模試

中学受験の模試の注意点

投稿日:

中学受験で模試を利用するのは一般的ですが、ちょっと注意すべきことがあります。

それは模試によって、難易度や志望校の合格率が変わってくるからです。

単純に模試の結果に一喜一憂していては、中学受験は乗り越えられません。

四ツ谷大塚の合不合判定テストは参考程度に

中学受験模試で大手の四ツ谷大塚のテストは、はっきり言ってかなり難しいです。

それは問題の難易度だけではなく、問題量の多さも関係してきます。

四ツ谷大塚の模試は、基本的には短い時間で多くの問題を解ける実力が必要になります。

この模試の結果については、基本的には上位中学を目指す人が参考にすべきでしょう。

中堅中学などを希望する人は、そこまで重要視する必要はありません。

もちろん結果が良ければ実力が上がったということですが、単純にそれで志望校に合格できるかは別の話になります。

6年生からは学校別模試を受験すべき

四ツ谷大塚やSAPIXで行われている模試に、学校別模試があります。

これは学校の傾向に沿った模試で、志望校に向けた最終調整として参考になる模試になります。

一般的には6年生の後半から受験する模試で、これがかなり大きな目安になります。

学校別模試のメリットは、志望者とのレベル差がわかることです。

同じ志望校の受験生が受けるので、実際のテストに近い結果を知ることができます。

また本番同様の緊張感も味わえるので、必ず受けておくべき模試になります。

中学受験の模試は塾の生徒が有利になる

良く言われていることに、模試は開催されている塾の塾生が有利ということがあります。

確かに模試の内容に沿った授業をするので、塾生が有利になる可能性はあります。

ですが必ずしも、塾生だからと言って高得点が取れるわけではありません。

他の塾生でも、高得点者は数多く存在します。

そう考えると、塾生だからと言って絶対に有利というわけではないでしょう。

実力があれば、どんな問題がきても点数を取ることができるのですから。

模試の結果は残酷で、頑張ったから実力が上がるわけではありません。

そのため模試の結果が悪いと、不安になり塾数を増やす家庭もあります。

ですがそこまで心配する必要は、実際にはありません。

模試はあくまで一つの目安なので、その結果がすべてではありません。

成績が悪かった場合は、苦手分野などをしっかりと対策しましょう。

模試によっては難易度が極端に高いものもあるので、1回や2回の結果で決断してはいけないのです。

何度も模試を受験して、常に子供の実力を計りましょう。

中学受験で重要なことは、子供の進捗を親が把握することもあるのです。

-模試

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.