英語を活かせる人気の職業を紹介!給与や難易度など徹底分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

英語を活かした職業は人気が高く、英語が得意な人は将来就きたいと思っているケースが多いです。

英語を活かした職業と言っても色々あり、その職業によって英語力以外に必要なものもあります。

もちろん英語力も大事なことになりますが、実際に英語を活かせる職業の内容を知っておくこともお勧めします。

どんな仕事内容、必要なスキル、給与はどの位なのかを人気のある職種を中心に紹介したいと思います。

英語を活かせる職業 客室乗務員(CA)

英語を活かせる職業で圧倒的に人気が高いのが客室乗務員です。CAになることを夢見る女性も多いですが、最近では男性のCAも人気が上がっています。

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の仕事内容

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)とは、飛行機に搭乗して、乗客を出発地から目的地に到着するまでのサービスを行う仕事になります。

分かりやすいところで言えば、機内での食事や飲み物の提供や、免税品の販売などを行うということも仕事のうちの多くの割合を占めます。

その一方で、緊急時の誘導や、病人などの発生などのトラブルへの対応も求められます。このように、平常時は通常のサービスだけですが、いざという時には保安業務も担うため、体力と接待の両方の能力が求められることになります。

客室乗務員の英語レベル

★★★☆☆

英語レベルでは、TOEICのスコアを募集要項に表記している場合と、「英語が堪能であること」という表記をしている航空会社に分かれます。

点数を表記している航空会社の一例を話すと、TOEIC550点以上が中国南方航空、AIR DO、フジドリームエアラインズなどです。

TOEIC600点以上がANA、JAL、アシアナ航空、大韓航空、タイ国際航空などになります。

TOEIC700〜730点以上がガルーダインドネシア、フィンエアーになります。

国内2社はTOEIC600点以上であるため、通訳になる場合などと比べると、そこまで必要とされるレベルはたかくありません。

しかしながら、実際の業務では英語が使えることが大前提であり、人命を預かっているという大事な仕事であるため、英語が堪能なことは絶対条件になります。

客室乗務員の給与

★★★☆☆

昔は、女性のあこがれの職業の上位にランクインするなど、女性の花形でしたが、現在の給与水準は高くありません。

数多くの航空会社が経営難に陥っており、パイロットの大量解雇も相次ぐなど、航空業界を取り巻く環境は厳しいものになっています。

平均年収は400万円~500万円程度が多くなり、正社員ならまだしも、雇用が不安定な契約社員では、様々な手当ての面で不利になります。

国内の大手航空会社の正社員であれば、ボーナスや手当、社会保険制度なども整備されているので、外資系の契約社員よりは待遇がよくなります。

客室乗務員の難易度

★★★★☆

客室乗務員になるためには、いくつかの方法があります。まずは、4年制の大学を卒業後、航空会社に客室乗務員として採用されるという方法です。

他にも客室乗務員になるための、大学や短大の専門課程を修了した人や、客室乗務員に特化した専門学校を卒業して就職する場合もあります。

各航空会社とも、身長や語学力などを応募条件に指定している場合が多いため、しっかりと確認することが多いです。

なかなか正社員として採用されることは難しいため、まずは契約社員として雇用され、正社員に転換されるのを目指すことが一般的になっています。

英語を活かせる職業 翻訳家

洋画や洋書など、英語を日本語に訳すのがメインの翻訳家も英語を活かせる職業です。

翻訳家の仕事内容

翻訳家は、英語で書かれた文章を日本語に訳したり、日本語を英語に訳したりする仕事です。一口に翻訳と言っても、訳す対象は多種多様になります。

まず、分かりやすいところでいくと、海外映画やドラマなどの翻訳、小説などの文芸、企業などの開示文書やプレゼン資料の翻訳をする実務翻訳などに分かれます。

