転職で英語面接!?予期せぬ事態に遭遇したときのためのテクニック

現在の日本はグローバルの進展の伴い、外資系企業が多く進出しています。

求職者も、転職先の選択として、日系企業と外資系企業の2つがあります。

意外かもしれませんが、転職市場には、外資系企業も採用活動を行っていることが最近の傾向です。

外資系企業と聞くと、何となくハードルが高く、日系企業と比較してそう簡単に転職することはできないのではないかと思うかもしれません。

しかし、最近では、外資系企業であっても、日系企業と同じぐらいの選考基準で採用活動を行っていることもあり、求職者が思うほどハードルが高いということはありません。

ただし、外資系企業特有の選考方法の一つである、英語面接が求職者には難関になるでしょう。

英語面接とは、もちろん、面接を英語で受けるということになり、面接官も英語で質問などをし、それに対して求職者も英語で回答するということになります。

極端な例としては、面接の最初から最後まですべて英語面接ということもあります。

このように外資系企業へ転職を目指すのであれば、英語面接対策は必須に近いと考えてください。

今回は、『英語面接はあるのか?』ということを起点にして、英語面接対策や、少しテクニカルなかわし方についても触れていきます。

スポンサードリンク

英語面接ってあるのか?

冒頭で結論を書いてしまいましたが、今の転職市場において、英語面接を行う企業はあります。

外資系企業だけではなく、日系企業も海外へ事業展開している場合においては、転職後に勤務地が海外になることもあり、そのときには、現地でコミュニケーションをしっかりできるかどうかの判断基準として英語面接があります。

英語面接とは、求職者にとってはあまり歓迎できない選考方法になりますが、企業からすると、これ以上ないと言えるぐらい、明確に判断基準を持つことができるのです。

求職者は、これまでの経歴や実績を自己申告ベースとして履歴書や職務経歴書に記載したり、面接で面接官に伝えるでしょう。

伝えることは自由であり、企業からすると、求職者が主張することが真実かどうかを知ることは選考中にはできません。

あくまで自己申告であり、第三者の証明がない分、不透明な部分もあるのです。

英語面接であれば、英語でのコミュニケーションができるかどうかをリアルタイムで判断することができますので、企業かすると、明確に英語力のスキルを知ることができるのです。

日系企業であっても、海外で事業を行っている場合は、現地の言語でコミュニケーションを取りながら仕事をしていきますので、英語力は必須です。

『日系企業だから、現地勤務でもそこまで英語力は求められないだろう』という甘い考えを持っていると確実に英語面接では見送りになります。

英語面接の対策

日系企業、外資系企業に関係なく英語面接は想定の範囲内として考えて頂きたいですし、外資系企業の場合は、特に必須に近い選考手段だと思ってください。

『自分は英語はできないので英語面接は無理』ということで、英語面接がある求人の応募を控えるということも転職活動の選択としては間違ってはいませんが、どうしても転職したい企業が英語面接であるならば、通らなければならない関門になります。

そこで、英語面接の対策についてここではご紹介しておきます。

英語面接は、単純にコミュニケーションができれば良いというレベルではなく、ビジネスシーンで英語を使ってコミュニケーションできるかどうかを問われます。

そのため、通常のコミュニケーションよりも難易度が高いのですが、いきなり、そのレベルの英語力が身に付く方法は一つもありません。

地道に、長い時間かけて英会話を勉強するしか方法はありません。

その方法としては、最近では英会話スクールが多くなっていますが、費用面でかなり高額になりますので、なかなか英会話スクールに通うということが難しい人も多いでしょう。

そこで、オススメしたい英語力を身に付けるための方法は、スカイプなどを活用して、英語圏の外国人と知り合い、英会話を習得するということです。

この方法を使うことで、まず一番のメリットは費用面です。

1時間あたり1000円程度で教えてもらうことができますし、普段から日常生活はもちろん、ビジネスにおいても英語でコミュニケーションをしている訳ですから、効果もあります。

今の転職活動と同時並行でこの方法を活用して英語力を身に付けるということも否定はしませんが、英語力の定着までは期待できない部分があるため、自分が転職したいと考える時期から逆算して計画的に行った方が良いです。

今の企業がどうしても嫌ですぐにでも転職したいと思っている場合は、この方法では恐らく英語面接には対応が難しいので不向きです。

そこで、今どうしても転職したい、そして、自分が希望する求人の選考には英語面接があるという場合に、活用して欲しい手法があります。

スポンサードリンク

転職エージェントを使って事前交渉を依頼する

転職市場には、複数の転職方法があるのですが、そのなかで英語面接の対策として効果があると言える方法は、転職エージェントです。

転職エージェントは求職者自身と企業の間に入り、代理人的な役割をしてくれますし、転職エージェントは、求職者が転職しなければ転職支援をしたとしても一銭にもなりませんから、どうにか転職させてあげたいと支援努力します。

英語面接がある求人に応募意思があり、あまり英語力に自信がないという求職者のばあいは、転職エージェントを使って英語面接の前に転職エージェントに交渉を依頼しましょう。

交渉内容は、求職者自身が英語力はそこまで高くなくても、企業への応募意欲はひたすら高いということをアピールし、英語面接ではあまり良い結果は期待できなくても、そこだけを見ずに違う面も見て欲しいということです。

ここだけ読めば、求職者からすると、企業も英語力だけを英語面接で判断はしないだろうと思うでしょう。

確かにその通りで、英語面接であっても、人物面や能力、実績も評価点にはなります。

ただし、企業からすると、だれからの依頼かということが大きく異なり、普段から取引があり、ある意味、気心知れた転職エージェントから、依頼されると企業側にも情がありますし、転職エージェントの依頼を無下に断ると、今後の採用活動の支援を後回しにされてしまうとリスクを感じます。

