大学中退だと就職・転職できない理由 キャリアコンサルタントが教える採用の真実

スポンサーリンク

大学中退すると就職に不利と言いますが、採用率がどの程度下がるかご存知でしょうか。

学歴社会が色濃く残る日本社会では、大学中退すると就職がかなり厳しくなると言われることも多いです。

ですが転職市場では学歴だけではなく、

  • 経験
  • 将来性
  • スキル

など学歴だけでは判断できない要素で評価する企業も増えてきました。

どちらを優先するかは企業によって違いますが、大学中退したからと諦める必要はありません。

ベンチャー企業であれば学歴よりも経験や将来性を重視しますし、大手企業でも大学中退したから採用されないわけではありません。

今回は、学歴を重視する傾向もある転職市場で、大学中退の求職者がどのような評価を受けるのか、また、就職することができるとすればどのような方法が理想的であるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

転職市場における大学中退の評価

大学中退の場合、転職市場においてどのような評価を企業から受けるのか、この点を転職活動前に把握しておくことは大事です。

実際、転職市場で大学中退という学歴は多少のマイナスになる程度と思って頂いて問題ありません。

正直なところ、学歴を重視する企業の場合は大学中退よりどの大学に入ったかを重視する傾向もあるからです。

  • MARCHなどの難関大は大学中退でも評価されることが多い
  • Fランクの大学は学歴重視の企業ではそこまで評価されない

極端な話ですが、こういった事実があることも否定できません。

そのため大学中退だからと悲観する必要はないのです。

また冒頭でもお伝えしたように、転職市場は求職者の経験やスキル、将来性などを企業がどう評価するかによって決まります。

大学中退でも、それを上回るぐらいの将来性やスキルを持っていれば、転職市場では勝負することができることを覚えておいてください。

大学中退は書類選考で落とされやすい

大学中退の求職者は、書類選考で学歴を理由に足切りにあう可能性があります。

先ほど説明したように、どの大学かにもよりますが、書類選考が必要な転職サイトなど自己応募の方法は相性があまり良くありません。

書類選考は、面接も含めてすべての選考フローのなかで最も選考通過率が低く、採用活動を行う企業から見て、少しでも気になる部分があると見送りにされてしまう、「落とす選考」と呼ばれているからです。

企業の選考には、同じ選考フローであっても、

  • 落とす選考
  • 通過させる選考

の2つが存在します。

「落とす選考」の代表格が書類選考で、書類選考は面接とは違う側面を持っています。

どういうことかと言うと、書類選考は企業の採用活動の効率化を目的にしているので応募数をかなり絞り込むのです。

実は面接では通過できそうな経験を持っていても、書類選考では見送りになることも多いです。

書類選考は、求職者の「あらさがし」という意味合いが強く、少しでも気になる部分があると、その他の箇所は見ずにそのまま見送りになってしまうのです。

大学中退という学歴は、この書類選考のフィルターに引っかかってしまう可能性が高いのです。

大学中退者にハローワークはオススメしない

大学中退の求職者が、転職活動で利用しがちな転職方法の一つにハローワークがあります。

ハローワークとは、だれでも無料で利用することができる国が運営する公共機関です。

友人や知人からの勧めで、求人を無料で紹介してくれるということで、ハローワークにまず通うというケースが多いです。

確かに求人の紹介はありますが、ハローワークは転職活動を支援するサービスは基本的にありません。

セミナーや面接対策などをしているところもありますが、正直あまり期待しないほうがいいでしょう。

なぜならハローワークは、国が公共で行う転職支援であるため、担当する人はアルバイトやパートの中高年で、求人紹介はあっても、その後の選考に関しては積極的に支援することはないからです。

