痩せる食事をピックアップしてみた!本当にダイエット効果があるのは

痩せる食事は、正しい方法で行えば確実に痩せることができるダイエット法です。

食事制限はダイエットの基本で、この考え方を理解すればリバウンド防止にも繋がります。

痩せる食事と聞くと、野菜や魚などを中心とした健康的な食事を思いつくかも知れません。

しかし実際には、好きなものも食べつつ痩せられる食事の方法が存在します。

もちろん過度な食べ過ぎなどは、痩せる食事をしてもダイエットに成功しません。

きちんと食事をコントロールすることが、痩せるためには必要不可欠です。

痩せる食事で、実際に5kgの減量に成功したダイエット法を紹介します。

決して難しい方法ではないので、ダイエットの参考にして下さい。

正しい食事を心がけると、太りにくい体質になることもできますよ。

スポンサードリンク

痩せる食事の基本は味付け

痩せる食事と聞くと、肉やお菓子などの食材が最初に思いつくでしょう。

確かに食材も痩せる食事では重要ですが、それ以上に味付けがポイントになります。

基本的に太っている人は、濃い味付けを好む傾向にあります。

ファーストフードや外食も、濃い味付けのものが多いですよね。

はっきりした味の食事は、食欲を刺激して食べ過ぎの原因にもなります。

痩せる食事を考えた時、食事の味付けは濃くしすぎないことが重要になります。

「ダイエットは運動1割、食事9割」の著者が書いている本で、痩せる食事に関するものがとても参考になります。

内容はダイエットの基本ともいえることが多いですが、意外と見落としがちな内容も書かれています。

この食事を実践すれば、ダイエット成功に確実に繋がります。

痩せる食事は好きな食材の分析が必要

食事を作る時、人は不思議と決まったレシピを繰り返す傾向にあります。

肉料理が好きな人は、肉のレシピが得意になっているのです。

痩せる食事を考えるとき、まずは自分のレシピを分析すると良いでしょう。

もしレシピが肉や濃い味付け中心の食事だったら、痩せるためには改善する必要があります。

砂糖や塩の量を減らしたり、野菜なども取り入れる努力が必要です。

普段のレシピに注目すると、自分がなぜ痩せないのかわかることが多いです。

ただし好きなものを制限すると、リバウンドに繋がる可能性が高くなります。

そこでボリュームがありながら、痩せることができる食事を作る事が重要です。

「京都医療センターメタボ外来の3カ月で確実にやせるレシピ」は、ボリュームがありながら痩せる食事を作るレシピが載っています。

痩せる食事の作り方の参考になるので、実践してみてください。

この食事は3カ月もあれば、確実にダイエットの成果が出るのでオススメです。

スポンサードリンク

痩せる食事に必須の難消化性デキストリン

特保などでもお馴染みの難消化性デキストリンですが、整腸作用がありダイエット効果が非常に高いです。

これを毎日の食事に取り入れて、実際にダイエットに成功した人はかなり多いです。

私も難消化性デキストリンをヨーグルトと一緒に食べて、3カ月で5kgの減量に成功しました。

もちろん難消化性デキストリンだけで痩せたとは思いまえんが、これを使ってからお通じなども良くなりました。

面倒な作業はなく、食事に適量を入れるだけなのでとても簡単にダイエットを続けることができます。

痩せる食事とプラスすることで、ダイエット効果が高まることは間違いありません。

痩せる食事は空腹を克服すること

痩せる食事を実践すると、どうしても食事に物足りなさを感じてしまいます

空腹に耐えられないと、ダイエットに成功することは絶対にできません。

そのため空腹対策は、痩せる食事には必要なダイエット対策になるのです。

個人差はあるでしょうが、空腹対策に効果があるものに「メタボリック空腹知らず」があります。

甘いものが欲しくなる欲求などに効果があるので、お腹が空いたときに使うとダイエット効果があります。

ただし絶対的な効果はなく、人によっては全く効かないこともあります。

空腹は脳も関係しているので、飲んでいるという安心感を意識するとダイエットに成功します。

痩せる食事の補助として、空腹知らずを使うのはお勧めです。

補足ですが、人は空腹を感じると若返りのホルモンが分泌させるそうです。

健康のために、空腹になることも必要なんですね。

痩せる食事と運動の関係

ダイエットで推奨されることに、運動をすることがあります。

確かに運動はカロリーを消費するので、ダイエット効果はあります。

ただし運動は、食欲を増進させる作用もあるので注意が必要になります。

また運動によるダイエットは、運動を止めると元に戻ってしまいます。

リバウンドの可能性が高いダイエットになるので、できれば食事で痩せた方がダイエットを維持することができます。

運動を取り入れる場合は、無理なく続けられる運動にするべきでしょう。

ウォーキングなどは雨の日にできないなど、デメリットも大きくなります。

家でもできる簡単な運動をすれば、痩せる食事にプラスのダイエット効果が期待できます。

電動サイクリングマシンやストレッチなどは、無理なく続けられるのでおすすめです。

気軽にできるサイクリングマシンの、エスカルゴはお勧めのダイエットマシンです。

コンパクトサイズなので、他のサイクリングマシンに比べて収納もしやすく便利です。

リンパストレッチは、ダイエット以外にも美容効果が高くお勧めです。

家や会社で行うことで、ダイエット効果もアップすることができます。

痩せる食事だけでダイエットをすることも可能ですが、健康的な体を作るために運動はした方が良いです。

特に足腰の筋肉をつけることで、下半身痩せの効果も期待することができます。

ただ食事で痩せるのではなく、美しく痩せることもダイエット成功のポイントです。

痩せる食事に役立った本

今回紹介した書籍は、実践的なダイエットについての痩せる食事の本ばかりです。

それ以外にも読んでおいて損はない書籍もあったので、紹介したいと思います。

特に健康的にダイエットをしたい人は、とても役立つ内容なので参考にして下さい。

世界最高レベルのテニス選手のジョコビッチ選手の食事法です。

テニスは良くわかりませんが、彼の食事法はスポーツ選手だけでなく一般人にも役立つノウハウが満載でした。

基本的にはヨーロッパの食生活についてですが、パン中心の人にはとても良い内容になっています。

この本に書かれているグルテンについて、こちらの本も参考になります。

パンの食事は、意外と健康に悪影響を及ぼすことが多いのがわかります。

自然治癒力を引き出す食事について、とても参考になる事が書かれています。

痩せる食事の参考にもなるので、一読しておく価値の高い書籍と言えます。

体調不良などが驚くほど良くなるので、全ての人に実践してほしい食事法です。

痩せる食事を考えた時、将来のことも考えて健康的な食生活を心がけましょう。

実際にこれらを実践して、健康的に5kg痩せることに成功しました。

ダイエットは痩せたら終わりではなく、それを持続させることが本当の成功と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク