40代の転職で持っておくと有利な資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

40代の転職で、資格を持っていても役に立たないという人は多いです。口には出しませんが、転職エージェントでさえ40代の転職で資格取得は進めません。ですが全ての資格の意味がないかというと、決してそんなことはありません。

多くの人が勘違いしていることに、資格の意味を間違っていることがあります。資格を持っていても役に立たないという人は、この間違った考えをしているのです。40代でも活用できる資格はあり、それは転職では大きな武器になるのです。

40代の資格は20代や30代と違い、企業へアピールするための資格ではありません。もっと実践的な資格を取得することで、転職へ繋げることができるのです。40代で資格を習得する上での考え方と、役立つ業界を紹介します。

40代の転職で資格に頼るべき人

40代の転職は大きく、キャリアアップの再就職新しい仕事を見つける再就職の2つに分けることができます。より高い地位を目指すキャリアアップ組は、転職に資格を使う意味はありません。このタイプの40代は、今までの仕事の経験と実績が転職成功に繋がるからです。

40代の転職で資格が必要な人は、リストラや新しい仕事を探している再就職の人になります。大手をリストラされた人や、ブラック企業に嫌気がさした人などマイナスの要素が強い人達になります。このタイプの40代は、正直なところ転職にかなり苦労している傾向にあります。

苦労する大きな理由に、今までの経験や実績を評価されないことがあります。転職が成功する大きな要素に、経験や実績を企業に評価してもらえることがあります。そういった強みが無い40代では、転職ではかなり不利と言えます。

アピール材料が少ない40代は、転職できずに苦戦する日々を過ごすことになります。ですが不利な状況ながらも、資格を習得して転職に成功している40代もいます。ただし資格と言っても、一般的に人気のある資格を取ればよいわけではありません

40代は無駄な資格を狙わないこと

人気資格が転職で役に立つのは、20代までの若い層になります。40代が20代と同じ資格を持っていても、殆どの企業は評価しないでしょう。そのため40代の転職では、人気資格を狙うのは止めておきましょう。

英検1級や簿記1級などは資格としては凄いですが、仕事に結びつくかは別問題です。若い人ならば、その頑張りを評価して将来性を買ってもらうことができます。しかし40代では、それよりも実績や経験を活かすことを求められるのです。

ですので40代の転職では、こういった人気資格を取得する必要はありません。人気資格でアピールするなら、書かなくても良いという人事は多いです。それよりも転職に即決する資格を習得した方が、成功につなげることができます。

40代が転職に活かせる資格

40代になると、転職に資格を使っても意味が無いというのは間違いではありません。一般的な企業であれば、恐らく資格を持っていても門前払いされるでしょう。たとえTOEICが990点だとしても、40代がネックになり採用は厳しくなるはずです。

では40代が転職に活かせる資格には、どのような資格があるのでしょうか。TOEICや簿記などの人気資格ではなく、もっとマイナーな資格が40代では効果的です。主に40代でも転職に活かせる資格として、以下の資格があります。

  • マンション管理士/管理業務主任者
  • 電気工事士
  • 第二種運転免許
  • ファイナンシャルプランナー
  • 医療事務
  • 介護福祉関係
上記の資格は40代で取得している人も多く、転職に直結しやすい資格になります。もちろん持っていれば必ず転職できるわけではありませんが、中高年でも比較的就職している人が多い業界です。それぞれ特徴があるので、どんな転職先があるのかを説明していきます。

中高年の男性に人気の資格

マンション管理士や管理業務主任者などは、40代に人気が高い資格です。高齢者でも働けるマンション管理士は、中高年から人気の高い資格になります。ハローワークの職業訓練所などでも実施しているので、再就職のステップとして取得する人もいます。一定期間勉強すれば、難問も無く簡単に取れる資格なのも人気の秘密です。ただし最近はマンション管理士の資格者が増えていて、昔に比べると競争率が上がりつつあります

電気関係の仕事ができる電気工事士も、高齢者に人気の資格になります。人材が不足しているといわれる業界で、独立している人もかなり多いです。年齢に関係なく続けていけるので、40代の転職にも役立つ資格と言えます。こちらもハローワークで講座があるので、利用するのも一つの方法です。ただし40代から転職する場合、上司が若手になるので最初は苦労するでしょう。

タクシー運転手になれる第二種運転免許は、40代で取得している人が多い資格です。日本の中高年の再就職先として、タクシー業界はかなり人気が高いです。会社の指示はありますが、自分次第でいくらでも仕事ができるのがタクシーのメリットです。独立して個人タクシーをしている人もいるので、狙ってみるのも良いでしょう。難易度は低いので、免許さえ取得すればすぐに転職も可能です。

中高年の女性に人気の資格

40代の女性に人気の資格として、ファイナンシャルプランナーを取得する人が増えています。家計簿でお金の管理をする目的で資格を取得して、そのまま独立した女性も数多くいます。お金が関係する資格なので、実力があれば仕事もかなり多くなります。資格としてはFP1級を持っていると、将来の独立も視野に入れて転職できます。難易度は比較的高い資格ですが、取得すると転職の幅が広がります。

事務系の仕事は女性人気が高いので、40代の転職では倍率的に厳しくなります。しかし医療事務であれば、まだまだ人材不足で40代でも転職できる可能性が高いです。医療事務は対応の悪い若い女性よりも、人生経験が多い中高年を採用するところも増えています。資格が絶対に必要なわけではありませんが、40代の転職では役立つ資格です。倍率は低くありませんが、しっかりとした対応で逆転のチャンスがある資格です。

過酷で有名な介護福祉関係の資格も、40代の転職では役に立ちます。最近では男性でも取得する人が増えていて、中高年の再就職にも役立つ資格と認識されています。ただし介護福祉関係は、かなり大変なので覚悟して資格を取る必要があります。体力的にもつらくなる40代は、最初の頃はかなり精神的に辛いでしょう。ですが実績を重ねれば、独立して自分の会社を作ることも可能です。

40代は転職の成功率を上げる工夫が重要

上記で紹介した資格は、誰もが望んで取得するものではありません。普通の企業に勤めたい40代には、無駄な資格といえるものです。あくまで短期間で結果を出しやすい資格なので、参考程度に考えてください。

40代の転職が多くなっている現代ですが、まだまだ転職に苦戦している人は多いです。かつての実績が役に立たないことや、自分が望まない仕事に結局就く人も増えています。理想にこだわりすぎて、人生の残りが少ないということすらありえるのです。

普通に転職活動をしても、なかなか成果が出ないのが40代の転職になります。辛い判断かもしれませんが、転職の成功率を上げるために上記の資格を検討するのも一つの方法です。もちろん確実に転職できるわけではありませんが、40代で多くの実績を残している資格になります。

1%でも転職の成功率を上げる工夫をすることが、40代には必要なのです。転職活動の成功には、どこかで妥協することも大事な決断になります。早く安心して生活するためには、結果を出せる資格取得も転職では重要です。資格を取得したら、ホワイト企業に転職できる絶対登録すべき転職サイトを使いましょう。

40代で年収アップ多数!おすすめの転職サイト

BIZREACH

スポンサードリンク