FP3級に独学で合格できる効率的な勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

FP3級は、独学でも1週間あれば簡単に合格できる資格です。

ポイントを押さえたテキストと問題演習をすれば、FP3級は短期間でも合格できます。

金融や不動産の勉強をしている人ならば、数時間の勉強でも対策できます。

FP3級は、学科試験と実技試験にわかれていて覚えることはそこそこ多いです。

全てを完璧にするのが理想ですが、FP3級合格だけを狙うなら広く浅い知識でも独学で対策できます。

FP3級は基本となる6分野から出題頻度が高いポイントが決まっているので、それを覚えるのが一番効率よい独学での勉強法になります。

FP3級の実技試験も、実技とは言いますが実際には学科試験と対策はかわりません。

計算問題などが出題されますが、要点を押さえた勉強をすれば独学で対策可能です。

1週間でFP3級に独学で合格できる、効率的な勉強法を紹介します。

FP3級の合格率と難易度

FP3級の合格率は、FP教会の発表によると学科試験が8割ほどで実技試験が9割ほどになっています。

この数字だけ見ると、FP3級の難易度はとても簡単なのではないかと感じられます。

実際のところ、FP3級は資格試験の中でもかなり簡単な部類に入ると言えるでしょう。

合格に必要な点数も、学科実技ともに6割取れればFP3級に合格できます

FP3級は選択式なので、基本を理解していば6割取ることは難しくありません。

問題傾向も、基本を押さえた勉強をすれば難易度は高くありません。

ただしどんなに難易度が高くなくても合格率は100%ではないので、きちんと勉強することが前提になります。

FP3級受験者の特徴として、きちんと勉強している人が多いとも言えます。

FP3級の受験者は、今後FP2級を目指す受験者がほとんどなので真面目に勉強している傾向があります。

FP3級は難易度としては高くはありませんが、適当に勉強して合格できるわけではありません。

きちんとテキストを勉強して問題演習を行うことが、独学で合格するポイントになるのです。

合格率や難易度は気にせず、しっかりと勉強すれば誰でもFP3級は合格できます。

FP3級に必要な勉強時間は

FP3級の勉強時間は、持っている知識によって変わってきます。

法律や金融など、FPに関わる基礎知識を勉強したことがある人は比較的短い勉強時間でも合格できます。

逆に基礎となる知識がない人は、勉強時間は知識がない人よりも多くかかります。

前提となる知識がある人ならば、おそらく20時間ほどの勉強時間で合格することは可能です。

FP3級は深い内容の問題は出題されず、基本的な問題が中心となるからです。

前提となる知識がない全くの初心者だとしても、30時間ほどの勉強時間で合格することが可能です。

単純に合格だけを目的とするならば、30時間ほどの勉強時間でもFP3級は合格することは可能です。

ですがFP2級を目指すのであれば、もう少し勉強時間を多くすることをお勧めします。

FP3級で基礎となる知識をしっかりと身につけておけば、FP2級の勉強にも必ず役立つからです。

FP2級は、FP3級の内容をしっかりと理解していることが前提になるからです。

きちんと理解するためには、50時間前後は使ってみっちりと勉強することをお勧めします。

効率よく次のステップに進むためには、FP3級の勉強時間をしっかりと取ることも重要です。

私は知識がない状態からの勉強で、FP3級に50時間ほどの勉強時間を使いました。

恐らくもう少し時間を減らしたとしても、FP3級に合格できたと感じました。

しかし結果的には、ここで勉強時間をしっかりと確保したことでFP2級の勉強が効率よく行えました。

FP3級の独学にお勧めテキスト

FP3級を独学で受験する場合、テキスト選びが最も重要になります。

独学では、スクールのように効率よく勉強できるテキストが準備されているわけではないからです。

数ある中から、独学で勉強しやすいテキストを選ぶことが効率よく合格できる秘訣です。

またFP3級のテキスト選びの注意点として、最新の参考書と問題集を選ぶこともあります。

FP3級の問題傾向は基本的には変わりませんが、法改正で内容が変わることがあるからです。

古いテキストで勉強すると、最新の内容に対応していない可能性があるので注意しましょう。

テキスト選びは、参考書1冊と問題集1冊を購入して徹底的に勉強しましょう。

数多くのテキストを購入しても、勉強できずに終わることが多いからです。

それよりも1冊をじっくりと勉強したほうが、効率よくFP3級を独学で勉強できます。

FP3級の独学での勉強は、要点を押さえたテキストを選ぶことが効率よく合格するポイントになります。

参考書としてお勧めなのが、みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2017-2018年になります。

FPの試験は、税制や資産管理などのお金に関する内容がほとんどです。

初めて受験する人は、用語の意味を理解するのに苦戦するかもしれません。

このテキストはそういった初心者でも、FP3級の用語や知識を無理なく独学で勉強できる構成になっています。

FP3級の試験科目となる6分野を、非常に丁寧に解説していて理解しやすい内容になっています。

またこのテキストの特徴として、FP3級の用語を暗記中心ではなくイメージで理解できるように図も工夫されています。

要点もまとまっているので、無駄なくFP3級に必要な内容を独学でも覚えられます。

またスマホ対応もしていて、どこでも勉強できるのも大きな特徴です。

「みんなが欲しかった! FPの教科書」で内容を理解したら、みんなが欲しかった! FPの問題集 3級 2017-2018年で問題演習をしましょう。

このテキストは無駄な問題を省いて、効率よくFP3級に合格できる問題を厳選しています。

参考書で理解した内容を、しっかりと定着させるのが問題演習では重要になります。

基本的には上記で紹介した2冊を徹底的に勉強すれば、FP3級に合格できる実力をつけることができます。

あとは勉強をしっかりと行えば、本番もそれほど難しいと感じないでしょう。

独学でFP3級に合格できる、効率的な勉強法を紹介するので参考にして下さい。

FP3級の効率的な独学勉強法

FP3級の勉強法は、基本的には参考書を読んで問題演習をする順序で行います。

「みんなが欲しかった! FPの教科書 」を、2回ほど読んでFPの概要を理解しましょう。

ここでは完璧に覚えなくても良いので、FPの内容を把握することを目的としてください。

回数は2回で十分ですが、全く概要が把握できていないのであればもう少し読んだ方が良いでしょう。

目安としては、8割ほど概要が理解できたら問題演習に移りましょう。

参考書は完璧にする必要はなく、あくまで概要を掴むことを重視して下さい。

参考書の読み方のポイントは、なるべく一気に読むことがポイントになります

参考書の役目は、あくまで問題を解く基礎知識を身につけることになります。

まずはざっと目を通して、問題を解くための下準備をするために参考書を使います。

参考書に時間をかけ過ぎると、問題演習をする時間が取れなくなります。

そうならないためにも通勤やお風呂の時間などの、隙間時間を有効に活用して下さい。

FP3級の概要が8割ほど把握できたら、「みんなが欲しかった! FPの問題集 」で問題演習に移ってください。

問題集の勉強法は、間違えた問題をチェックして参考書で確認することです。

もし間違えが多ければ、FP3級の内容を理解していないので参考書を読み返してください。

基本的には問題を解いて、間違えた問題を参考書でチェックするの繰り返しになります。

地道な作業になりますが、この勉強法が独学でも最も効率よく合格できる実力を身につけられます。

資格試験の王道とも言える勉強法なので、焦らず一つ一つ確実に解けるようにしましょう。

ポイントとしては、正解できた問題は理解できているので、間違えた問題を何度も繰り返し復習しましょう。

8割以上正解できるようになれば、FP3級に確実に合格できる実力がついています。

合格点は6割ですが、余裕を持って8割ほど取れるように勉強しましょう。

独学は参考書を読むだけで理解した気分になってしまうので、必ず問題集を併用することが合格への鍵となります。

FP3級の実技対策

初めてFP3級を受験する場合、実技試験に不安を抱える受験生が多いと思います。

FP3級の実技試験は、FP教会と金財で試験内容に違いがあります。

得意な方を受験するのをお勧めしますが、個人的には金財の個人資産相談業務をお勧めします。

金財を勧める理由は、’16~’17年版 パーフェクトFP技能士3級対策問題集・実技編(個人資産相談業務)で対策をしやすいからです。

問題を作成している金財から出版されているので、効率よく実技試験の対策ができます。

実技と聞くと難しいイメージがありますが、これ1冊で十分対策ができます。

金財が作成している問題集だけあって、問題傾向や法改正などをしっかりと押さえています。

本番に近い問題演習ができるので、実技試験対策として準備しましょう。

実技試験の勉強法も、基本的には学科試験と変わりありません。

問題を解いて理解できない部分を、解説でしっかりと確認しましょう。

パーフェクトFP技能士3級対策の実技編は、解答解説が非常にわかりやすいです。

しっかりと勉強すれば、独学でも確実に合格点を取ることができます。

FP3級の過去問勉強法

資格試験の鉄則に、過去問を何度も繰り返し勉強することがあります。

FP3級も過去問勉強は有効ですが、絶対に必要というわけではありません。

上記の勉強法を行えば、間違いなく合格できるだけの実力をつけることができるからです。

過去問を勉強するメリットは、実際に試験に出題された問題を解けることです。

全く同じ問題は出題されなくても、似たような問題が出題されることは良くあります。

資格試験は使い回し問題が多いため、過去問は絶対に行うべきという声が多いのです。

過去問集でお勧めのテキストに、FP技能検定3級 精選過去問題集 2017年版があります。

厳選された過去問をピックアップしていて、解説も丁寧な良い問題集です。

「みんなが欲しかった! FPの問題集 」が完璧になったら、最後の調整として使うと準備は万全になります。

他にも過去問や予想問題集はありますが、あまり数を増やしても効率は上がりません。

良い問題集を何度も繰り返し完璧に勉強した方が、FP3級に確実に合格することができます。

過去問も問題集同様に、必ず復習して万全の状態で本番に臨みましょう。

FP3級の試験前に必ず行うべきこと

独学でFP3級を勉強する場合、試験前に必ず行っておくべきことがあります。

それは本番の時間配分に合わせて、模擬試験をすることになります。

FP3級の試験時間は、午前午後で3時間ほどになります。

3時間集中することは、慣れていない人にはかなり厳しいことになります。

特に学科試験は、早く終る可能性があるので集中力を切らさないように注意しましょう。

午後になると集中が切れやすいので、しっかりと対策をして下さい。

模擬試験は、最低でもFP3級試験の5日前から行うようにしましょう。

5日ほどあれば、3時間の試験時間に体が慣れてくるからです。

この模擬試験で時間配分に慣れることが、独学で合格のポイントになります。

FP3級の独学勉強法まとめ

FP3級は、独学で確実に合格することができる資格になります。

勉強法も基本に忠実に行えば、全くの初心者でも短期間で合格は可能です。

効率的に最短で合格するには、できるだけ短期集中で勉強することをお勧めします。

あまり長い勉強期間で計画すると、途中で集中力が切れてしまうからです。

テキストと問題演習を繰り返すことで、効率よく短期間でFP3級は合格できます。

あまり多くのテキストを使わず、1冊を完璧にすることを目標に勉強しましょう。

焦って次へ進むのではなく、一つ一つしっかりと理解する勉強をしましょう。

ミスを減らす勉強が、FP3級の確実な合格に繋がるからです。

基本からしっかりと勉強すれば、独学でもFP3級に合格することができます。

ファイナンシャルプランナー
有料受講者2万人を超え急成長中の「通勤講座」は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で学べる、分かりやすくて安価なオンライン資格講座です。

「時間がない」「分からない」「お金がない」どれか1つでも当てはまる方はおすすめのサービスとなっております。

スポンサードリンク