算数

中学受験の算数は親の対応で成績が変わる

投稿日:

中学受験の算数は難しいため、親が勉強を教えることはほぼできません。

少しは算数が得意だった大人でも、中学受験の問題に歯が立たない事は良くあります。

ですが親が中学受験の勉強でできることは、他にもあるのです。

算数を楽しいと思わせる勉強法

子供は基本的に、楽しければ勉強を自主的に行います。

しかし普通は算数を面白いと思えないので、積極的に勉強しないのです。

逆に算数が楽しいと思えれば、子供はどんどん算数を勉強します。

算数が楽しくない理由に、一人で一生懸命考える必要があるからです。

よほど好きでもなければ、一人で勉強しても楽しいものではありません。

楽しく算数を勉強するために、親が子どもと一緒に算数を勉強してあげるのです。

これは親が教えるのではなく、親が聞き手になると効果的です。

算数の問題の解き方などを、子供に説明してもらうのです。

子供は人に教えることで、自分ができるようになったと錯覚します。

ポイントは子供の説明を、わかったと言ってあげることです。

下手に指摘をすると、子供のやる気を失くしてしまいます。

上手に褒めることで、子供が算数を勉強するやる気を起こしてくれます。

中学受験の算数は最初の一歩が難しい

算数の難しいところは、最初の一歩で躓いてしまうことです。

暗記だけでは解けない問題など、算数は他の教科より思考を使う教科になります。

そのため勉強になれていない子供は、算数を嫌いになる傾向があります。

ですので一人で勉強させるより、親が一緒に勉強する方がお勧めです。

この第一歩さえクリアすれば、後は一人でも自主的に勉強できるようになります。

ここで止まってしまう子供が、算数の成績が上がりにくくなるのです。

算数は一つ一つ丁寧に進めれば、確実に実力を上げることができます。

その第一歩に躓くと、一生算数が苦手なままになってしまいます。

親ができることもあるので、中学受験では一緒に勉強してあげましょう。

特に小学校低学年のうちは、まだ勉強に慣れていない時期です。

しっかりと親がサポートすることで、中学受験の勉強ができるようになります。

-算数

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.