簿記2級は独学でも勉強を効率化させれば1ヶ月で合格できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

簿記2級は独学でも、正しい勉強法を行えば1ヶ月で合格が可能です。しっかりと新しい試験範囲に沿った内容の参考書と問題集を中心に勉強すれば、簿記2級は独学で合格することは十分できます。

簿記2級の合格のポイントは、簿記の基礎ができているかが第一のポイントになります。簿記3級を取得していれば、簿記の基礎ができているので簿記2級の内容を理解することは、初めて簿記2級を受験する人よりも簡単です。

簿記3級を持っていない場合は、簿記の基礎を勉強してから問題集を勉強することが、簿記2級合格のポイントになります。簿記3級の勉強法については、簿記3級を1週間の独学で合格する勉強法を参考にして下さい。

もう一つのポイントとしては、勉強の効率化ができているかになります。ただ参考書を読んだり問題集を解くのではなく、出題傾向を押さえた勉強をすることが最短で合格する近道になります。

実際に簿記2級は問題の傾向がわかれば、試験対策をすることはそれほど難しくありません。独学で合格できていない人は、この試験傾向と対策ができていないケースがおおいです。通信講座やスクールは、この効率化を徹底させています。

独学で簿記2級に合格するには、この試験傾向を掴むことが大事なことになります。1ヶ月で簿記2級に合格するための、効率的な勉強法を紹介するので参考にして下さい。王道の勉強法ですが、簿記2級を独学で合格したい人の参考になれば幸いです。

簿記2級の合格率は低い?

簿記2級の合格率は、その年によって変わりますが平均すると合格率は10%~20%前後になっている傾向になります。

これは試験問題の難易度が大きく関係しています。簿記2級の合格ラインは7割になるので、試験の難易度が上がれば合格率は低くなります。

ただし難易度が上がったから必ずしも合格ができないわけではありません。しっかりと簿記2級の勉強をしている人は、10%台の難易度の試験でも独学で合格しています。

簿記2級の難易度はどのくらい?

簿記2級の難易度は、前述したように合格率から見るとハードルは少し高い気がします。

10%台の合格率の試験になると、難易度はかなり高いと言えるでしょう。ですがこの数字は全ての受験生を対象にしているので、必ずしも難易度が高いとは言えません。

簿記2級は人気の資格になるので、学生や主婦などもたくさん受験しています。実はこうした受験生の中には、とりあえず簿記2級を受けてみようという人も多いです。

そういった受験生は勉強をしっかりしていないまま試験を受けるので、当然不合格になる可能性が高くなります。

合格率が低く難易度が高いと思われる簿記2級ですが、真剣に勉強した人を対象にすえば合格率はかなり上がると思われます。

数字だけに惑わされず、しっかりと勉強をすることで独学でも簿記2級に合格することができます

簿記2級の理想的な勉強時間は

簿記2級の勉強時間はかなり必要なイメージですが、実際のところどうなのでしょか。

まず簿記2級の勉強時間について触れる前に、前提条件から理解してもらうことが大事になります。

簿記2級を受験する場合、簿記の基礎を理解できていることが前提となります

そのため簿記3級を取得している、またはそれと同等の学力があることがスタートの目安となります。

この前提条件をクリアしているかで、簿記2級の勉強時間は変わってきます。

簿記2級を初めて受験する人の勉強時間

簿記2級を初めて受験する、または初めて簿記を勉強する人に必要な勉強時間ですが、まずは50時間で基礎を身につける必要があります

簿記を初めて学習する場合、何から手をつければよいのか、という不安があります。

2017年4月から日商簿記の「初級」という試験が新登場していますので、まず、この試験の出題範囲である、簿記の基本概念から学習するとよいでしょう。

すべての基本をしっかり理解することは、今後上級を目指すためにも、大変重要なことです。焦らず、時間をかけて勉強しましょう。

簿記の学習は、文字通り「まじめにコツコツと」と行うことが、何よりの近道です。

基本が何より大切ですので、余裕をもって、勉強時間の目安は、50時間程度必要です。現実的な感じで、1日2時間の勉強時間で、25日となりますので、1ヶ月程度でマスターできます

