夏休み

夏休みの勉強で中学受験の成績を上げるポイント

投稿日:

夏休みの勉強は、中学受験でライバルに差をつける大きなチャンスです。

しかし実際には、他の子供も必死に勉強しているのでそこまで差が出ない事が多いです。

ですが一部の子供は、夏休みの勉強で大きく成績を上げています。

この違いは塾に行くだけではなく、家庭での勉強法も大きく関わってきます。

学年ごとに夏休みの勉強は異なるので、それぞれの特徴を説明します。

小学4年の夏休みの勉強は中学受験を意識すること

小学4年生は、中学受験の勉強を開始する時期と言われています。

初めて夏休みの塾に行く家庭も多く、緊張をするでしょう。

この時期に重要な事は、中学受験の雰囲気を掴むことになります。

もちろん勉強も重要ですが、それ以上に中学受験は大変だということを意識させましょう。

この時期にのんびりしたペースを覚えると、その後の成績の伸びに影響します。

しっかりと中学受験をすることは大変だと認識させることが、小学4年の段階では重要です。

大変さを意識することができれば、勉強も自発的に集中して行うようになります。

まだ時間があると余裕を持ってしまうと、後からあの時勉強すれば良かったと後悔してしまうでしょう。

小学5年生は夏休みの勉強で総復習を

小学5年生は、来年の中学受験を控えて緊張感が高くなる時期です。

ですがまだ心に余裕があり、そこまで切羽つまっていないでしょう。

この時期に重要な事は、今まで勉強した中での弱点を探すことです。

中学受験は小学4年からの内容が出題されることが多いので、夏休みに総復習をすると効果的です。

6年から総復習をすると、どうしても時間が足りなくなります。

5年の夏休みの勉強で、今まで理解出来なかった分野をしっかりと復習しましょう。

そして同時に、これからの内容も予習しておくとよいでしょう。

小学5年の夏以降は、勉強の内容もどんどん難しくなります。

夏休みの勉強でしっかりと予習しておくことで、慌てることなく中学受験に臨めます。

ただし一番重要なことは、今までの復習なので、それを最優先に夏休みに勉強しましょう。

小学6年は徹底的に夏休みは勉強する

中学受験を間近に控えた6年は、夏休みの勉強で全てを出し切りましょう。

夏休みの勉強で重要なことは、勉強のバランスになります。

小学6年になると、どうしても難しいことをやりたくなります。

しかし基礎がしっかりできていない子供もいるので、その場合は復習から始めてください。

約40日ある夏休みなので、勉強スケジュールをしっかり立てれば十分間に合います。

また勉強時間は、なるべく多く取るように努力しましょう。

理想としては1日8時間以上で、更に必ず集中していることが重要になります。

ただ長い時間の勉強ではなく、集中して取り組めるように勉強しましょう。

小学6年の夏休みの勉強で大きく成績を上げる子供は、戦略的に勉強しています。

一つ一つに目標を立てて集中することで、確実に成績アップに繋がります。

ただ勉強するのではなく、それぞれの分野で目標を立てて勉強しましょう。

-夏休み

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.