勉強

読書をたくさんすることで中学受験の合格率が上がる

投稿日:

中学受験に限らず、読書は子供の学力を形成するうえでとても重要です。

本を多く読む子供は、読まない子供よりも成績が良くなる傾向にあります。

ですが読書といっても、ただ勉強の本を読ませるだけでは学力は上がりません。

読む本をしっかりと選定することが、中学受験で良い結果に繋がるのです。

ではどのような読書をすることが、中学受験に良いのでしょうか。

中学受験のための読書のやり方

読書と言っても、ただ本を読めばよいと言うわけではありません。

しっかりと本を読んで考えることが、子供の学力向上に繋がります。

本来読書の目的としては、人の好奇心を満たすためのものです。

知りたい情報の本を読んだり、世の中の出来事を知るために読書をするのです。

ですので読書は、本だけではなく新聞なども効果的になります。

多くの本を読むことで、人は知識を増やすことができます。

中学受験に必要な論理的思考も、読書をすることで身につけることができるのです。

中学受験を控えた子供の親であれば、将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!を一度読んでおくことをお勧めします。

これは子供が、どのような読書をすることで学力を上げられるかを書いています。

中学受験と読書の関係

中学受験で読書をするメリットとして、活字を読むことに慣れることがあります。

国語だけではなく、算数などの問題文を読むのも嫌がる子供は多いです。

活字に慣れていると、文章を読むことに抵抗がなくなります。

これは読書をしている子供のほうが、圧倒的に有利になることは間違いありません。

中学受験をしていない子供でも、読書をする子供は頭が良い子供が多いです。

積極的に読書をすることで、学力の向上を見込むことができます。

読書で暗記力がアップする

読書をすることで、色々な知識が身についてきます。

その一つに、物を覚える力がアップすることがあります。

暗記が得意な人は、読書量が多くたくさんの情報を手に入れているからです。

読書が苦手な子供は、読むのに時間がかかり要点をつかめません。

結果的にポイントがわからないので、暗記すべきこともわからないのです。

要領の良い子供などは、読書をたくさんして要点を掴む力があります。

読書は中学受験で大きなメリットになる

読書が好きになると、勉強することも好きになります。

読むことが苦にならないため、参考書や教科書も楽しく読めるのです。

そうなれば中学受験では、かなり有利な状況になったといえます。

ほとんどの子供がテクニックでカバーしている受験を、しっかりとした学力で乗り越えられるからです。

自分からどんどん勉強する子になる方法などでも書かてれいますが、少しの時間でも良いので勉強の習慣をつけましょう。

読書はこういった自発的な行動をとるためにも、とても役立つのです。

-勉強

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.