仕事を辞めたい!リアルな口コミとやっておくべきたった一つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

仕事を辞めたいと思っている人は、若い人から定年間近の人まで様々います。

特に終身雇用制が崩壊に向かっている現代では、仕事の価値を見出せずに辞めたいと感じている人がどんどん増えています。

仕事を辞めたい理由は人それぞれあり、その理由によっては転職も考えるべき時代になりました。

実際に仕事を辞めたいと思ったことがある人たちの口コミと、仕事を辞めたいと考えた時に起こすべきアクションについて説明します。

仕事を辞めたいと感じる瞬間

仕事を辞めたいと感じる瞬間は、人によって異なります。どんなケースで仕事を辞めたいと感じる人が多いのかを、実体験の口コミをもとに紹介していきます。

人間関係が原因で仕事を辞めたい

仕事を辞めたい理由で多かったのは人間関係です。どの職場にも嫌な上司や同僚、相性の悪い部下など様々な悩みがあります。

幼稚園の人間関係

幼稚園に勤めていました。女30人ほどの職場で、女のドロドロした関係が苦になり、辞めたいと思い始めました。仕事自体は、子供たちも可愛く、子供の頃からの夢だった仕事でしたが、影での文句の言い合いは耐え難く、また、給料も安かったことも不満でした。

朝は7時出勤、夜は21時退社、家での仕事もあり、朝から寝るまで一日中仕事をしている状況でしたが、手取りは15万円程度で将来が不安になりました。5年で退職し転職しましたが、手取りは20万円程にアップ、拘束時間も8時間と大幅に待遇が良く、結婚も決まっていた私は退職して良かったと思っています。

 職場の上司との相性

数年前まで税務署で働いていましたが、職場の上司との相性が悪すぎてストレスで辞めてしまいました。具体的には私の指導係をしていた40代の女性に目をつけられ、陰で悪口を言われたり無視されたりする日々が半年以上続いていました。

最初は我慢すれば何とかやっていけると思っていたのですが、徐々に仕事にも支障が出始め、精神的にもかなり限界に近かったので退職する決意をしました。安定した職業だったので周りには全力で止められたり、「辞めるならせめて次の仕事が見つかってからにしろ」と怒られたりもしましたが、今となっては本当に正しい選択だったと思っています。

 店長との相性が悪い

アパレル業界に勤めていましたが、人間関係の不安定さから辞めたいと思いました。ある地方でチェーン展開しているセレクトショップだったのですが、新卒で入社してから半年で店長が変わりました。

最初の店長は良かったのですが、次の店長は私との相性が悪く仕事を辞めたいと感じるようになりました。我慢して続けましたが、ストレスで体を壊して辞めることになりました。

 辞めて正解だった

外部からの仕事を請け負ういわゆるBPOをする会社にいましたが、人間関係に耐えられず辞めました。仕事内容は事務局の代行運用や、封入封緘、コール業務など様々です。昔からいた長期案件の派遣社員がきつく、年下なのだから言うとおりにしろと日々言われ、このままだと自分が壊れてしまうと思うほど追い詰められました。

申し出た時は人手不足だからと引き止められましたが、二ヶ月かけていなくなっても問題ないようにするからと説得して入念に準備をして上長にも引き継ぎが問題なく完了した言質をとった上で円満に退職しました。辞めた次の日になにか問題が起こったらしく、怒り狂った派遣社員から「今すぐ来てなんとかしろ」と電話がきた時、あの環境を辞めて正解だったと確信が持てました。

上司のパワハラ・えこひいき

女性だけではなく男性にも多いのが、上司のパワハラによるストレスです。

 上司のえこひいき

上司が私ではない人をひいきするのが耐えられませんでした。仕事自体は問題ないんだから、お給料さえもらえればそれでいいと、何度も何度も自分に言い聞かせてきましたがストレスからか5キロも太ってしまい、仕事に行こうとすると頭が痛くなりました。仕事のために体を壊してはいけないと思い、辞めることにしました。

