転職で簡単に採用される条件 キャリアコンサルが教える転職術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

転職活動は簡単に終わらせることが難しく、人生で何度も行うことのない行動です。

そのため、転職に関する情報を求職者の方はなかなか得ることは簡単ではありませんし、他の求職者の動向を知る方法も転職エージェント以外から得ることは難しいです。

だれしも、転職活動を楽しいと感じるということはあまりないでしょうし、むしろ、早く転職活動を終わりにしたいと思うでしょう。

もっと言いますと、『簡単に転職できる方法はないだろうか?』と一度は思ったことがあると思います。

そのような求職者の方のために、転職活動で簡単に採用される転職活動術をご紹介したいと思います。

最も簡単な転職活動はコネ採用

簡単に採用されるための転職活動術の筆頭は、友人紹介というコネを利用することです。

コネの採用は、求職者の方の経験や実績などの経歴を一応は企業は見ますが、基本的にはコネの相手となる自分の友人や知人のその企業での信頼が一番になります。

そのため、求職者の方はその友人や知人の信頼を武器に採用されるということになります。

簡単採用にはコネの相手が大事

コネの対象となる友人や知人がその企業でどのような立場なのか、またはその企業で働いていなくてもその友人や知人がその企業の決定権を持つ経営者とどのような関係性にあるのかが大事です。

変な話ですが、コネの対象となる友人や知人がその企業に在籍していたとしても、入社間もない新卒であれば、経営者との距離は遠く、コネとは言えないぐらいの環境になります。

そのため、コネと言っても採用されないことはもちろんのこと、書類選考で見送りになるというケースが想像できます。

コネ採用を使う重要ポイントは、いかに経営者と近い距離感にコネの対象者がいるかです。

コネの対象が経営者であれば、まず間違いなく採用されるでしょうし、経営者と近い距離感であれば採用される可能性はかなり上がります。

コネとは別名で人脈とも言いますが、ビジネスは人脈ですし転職活動もビジネスの一種です。

是非とも、日ごろから人脈づくりを怠らず転職活動にも役立てる環境を自分で整備しておきましょう。

そうすることで、他の求職者の方は自力で企業の選考を受けて転職活動を行うなかで、自分はコネ転職を実現することができ、簡単に採用されることができます。

コネの選考内容

通常は企業の選考を受けて転職します。

転職エージェントを利用する場合、転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーの面談を受けて求人を紹介してもらい求人を選び応募し書類選考を行い複数回の面接で内定です。

軽く一連の採用までの流れを書きましたがコネ採用の場合はどのようなプロセスになるでしょう。

コネの採用までの流れとしては、書類(レジュメ)提出、面接、内定の順になります。

しかも、通常は鬼門とも呼ばれる最も通過率が低い書類選考がないに等しく、緊張でガチガチになる求職者の方も多い面接も場合によってはコネの対象者が同席することもあるので、終始和やかに面接より面談という感じです。

そして、そのまま内定を勝ち取り採用されるというものです。

先程も言いましたが、このように簡単な選考プロセスだけで企業から採用されるためにはそのコネがいかに強力であるかどうかがポイントです。

コネの対象者がその企業からどれだけ信頼されているか経営者とどれだけ近い距離感にあるかです。

人脈づくりが大変になるのですが日ごろから人脈づくりに勤しんでいる求職者の方であれば、コネ探しにも苦労はありませんし簡単に採用されることができます。

紹介予定派遣という仕組みを使う

転職市場にはいろんな経歴を持つ求職者の方がいます。転職市場は企業が求職者の方のそれまでの経歴を確認し、年収という額で買うか買わないかを決めます。

当然、経歴がしっかりとしていて企業の評価が高ければ提示される年収はさておき採用される確度は上がります。

ただ、そのような求職者の方以外も正社員を希望して採用されるために転職活動をしているのですが、特にフリーターやアルバイト経験しかない求職者の方は相当、転職が難しいです。

そこで、少し視点を変えてみましょう。その方法が紹介予定派遣という仕組みです。

紹介予定派遣は、労働者派遣法に記載された法的に認められた転職方法です。

最初は雇用形態が希望する正社員ではないのですが、そこだけ譲歩できれば、その後はかなり簡単に正社員として採用されることができます。

紹介予定派遣という名前の通り、企業へ転職するタイミングでは派遣社員ということになりますが、派遣社員の企業との面接は、職場見学という名前に変わり派遣会社の営業マンが同席の上で企業と話します。

面接ではありません。面接ではない分、本当に簡単な会話で終わり採否が決まりますが、よほどのことがない限り簡単に採用されます

そして、派遣で上限6カ月を限度にその企業で働き、自分がその企業で正社員として働きたいと希望するのであれば、企業はその希望を無視することはできないため、必ず面談の機会を設ける必要があります。

その面談もすでに自分が実際に働いている部署の上司が担当しますので、面接というよりも雑談交じりの面談になり雰囲気も日ごろの打合せとあまり変わりません。

面接官となる自分の上司は、転職活動の面接とは異なりレジュメや求職者の方の言葉から評価して採否を決めるのではなく、実際の就業ぶりを見て判断しますので、求職者の方としては相当メリットがあります。

一般の転職市場では経歴がネックになりなかなか採用されるに値する評価を得ることができず、採用されることが難しい立場のフリーターやアルバイト経験がある求職者の方が紹介予定派遣という方法を使うことで簡単に正社員として採用されることができるのです。

フリーターやアルバイト経験が長い求職者の方は、企業のどの選考で見送りになることが多いのかと言いますと書類選考です。

書類選考を通過することは相当難しいですし、そのため、企業の面接官と会うことも難しいです。それが紹介予定派遣という仕組みを使うだけで面接官と簡単の会うことができるのです。

今回ご紹介した3つの方法を活用して自分に合った簡単に採用される活用術を活かしてほしいと思います。

転職エージェントを活用する

コネ採用は、前提がコネであるため、一般的な転職方法とは言い難いものがあります。一般的に簡単に採用される方法としては転職エージェントを利用して転職活動を行うことだと思います。

しかも、転職エージェントを利用するでも、少し工夫が必要です。

転職エージェントを目的別に利用する

日本には数多くの転職エージェントがあり、その特徴は異なります。転職エージェントの規模、転職エージェントが得意とする業界や職種。

大きくはこの違いが転職エージェントにはあるのですが、転職活動を始めたばかりの求職者の場合は、転職エージェントの活用術がいまいち、うまくありません。

そこで簡単に採用される確率を上げる今の転職市場で最も採用に近い手法である転職エージェントの使い方をご紹介したいと思います。

まず、転職エージェントの規模ですが目的は求人の数として大手の転職エージェントを1~2社選びます

大手と言えばリクルートエージェント、DODAエージェントサービス、マイナビエージェントが候補になると思います。

この3社が絶対ではなく求職者の方自身が求人の数を確保できると思える転職エージェントであれば問題ありません。

続いて中小規模の転職エージェントを1社選びます

転職エージェント業界の多くは中小規模の転職エージェントで、パソナキャリアやtypeなどになります。

地域に密着した中小規模の転職エージェントもありますが、コンサルタントの人数が少なく対応が良くない口コミもあるので、パソナキャリアやtypeのようなある程度の規模の転職エージェントをりようすることをおすすめします。

中小規模の転職エージェントを利用する目的は転職支援の質です。

転職支援の範囲には求人の紹介も含まれますが中小規模の転職エージェントに求人の紹介は期待しても量は期待しません。

中小規模の転職エージェントは大手の転職エージェントとは異なり事業展開を大きく行っている訳ではないので大手の転職エージェントのように求人を豊富に持っているということはないからです。

その代わり、中小規模の転職エージェントは転職支援の質を武器にしているため、大手の転職エージェントでは経験することができないようなきめ細かい丁寧な転職支援を受けることができます

例えば、求人の紹介ひとつとっても、大手の転職エージェントの場合は、登録面談以外ではメールで定期的に求人紹介があり特別、説明はありません。

しかし、中小規模の転職エージェントであれば、求人紹介と併せてその後に電話があり、求人のポイントや補足説明があります。

書類選考通過率が高い中小規模の転職エージェント

中小規模の転職エージェントに最も期待したい転職支援がレジュメの添削サービスです。

大手の転職エージェントでも同様のサービスを持っていますが、転職エージェント側も対応できる数に限りがあり1人に対する添削時間が限られます。

中小規模の転職エージェントであれば登録数が少ない分、それだけ1人にかける添削時間が多くなりますし内容も濃いものになります

企業の選考フローのなかで最も通過率が低く、求職者の方の多くが苦手意識を持っている選考が書類選考です。

一般の転職活動において書類選考の通過率が上がれば、それだけでもかなり簡単に採用されると言えます。

大手の転職エージェントと中小規模の転職エージェントの転職エージェントの書類選考通過率の対比データとして、大手の転職エージェントであれば書類選考通過率は1割程度。

一方で中小規模の転職エージェントの書類選考通過率は4割程度になるので、大手に比べて転職が簡単になることが理解できると思います

この3割の違いは採用されることを目的に企業の選考を受ける求職者の方にとっては相当大きな違いがあります。

いかに応募できる求人数を確保したとしても書類選考で基本的に見送りに遇います。

書類選考を通過さえすれば、書類選考の通過率を上げることさえできれば、今まで難しかった採用されることも簡単に採用されたという感覚を持つことができると思います。

ただ、転職エージェントを使うだけでは簡単に採用されるというレベルには足りません。

転職エージェントの特性を確実に抑えて自分の目的に沿って転職エージェントを選ぶことが、簡単に転職活動を終わらせるために必要なことになります

それにより書類選考の通過率を引き上げることができ、簡単に転職することに繋がるのです。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを聞いたことがない転職希望者には、エージェントはお金がかかるや面倒くさいといったイメージを持ってしまうかもしれません。

転職はエージェントを利用しなくても成功することはできますが、現在の転職市場においてエージェントを利用しないほうがデメリットが大きくなります。

現在の転職市場はかなり大きく、膨大な求人から自分に適しているものを探し、それから書類作成、面接などの対策をすることは決して簡単なことではありません。

特に現職の方の場合、スケジュール調整や転職のタイミングなどをどうするかなども問題になるでしょう。

転職エージェントは、このような転職の面倒な転職活動を簡単にしてくれる頼れるコンサルタントなのです。

転職エージェントに登録が面倒と感じる人がいるかもしれませんが、登録することで大変な転職活動が劇的に楽になることは間違いありません

大げさと思うかもしれませんが、転職エージェントはそれだけ優遇されたサービスになります。そのため転職希望者が使わないことは、とても勿体ないので絶対に利用してみて下さい。

実際に転職エージェントを使うと、どんなメリットがあるのかを挙げるので参考にして下さい。

転職エージェントは無料

転職エージェントの一番のメリットは無料で利用できることになります。

勘違いしている人も多いのですが、転職希望者は転職エージェントの利用で費用は発生しません

転職エージェントは採用する企業側から成果報酬を受け取っています。

そのためエージェントは、親身になって転職希望者にマッチした企業を探してくれるのです。

面倒な転職の手続きを代行

転職エージェントの大きなメリットとして、面倒な転職の手続きを転職希望者の代わりにエージェントが行ってくれることがあります。

  • 希望の求人を探す
  • 応募の手続き
  • 面接や入社時期のスケジュール調整
  • 採用条件(給与など)の交渉
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 企業の将来性や雰囲気の確認
  • 入社に必要となる手続き

転職希望者を悩ませる面倒な手続きを、転職エージェントが転職者の代わりに行ってくれるのはかなり大きなメリットと言えます。

転職をしたことがある人ならわかりませんが、スケジュール調整や履歴書・職務経歴書の作成は、仕事をしながらだとストレスになります。

自分でこうした手続きや調整を全て行うのはかなり大変なのは理解できると思います。

転職エージェントは、面倒な作業を代行してくれるので、仕事をしながらでも転職先を探すことに集中することができます

希望にマッチした求人を探せる

転職活動の難しいところに、希望にマッチした求人を探すことに時間がかかることがあります。

転職サイトやハローワークで検索すると、膨大な数の求人数が表示され、どれが本当に自分にマッチしているか判断ができません。

転職エージェントであれば、蓄積されたノウハウから、あなたに最適な求人を探してもらうことができます

一人で探すよりも、効率的に良い求人を探せるのが転職エージェントのメリットになります。

良い条件の非公開求人を提案

転職エージェントは、転職サイトやハローワークにはない「非公開求人」を持っています。

非公開求人とは、企業の立場上、公に募集できないが、隠れて求人を採用したい企業がエージェントに依頼する内容のことです。

非公開求人は、給与やキャリアなどが好条件という特徴があります。

もしあなたのキャリアが魅力的なものだとしたら、転職エージェントが企業側に御社で採用しませんかと営業するケースもあります

キャリアアップを目指しているのならば、こうした非公開求人が豊富な転職エージェントを使うことをおすすめします。

キャリアアップのアドバイス

転職に失敗する人は、目先の給与や労働条件だけを見て転職を決めてしまうケースが多いです。

しっかりとキャリアアップを考えないと、将来的に思っていたのと違う人生を歩んでしまう可能性があります。

転職エージェントは、企業の将来性やあなたとのキャリアマッチを真剣に考えてより良い企業を提案してくれます

成功する転職コンサルをしてもらえるのも、転職エージェントを利用するメリットになります。

書類選考のノウハウを伝授

履歴書や職務経歴書などの書類の作成は、考えるのも面倒で転職者を悩ませる問題の一つになります。

面倒な書類作成ですが、転職エージェントを利用すれば内容をチェックしてアドバイスをしてもらえます。

転職エージェントには過去の膨大なノウハウがあるので、書類選考を通過するポイントを丁寧に教えてくれます

面接の的確なアドバイス

転職活動で最も緊張するのは面接ではないでしょうか。

どんなに場慣れしている人でも、やはり初めて会う人との面接は緊張してしまいます。

どんな面接官なのか?質問はどんなものが来るのかなど、気になることがたくさんあると思います。

転職エージェントは、こうした面接の情報を事前に転職希望者に教えてアドバイスをしてくれます

アドバイスをもらうことで、落ち着いて面接に取り組むことができるようになります。※実際には裏で転職エージェントが採用担当者と打ち合わせをして、ほぼ採用が決定しているケースも多いです。

内定後の給与に関する交渉

給与の話は転職の面接時には相談しにくいことだと思います。

実際に25万~などの求人で、30万位貰えるのかと思っていたら25万の給与だったというケースも多いです。

こうしたデリケートな給料の話も、転職エージェントがあなたの代わりに交渉してくれます

直接話をするよりも、関係を良好に保って次の仕事に就けるので安心して転職活動ができます。

退職トラブル対策

内定をもらってホッとしても、今度は今勤めている会社への退職申請が必要になります。

いつ?どのように?など退職のやり方がわからない人も多いと思います。

退職ではトラブルも起きやすいので、事前にトラブルを防ぐ退職方法を知ることが大事になります。

転職エージェント経由で転職していれば、そんな面倒な退職の相談も受けているので安心して転職することができます。

円満に退職できるように、最適な提案をしてくれるので是非利用してください。

スポンサードリンク