未分類

中学受験で質の高い勉強法とは

投稿日:

中学受験の勉強は、1日4時間以上必要など時間ばかりが目立ちます。

しかし実際に重要な事は量ではなく、勉強の質になるのです。

もちろん勉強時間は重要ですが、時間ばかりに目を向けると中学受験に失敗してしまいます。

中学受験で質の高い勉強に必要なこと

中学受験の勉強で、質が高い勉強は以下の要素があります。

  • 勉強に集中している
  • 勉強の理解度が早くなる

中学受験で重要な事の一つに、勉強の集中力があります。

質の高い勉強は、この集中力が並はずれて高い傾向にあります。

特に人間は、熱中すると時間を忘れて勉強に取り組みます。

集中して勉強をすると、4時間くらいならあっという間に過ぎてしまいます。

難関中学受験者ほど、この集中力が高い傾向にあります。

時間ばかりを気にせず、子供が集中しているかを気にするようにしましょう。

勉強に集中していると、理解度が早くなる傾向もあります。

理解度が上がれば、勉強したことを早く覚えられるのです。

そうなると、勉強した時間だけ知識が増えるメリットがあります。

この2つのバランスが良い子供ほど、中学受験での成績が高いです。

勉強した分だけ成績に反映されるので、成績が上がるのも当然ですね。

ですがこのレベルになるには、かなり時間がかかるのも事実です。

小学4年から中学受験勉強を始めて、5年生のこのレベルになれば早いです。

難関中学受験者は、5年生の頃にはこのレベルになっておくとよいでしょう。

ですが一般的には、小学6年の夏以降がこのレベルになる時期になります。

なかなか成績が上がらなくても、6年生の夏から徐々に成績が上がる子供は多いです。

これは多くの子供が、小学6年夏以降に本格的に中学受験を意識するからです。

中学受験を意識することで、勉強の集中力が上がり理解度も増していきます。

そういった意味では、どれだけ意識が高いかが質の高い勉強の鍵となるのです。

小学4年の頃は、中学受験を意識してもそれほど高くありません。

やはり時期が迫ってくると、自然と中学受験を意識するのでしょう。

-未分類

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.