糖質制限ダイエットのやり方【管理栄養士監修】短期間で痩せる方法を紹介します

3 min 137 views
スポンサーリンク

太る原因と言われる糖質をカットする糖質制限ダイエット。

痩せたという口コミが多い一方、逆に太ったなどの悪い口コミもあります。

実は、間違った方法で糖質制限をすると逆効果になることもあるんですよ。

今回は、管理栄養士が糖質制限とダイエットについて説明するので参考にして下さい。

スポンサーリンク

糖質制限とは?どうしてダイエットに向いているの?

知らない方も多いと思いますが、糖質制限は糖尿病やメタボの患者向けに考案された食事療法です。

太る原因となる糖質が多い食事を控えながら、減量と体質改善を目的としていています。

そのため、一般の方のダイエットにも最適と言われているんですよ。

糖質を制限すると血糖値が上がりにくくなり、使い切れなかった糖を中性脂肪に変えるインスリンの分泌が減ると言われています。

しかも内臓脂肪を分解してエネルギーに変換するので、痩せやすい体質になる効果も期待できるんですよ♪

ですが、糖質制限ダイエットを食事制限だけで行うのは難しいですし、無理に制限をするとダイエット後に食べ過ぎてリバウンドをしてしまいます。

また糖質を全く取らないと、エネルギー不足にもなるので極端な糖質制限ダイエットは止めましょう。

糖質制限ダイエットを無理なく続けるためには、糖の吸収を抑える効果が期待できるサプリを併用するのがおすすめです。

おすすめはファンケルの大人のカロリミットで、糖と脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

外食や日ごろの食生活で糖質をコントロールすることで、リバウンドの防止にもなりますよ。

大人のカロリミット
▲ お試し1000円!送料無料 ▲

糖質制限ダイエットのやり方

主食となるご飯やパンを控え、おかずを沢山食べるのが糖質制限ダイエットのポイントです。

糖質制限ダイエットは、主に3つのやり方があります。

3食抜き

3食(朝、昼、夕)全ての主食(ご飯やパン)を抜くやり方です。

ご飯やパン以外にも、糖質の多い麺、パン、イモ、スイーツも抜きます。

ダイエット効果は早いのですが、健康と栄養の観点からおすすめはできません。

2食抜き

朝、昼、夕のどれか2食、主食(ご飯やパン)を抜くやり方です。

1食だけ主食を食べられるので、短期的な糖質制限ダイエット向きです。

長く続けると反動でリバウンドするので、注意してください。

1食抜き

健康な人なら、1食抜きが糖質制限ダイエットおすすめのやり方です。

動くことが少なくなる、夕食のみご飯を抜く糖質制限ダイエットはおすすめです。

夜は肉や魚などのたんぱく質を中心とした食事にしましょう。

糖質制限ダイエットを無理なく続けられる食べ物

糖質制限ダイエット中は、タンパク質を中心とした食事がおすすめです。

肉、魚、豆腐、チーズなどを中心に食べましょう。

空腹時はプロテインバーなどもおすすめです。

糖質制限はダイエット効果が期待できますが、極端なダイエットは体調を崩す原因にもなるので注意してください。

糖質制限サプリでリバウンドを防止

糖質制限ダイエットの理想は糖質を少なくすることですが、ご飯やパンを制限しすぎると体が疲れやすくなります。

また無理に制限してダイエットをすると、すぐにリバウンドをする原因になります。

無理なくダイエットをしてリバウンドを防止するために、日頃から糖質をコントロールしましょう。

今は糖質の吸収を抑える効果が期待できるサプリもあり、ファンケルの大人のカロリミットなどは口コミ評価が高くおすすめです。

大人のカロリミットは糖質や脂肪の吸収を抑える効果が期待できるので、糖質制限ダイエットの補助にピッタリです。

糖質制限ダイエットに取り入れることで、ダイエットに成功した口コミも多くSNSでも話題になっています。

自分で糖質をコントロールするのは難しいので、こういったサプリを使って綺麗に痩せましょう!

アマゾンなどでも発売されていますが、こちらの公式サイトの通販ではお試し2週間分+1袋 1,000円(税込)とお得なので試してみて下さい!

やり方は食事前に4粒飲むだけと簡単です。

大人のカロリミット
▲ お試し1000円!送料無料 ▲

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)