中高一貫校

中高一貫校を選ぶメリットとデメリット

投稿日:

中高一貫校を選ぶ場合、そのメリットばかりが注目されています。

中学受験が一般的になってきている昨今、中高一貫校に合格することが全てメリットになるわけではありません。

しかし中高一貫校にはデメリットもあるので、入学後に不利にならないように注意しましょう。

中高一貫校に入学するメリットとデメリット

中高一貫校に入学するメリットとしては、以下の要素があります。

・6年間しっかりしたシステムの教育を受けられる

・公立中学に比べて中高一貫校は授業レベルが高い

・周りの生徒の学力が高く刺激しあうことができる

・同じ環境で過ごすことができる

中高一貫校のデメリットは以下のものが挙げられます。

・高校受験を経験しない分ストレスなどの耐性がつかない

・6年間同じ人間関係になるのでコミュニケーション能力に不安が残る

・中高一貫校は学費が非常に高い

中高一貫校の場合、メリットとデメリットは表裏一体と言えます。

環境が最高であれば、間違いなく充実した6年間を過ごすことができるでしょう。

しかし環境に問題があれば、辛い6年間を過ごすことにもなりかねません。

特に中学受験では学力だけに焦点が行きますが、実際には人間関係の方が重要になります。

小学校時代からの友達もいない状態からのスタートになるので、コミュニケーション能力が弱い子供は孤独感を持ってしまいます。

どんなに勉強環境が良い中学でも、友達がいなければつまらないものになります。

中高一貫校はメリット以上にデメリットに気を付けるべき

大学進学までを見据えた場合、中高一貫校のメリットは非常に大きいと言えます。

しかしメリットばかりに目を向けないで、デメリットもしっかりと理解しなければなりません。

中学で子供が大変な思いをしないためにも、しっかりとケアすることが重要です。

中高一貫校に入学した場合、最初の壁となるのは知らない子供たちとのコミュニケーションになります。

思春期の中学生は、意外と他の子供に触れ合うのに抵抗があります。

最初の友達作りで失敗すると、学校に行くのが嫌になる事もあるのです。

こういったデメリットが発生するのは、中学受験で勉強ばかりしていたことも原因になります。

しっかりと家庭や友達ともコミュニケーションをとらないと、中高一貫校のメリットよりもデメリットで大変な思いをします。

中高一貫校は将来的にメリットも大きいですが、デメリットもあることを理解しましょう。

-中高一貫校

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.