炭水化物とは?炭水化物が太る理由と注目されているダイエット法

ダイエットをしたことがある方なら、「炭水化物」は太ると聞いたことがあると思います。

ですが本当のところはどうなのでしょうか?

炭水化物とは何か、ダイエットとの関係について説明していきます。

スポンサードリンク

炭水化物とは?

炭水化物は大きく、「糖質」と「食物繊維」に分けられます。

炭水化物を多く含む食物の代表は以下になります。

  • 白米
  • うどん
  • いも類
  • パン
  • トウモロコシ

主食と呼ばれるものがほとんどで、白茶色の食べ物に炭水化物が多く含まれています。

では次に、なぜ炭水化物が太ると言われる原因について説明していきます。

炭水化物が太ると言われる2つの理由

生活で必要なエネルギー源となる糖質を含む炭水化物ですが、太ると言われるのには2つの理由があります。

  1. エネルギーとして消費されなかった炭水化物が脂肪になる
  2. 肥満ホルモンと呼ばれる「インスリン」が炭水化物を食べることで大量分泌される

これが炭水化物を食べると太ると言われる2つの大きな理由です。

ただ勘違いしないで欲しいのですが、炭水化物=太るではありません。

炭水化物を食べると必ず太るわけではないので、間違ったダイエットをしないようにしましょう。

炭水化物で太るのは、大量に食べ過ぎた時になります。

ですので、無理に炭水化物を怖がらなくても大丈夫です。

ただ、米やパンは美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまうことってありますよね。

食べ過ぎを防ぐうえでは、適度な炭水化物ダイエットが効果的です。

炭水化物ダイエットのポイントは糖の吸収です

 

人気ダイエットに「炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)」がありますが、実はやり方が大事になります。

最初に説明したように、糖質は人間にとって大事なエネルギー源になります。

全く糖質を取らないと、疲れやすくなったり、集中力が欠けてしまう恐れがあります。

正しい炭水化物ダイエットは、

  • よく噛んで食べる
  • 野菜や汁物などから食べる
  • ご飯やパンを最後に食べる

といった食べ方が重要になります。

この食べ方は糖の吸収をゆっくりになることで、血糖値が上昇するのを抑えるとダイエット法になります。

ただ、この方法だけで痩せるのは難しいのが現実で、炭水化物ダイエットで失敗する人も多いです。

食べ方を制限したり、無理に食事量を抑えると反動で食べ過ぎてしまうのです。

炭水化物ダイエットで一番良い方法は、摂取した糖質をエネルギーに変えることです。

良く知られているダイエットとしては、有酸素運動などが効果的です。

糖質を活用してダイエット

炭水化物ダイエット(糖質制限)は体への負担も大きく、ダイエットに失敗するやリバウンドしてしまう人も多いです。

そんな従来の糖質制限ダイエットではなく、新しい糖質制限ダイエットとして、糖質を制限するのではなく、糖を筋肉に上手く取り入れて痩せるシュガリミットというダイエットが注目されています。

シュガリミットのポイントは、糖質を摂取→脂肪を燃焼のリズムを作りだすことです
  • 国産青汁成分であるすいおうに含まれる【GLP-1】が糖を分解
  • HMBを入れ効率的に筋力に置き換えてダイエットをサポート

糖質を制限するのではなく、糖質をエネルギーにすることで、痩せやすい体質になることが期待できます。

この方法ですと無理なくダイエットができ、しかも綺麗にダイエットできると口コミ評価も高いです。

定期購入になりますが、

  • 返金保証
  • 10営業日以内の初回解約保証

と初めての人にも安心して使えるシステムになっています。

定期購入は初回82%オフの1,490円、2回目以降は23%オフの6,480円とかなりお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)