偏差値

中学受験の模試偏差値は参考にすべきか

投稿日:

日能研の模試を受けると、あまりのレベルの高さにビックリすることがあります。

これは四ツ谷などの大手でもあるのですが、基本的に上位中学用の模試だからです。

普段の業者で扱っている模試に比べると、偏差値が10以上下がることもあるでしょう。

模試の偏差値はあくまで参考程度に

中学受験の模試の偏差値で、一喜一憂することは当然あります。

目標の志望校への合格率が上がるので、当然模試の結果は重要です。

ですが模試は、基本的に早い段階から中学受験対策をしている人ほど有利です。

小学5年や6年から始めた子供は、最初の頃は偏差値が非常に低いです。

ですが最終的に、中学受験の当日まで実力が付けばよいのです。

そのため模試の結果は、あくまで参考として考えておきましょう。

特に日能研などの難しい模試は、上位中学以外は当てになりません。

志望校に合わせた模試を受験する方が、中学受験では重要になります。

そもそも上位中学の問題は、中堅中学志望者にはかなり厳しい問題ばかりです。

模試はどの程度受験すべきか

中学受験の模試は、月に1回は受けるようにしましょう。

特に小学6年の時期になったら、必ず受けて実力を確認してください。

定期的に実力を知ることは、合格のために重要になります。

小学6年までは、そこまで頻繁に受ける必要はありません。

本格的に実力がついてくると、偏差値も変動するからです。

小学5年までは偏差値が60以上の子供も、6年になって50前後になることは良くあることなのです。

偏差値は全体の点数などから算出されるので、受験間近ほど信頼性が高くなります。

とは言っても、上位を狙う子供は最初から最後まで高いことが多いです。

-偏差値

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.