新入社員を放置プレイ!そんな会社はブラック企業の可能性もありますよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒で企業に入社した人は、当然、企業で正社員として働いた経験がないのですから、何の教育もなくすべてのことを一人で行うということは無理があります。

企業の責任として、新入社員に対しては、一定期間、一定の教育を行う義務があり、それを行わない企業では、人は育たないと言われています。

新入社員である人も、『教えてもらう』というスタンスを全面に押し出す姿勢は、あまり良くないのですが、今、働いている企業は、新入社員である自分に対してどのような接し方をしてくれていますか?

就活生時代に、『この企業は良い』、『自分が好きな商品を扱っているから入社したい』など前向きな気持ちを持って入社した企業でも、自分に対してあまり関りを持ってくれない環境であれば、当初の前向きな気持ちも薄れてしまうでしょう。

就活生時代に感じた企業に対しての印象は、あくまで表面的なもので、実際は入社して自分がその企業内で働いてみなければ正確なことは言えないのです。

その意味では、新卒で入社した企業が自分にとって良い企業か悪い企業かは運も左右するということが言えます。

運良く、社内環境も最高であれば、問題ないのですが、運悪く、新入社員である自分を放置する社内環境であれば、その企業に在籍し続けることは、時間の無駄であり、ビジネスマンとしての自分の成長を抑制する要素になる可能性が高いです。

今回は、放置されている新入社員が取るべき対応についてご紹介していきます。

放置とは、悪です。

人は、だれでも初めのことについては、経験がありませんので初心者です。

初心者である人が、何かをやろうとするときには、一定のガイドラインなどが必要ですが、企業に置き換えると、育成プログラムということになります。

新入社員を採用して、その人材をどのような教育でどのような人材にいつまでの期間で育てるのか、ロードマップというものが企業にはあります。

ロードマップがあれば、新入社員を育てる環境が整備されているということで、新入社員である人は、ある程度、成長できる機会があると考えて良いでしょう。

ロードマップなどの教育体制がない企業は、放置を都合の良い解釈に捉えて、自分で成長するようにという指示を出します。

基本的なビジネスマナーぐらいは教えてくれても、それ以降の実務に関係することは、上司や先輩から教えてもらうのではなく、自分で実践を通して成長する、または、自分から分からないことは聞きにいくという考えを持っています。

後者については、新入社員にも大事な心得ではありますが、初心者であるため、周りのサポートがなければ、その企業で働き続けるということは難しいでしょう。

企業の教育環境において、『放置とは悪』です。

放置されているのであれば、または、新入社員が放置されていると感じるのであれば、その企業に長く在籍するよりも、一定の早いタイミングで転職すべきだと言えます。

教育環境があるなかで実務を行うことと、教育環境がないなかで実務を行うことでは質が違いますし、習得までの時間が違います。

教育環境がないなかでの仕事は、基本的に自己流になりますから、応用が効きません。

仕事は単一的なものではなく、同じ仕事内容でも状況により詳細が異なり、応用に対応できるスキルが必要です。

自己流で仕事をやっていると、このあたりについては全く対応することができず、ミスが続き、上司や先輩から注意や指摘を受け、自分の評価にも影響があります。

評価に影響があるということは、企業内では賃金が下がるということになりますから、新入社員の生活には悪影響があります。

本来、新入社員の責任ではない部分を、自分の責任にされて自分が不利益を受けるということを許容できる人はどれぐらいいますか?

恐らく、ほとんどの人は不満に感じるはずです。

残る選択は転職のみ

教育環境がなく、放置されている企業で、『いつか分かってくれる』、『いつか放置ではなく教えてくれるようになる』という淡い期待はやめましょう。

放置が文化になっている企業は、昔からこの文化を持っていますし、企業は組織で運営されていることですから、そう簡単に企業の文化や制度が変わるということはありません。

つまり、今放置されているということは、その企業に在籍している限り、一生、放置されるということです。

もちろん、年数の経過とともに新入社員ではなく中堅、ベテランと立場は変わっていくのですが、新入社員時代に放置されたことにより、ビジネスに対する基本がないため、大きな成果を残すということは難しいでしょう。

企業が変わらないのであれば、自分が変わるしかありません。

自分が変わると言っても、企業は組織ですので、自分が企業内でいかに変わっても組織が変わるということは難しいですから、自分が変わるという意味は、転職して、自分を取り巻く環境を変えるということを意味します。

放置されている新入社員に残された選択は、転職しかありません。

同じ新入社員で他の教育体制が整備されている企業はしっかりと教育してくれるにも関わらず、自分は放置されているということは不合理でしょう。

今は、転職することは文化になっていますから、新入社員が早期に企業を退職し違う企業に転職しても特別、不思議なことではありません。

新入社員で早期に退職するということは、第二新卒に該当しますが、第二新卒の転職市場は、今、非常に熱い状況になっています。

転職活動の方法として求職者から最も支持を受けている転職エージェントのなかには、わざわざ、別事業として第二新卒の転職支援に特化している場合もあります。

転職エージェントの動向は、そのときの転職市場の状況がリアルに反映されていますので、注目すべき点です。

このように転職エージェントの多くが第二新卒の転職支援に力を入れているということは、それだけ、求人が多いということです。

求人が多いということは、転職市場で第二新卒を対象にした採用活動を行っている企業が多いという証明になります。

昔は、新入社員で入社した企業を3年以内で退職する人に対して、悪いイメージが先行していたのですが、今は全く違う環境になっています。

放置されている環境で我慢して基本を身につけることなく在籍期間だけが長くなるビジネス人生よりも、早期に見切りをつけて違う企業に転職した方が長い目で見ると新入社員には絶対にプラスになります。

