勉強

中学受験の参考書選びを間違えた例

投稿日:

中学受験の勉強で、参考書選びは非常に重要になります。

一般的には塾などのテキストを使いますが、自宅用に参考書を購入する人も多いです。

しかし参考書選びを、間違っている家庭が非常に多いです。

参考書を選ぶ場合、必ず確認すべきことに出版年月日があります。

中学受験は毎年傾向が変わっているので、古い参考書は使い物にならないケースがあります。

もちろん良書もありますが、基本的には新しい参考書を使った方が確実です。

特に通販を利用する場合、ユーザレビューには注意して下さい。

どんなに評価が良くても、レビュー日が古いと言うことは良くあるからです。

高校受験のように確立されていない中学受験では、新しい情報を頼るべきです。

もう一つ重要なことに、自分の目で確かめることもあります。

良い評価の参考書でも、実際に見ると終わらない量だったなどもあります。

子供ができる範囲の参考書を見つけることが、最も重要な事なのです。

参考書選びが不安な場合は、塾の先生などに聞くと良いでしょう。

常に参考書をチェックしているので、良いアドバイスをもらうことができます。

参考書選びは、中学受験合否を分ける重要な要素になります。

安易にレビューで選ぶのではなく、しっかりと検討をしましょう。

子供ができることと、中学受験の役に立つことをしっかりと念頭に入れて選んでください。

-勉強

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.