転職エージェントは転職エージェントでも企業からの信頼が厚く、過去の採用支援実績が豊富で、企業との関係性で主張する立場にある転職エージェントを利用することが英語面接の対策となるでしょう。

この観点で考えると、最近立ち上げたばかりの中小規模の転職エージェントでは、この対策は不可能に近いです。

企業との力関係で、確実に転職エージェントの方が下になり、転職エージェントからすると、企業から『求人を頂く』という姿勢が強く、求人や選考に関する主張はできない環境になっています。

リクルートエージェントがベスト

日本で最も多くの求人を扱い、転職支援実績、企業の採用支援実績が多い転職エージェントはどこでしょうか。

ズバリ、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントを利用することで、企業に対して交渉を行うだけの力関係を維持できるので、英語面接の事前交渉も可能になります。

リクルートエージェントを利用することで求職者にとってメリットとなることが他にもあります。

英語面接対策として、英語での模擬面接を実施してくれますし、また、英語面接を行う企業が、過去の同一ポジションの面接でどのような面接がされたかについてデータベースに登録していますので、英語面接前に、質問集を把握することができます。

その質問集に対して、どのような回答が評価され、どのような回答が評価を下げるのかについても知ることができますから、英語面接で、どのような英語により回答をすれば良いのかを知り事前準備することができるのです。

英語面接の前には英訳のあれが必要

英語面接の前に求職者は、企業に英訳した『あれ』を提出しなければなりません。

その『あれ』は書類選考で利用されるのですが、履歴書や職務経歴書です。

英語面接と英訳の履歴書や職務経歴書の提出は一体的なものであると認識してください。

英語面接はもちろん難関になるのですが、それ以上に難関となることが書類選考です。

書類選考は英訳ではなくても一般的に最も選考通過率が低い選考になっていて、英訳が更に加わると英語がそこまで得意ではない求職者からすると相当、通過が難しいです。

リクルートエージェントなどの転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削はもちろんのこと、英訳に直してくれます。

英語面接の前に、転職エージェントが添削した英訳の履歴書や職務経歴書を提出して、企業に事前に英語力を伝えておくことで、企業は求職者に対しての良いイメージを持ちます。

求職者は企業の裏事情を知らないでしょうが、企業の選考には、イメージがあります。

書類選考で良いイメージを持つと、その良いイメージのまま面接を行う傾向があり、大きな失敗がない限り、面接前の良いイメージが先行して面接通過となることがあります。

もちろん、すべの企業に通ずることまでは言いませんが、英訳の履歴書や職務経歴書を介して、英語面接前に自分のイメージを企業にアピールしておくということも大事です。

そのためには、英訳の添削を受ける必要があり、リクルートエージェントの場合は、英語面接と同様に、企業それぞれに書類選考の評価ポイントをデータベースで管理していますので、どのような書き方、どのような部分を強調すれば良いのかを知っています。

自己応募は絶対にやめよう

英語力に長けている求職者であっても、また、英語力にそこまで自信がない求職者であっても、英語面接対策として、自己応募による転職活動は絶対にやめた方が良いです。

理由は、転職活動、企業の選考のすべてを自分で行わなければならないという点で生産性が低いということもありますが、英訳の履歴書や職務経歴書の作成は求職者が思う以上に多くの時間を要します。

しかも、英語面接前の事前交渉を行うことも絶対にできない環境になりますので、アドバンテージを持つこともできないのです。

自己応募の方法としては、転職サイトなどが有力になるのですが、転職サイトを使うことは間違った転職方法ではないのですが、転職サイトを使う場合でも、大手の転職サイトを利用することが良いでしょう。

また、転職サイト経由で応募するのではなく、大手の転職サイトは、大手の転職エージェントが事業として運営しているケースも多いため、転職サイトにある求人を転職エージェントに依頼し転職エージェント経由で応募することです。

この方法により同じ求人でも自己応募を避けて転職エージェントを利用しながら応募することができ、先述でご紹介した書類選考対策、英語面接対策を行うことができるのです。

面接官が外国人だったら?

英語面接の場合、想定できることは、面接官が外国人の可能性があるということです。

外国人の場合、日本人よりも当然に難しい英語面接になるのではないかと面接前から怯んでしまう求職者もいますが、安心してください。

むしろ、外国人の面接官だったら、『ラッキー』です。

理由は、求職者が日本人ということで、ネイティブスピーカーではないという判断で、英語力について、許容範囲が広いのです。

リクルートエージェントなどの転職エージェントを使うと英語面接前に、面接を担当する人がどのような人かを知ることができ、その際に、面接官が外国人と知っただけで辞退する求職者、諦め半分で英語面接の準備をしない求職者がいます。

外国人が面接官だったら、むしろ逆で、英語面接のために、より多くの時間を使い十分な対策を取った方が良いです。

英語面接の難易度は、外資系企業の方が低いと言われています。

日系企業の方が難しいことは多くの求職者は知らないでしょう。

選考難易度の高い低いで転職先を決めることは得策とは言えませんが、一つの参考情報とはなるでしょう。

日系、外資系に関係なく、英語面接は存在します。

その企業に転職するためには、避けては通れない道ですし、英語力に自信があまりないという求職者であれば、自己応募ではなく転職エージェントを利用して選考通過率を上げることが必要ですし、今回ご紹介した対策を取ることで十分、内定を勝ち取ることはできます。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment