偏差値

中学受験の勉強で偏差値は簡単には伸びない

投稿日:

中学受験で、偏差値は一気に伸びる子供とそうでない子供がいます。

塾などがきっかけで、一気に偏差値が上がる子供にはある特徴があるのです。

なかなか偏差値が伸びなかったら、少し見方を変えてみましょう。

中学受験の勉強と偏差値の関係

中学受験の偏差値は、勉強の出来だけでは判断が難しいものがあります。

有名な難関中学の偏差値を判定してくれる模試は、はっきりいって普通の模試とはレベルが違います。

受験しているテストによっても、偏差値は変動してしまうのです。

普段の偏差値が60だとしても、四谷の模試などでは50を下回ることすらありえます。

偏差値は勉強結果の判定基準の一つですが、受験している試験で変わることを理解しましょう。

そして自分の志望校のレベルと、模試のレベルが合っているかも確認しましょう。

これを理解しないで、簡単な模試で偏差値が高く喜ぶと後が大変です。

特に小学校で勉強が出来る子供は、そういった模試である程度良い結果を残せます。

しかし難関中学などを対象とした模試を受けると、あまりの偏差値の低さに驚くのです。

中学受験の勉強で偏差値が伸びるタイミング

中学受験の勉強で偏差値が伸びるタイミングは、小学5年から6年になってからです。

本格的な追い込み時期になるほど、偏差値はドンドン伸びていく子供が多いです。

これは決して偶然ではなく、今までの勉強の成果でもあります。

中学受験の勉強の成果が出るのは、1年以上かかると言われています。

どんなに頭が良くても、中学受験の問題に対応するまでは時間がかかるのです。

そのためすぐに結果を求めないで、じっくりと種をまくイメージで勉強しましょう。

ただし偏差値が50以下の場合は、少なくとも勉強法に疑問を持ちましょう。

小学5年や6年でこの偏差値の場合、正直かなり中学受験の合格が厳しくなります。

偏差値50は、基礎ができているかの分かれ目とも言えます。

もしなかなか偏差値が伸びなければ、受験している模試などを確認しましょう。

あまり上がらなければ、勉強法の見直しも検討して下さい。

-偏差値

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.