 正社員の悩み

IT業界で仕事をしていました。入社前から業界全体のブラックな話を聞いていたため、長時間低賃金労働については諦めていたのですが、どうしても耐えられなかったのが、上司からのパワハラ及びセクハラでした。最終的に診断書が功を奏し上手く退社することができ、今は別の会社で契約社員として働いています。

安定性には欠けますが、正社員でないからか良い意味で一線が引かれているため特に人間関係で悩むことなく働くことができているので、これはこれでいいかなと思います。

 言っていることが違う

新人で入ったのに教育もなく、上司は私が作成した資料をただ揶揄するだけでした。こちらも覚えようと必死なのに、言うことが毎回変わるのでどうしようもありません。

 女性上司のパワハラ

アパレルで働いていました。上司が、私が結婚しているとのことで、夫の学歴や仕事や夫婦仲などを顔を合わすたびに聞かれました。私が話した夫の情報を他の販売員に勝手に話し、変な噂を立てられたこともありました。

女性の上司なら安心かと思っていましたが、そんなことはありません。女性の裏側を見ることができ、人生の勉強になりました。

労働条件が提示と違う

ハローワークなどの求人情報で多いのですが、労働条件が書いてあるのと違うケースで仕事を辞めたいと思う人も多いです。

 雇用条件と違う

私は総合病院で医療事務をしています。小さな個人病院からの転職でした。転職の際、雇用条件として4週8休ということを言われて入職しました。ですが、実際に働いてみると、「代われる人がいないから」という理由で週6日、働いています。土曜日は13時までですが、仕事がなかなか終わらず、結局16時ぐらいになってしまいます。

夏休みは3日とれるという契約だったので、楽しみにしていました。そして、7月に8月の夏休みの申請をしたところ、その日は同じ部署の先輩が休みをとるので無理だというのです。結局、夏休みもなく、8月も週6日で働きました。休みが週に1日だけですと、体に疲れが残ってしまい、調子がよくありません。今、本当にこの仕事を辞めたい気持ちでいっぱいです。

 自動解雇になる

かつて老人保健施設で介護職員として勤務していました。しかしその施設は職種間の待遇の差がひどく、介護職員に対する評価はひどいものでした。最も労働量の多い介護職員がかなり冷遇されていました。給料は職種別で見ると最も安かった上に、介護職員のみが産休育休を認められていませんでした。妊娠したら自動的に解雇になるというのです。

実際私が勤務していた2年ほどの間に、若くて有能な女性職員が4~5人ほど妊娠をしたために退職しています。私は当時独身で勤務していたことから、今後結婚しても長く続けられない職場だと思ったので結婚をするという口実で退職しました。その後別の施設の介護職員になったのですが、そこはどの職種もきちんと勤務した分評価されるところであり、介護職員を含めて皆産休育休が認められていたことから安心して子どもを持つことができてよかったと思いました。

ノルマが厳しい

営業など、ノルマが異常に厳しいのも仕事を辞めたいと感じる原因になります。

 ノルマがきつすぎる

大学卒業をして、不動産業界でマンション販売の仕事をして、ノルマが厳しすぎました。働き始めて2年目から、ノルマが課され、契約が取れない月は、アポイントが取れるまででひたすら名簿にある顧客に電話をかけさされました。

契約を取れない営業マンを集められ、反省レポートを書かされ、全員集会でそのレポートを読まされました。ノルマがあまりに厳しすぎて、寝不足、精神的にも落ち込み、1年で10キロ近く体重が落ちました。周りにも心配され、結局3年目で仕事を辞めました。

仕事のやりがいがない

希望をもって就職しても、仕事にやりがいを感じず辞めたいと思う人が増えています。

 異業種に転職できない

印刷会社でDTPオペレーターとして働いています。入社1年目は、印刷の知識を吸収したり新しい技術を習得することが面白く、仕事内容にやりがいを感じていました。先輩達に追いつけるようスキルアップを目指して日々頑張っていました。

しかし、2年目の終わりごろには覚えることがほとんどなくなってしまい、目標を見失いました。印刷業界から転職したいと思うようになりましたが、転職しようにも、DTPは他所では全く潰しが利かないスキルなので、辞めたいと思いながらも惰性でそのまま続けています。

 クレーム対応が辛い

カタログの電話受付業務をしていますが、商品が届かなかったり、不良品などのクレーム応対がストレスとなり仕事を辞めたいと思っています。自分のせいではないのに怒りをぶつけられるので辛い気分になる事がよくあります。仕方ない事とは言え、毎日毎日このような状態が続くと仕事を辞めたいと感じます。

将来性が感じられない

将来性が感じられないと、仕事を続けるモチベーションが下がります。

 希望の部署に行けない

自分のやりたい部署に就けずに、仕事を辞めたいと思っていました。私は市役所の事務に就職しました。元々税務関係に就きたいと思ったのですが、実際は建設関係に就きました。

まあいつかは税務関係の部署に移動できるかと思っていたのですが、いつの間にか技師職員として育てられていて、将来は技師としてやってもらうと話されてどうしたものかと思いました。高校は普通科ですし、技師としてできることもなかったのですが、若さ故に上に決められてしまいました。

ここにいると自分のやりたいことはできないと思い、上司と相談した上に辞めました。仕事は人生の3分の1を占めるので、悔いの残らない仕事をしたいと思ったので最終的にこういう決断になりました。

 給与が上がらない

入社して10年になりますが、給与が全く上がりません。残業代が出るからなんとかなっていますが、年を取ったら辛くなりそうです。このまま給与が上がらないのならば、仕事を辞めたいと本当に思います。もっと早く転職活動をしておけばよかったです。

 会社の方針が古い

大手企業の子会社に勤めていましたが、仕事を辞めたいと思っていました。辞めたい原因ですが、経営陣が頻繁に天下りで入れ替わりますし、その度に経営方針が大きく変わりますのでプロパーの社員としては非常にやりずらい社風だったからです。

本来であれば経営陣に向けて意見してほしい中間管理職も弱く、社内の雰囲気はあまり良くありませんでした。将来を見据えた経営戦略やビジョンも一切ありませんでしたので転職することを決意しました。

仕事を辞めたいと感じている人がすべきこと

仕事を辞めたいと感じている人がすべきことは、辞めたい原因を解決できるかを考えることになります。

解決できる原因のケース

仕事を辞めたいと感じる原因には、解決できるものも当然あります。

例えば人間関係の問題であれば、部署の移動や上司への報告で対処してもらえる可能性があるからです。

もし会社内で解決できる可能性がある問題であれば、一度周りの人と相談することをおすすめします

仕事を辞めるのも一つの方法になりますが、せっかく入社した会社なので打開策を検討してからアクションを起こしても遅くはありません。

ですが今までの経験上、こうした人間関係の問題に関しては会社も積極的に動こうとしません。上司からのお咎めなどもありますが、それが原因で余計に人間関係が悪化したケースもありました。

人の恨みは恐ろしいもので、アクションを起こすことが逆効果になるケースもあるので最新の注意を払って行動をしましょう。

解決できないケース

給与の問題や会社の社風などは、個人や上司への相談では解決が難しいケースになります。

また人間関係も家族経営の会社や、お局様がいる会社などは正直なところ改善が難しでしょう。実際にそういった会社を何社も聞いていますが、体制が改善された報告は聞いたことがありません。

こうした根が深い理由で仕事を辞めたい場合は、早めに行動を起こすことが重要になります。

なぜなら解決の目途が立っていない会社に残っていても、自分にとってのメリットはないからです。

こうした原因で仕事を辞めたいと感じている人は、他の会社に転職をすることで将来性を見出せる可能性が高くなります。

こうした解決が難しいケースで仕事を辞めたいと感じた人は、すぐに転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

なぜ転職サイトに登録しておくべきなのか、そんなに焦ることはないと思うかもしれませんが転職サイトにはメリットが多く絶対に登録しておくべき理由があります。

転職サイトに登録しておくべき理由

仕事を辞めたいと思っている人は多いですが、実際に動き出すのが遅い人が多いです。

本当に辞める決意をしてから転職サイトに登録する人がいますが、ゆっくりと動き出したのでは転職市場は常に動いているので良い条件の求人を逃している可能性が高いです。

仕事をしながらの転職活動は面倒やまだ大丈夫などの余裕を持ってしまいますが、本当に辛くなってからでは転職活動ができない人も実際には多いです。

限界まで我慢してしまうと、鬱と診断されたり、何もやる気が起こらなくなります

早めに転職サイトに登録しておけば、良い条件の求人を早く探すことができます。転職サイトの良いところは、すぐに転職しなくてもどんな求人があるかストックできるところです。

最初の登録を面倒と感じるかもしれませんが、転職サイトに登録さえしておけば転職のスタートがスムーズにできるようになります。

本当にヤバい時に何もできなくなってからでは遅いので、転職サイトへの登録だけは必ず行っておくことをおすすめします

転職サイトを使うメリット

転職サイトのメリットは、自分に合った求人を探せるだけではありません。

スカウトメールや転職診断など、あなたに本当にマッチした求人を探せる仕組みが備わっています。

登録は無料で随時条件の良い求人情報を提案してもらえるので、使っていて損をすることはありません。

実際に転職活動をしていない人でも、仕事を辞めたいと感じて転職サイトにだけ登録している人は多いです。

転職はすぐに決まるケースもありますが、時間がかかるケースもあります。そのため仕事を辞めてからスタートするのではなく、仕事をしながら行うのが失敗しない方法になります。

優良な求人が集まるおすすめの転職サイト

転職サイトの選び方としては、大手の転職サイトを使うのがおすすめになります。優良な求人が多く情報も随時更新されるので、あなたにピッタリの求人が見つかる可能性がとても高いからです。

転職サイトは登録無料なので、すぐに転職活動をしない人でも登録だけはしておきましょう。スカウトメールや自己診断ツールなど、転職に役立つ情報も無料で利用できるので使わないと損をします。

転職は時間がかかり面倒なので腰を上げにくいですが、無料で利用できるものは最初から使いましょう。

リクナビNEXT

転職業界最大手で豊富な求人と転職成功率が高いおすすめの転職サイトです。無料でスカウトメールや自己分析ができるので、転職を視野に入れている人は必ず登録しておきましょう。

リクナビNEXT ネクス子

DODA

国内有数の実績を持つ大手の転職サイトです。求人数も豊富で、リクナビと一緒に登録しておけばほとんどの求人を網羅することができます。

年収が高いハイクラス求人も多く、登録者数をドンドン伸ばしているおすすめの転職サイト

転職はDODA

マイナビ転職

幅広い年代の求人に対応して、若い年代向けの求人が多いのが特徴の転職サイトです。

未経験やスキルが不足している転職者でもマッチできる求人が多く、登録しておくことをおすすめできるサイトです。

年収

キャリアアップにおすすめの転職サイト

年収500万以上の人材であれば、キャリアアップできる転職サイトに登録することがおすすめです。有能な人材は高い給与でも転職成功率が上がりやすい傾向にあるからです。

ビズリーチ

大手のリクナビに比べると知名度は低いですが、キャリアアップ求人が豊富なのが特徴の転職サイトです。ある程度の地位になっているのに、出世や給与アップに悩んでいる人におすすめの転職サイトです。ただしビズリーチは純粋にキャリアアップを狙っている転職サイトなので、異業種や未経験の人にはおすすめできません。本気でキャリアアップを狙っている人は必ず登録すべき転職サイトです。

BIZREACH

スポンサードリンク