放置されている新入社員は、かなり不遇な環境になっていて、同世代の人と比べてもビジネススキルの習得については出遅れています。

このことを理解して頂き、放置されているのであれば、思い切って転職すべきです。

放置されている新入社員の転職方法

転職市場には、いくつかの転職方法がありますが、理想的な転職活動を行うためには、転職エージェントを利用することをオススメします。

新入社員の転職活動は、ビジネス経験も浅く、当然、初めての転職活動になりますから、どのように転職活動をすれば良いのかということも不透明でしょう。

であれば、自分で転職活動をすると放置されている今の環境と同じく、自己流の転職活動になってしまいますので、転職活動の質は悪く、また、活動期間も長期化する可能性もあります。

転職活動初心者であるため、転職に関して専門的な知識や過去に転職支援を行ってきた実績とノウハウを持ち自分の転職を支援してくれる存在が必要です。

この存在は、言ってみれば、転職活動を教えてくれる立場に人になります。

自己応募の方法で転職活動をすると転職活動のすべてを自分一人で行わなければなりませんし、不安が大きいでしょう。

企業内で放置されているときの自分の心境はどうでしたか?

今、やっていることが正しいのか、もっと違ったやり方があるのではないかと不安が多かったはずです。

初心者である以上、企業内での仕事も転職市場での転職活動も本質的には同じことです。

転職エージェントを利用すると、転職支援のプロであり転職支援実績が豊富なキャリアアドバイザーが必ず担当でついてくれます。

求人紹介はもちろんのこと、転職活動のやり方、求人企業の具体的な説明と、ありとあらゆることを教えてくれます。

教えてもらうことで、新入社員の求職者も転職活動に関するやり方含めた知識が身につきますので、転職活動中に不測の事態があっても、応用的に対応する能力が身につくということになります。

転職エージェントのなかでもリクルートエージェントは必須利用

新入社員の求職者は、転職市場では未経験者枠となる第二新卒に含まれます。

1年、2年程度の経験があっても転職市場では経験者とは扱われず、未経験者枠に入ります。

第二新卒の転職支援を得意とする転職エージェントがあれば、その転職エージェントは絶対に利用すべきで、その転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、日本で最も求人を多く扱い、転職支援実績も日本一です。

なかでも、第二新卒の転職支援には実績が豊富にあり、多くの第二新卒者がリクルートエージェントを通じて転職成功しています。

放置されている新入社員は、リクルートエージェントを利用すると、転職活動では放置されるkとなく、手取り足取り、細かい部分までアドバイスをしてくれますから、充実した転職活動、自分の納得いく転職を実現することができます。

放置されていることを転職理由にしない

企業の多くは、新入社員に対して、『自ら学び、考え、行動できる人』という人物面を中途採用には求めています。

ベンチャー企業を中心に、上記のことに加えて、『結果を出せる人』という高い基準を求める企業もあります。

転職理由に『新入社員である自分を企業が放置している』という内容を添えると、選考を行う企業には良いイメージを与えることは難しいでしょう。

実際に放置されていても、選考を行う企業からすると、『教えてもらう=受け身体質』と感じ、選考見送りにすることが多いです。

恐らく、転職エージェントを利用せずに転職活動をする新入社員の求職者は、放置されている現状をそのまま転職理由にしてしまうでしょう。

そこでリクルートエージェントなどの転職エージェントを利用すると、この部分を選考通過することができるように、うまい転職理由を一緒に考えてくれます。

例えばですが、『自分で仕事をやってみて分からないところは自分の考えを持った上で教わろうとしたが、それすら許されない環境だった』などです。

この転職理由であれば、新入社員である自分は、まずは自分で考えて行動し、その後、自分の考えを持ち質問したという印象を企業に与えることができます。

リクルートエージェントを利用すると、企業のそれまで選考通過理由や見送り理由をデータベースにまとめていますので、企業それぞれの選考ポイントに合わせて転職理由をカスタマイズしてくれます。

放置は十分な転職理由

新入社員で放置されているということに対して、なかには自分に厳しい視点を持ち、できない自分が悪いと思い、我慢し続ける新入社員もいます。

『放置されているぐらいで転職しては、理由が浅はか』ということで、転職は頭に浮かんでも実際に行動しようとはしない人もいます。

しかし、転職市場は自分が思う以上に、新入社員が放置されている環境に対して寛容です。

放置されている環境は十分な転職理由になりますし、十分、企業も理解を示してくれます。

放置環境を我慢していると同世代の人に大きな差がつきます。

今の日本では人生において数回、転職することが普通になっています。

新入社員である今、実力に差がつくということは、将来の転職活動ではかなり苦戦すると言えます。

将来的に転職を視野に入れている新入社員であるならば、絶対に放置環境から早期に自分を解放して、転職すべきです。

転職することで、自分の成長に助長し、将来的な自分のマーケットバリューを引き上げることができるのであれば、転職することはベストな選択です。

転職活動は、転職エージェントを利用し、なかでも第二新卒の転職支援に定評があるリクルートエージェントは絶対に利用してください。

リクルートエージェントだけの利用で十分、早期に納得できる転職ができるはずです。

しっかりと転職活動のやり方を教育してもらい、求職者として情報ややり方を身につけならば、自己流ではない転職活動を実践してください。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

スポンサードリンク

スポンサードリンク