算数

中学受験算数の基礎力を効率的に勉強できる学習法

投稿日:

中学受験の算数は、勉強法次第で偏差値が大きく変わる教科です。

苦手な子供も多く、算数ができないと入試では致命的になりかねません。

逆に算数の点数が高ければ、偏差値が高くなり合格率が上がります。

中学受験の算数は、決して簡単な教科ではありませんが、勉強法次第で偏差値を10上げることは可能です。

中学受験算数の学習法が詳しく書いてあるおすすめの本

中学受験算数の学習法は、正しい手順で行えば成績を上げることは可能です。

しかし親などが参考書を購入する場合、レベルに合わないものを選ぶケースが多いです。

レベルが合わない参考書で算数を勉強すると、成績が伸び悩んでしまいます

中学受験算数の参考書は、ある程度難関中学を対象にしたものが多いです。

そのため中堅私立などの対策をする場合、それに合ったレベルの参考書を選ばないと意味がありません。

それを理解せず、難しい参考書を選ぶ親も多く非常に勿体ない勉強をしている家庭もあります。

中学受験算数の学習法を考えた場合、参考書選びが最初の壁になります。

正直なところ自分で選ぶのは難しいので、中学受験算数の参考書について詳しく書かれている書籍を利用しましょう。

おすすめの書籍は、「中学受験を成功させる算数の戦略的学習法」になります。

中学受験の算数を学習する場合、この本を最初の1冊として利用すると効率的に勉強ができるでしょう。どの参考書がどのレベルの子供に合うかなど、非常に丁寧に書かれているのが特徴です。

参考書というと、問題集などをイメージする人が多いと思います。

しかしこの本は、中学受験算数の学習法に役立つ情報について書いてあります。

こういった参考書は見かけないので、勉強法に悩んでいる人にはうってつけの1冊になるでしょう。

この本を読むだけで、偏差値を10上げることはできません。

しかし実践することで、中学受験算数の偏差値は確実に上がるでしょう。

子供向けというよりも、親が読んでおくべき1冊と言えます。

中学受験を成功させる算数の戦略的学習法 増補改訂版 (YELL books)

中学受験算数の基礎力を上げる学習法

中学受験算数が苦手な子供は、算数の基礎力が不十分な場合が多いです。

算数は基礎力を上げなければ、中学受験では成績が伸び悩んでしまいます。

どの中学を志望するにしても、最低限の基礎力は不可欠になるのです。

小学低学年の頃から中学受験を意識していれば、中学受験対策の算数をある程度勉強しているでしょう。

しかし高学年などのように、途中から中学受験に切り替える家庭も最近は増えています。

そうなった時に、最初の壁となるのが中学受験算数のための基礎力になります。

Z会中学受験シリーズ 入試算数の基礎30

小学校である程度算数ができる子供でも、中学受験の算数はかなり苦戦します。

学習方法もわからず、結局挫折してしまう例もかなり多いです。

そんな中学受験算数の学習方法に悩んでいる子供におすすめの参考書は、「Z会中学受験シリーズ 入試算数の基礎30」になります。

「Z会中学受験シリーズ 入試算数の基礎30」は、小学3・4年生レベルから対象となります。

中学受験に必要な算数の基礎力を、効率よく学習できる良い参考書です。

Z会をやっている人向けという声も多いですが、実際にはこれから中学受験を目指す子供にも最適な内容になっています。

テーマを30に絞っていてポイントを押さえて、算数を学習することができます。

ただし基礎力を上げることが目的のため、難関中学などに通用する学力は身に付きません。

中学受験算数の学習法の最初の1冊として、本書を使うことをお勧めします。

Z会中学受験シリーズ 入試算数の基礎30

栗田哲也先生のスピードアップ算数〈基礎〉

Z会の参考書と同じくらい良い参考書として、「栗田哲也先生のスピードアップ算数〈基礎〉」があります。

この参考書の良いところは、算数を解くための効率よい解き方を覚えられるところです。

この本の良いところは、基礎力を上げるだけではなく応用力も同時につけられるところです。

この本は算数ではタブーとされる、暗記を重視した解き方を説いている珍しい参考書です。

しかし暗記重視といっても、算数の解法を暗記するという画期的な暗記になります。

この参考書で反復練習を繰り返すことで、問題を見た瞬間に解法が思いつく実力を養成することができます。

テキストも全体的に見やすい構成になっているので、小学生でも飽きずに勉強できる工夫がされています。

内容は若干高学年向けの印象があるので、低学年やこの参考書が難しいと感じたらZ会で基礎を勉強しましょう。

その後にこの本を学習することで、間違いなく算数の成績を上げることができます。

中学受験で差がつく算数ですが、勉強法を工夫すればステップアップできることがわかる良書です。

親が読んでもなるほどと感じると思うので、一度読んでみると中学受験算数の学習法の参考になると思います。

栗田哲也先生のスピードアップ算数〈基礎〉―中学受験総合チェック

中学受験算数の基礎をしっかり学習した場合の偏差値は

上記で紹介した参考書は、偏差値でいうと40から55位の子供が対象になります。

これより高い偏差値の場合、基礎力は十分ついていると考えてよいでしょう。

ただし算数をもう一度基礎からやり直したい場合は、非常に役立つ本だと思います。

上記の本をしっかりと学習すれば、算数の偏差値はコンスタントに50から55を超えるレベルになれるでしょう。

算数が苦手な子供でしたら、何度も繰り返して学習して下さい。

時間はかかりますが、基礎力を疎かにしては応用問題を解く実力はつきません。

中学受験算数の参考書は、書籍によってレベルが全く異なります。

基礎力を身につけるためには、最初の1冊選びが非常に重要になります。

ここを間違えないでしっかりと学習すれば、中学受験の算数を攻略することができます。

高い偏差値用の参考書は、基礎力が身についてから取り組みましょう。

レベルに合った参考書で勉強すれば、子供は挫折せずにやる気を継続してくれます。

算数はセンスという人もいますが、毎日の努力で中学受験レベルなら確実に合格できる点数を取ることは可能です。

中学受験は、学力と同様に準備や調査が重要になります。

遅いスタートでも、しっかりと準備をすれば巻き返しは十分に可能です。

そのためには、どんな学習法が効果的かなど、中学受験に必要な情報を最初に確認しておきましょう。

これから中学受験を開始する家庭や、初めて中学受験をする家庭は、「はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識」を一度読んでおくことをおすすめします。

目からウロコな情報も多く、中学受験の準備に非常に役立つ一冊です。

精神的に追いつめられる中学受験で、知っておくと対処できる情報がたくさん載っています。

はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識

-算数

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.