資格

簿記2級の勉強時間は?効率的に勉強すれば短縮できる

簿記2級の勉強時間はかなり必要なイメージですが、実際のところどうなのでしょか。

まず簿記2級の勉強時間について触れる前に、前提条件から理解してもらうことが大事になります。

簿記2級を受験する場合、簿記の基礎を理解できていることが前提となります。

そのため簿記3級を取得している、またはそれと同等の学力があることがスタートの目安となります。

簿記2級の通信講座を比較 効率的に勉強ができる講座

簿記2級は効率的に勉強をすれば、独学での合格は難しくありません。

ですが学校や会社勤めをしながらの勉強は簡単ではなく、少しでも効率的な勉強をすることが必要になります。

効率的な勉強という意味では、簿記2級の通信講座を使うのは時間を有効に使える勉強法としておすすめできます。

簿記2級の通信講座は、一昔前はDVDや参考書を使った家庭学習がほとんどでした。……

中小企業診断士の独学と合格への着実な勉強法

中小企業診断士とは

中小企業診断士は資格の中でも難易度が高いことで有名で、合格するためには戦略的に勉強することが必要になります。

経営に関する知識を網羅的に問われる中小企業診断士試験。1次試験では、7科目という幅広い知識が求められ、2次試験ではそれらの知識を活用して自分の言葉で説得力のある解答を書くことが必要となります。

2次試験までの合格率が受験者全体の5%程度……

宅建を3ヶ月の独学で合格した効率的な勉強法

宅建は勉強法次第で、独学でも合格することができる資格になります。

私も実際に3ヶ月の勉強で、宅建に独学で合格することができました。

宅建は勉強のコツさえわかれば、誰でも独学で取得することが可能です。

独学の勉強のポイントとしては、参考書選びが重要になります。

FP3級に独学で合格できる効率的な勉強法

FP3級は、独学でも1週間あれば簡単に合格できる資格です。

ポイントを押さえたテキストと問題演習をすれば、FP3級は短期間でも合格できます。

金融や不動産の勉強をしている人ならば、数時間の勉強でも対策できます。

FP3級は、学科試験と実技試験にわかれていて覚えることはそこそこ多いです。

全てを完璧にするのが理想ですが、FP3級合格だけを……

社労士は転職に有利?体験談から見る成功へのポイント

私は社労士資格で中小企業の(従業員100~300人程度の規模)総務職として採用されました。総務職といっても上記規模の中小企業ですので、人事・総務・労務・法務・経理等といった、いわゆるバックオフィス部門を全て統括しているセクションです。

このセクションは広く浅いという業務ですので、社労士の専門性をそこまで活かすことはできません。専門性を活かすという意味では、大企業の人事職や社労士……

宅建資格保有で転職成功した体験談

宅建を持っていると転職に強いと言われています。一生食べていける資格としても宅建は人気が高いですが、就職率が悪い現在でも通用するのでしょうか。答えは、宅建を持っていると転職に有利なことは間違いありません。実際に宅建を持っていて、転職に成功した体験談を紹介します。

宅建保有で転職が決まった職種

不動産の賃貸営業職です。営業職と言っても、お客様のお部屋のご案内、お申込みだけが仕事では……

簿記2級は転職に有利?採用率を上げる効果的なアピール方法

簿記2級は転職に有利な資格として人気が高いです。特に経理や事務などの職種では、簿記2級を持っていると採用されやすいと言われています。

確かに簿記2級を持っていると、簿記を持っていない人に比べて転職は有利になるでしょう。ですが簿記2級を持っている人も多く、それだけでは差別化できない時代になりました。転職で大事なことは、簿記2級の資格を持ってどんな仕事ができるかのアピールになります……

英語が苦手な人でもTOEIC600点が取れるようになる勉強法

英語が苦手な人がTOEIC600点を超えるのは、簡単なことではありません。勉強はしているが、TOEIC600の壁に苦戦する人もかなり多いです。

TOEIC600点は英検2級レベルと言われているので、学生時代に英語が得意な人でも苦戦するかもしれません。しかしTOEICは英語の資格試験でも、勉強法次第でスコア……

簿記3級に1週間の独学で合格した勉強法

簿記3級は、独学でも比較的簡単に取得できる資格として人気があります。

私も就活時代に資格があると有利になるので、1週間の独学で簿記3級を取りました。

合格率は平均して4割前後が多く、資格の中では普通の部類になると思います。

ですが独学で勉強する場合、しっかりポイントを押さえないと合格できませ……