過去問

中学受験は過去問を勉強して出題傾向を分析する

投稿日:

中学受験では、過去問を使った勉強が推奨されることが多いです。

過去問を使うことの理由は、志望校の出題傾向を分析することができるからです。

同じ問題が出なくても、問題の出題パターンや単元には一貫性があることが多いのが過去問を勉強するとわかります。

では過去問を効率的に勉強するには、どのようにおこなうべきでしょうか。

過去問の出題パターンに似た問題を集める

過去問を数年分解くと、出題パターンに一貫性があることがわかります。

算数の図形や文章問題、国語の説明文などは、特に学校によって出題傾向が違います。

どんな問題が出題されやすいのかは、過去問を勉強するとわかります。

過去問で情報を収集したら、今度は似た問題を問題集などで集めるのです。

過去問の類似問題が出題されることは多く、それを解くことで中学受験攻略の糸口になります。

何度も同じパターンの問題を解くと、徐々に問題の解法パターンがわかってきます。

特に算数と国語は、重点的に過去問の分析を行いましょう。

この2教科を攻略することは、中学受験合格に大きく影響するからです。

中学受験の勉強は、過去問の分析が非常に重要になるのです。

中学受験の過去問を繰り返して合格した例

中学受験の過去問を繰り返した結果、実力が上がり合格出来た例も多いです。

実際に算数の偏差値が50程度で不安があった子供も、過去問を使った勉強で60以上の偏差値が必要な中学に合格しました。

過去問を徹底的に家庭で勉強した結果、同じような問題が出ても慌てず対応できたからだそうです。

人間は解ける問題が出題されると、試験の緊張が落ち着いてきます。

そうすると本来の実力を発揮できるのです。

過去問を繰り返し勉強した結果、本番でも同じような問題が出題され合格へ近づいた例です。

これは単なる偶然ではなく、しっかりと過去問対策した結果でしょう。

中学受験の勉強は、志望校の過去問対策がどれだけ重要か理解してください。

-過去問

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.