ハローワークは転職することに関しては、応援していますが、支援することはありません。

と言うよりも転職支援に関するノウハウやスキルが不十分で、支援したくてもできないということが正確なところです。

職歴があるなら転職エージェントがおすすめ

大学中退者でも職歴があるならば、転職サイトや転職エージェントを使って良い企業に転職することができます。

なぜなら職歴があれば、あなたのスキルや経験が評価材料になるからです。

ただ、転職サイトと転職エージェントのどちらがおすすめかというと、圧倒的に転職エージェントになります。

転職エージェントとは、求職者の転職支援や企業の採用支援を行う立場で、マッチングビジネスとも呼ばれています。

しかも求職者の転職活動をすべてを無料で支援します。

転職活動は思っている以上に大変で、求職者からすると、転職支援中も、求人紹介や選考スケジュール調整など、あらゆる面であなたの転職活動をサポートしてくれます。

そして最初に説明した書類選考も、転職エージェントを利用すれば通過率を上げることができるのです。

大学中退の求職者は、まず、書類選考対策として転職エージェントを使い、自分の転職支援を直接担当するキャリアアドバイザーの力をうまく利用しましょう。

転職エージェントを利用して求人に応募すると、キャリアアドバイザーが求職者の推薦状を作成してくれます。

この推薦状について、具体的なことを説明しますね。

推薦状でキャリアアドバイザーが転職をサポート

転職サイトなど自己応募の場合は、推薦状は存在しません。

転職エージェントを利用すると、面談などから得た求職者の印象や推薦する理由を推薦状に記載します。

※補足すると、面談で紹介して問題なしと判断された場合です。ほとんど通過しますが。

企業としては、キャリアアドバイザーが推薦しているのだからということで、履歴書や職務経歴書に目を通す前に必ず推薦状には目をやります。

推薦状に記載されている内容は先ほど触れた内容の他に、求職者の経歴や転職理由を簡単に記載しています。

この推薦状があるだけで、書類選考の通過率が格段に上がるのです。

ちなみに推薦状を求職者は通常は見ることはできないのですが、キャリアアドバイザーに推薦状をどのように記載したか見たいと頼めば見せてくれることもあります。

なぜ転職エージェントを利用すると転職成功率が上がるのか、裏側でこのような動きをしているということを知っておいてください。

転職エージェントが求職者の選考を有利にするために、裏で色々と画策しているのです。

推薦状に加えて、企業に直接アプローチ

余談になりますが、選考結果が出てから求職者にキャリアアドバイザーがその結果を伝えるまでどんな流れなのかを説明します。

求職者のイメージとしては、下記でしょう。

企業→転職エージェント→求職者

選考結果の伝達プロセスはこのやり取りだけだと思っていませんか?

このプロセスであることは間違いないのですが、求職者が知らないところで、転職エージェントは企業と交渉をしていますので、下記が正確なプロセスになります。

企業 ⇔ 転職エージェント→求職者

企業と転職エージェントの両方に矢印が向いていることにお気づきでしょうか。

この矢印の意味は、企業から選考結果を伝達されても、そのまま求職者に伝達するわけではありません。

選考結果に対してキャリアアドバイザーが納得できない、または、もっとしっかり選考して欲しいという場合などに、企業に対して選考のやり直しや選考結果の見直しをしているということです。

大学中退の求職者は、このプロセスが特に利用メリットになります。

転職エージェントが大学中退という学歴をサポートしてくれる点になり、書類選考の通過率を上げる要因になるのです。

30代~40代で職歴があるなら、迷わず転職エージェントを使いましょう。

絶対に現職をやめない

もう一つ、大学中退で現職に在籍中であれば、内定が出るまで絶対に現職を辞めてはいけません。

その理由は、大学中退でも職歴があれば大卒と同じ土俵に立てるからです。

企業の選考を、大学中退の求職者で経験豊富な人と大卒で経験が浅い人の2人が応募したとします。

その企業はどちらの求職者に高い評価を与えるでしょう。

正解は、大学中退の求職者の方です。

会社を辞めてから転職活動をすると、その間の期間が何もしていないことになります。

ただでさえ大学中退の転職は学歴がネックで見送りになる可能性もありますし、転職活動期間が長くなるリスクも高いので、絶対に現職を辞めてはいけません。

その意味でも転職エージェントを利用すれば、現職につきながら転職活動ができるのでおすすめです。(エージェントは退職の手続きも手伝ってくれます。)

大学中退であれば、第二新卒や20代に強い転職エージェントがおすすめです。

参考:第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェント

参考:20代におすすめの転職サイトと転職エージェント

大学中退におすすめの職種

大学中退は就職で不利になりますが、就職後も不利になってしまうこともあります。

特に昇進などお金や地位に関わるところで、大学中退は大卒よりも不利になってしまいます。

そこで、こうした学歴にとらわれず、大学中退でも不利にならない職種を紹介します。

営業職

営業職は、大学中退でも実績を作れば評価される誰にでもチャンスがある職種です。

求人数も圧倒的に多く、仕事探しには困らない職種です。

ただデメリットとして、飛び込み営業やノルマといった、他の職種にはないハードルがあります。

精神的にキツイ仕事になりますが、相性が良ければ稼ぎやすい仕事としておすすめできます。

実績を作れば1000万クラスの給料も可能なので、大学中退で稼ぎたい人はチャレンジしてみる価値がある職種です。

サービス職

サービス職は接客能力が必要になりますが、好きな人なら仕事に困らないお勧めの職種になります。

この職種も常に求人を募集しているので、大学中退でも比較的採用されやすいです。

ただ仕事内容はハードで、休日も決まっていないことが多いので離職者が多いデメリットもあります。

ですが最終的に飲食関係のオーナーになるなど、自分の店を持つこともできる幅広い職種です。

サービス業も営業に並んで、成功すれば1000万クラスを狙える職種です。

事務職

女性からの人気が高い職種で、大学中退でも採用されやすいです。

事務職で採用されるには、簿記やMOSなどの資格があると有利になります。

人気職種なだけに倍率が高いので、就職が難しければパートやアルバイトで経験を積んでから目指すことも検討しましょう。

将来的にも人気は続きそうなので、再就職も考えると難しい職種かもしれません。

技術職

技術職は幅広いですが、プログラマーやSEと言ったIT系の技術職は大学中退者におすすめです。

IT系の人材不足は慢性的なものなので、スキルを身に着ければ一生食べていくことができます。

また最終的に独立してフリーランスになるなど、仕事も自分次第で何でもできるのが魅力です。

特にWEB系のプログラマーなどは、仕事も多く個人で働きやすいので目指す人が多いです。

年収はスキルによりますが、未経験からでも他の業種より高い傾向があります。

職歴なしの大学中退者は就職支援サービスがおすすめ

大学中退でも職歴があれば、転職エージェントを利用して上手く転職活動ができます。

ですが職歴がない大学中退者は、転職エージェントを使っても思ったように結果が出せない可能性が高いです。

転職エージェントは経験値を武器に企業と交渉するので、職歴がないとおすすめできるものがなくなります。

そのため大学中退で職歴がない場合は、別のサービスを利用する必要があります。

新卒でもなく、学歴的に不利になる大学中退でも利用できるサービスとして「就職支援サイト」がおすすめです。

どうして大学中退者を支援するサービスがあるかと言うと、それだけ中退して職を探せず困っている人が多いからです。

文部省の調べでは、大学中退の割合は何と10%とのことで、10人に1人が大学を中退しているようです。

就職支援サイトは、こうした大学中退した人をターゲットにした転職支援サービスになります。

ただしどんな人でも対象になるわけではなく、

  • 20代が対象
  • 無料説明会の参加が必要

といった第二新卒や大学中退したフリーターなどの若い人を対象とした就職サービスになります。

就職支援サイトの特徴

転職支援サイトの特徴は、転職者に求人を紹介するだけではありません。

転職成功のための研修プログラムを実施するなど、転職成功のためのサポートを全力で行っています。

職歴がない大学中退者が不足する社会人スキルを身に着けたり、書類選考や面接に合格するノウハウを教えてくれます。

また転職支援サイトが紹介する企業は、20代などの若手を積極的に採用しようという意思が強い企業が中心になります。

そのため年齢や経験不足でも、就職に成功しやすいデータがあるのです。

就職支援サービスによりますが、成功率は80%以上になっているところが多いです。

就職後の定着率も気にすること

大学中退者をサポートする就職支援サイトですが、利用する場合は就職後の定着率にも着目してください。

この手のサービスの問題点に、紹介するだけして企業と求職者が上手くマッチングできていないことがあります。

せっかく就職したのに、すぐに退職してしまうことも少なくありません。

これは就職支援サイト側の問題もあり、きちんとサポートできているサイトだと定着率(退職者が少ない)が高いです。

就職決定後もサポートして利用者の不安や悩みを解決してくれるサイトもあるので、そういった信頼できるサービスを利用しましょう。

おすすめは第二新卒向けの転職エージェントで、大学中退者を手厚くフォローしてくれます。

参考:第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました