転職

プログラマーは残業時間が多いので、転職する際は会社選びに注意

「プログラマーは激務」「家に帰れない」などのように、プログラマーの置かれた労働環境の厳しさは皆さんの聞かれることが多いのではないでしょうか。筆者はシステムエンジニアですが、仕事で関わるプログラマーに話を聞くと、「納期前は帰れないことも多い」とか「毎日終電で帰る」などといった声もよく耳にします。

現役プログラマーの中には、こういった環境に限界を感じて、転職を考える人も多いと聞きま……

31歳の転職体験談 失敗しない転職にするためには

 

30代になってしまうと転職するのを躊躇してしまいます。

20代なら企業側も若さとやる気があれば採用してくれるところが多くなりますが、30代になるとそれなりのキャリアやスキルがなければ転職は難しくなりますし、転職できても収入が減ってしまう可能性が高くなります。

今回は31歳で年収アップしての転職を成功させた方の体験談をご紹介したいと思いま……

残業時間100時間を考察!損をしない生き方を学ぶこと

残業100時間と聞くとどう思いますか?

残業時間は残業手当も出るので、あえて残業している人もいますね。でも過度の残業は体への負担も大きく、結果的に仕事を辞める原因になっているケースが多いです。

最近では大手企業の過酷な残業時間についても話題になっているので、残業時間を深刻に考えている人も多いですね。

今回は残業時間でも多いと言われる、残業100時間に……

30代女性の転職!逆転の発想で成功することができる

30代と言えば、35歳限界説ある年代です。女性だけではなく、男性も30代となれば転職が難しいと言われています。

男性に比べて女性の場合30となると様々な理由があり、既婚か未婚かでも仕事ができる時間帯が違ったり、目標も違います。

では、30代の女性は転職しにくいのでしょうか。実際の転職市場では、30代の女性の転職活動はキャリアによってかわります。そこで、30代女性が……

社労士は転職に有利?体験談から見る成功へのポイント

私は社労士資格で中小企業の(従業員100~300人程度の規模)総務職として採用されました。総務職といっても上記規模の中小企業ですので、人事・総務・労務・法務・経理等といった、いわゆるバックオフィス部門を全て統括しているセクションです。

このセクションは広く浅いという業務ですので、社労士の専門性をそこまで活かすことはできません。専門性を活かすという意味では、大企業の人事職や社労士……

宅建資格保有で転職成功した体験談

宅建を持っていると転職に強いと言われています。一生食べていける資格としても宅建は人気が高いですが、就職率が悪い現在でも通用するのでしょうか。答えは、宅建を持っていると転職に有利なことは間違いありません。実際に宅建を持っていて、転職に成功した体験談を紹介します。

宅建保有で転職が決まった職種

不動産の賃貸営業職です。営業職と言っても、お客様のお部屋のご案内、お申込みだけが仕事では……

35歳限界説!転職を成功させるために知っておくべきこと

転職には年齢における「限界説」というものがまことしやかに言われており、「35 歳」という年齢は、転職における大きな境界線となる年齢です。

実際、求人を預かるクライアントから求人の依頼を受けた際に推薦してほしい年齢層を確認すると、上限年齢として「35 歳迄」というキーワードは企業人事から発せられることも少なくありません。転職市場においても「35 歳限界説」という言葉もあり、35 ……

転職エージェントを徹底比較!評判が高いおすすめランキング

転職エージェントという言葉を、聞きなれない人も多いと思います。何も知らないと、転職エージェントを怪しい商売と思う人もいるかもしれません。転職エージェントとは、専門のアドバイザーが転職を支援してくれるサポートのことです。

一人では難しい転職を、次の職場が決まるまでサポートしてくれるの……

仕事ができる人が辞める理由は?多くの人が転職に成功しています

仕事ができる人が辞めると、会社中がパニックになってしまいます。仕事ができる人が辞める理由はいくつかあり、その理由の多くは給与や仕事内容への不満があります。またブラック企業のように、過酷な労働に耐えられず辞めるケースも多いです。

仕事ができる人が辞める最近の傾向としては、ブラック企業が理由だけではないことが特徴です。転職に成功している多くの人たちは、年収やスキルなどのキャリアアッ……

手取り18万ってブラック企業?実際に生活できるのか検証します

手取り18万って少ないと感じますか?ブラック企業の給与でも解説していますが、転職で手取り18万はちょっと考え直した方が良いレベルです。

転職だけではなく、手取り18万からあまり給与が上がらないことも現代の企業では多いですね。では手取り18万は生活するのに妥当な金額なのでしょうか?今回は手取り18万の実情について説明するので参考にして下さい。

手取り18万の求人は多い <……