基礎ができてる受験生に必要な勉強時間

簿記の基礎ができている受験生が簿記2級を受ける場合に必要な勉強時間は、150時間ほどになります。

簿記2級になると、原価計算などの特殊な項目が登場し、少々ややこしくなってきます

ですが基礎ができていれば、あとは練習問題などを続けていくだけです。ですので恐れず、しっかりと着実に学習を進めます。

積み重ねた学習を生かしながらの学習ですので、復習の時間も見積もって、150時間。一日2時間の学習で75日=2ヶ月半が勉強時間となります

効率よく簿記2級を勉強するための時間の使い方

効率よく勉強するには、10分~30分の空き時間で、仕訳や転記といった「作業」的なトレーニングをすることです。

そして集中して取れる時間(1時間など)は、応用系や新出事項や、計算書どうしの関係、ルールなどの勉強に充てるようにし、メリハリをつけることが大切です。

今、どちらの学習をしているのかを意識し、時間管理をすることで、効果的に学習が進められます。

昼休憩の10分、食後の10分、寝る前の30分など、ボーっとしてしまう時間の一部を「作業」に充てて効率アップを図ります。

簿記2級を1ヶ月の独学で合格できる勉強法

簿記の試験の特徴として、満点を取らなくても簿記2級の資格は取得できます。簿記試験は、商業簿記が6割、工業簿記が4割の配点になっています。独学でも効率よく勉強することで、簿記2級でも必ず合格することはできます。

実際に私が簿記2級を1ヶ月の独学で実践した勉強法は、以下の手順になります。

  • 簿記2級のテキストで概要を把握
  • 簿記2級の問題集を使って問題演習
  • 検定対策のテキストで総仕上げ

簿記2級を1ヶ月で合格するためのポイントは、効率良く勉強することです。参考書を数多く購入するよりも、参考書1冊と過去問1冊を徹底的に勉強した方が合格率は上がります。あまり多くの参考書や問題集に手を出すと、中途半端で終わる可能性があるからです。

簿記2級の参考書や問題集選びですが、解説が丁寧で理解しやすいものを選ぶのが効率化のポイントになります。特に問題集は、間違えた問題を理解するために解説が丁寧なものを選びましょう。

私も色々な参考書を見て、解説が丁寧でわかりやすい参考書を使って独学をしました。では実際に私が使った参考書や問題集を紹介しながら、効率的な勉強法を説明します。

簿記2級を効率よく勉強できる参考書

簿記2級に独学で合格するためには、最初は全体像を把握することが重要です。基礎的な知識を身に着けていないと、問題を解くことができないからです。基礎的な内容を身につけるには、みんなが欲しかった簿記の教科書を使うのがおすすめです。

みんなが欲しかった 簿記の教科書は、イラストなどを使って簿記2級をわかりやすく解説している参考書になります。この参考書の良い点は、馴染みのない簿記用語を図やイラストでイメージできることです。

一つ一つの解説が丁寧なので、しっかりと簿記2級に必要な知識を身に着けることはできます。私の場合は、通勤やお風呂などでじっくりと読んで3日間で簿記2級の概要を勉強しました。

この参考書だけで簿記2級合格は難しいですが、独学での最初の一歩としては非常に優秀な参考書と言えます。ここで基礎力をつけることで、問題を解くための地盤を作ることができます。

ポイントとしては、じっくり読むのではなく概要を理解することです。全てを理解しようとすると、時間がかかって勉強の効率が悪くなります。目的は簿記2級の基礎知識を身に着ける勉強なので、全体像がイメージできれば成功と言えます。マンガでイメージできるので、活字の参考書よりは理解しやすいと思います。

商業簿記の概要を把握したら、次は工業簿記の対策も必要です。工業簿記も、商業簿記と同じシリーズのみんなが欲しかった簿記の教科書がおすすめです。

こちらは商業簿記の問題演習が終わってから読むことがおすすめです。簿記の参考書を隅々まで暗記する人もいますが、資格取得においては効率よいとは言えません。時間が限られている中で合格するためには、完璧主義は逆効果になります。

ポイントを絞った勉強をすることで、1ヶ月でも簿記2級に独学の勉強で合格することができます。そのために簿記の参考書は、2回程度読むことをおすすめします。完璧に覚えるのではなく、概要を覚えることを意識してください

問題演習をするときのポイント

簿記2級に必要な基礎知識を身に着けたら、あとはひたすら問題演習をすることが大事になります。簿記2級のテキストを読み終えたら、実際の試験と同レベルの問題集で問題演習をします。問題集のおすすめは、パブロフ流でみんな合格になります。

この問題集の良いところは、読んだだけでは解けない簿記2級の問題を、わかりやすく手順化して理解しやすい解説を載せているところです。そのため簿記2級問題の解き方のポイントが、独学でもマスターできる問題集になっています。

参考書を読んだけど、簿記2級の問題が解けない人でも無理なく実力アップできるおすすめできる参考書です。

もう一つこの段階で勉強を効率化させるには、ただ問題集を解くだけではいけません。問題演習を解く勉強のポイントは、間違えた問題の復習になります。簿記2級に限らず資格試験で失敗する人は、この復習を軽視していると思います。

簿記2級などの資格試験は、基本的には過去問や同じような問題が数多く出題される傾向にあります。数学のような、一から考える高度な計算などは全く要求されません。そのため反復の勉強で、誰でも必ず簿記2級は合格できるはずなのです。

私はこの問題集を、1冊まるまる徹底的に勉強をしました。間違えた問題をしっかりと復習することで、確実に簿記2級に合格できる実力を身に着けることができました。日数にすると1日3時間の勉強を約10日続けた結果、ほとんど問題が解けるようになっています。

商業簿記の対策が完了したら、次は工業簿記の対策も必要です。4問目と5問目に出題される工業簿記も、配点としては高いので簿記2級合格ではとても重要です。

順序はどちらでも良いのですが、私は商業簿記を終えてから工業簿記の対策をしました。工業簿記は商業簿記とは内容が異なるので、商業簿記を完璧にしてから進んだ方が効率よく勉強できます。ただし時間がない場合は、同時に勉強するスケジュールのほうが良いでしょう。

簿記2級は、決して独学の勉強で合格できないほど難易度は高くありません。ですが多くの人が不合格となるのは、知識の定着をしていないのが原因だと思います。問題集は解くことがゴールではなく、正解率を上げることがゴールなのです。しっかりと問題集を復習して勉強することで、独学でも簿記2級は合格できます。

簿記2級の過去問で総仕上げ

簿記2級の勉強は、過去問対策が非常に重要と言われています。過去問をしっかりと対策することで、簿記2級の傾向を掴むことができるからです。実際に私も、最後の総仕上げで過去問を解くことで正解できた問題がありました。

簿記2級の過去問で総仕上げをする場合、以下の2つのポイントに気を付けましょう。

  • 簿記2級試験の時間配分を気にすること
  • 簿記試験ではケアレスミスをしないこと

簿記2級の過去問は実際の試験と同じ時間配分で行うこと

どんなに問題が解けるようになっても、時間オーバーしては意味がありません。特に簿記2級は、時間がかかる問題が出題されます。時間配分に気を付ける勉強をしなければ、本番で失敗してしまいます。

過去問を解く場合は、実際の試験と同じ時間配分で勉強しましょう。ここで時間配分をマスターすることで、本試験でも落ち着いて対応することができます。特に初めて簿記2級を受験する人は、この時間配分に注意して下さい。

簿記の試験は長いのですが、実際に集中力が持つかは別問題です。簿記2級は120分と時間が長いので、慣れていないと途中で息切れしてしまいます。簿記試験前の1週間で、確実に時間の使い方をマスターするようにしましょう。

簿記試験ではケアレスミスが命取りになることもある

簿記2級では、正解か不正解の2種類しかありません。どんなに途中経過が良くても、答えが合っていなければ不正解なのです。ちょっとしたケアレスミスが、合否を分けることすらありえます。

特に実際の試験では、かなりの緊張でミスをしやすくなります。なるべく本番と同じ状況で、免疫をつけておくことが大事になります。総仕上げの段階では、ミスがないかのチェックもしっかりと行う癖をつけましょう。

特に気を付けたいのは、計算ミス引っかけ問題のミスになります。この2つは後で非常に悔しい思いをするので、普段から気を付けて勉強しましょう。

普段の勉強でケアレスミスに気をつければ、実際の試験でも無駄な間違いをなくすことができます。練習とは考えずに、本番と同じ気持ちで総仕上げをして下さい。何度も見直しをすることで、確実にミスを減らすことができます。

簿記2級でおすすめの過去問題集

簿記2級の過去問題集は、1冊購入して勉強すれば十分です。しっかりと1冊全て終わらせれば、確実に合格できる実力が身につきます。個人的におすすめの過去問題集は、合格するための過去問題集シリーズになります。

これはTACから出版されている、簿記2級の過去問題集になります。簿記は過去問対策で合格できると言われるように、過去問を解くことで合格率が上がります。TACの教材は、解説が非常に丁寧でわかりやすいのが特徴です。

過去問題集は色々ありますが、これ1冊終わらせれば簿記2級対策としては十分です。合格のポイントは、間違えた問題をしっかりと理解することになります。独学で合格するためには、良い教材を使って効率よく勉強するのがポイントになります。

簿記2級は計算機選びも重要になる

簿記3級の勉強法でも説明しましたが、計算機選びが簿記試験では重要です。ただしこれは新しい最新のものを選ぶということではなく、使い慣れた計算機を使うことを意味します。

新しい計算機を購入したからと言って、使い慣れないものは計算ミスに繋がります。正直なところ、簿記2級の試験であれば複雑な機能の計算機は必要ありません。最低限の計算ができれば、合格することは十分に可能です。

簿記2級の計算で必要なのは、スピードと正確性になるからです。簿記試験で計算ミスをしないためには、使い込んだ計算機を使うのが一番になります。簿記2級を受験するのであれば、普段使っている計算機があると思うのでそれを使いましょう。

もし新しく購入する必要があるのならば、カシスの電卓がお勧めです。

簿記2級は計算に時間がかかるので、慣れた計算機で試験を受けましょう。余計なミスを減らすことも、簿記2級の合格には必要なことになります。たった1問のミスでも、合否に関わるので注意して計算機を選んでください。

簿記2級の独学にはスクールの模試もおすすめ

簿記2級は独学の勉強で合格できますが、スクールの模擬試験は絶対に使った方が良いメリットです。自宅での学習では、過去問を使ってもどうしても本番同様の緊張感が出せません。実際に試験同様の模試を受けられるのは、スクールならではのメリットと言えるでしょう。

スクールの模試は、簿記2級の講座を受けていなくても受験できる場合も多いです。私も模試だけを申し込んで、本番さながらの雰囲気で簿記2級対策をしました。しかもスクールの模試は、最新の出題傾向に合わせた問題を出題してくれます。

自然と簿記2級の対策ができるので、必ず受験することをお勧めします。本番1ヶ月前から2週間前位に、TACや大原などで模試を申し込んでみましょう。スクールに行く必要性は必ずしもありませんが、模試だけは絶対におすすめできます。

空いた時間を効率よく使う勉強

簿記2級の合格率を上げるには、空いた時間を効率よく使うことも大事になります。通勤や通学などの電車の時間や、お風呂などの時間も上手に使えば合格率を上げることができます。

そういった空き時間にテキストを何度も読むのは、しっかりと頭に残るのでお勧めの勉強法です。それ以外にも最近利用者が増えている、スマホでできる簿記2級の勉強もおすすめです。

簿記

実際に講座を受講するとわかりますが、スマホを使った簿記2級の勉強法として、短期間で合格を目指せるよう開発された画期的なオンライン講座になっています。従来の資格講座とは違い、忙しい人でもスマートフォンやPC、タブレットを使い、スキマ時間を使って効率的に学習が可能です。

スマホなので参考書を出す手間などもなく、いつでも気軽に勉強できます。こうしたスマホを使ったオンライン学習で合格している人も増えているので、合格率を上げたい人は使ってみる価値が十分高い勉強法と言えます。

短期間で簿記2級に合格するには、こうしたツールを上手に使って効率よく勉強することも最短で合格するポイントになります。

簿記2級の試験は次があると思わないこと

簿記2級の試験は落ちても再度受験することができます。何度も受験できるので、受験者は今回駄目なら次でもいいやと思ってしまうかもしれません。ですがこうした考え方だと、勉強に身が入りません

簿記2級を独学でじゅけんする場合、この1回で必ず合格する気持ちで臨みましょう。実際に何度も簿記2級を受けている人は、なんとなく勉強をしている気がします。しっかりとポイントを押さえた勉強をすれば、1回の受験で合格することは難しくありません。

何度も受験するとモチベーションも下がってしまうので、簿記2級は1回で合格することを目指しましょう。どうしてもモチベーションが上がらない場合は、通信教育などを使ってみても良いですね。モチベーションの維持が、資格試験で最も難しいことになります。

通信講座で簿記2級の勉強時間を効率化

書店には、簿記の学習本が数多く販売されています。「簿記に挑戦しよう」といって、意気込んで本を買い、はじめは知らないことだらけの世界に戸惑い、面倒になって途中やめるなんていうことも多々あります。

短期間で効率よく、確実に合格を目指すのであれば、通信講座を利用してみるとよいでしょう

通信講座は、オリジナル講義の動画がセットになっているものが特に良いと思います。動画講義を受ける曜日を決めて、スケジュール管理をすると、勉強時間が確保しやすくなります。

通信講座には、電話・メールなどで質問を受け付けてくれるシステムがありますし、レポート提出・添削サービスもありますので、これらを利用し、「だれか」と繋がっておくことは、モチベーション維持に大いに有効です。

こういったシステムを利用することで、勉強に行き詰って無駄な時間を過ごしてしまうことを防げますので、結果的に、勉強時間を減らすことができます。

簿記2級の通信講座については、簿記2級におすすめの通信講座を参考にして下さい。

簿記2級と就職・転職について

簿記2級は就職や転職で有利になる資格と言われています。経理や事務などでは、簿記2級を持っていると採用されやすいケースが多いようです。ですが最近は簿記2級の保持者も増えて、資格を持っているだけでは採用が難しくなっているようです。

せっかく簿記2級を取得したのですから、就職や転職でのアピールポイントにしたいところです。ただ資格を持っているだけではなく、転職を成功させるアピールができるように努力しましょう。

簿記2級の就職や転職のアプローチについては、簿記2級の転職でのアプローチ方法を参考にして下さい。

簿記2級の独学勉強法まとめ

簿記2級は、独学でもしっかりと対策すれば合格することができます。基本的には簿記2級の問題傾向は変わらないので、過去問や問題集を徹底的に勉強することが重要です。

問題の解き方を覚えてしまえば、初めてみる試験問題にも対応することができます。そのためには基礎をしっかりと理解することが、合格のポイントになります。基礎を理解して問題演習をすることが、簿記2級合格の最短の勉強法になります。

王道の勉強法になりますが、この方法であれば確実に合格の力をつけることができます。簿記2級は持っていると就職でも役立つ資格になります。昔からある資格なので、信頼性も高く持っていれば評価が上がることも多いです。

スポンサードリンク