勉強

中学受験の勉強時間はどのくらいするべきか

投稿日:

中学受験の勉強で、どれだけの勉強時間をすべきか気になる家庭も多いです。

実際に正解はありませんが、勉強時間は長いほど良いと言う風潮もあります。

ライバル達がどれだけの時間勉強しているのか、正直なところ気になるでしょう。

中学受験の勉強時間の平均

中学受験の勉強時間を平均すると、平日と休日でかなり差があるようです。

平日は2~5時間ほど勉強している家庭が多く、学年が上がるほど勉強時間が長くなる傾向にあります。

特に小学6年で上位中学を目指している家庭は、5時間以上勉強することもあるようです。

休日であれば、5~10時間が一般的な目安で、こちらも学年が上がるほど勉強時間が長くなります。

だからといって必ずしも10時間勉強する必要はなく、現在の成績を考えたスケジュールで勉強することが重要です。

急に長時間勉強しようとしても、いきなりできるものではありません。

小学6年で中堅私立や中高一貫を目指す子供であれば、平日は3時間前後で休日は6時間前後勉強しています。

ただし成績が低い場合は、この勉強時間よりも勉強することが重要になります。

成績を上げるためには、勉強時間を長くすることが必須になるからです。

中学受験の勉強時間は少しずつ長くすべき

中学受験の勉強時間が平均3時間以上と聞くと、いきなり3時間の勉強を始める家庭があります。

しかしこれは無謀で、子供が挫折してしまう原因になってしまいます。

勉強はある程度の慣れも必要なので、最初はできる範囲から勉強するのがポイントです。

一般的に中学受験を目指す家庭は、小学4年から勉強を開始します。

小学4年の頃には、1時間から1時間半くらいの勉強を毎日行う習慣をつけます。

そして小学5年で3時間前後、小学6年で5時間と少しずつ勉強時間を長くするのです。

勉強で大事なのは、時間よりも集中力になります。

集中力はすぐには身につかないので、まずは徐々に頭を受験に慣らしていくことから始めましょう。

もちろん余裕ができれば、どんどん勉強時間を長くするのも効果的です。

中学受験で勉強時間を長くして失敗するケース

中学受験で勉強時間を長くして、失敗してしまうケースがあります。

それは長時間、難しい問題をずっと続けてしまう場合です。

難問などは1問解くだけでも、かなりの力を使ってしまいます。

これを1日に何度も解いていると、疲れて集中力が欠けてしまいます。

なるべく簡単な問題と難しい問題を組み合わせて、集中力を継続させる工夫が必要です。

実際の入試でも、頭を凄く使う難問は1、2問でれば多い方です。

中学受験で勉強時間は、ただ長く行えば良いものではありません。

集中力を継続させることが、成績を上げるためのポイントになります。

-勉強

Copyright© 中学受験の偏差値を上げる勉強法 , 2017 AllRights Reserved.