しい方がより使いやすくなっているので、難しく考えないでください。

もちろん基本を知っていることが前提ですが、その基礎を勉強している段階で向いていないと諦めないでください。

ちょっとしたきっかけで、プログラミングが楽しくなりますよ!

スポンサードリンク

作業内容に疑問や課題を見出さない

プログラミング言語はコーディングと呼ばれるプログラミングコードを書き、そこに意味を持たせることで初めてシステムとして動きます。

ただ、そのコードの中で無駄があったり、余計な動作を挟んでいることがよくあります。

そういった余計な動作というのはシステムを動かすうえで、エラーになって動かなくなることはよくあります。

プログラミングは作って終わりではなく、より精度を上げるためにトライ&エラーを繰り返す必要があります。

良いプログラムを作ることが、世の中の役に立つのです。

ただそのためには、すぐに満足せずに、もっと良い方法はないかと探求する精神が必要になります。

そういった観点でこれでいいのかという疑問や、こうしたらもっとよくできるのではないかという思いをもって常に仕事と向き合うことができない人はプログラミングに向いていないかもしれません。

そんな時はこうしたらもっと良くなったという事例を知ることや、上司にもっとよくできないかを聞いてみることです。

もっといい案なんて浮かばないからとあきらめるのではなく、事例を知ったり他社の知恵を借りることによってより良い結果が得られるということを知ることで疑問を持つことの大切さを知ることができます。

こうした力は、プログラミング初心者には難しいですが、仕事で実務をこなすと自然と身に着く力になるので安心してください。

地道な作業があまり好きではない

意外かもしれませんが、プログラミングの世界は繰返しの連続です。

自分が構築したソースコードがきちんと正しく動くのかを常に意識しなくてはいけません。

ソースコードを動かしてエラーが出たら、デバック機能を用いてミスが出た場所を検証する作業になり、細かい修正をずっと行い続けなくてはなりません。

細かい仕事や繰返の検証が嫌になってしまうという人は、プログラミングが向いていない可能性があります。

ただこれについては、テスターなどを使ってテストをしたり、複数人でプログラミングをするので、あった方が良い能力になります。

これができないと、プログラミングに向いていないわけではないので安心して下さい。

あと補足ですが、自分のソースコードは自分の成果物になります。

自分で作ったソースコードがどんな役割を果たし、どういった挙動になるのか考えながらプログラミングしてみてください。

どんな挙動になり、どういった役割を果たすのかを明確に知ることによって、自分のソースコードに愛着が沸いてきますよ。

プログラミングに慣れてくると、こうした地道な作業も自然にできるようになります。

プログラミングに向いていないと決めつけないこと

プログラミングを進めるうえでの向いていない人を紹介しましたが、不向きでも上手に付き合う方法やだんだん好きになることもあります。

実際に、プログラミングを仕事としている人の多くは、自分がプログラミングに向いていないと何度も感じています。

それでも継続をして努力をすることで、徐々にプログラミングの本質に近づいていけるのです。

体験すればわかりますが、自分が作ったものが動いて、世の中の役に立っていることが分かると興奮しますよ。

あとプログラミングは一人で行うわけではなく、チームで作るので周りの仲間と切磋琢磨できるのも成長のきっかけになります。

初心者のころは一人で悩み苦闘しますが、誰でも通る道なので諦めないでください。

プログラミングは最先端の技術でもありますし、もし好きになれるのであれば非常に楽しくできる仕事なので、上手に付き合っていってほしいと思います。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク