中学受験失敗

中学受験に失敗したら親がすべきケア

投稿日:

中学受験は失敗してしまうと、子供以上に親の方がショックを受けてしまいます。

あまりに親のショックが大きいと、それが子供にも伝わり家庭に悪影響を与えてしまいます。

年々問題が難しくなる中学受験は、絶対に合格できる保証はどこにもありません。

最悪のケースとして失敗してしまうことも、想定に入れておくことが必要です。

特に必死に勉強している家庭ほど、失敗という結果を受け入れられずに立ち直れない傾向が強いです。

最初から失敗を想定する必要はありませんが、物事を柔軟に対応するためには最悪の事態も想定しておくべきです。

中学受験に失敗した場合、親がすべきケアが今後の子供の成長に影響します。

中学受験の失敗の原因を追求しないこと

中学受験に失敗すると、母親と父親が言い争うことが一般的です。

期待が大きければ大きいほど、その争いは激しくなってしまいます。

子供がこの光景をみると、酷く悲しい気分になってしまいます。

中学受験の失敗でやってはいけないこととして、原因を追究することにあります。

父親がサポートしなかったや、子供が勉強に集中しなかったなどの、家庭内の原因追及は最もやっていけないことです。

失敗して辛いのは理解できますが、こうした親の態度はお互い嫌な思いが残って終わります。

中学受験に失敗して親がすべきことは、まず頑張った子供とサポートした自分たちを褒めてあげることです。

結果は残念だったとしても、頑張った結果を素直に喜ぶ環境を作ることを心がけましょう。

このケアをしておくと、子供は次の高校受験で巻き返してやるという強い意志を持つことができます。

逆にこうしたケアができない家庭は、子供が受験にトラウマを持ってしまいます。

そうなると高校受験では、適当に合格できる学校に妥協してしまうのです。

親の喧嘩などを見ると、子供は自分の責任だと感じてしまいます。

中学受験が終わったことを素直に喜ぶこと

中学受験に失敗すると、家庭内の空気が非常に重くなります。

このままの精神状態で生活すると、子供も親といるのが楽しくなくなります。

中学受験が失敗しても、まずは受験が終わって良かったと素直に喜びましょう。

親子で美味しい食事をしたり、外に遊びに行くなどの気分転換をして下さい。

淀んだ気持ちのまま生活するのは、中学受験後に最も良くないケアになります。

子供もストレスが溜まっていたので、それを労ってあげましょう。

よく中学受験に失敗すると、弟や妹に期待を持つ親がいます。

しかしそうした親を目の当たりにすると、子供は親を信用できなくなるのです。

頑張った子供を褒めてあげることが、親がすべき最初のケアになります。

新しい目標を見つけること

中学受験に失敗するのは、決して悪いことではありません。

これも人生の一つで、それを乗り越えて生きている人もたくさんいます。

実際に中学受験に失敗しても、東大や早稲田などの有名大学に合格している子供は多いです。

失敗を汚点と考えるのではなく、一つの経験として捉えましょう。

そして子供に新しい目標を作ってあげることが、親がすべき中学受験後のケアになります。

子供は中学受験が終わったら、次に何をすべきか理解できていないことが多いです。

親の言うままに中学受験をした子供ほど、将来の目標が不明確になる傾向があります。

失敗したとしたら、今度は中学で挽回するといった目標を作りましょう。

ですが目標つくりはすぐに行う必要はなく、落ち着いてからでも十分です。

中学受験に失敗したら終わりではなく、その後の人生で挽回する計画は親がケアすべきです。

中学受験の失敗は時間の無駄ではない

母親に多い傾向として、中学受験に失敗すると今までの時間が無駄だったと思う人がいます。

ですが中学受験にかけた時間は無駄ではなく、他の子供よりも多くの体験ができたことを忘れてはいけません。

受験という普通の小学生ができない体験を、自分の子供はやり遂げたと誇るべきです。

もちろん中学受験に失敗したことへの落胆はあると思います。

ですが母親が落ち込んでいては、子供も前へ進むことはできません。

長い人生で1度や2度の失敗など、十分に挽回することは可能です。

立ち止まらずに前に進める人だけが、成長することができるのです。

親にとっても大変な中学受験ですが、子供のケアを怠るのは親失格と言っても良いでしょう。

最後まで責任を持って、中学受験に臨んでください。

-中学受験失敗

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.