それぞれに高度で深い専門知識が必要であり、英語力だけでなく、そういった事前知識を高めるということも大変重要になってきます。

翻訳家の英語レベル

★★★★☆

ほとんどの翻訳家は外国語系学部出身者であり、英検1級や、TOEIC900点から満点近い点数を持っていることが普通です。

英語そのものを商売にしているため、翻訳家多くは海外経験があたったり、ほぼバイリンガルだったりする方も多いです。

翻訳家の給与

★★★☆☆

翻訳家は、基本的にフリーなので、仕事に応じた報酬が支払われます。

この報酬とは文字数の単価で決められていることがほとんどです。その単価は、翻訳家の能力によっても異なりますが、高度に専門的な場合も高くなる傾向にあります。

ネット上に無数に翻訳会社が発達した現代では、年収800万円以上のケースはまれになります。

翻訳家の難易度

★★★☆☆

翻訳家は、国家資格があるような職業ではありません。

しかしながら、他の職種と比べても、非常に高い英語力がひつようであるため、翻訳の専門学校を卒業していることが、事実上の前提条件になってきています。

基本的には、翻訳会社のトライアルを受け、採用されたのちに契約し、フリーランスとして働くことになります。

長年そういった翻訳会社で働いた後、独立開業して、自分で会社を立ち上げることも多いです。

英語を活かせる職業 通訳

英語を活かせる職業として、英語が得意な人が一度は考えることもある職業です

通訳の仕事の内容

通訳の仕事は、英語と日本語をどちらかの言語に、口頭で訳すことです。

通訳が必要とされるケースは様々ですが、政府の要人との会談、国際会議での通訳、民間企業のビジネスでの商談が挙げられます。

他にも、映画俳優や歌手、有名人などの通訳や、スポーツ選手の専属通訳、ニュースの同時通訳などもあります。

通訳の英語レベル

★★★★★

英語の試験で言うならば、英検1級や、TOEIC900点以上を持っていることが当然として、それだけでは通訳に必要な英語レベルを満たしたとは言えません。

通訳は、英語のネイティブスピーカーの出身国独特の言い回しを熟知していなければなりません。

また、英語圏の中でも、方言や発音がかなり異なりますが、通訳の相手を選ぶことは通常できません。

そこで、各国の発音や訛りに対しても、柔軟に理解して、即座に訳せるという高度な言語能力も欠かせません。

通訳の給与

★★★★☆

仮に企業に正社員として雇われた場合の通訳の平均年収は、500万円~800万円ほどになります。

フリーの場合は、時給2,000円~4,000円程度になりますので、特定の高度な専門性を持っていない限り、年収も400万円~500万円程度になります。

その一方で、特定の企業や政府関係から仕事を安定的に任せられるようになれば、年収は1,000万円を大きく超えることも十分にあり得ます。

しかしながら、どうしてもクライアントの都合で日時を指定されるため、休みは不定期になりがちです。

場合によっては、要人や企業の求めに応じて、海外に同行といったことも考えられるので、そういった要求に応えられるかも重要なポイントになります。

通訳の難易度

通訳になるための、国家資格というのは存在しません、しかしながら、実態として通訳のほとんどは、外国学部の出身者、帰国子女、海外留学経験者です。

加えて、通訳の専門学校を卒業して、通訳の専門技術を身に付けていることが、事実上の資格のようにもとらえられます。

ほとんどの通訳は、通訳会社に登録して、仕事のオファーに応じてフリーとして働くことになります。

まれに正社員の採用もありますが、まずは、フリーでの経験を一歩一歩積んでいくことが最初のステップです。

英語が活かせる職業 高校の英語教師

英語力が活かせる職業という意味では、高校の英語教師も人気が高い職業です。

高校教師の仕事の内容

高校の英語教師は、高校で英語の指導を行うほかに、担任を受け持つこともあります。

担任になると、ホームルームや進路指導、学校行事の運営などが任されるようになります。

他にも、クラブ活動指導を放課後や休日に行うことも求められるため、生徒に対する進路のアドバイス以外にも様々な業務に従事することになります。

高校教師の英語レベル

★★☆☆☆

具体的にTOEICの点数が求められるわけではありませんが、英語教師のTOEICの点数があまりに低く、新聞報道になってしまうこともありました。

教員免許そのものは、単位を取るだけで付与されるものなので、英語の実力にはかなりのばらつきがあるのが現実です。

しかしながら、高校生を相手に英語を教えるのは、そこまで甘いものではありません。

生徒によっては、海外経験があったり、英語の能力が高い場合もあるので、発音などが間違っていれば、その後の問題に発展しかねません。

英語を教える立場であるため、英検1級や、TOEIC900点以上を持っていることが望ましくなります。

ただし必要となる英語レベルについては、他の英語を専門とする職業よりも求められる力は少ないです。

高校教師の給与

★★★★☆

高校の英語教師の初任給は20万円程度で、給与体系が年功序列となります。

公立高校の場合、45歳で年収は700万円前後であり、民間企業よりも高くなる場合もあります。

安定した仕事であり、福利厚生も充実しているのも特徴です。

高校教師の難易度

★★★★☆

高校の英語教師になるには、高等学校教諭1種免許状(英語)を取得し、採用試験に合格しなければなりません。

免許状については、外国語系の学部学科において、教職課程を履修すれば取得することができます。

また、教育学部の英語教育専攻でも、この免許状が取得可能です。

英語は、主要5教科ですので、毎年一定数の採用枠が存在するため、私立も合せればチャンスはそこまで狭くはありません。

私立の場合には、中高一貫の私立を受けることも想定して、中学校の免許状も取得しておくことが望ましいです。

英語が活かせる職業 貿易事務

貿易事務は景気に左右されやすいですが、英語が活かせる職業として人気が高いです。

貿易事務の仕事の内容

貿易事務の仕事というのは、海外から商品を輸入したり、日本から海外に輸出したりする際に必要となる、事務的な手続きを行う仕事です。

海外との貿易を行うためには、税関に対して輸出または輸入の手配や申告を行う必要があります。

こういった手続きについては、輸出者や輸入者自身で行う場合もありますが、専門の業者に書類の作成や通関業務を委託することになります。

貿易事務の英語レベル

★★★☆☆

貿易事務では、英語が公用語であるため、仕事には英語が必須です。貿易事務の仕事内容にもよりますが、TOEIC600点程度は最低でも求められることになります。

企業によっては、700点や800点といったさらに高度な得点を求めるところや、実務経験を必要とするところも多く、一般的な英語力に加えて、貿易特有の英語表現を習得することが必要です。

貿易事務の給与

★★★☆☆

貿易事務は、正社員以外にも、派遣や、契約社員で働く人も多い職種です。

貿易事務を行う企業にも、大手商社から中小の物流企業まで様々であるため、給料の幅も大きく変わってきます。

一般的には、大企業で正社員の場合は、年収で400万円〜450万円ほどであり、他の職種と比べて特別高いわけではありません。

また、古い企業であれば、年功序列の給与体系なので、勤続年数が長いほど年収も高くなります。

貿易事務の難易度

★★★★☆

貿易事務の仕事につくためには、多くの場合は大学等を卒業して、採用試験を受けることになります。

就職先は、大手の商社や、メーカー、物流会社など多岐にわたります。中途の場合には、これまでの貿易事務の経験がないと、採用は難しい場合が多いです。

貿易事務に必須の資格はありませんが、通関士を取得していれば、通関業務に従事できるため、かなり採用には有利になります。

英語が活かせる職業 商社の海外営業

エリートのイメージが強い商社の中でも、海外営業は一ランク上の位置づけになります。

商社の海外営業の仕事内容

商社の海外営業職とは、大手の総合商社や専門商社に正社員(総合職)として雇用され、海外に関わる仕事に従事する人のことを指します。

総合商社であれば、資源や食料品、自動車など、ありとあらゆるものの取引を行うことになります。

また、取引にかかわる金額も半端ではなく、何千万円から億を大きく超える量の取引に係る仕事であり、世界中を飛び回って商談をまとめるという、大変スケールの大きな職種になります。

さらには、ある一定の経験を積めば、海外駐在のチャンスが比較的容易に訪れるのも特徴です。駐在先で数年間英語だけで生活するといったチャレンジも経験できます。

商社の海外営業の英語レベル

★★★★☆

商社の海外営業職には、最低でもTOEIC800点程度の英語力が必要となります。

よほどのことがない限り、英語圏では通訳は付けてもらえませんので、自分で商談を進めるだけの確固たる力が必要になります。

その点で帰国子女などが海外営業になるケースも多いようです。

商社の海外営業の給与

★★★★★

大手の総合商社であれば、30代で1000万円以上という社員も珍しくはありません。

採用されるのが難しい反面、給与や手当の面では、他の職種よりも優遇されています。

しかしながら、仕事が激務であったり、数年で海外駐在と日本を行ったり来たり、治安も決していいとは言えない発展途上国での勤務など、ハードな面があるため、それに見合った給与ということもできます。

商社の海外営業の難易度

★★★★★

商社の海外営業職に就くには、一般的に4年制大学以上を卒業し、総合職の就職試験を受けることになります。

しかしながら、特に男性からは人気の高い職種であり、倍率は相当なものになります。

英語力単体での試験が科せられるケースは多くありませんが、海外のニュースに常に目を光らせ、英語力に磨きをかけておくことが重要です。

英語を活かせる職業に就くための準備

英語を活かせる職業は人気が高く、その職業に就くためには準備段階がとても重要になります。

そのために英会話のスクールに通うなどの努力をしている人も多いですが、就職や転職でそういった職業を目指すのであれば準備段階でしっかりと業界の市場を見ておくことが大事になります。

どんな企業が海外に力を入れているかなど、しっかりと見据えて準備しなければライバルには勝てません。

特に転職で英語を活かせる職業を狙う場合は、転職サイトやエージェントを使って市場を確認しておきましょう。

転職サイトやエージェントは無料で利用でき、自分の条件にマッチした求人を探してくれるサポートがあります。

登録してどんな求人があるかを確認するだけでも、業界の動向がわかるので必ず役に立ちます。

優良な求人が集まるおすすめの転職サイト

転職サイトの選び方としては、大手の転職サイトを使うのがおすすめになります。優良な求人が多く情報も随時更新されるので、あなたにピッタリの求人が見つかる可能性がとても高いからです。

転職サイトは登録無料なので、すぐに転職活動をしない人でも登録だけはしておきましょう。スカウトメールや自己診断ツールなど、転職に役立つ情報も無料で利用できるので使わないと損をします。

転職は時間がかかり面倒なので腰を上げにくいですが、無料で利用できるものは最初から使いましょう。

リクナビNEXT

転職業界最大手で豊富な求人と転職成功率が高いおすすめの転職サイトです。無料でスカウトメールや自己分析ができるので、転職を視野に入れている人は必ず登録しておきましょう。

リクナビNEXT ネクスト

DODA

国内有数の実績を持つ大手の転職サイトです。求人数も豊富で、リクナビと一緒に登録しておけばほとんどの求人を網羅することができます。

年収が高いハイクラス求人も多く、登録者数をドンドン伸ばしているおすすめの転職サイト

転職はDODA

マイナビ転職

幅広い年代の求人に対応して、若い年代向けの求人が多いのが特徴の転職サイトです。

未経験やスキルが不足している転職者でもマッチできる求人が多く、登録しておくことをおすすめできるサイトです。

年収

キャリアアップにおすすめの転職サイト

年収500万以上の人材であれば、キャリアアップできる転職サイトに登録することがおすすめです。有能な人材は高い給与でも転職成功率が上がりやすい傾向にあるからです。

ビズリーチ

大手のリクナビに比べると知名度は低いですが、キャリアアップ求人が豊富なのが特徴の転職サイトです。ある程度の地位になっているのに、出世や給与アップに悩んでいる人におすすめの転職サイトです。ただしビズリーチは純粋にキャリアアップを狙っている転職サイトなので、異業種や未経験の人にはおすすめできません。本気でキャリアアップを狙っている人は必ず登録すべき転職サイトです。

BIZREACH

スポンサードリンク