30代の転職を成功させる戦略的な活動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

30代で転職活動は、成功する人と失敗する人の明暗がはっきりと分かれます。30代が転職に失敗する大きな要因に、企業についてのリサーチが不足していることが挙げられます。社会人としてはキャリアを積んでいる30代ですが、転職の経験が豊富な人は多くありません。そのため正しい転職の方法がわからず、結果的に失敗する人が多いのです。

転職は自分の希望だけで成功することはできず、採用側のニーズとマッチする必要があることを覚えておきましょう。30代で転職活動をしている人の多くは、自分の望む条件だけを考慮している傾向があります。もちろん自分の条件を優先することは重要ですが、それだけで転職できるほど社会は甘くありません。

30代は20代と違い、社会人としてのスキルや経験を重視されます。転職を成功させるには、自分のキャリアとマッチした企業に応募することが最も重要になります。30代で転職に成功している人と失敗している人の違いは、企業の選び方にあるのです。どのように企業を選べば、30代の転職を成功させられるかを解説していきます。

30代の転職を成功させる企業の探し方

30代の転職で成功するには、自分の希望を実現できる会社を探すことが必要になります。単純に新しい会社を見つけるのではなく、キャリアを伸ばせる転職をすることが重要になるのです。給与のアップや今より良い仕事内容など、自分に有利な企業探しをすることが成功のポイントになります。30代で転職に成功している人たちは、以下の方法で自分の条件に合った企業を探しています。

 

  • 複数の転職サイトに登録する
  • 転職コンサルタントを利用する

 

 

複数の転職サイトに登録する

転職で最も重要なこととして、どんな媒体を使って仕事探しをするかがあります。ハローワークや求人誌など方法はいくつかありますが、転職サイトを利用することが最も効率的な転職方法になります。転職サイトに登録することによって、最新の求人情報を手に入れることができるからです。インターネット全盛の現代では、WEBを使った転職活動が成功への最短のルートになります。

転職サイトを利用する時は、基本的には複数の転職サイトに登録することをお勧めします。サイトによって取り扱っている求人が異なるので、いくつか登録しておくことで自分の条件にあった企業を取りこぼすことを防ぐことができます。転職サイトはいくつ登録しても無料なので、成功するために複数利用することをお勧めします。

転職コンサルタントを利用する

転職コンサルタントは転職をサポートするプロで、30代の転職では強い味方になってくれます。転職コンサルタントの強みは、キャリアに合った企業を探してくれることになります。ネットの影響もあり、現在では膨大な数の求人情報が転職サイトに掲載されています。その中から自分に合った企業を見つけるのは、決して簡単なことではありません。転職コンサルタントは、そんな多くの求人の中からあなたに合った最適な企業を探すサポートをしてくれるのです。

また転職コンサルタントは履歴書や職務経歴書など、転職活動で重要な書類の書き方や面接のサポートもしてくれます。30代はビジネスマナーを知っているのが当然ですが、意外と知らない社会人も多いです。転職活動の面接では、そういったマナー不足は失敗の原因になりかねません。転職コンサルタントは、30代に相応しいビジネススキルを身につけるサポートもしてくれます。

30代の転職で失敗する人の特徴

30代の転職で失敗する人は、現在の仕事に不満を持って転職した人が多いです。給与が低かったり、社内の人間関係に問題があったりと何かしらの悩みを抱えて転職しています。こういったマイナスの感情を持って転職活動をすると、どこかで妥協して転職してしまう可能性が高いです。

転職活動に失敗したと感じている30代の多くは、転職後も同じような不満を持ってしまう傾向があります。給与や人間関係の問題は、どんな会社でも起こる可能性があることになります。そういった社会の事情を考慮しないで転職をしても、結局失敗して後悔することになります。転職を決意したら、本当に今の職場よりも良い環境で仕事ができるかを考えることも重要になります。

また30代の転職で失敗する人は、無計画に仕事を辞めてから転職活動をしている人も多いです。仕事をしながら転職することは難しいですが、無職の人間を簡単に雇うほど企業は甘くはありません。計画的に転職活動を行わないと、30代で仕事を見つけることは難しくなります。30代で転職をする場合は、仕事を続けながら転職活動をすることをお勧めします。

30代前半と30代後半の転職活動

30代の転職活動と言っても、30代前半と30代後半では全く条件が異なります。一般的には35歳までしか募集していない企業も多く、30代後半は転職では不利になります。ただし30代前半も、企業側が求める能力がなければ就職先を見つけるのに苦戦するでしょう。それぞれの年齢の強みを活かした転職活動をすることが、30代の転職の成功へと繋がります。

30代前半がすべき転職活動

一般的に30代前半に求められることは、その人物の将来性になります。まだ年齢的にも体力があり、今後の会社を育てる力を発揮できる年齢が30代前半になります。転職市場でも20代や30代後半以降に比べて、転職に成功しやすい年齢と言えます。キャリアさえマッチしていれば、比較的簡単に転職できるのがこの年齢になります。

30代前半は転職しやすい年齢ですが、安売りだけはしないように気をつけましょう。転職市場はまだ企業側が有利なので、有望な人材でも不利な条件で契約してしまいます。30代前半はキャリアが形成される時期なので、今後の伸びしろも考えて転職活動を行いましょう。条件面で妥協はせず、より良い条件の求人に応募するのが成功の秘訣になります。

求人情報で凄いことが書かれていると、どうしても尻込みしてしまいます。しかし実際には、そこまで凄い人材が来なくても採用するケースは多いです。採用条件に多少不足している部分があっても、積極的にチャレンジすることが重要になります。30代前半であれば、そういった少しの不利な面も年齢でカバーすることができるからです。

30代後半がすべき転職活動

同じ30代でも、30代後半の転職活動はかなり厳しくなります。年齢的に地位のある役職に付く人も多く、企業側も採用に慎重になってしまうからです。高い給与を支払ってでも、欲しいと思う人材であることが成功の条件になります。

30代後半に求められるスキルは、後進の育成といった管理的な能力が多いです。社員をまとめる力や、トラブルなどでも冷静に対応できる力が求められます。そのため30代後半の転職成功には、豊富な経験と実績が必要不可欠になります。現在の会社で、ある程度の実績を残していないと転職活動で苦戦する可能性が高いです。

30代の未経験の転職活動

基本的に30代の転職に求められていることは、即戦力の人材かどうかになります。 給与もある程度高くなる30代に対して、一から教育するスタンスの企業はそれほど多くありません。企業で最も負担が大きい費用は人件費になるので、お金がかかる未経験の30代を積極的に採用する企業は正直多くないでしょう。

30代で未経験の業界を希望する場合は、職種によって有利なものと不利なものがあります。一般的に30代の未経験で採用されやすい職種は営業職になります。営業はある程度の社会経験があれば、高度な知識などは不要な場合が多いからです。また離職率も高い職種なので、慢性的に応募している企業が多いのも有利な理由になります。他の業界経験があれば、その業界の営業が未経験でも転職に成功しやすいです。

また同じような理由で、IT業界も比較的30代の未経験が採用されやすい業界になります。ITと聞くとプログラマーやSEのイメージがありますが、30代の未経験の場合は管理職として採用されるパターンがあります。技術者として生きることを望む社員が多いIT業界は、全体の管理者が不足している傾向にあります。そのため30代の未経験でも、管理経験があれば採用される可能性が高くなります。

上記以外の業界でも、看護師などは資格があれば未経験でも採用される事が多いです。看護師も激務で有名な職種で、離職率が非常に高いと言われています。30代の未経験の転職で成功できるケースとしては、こうした激務と言われる職種が採用されやすい傾向にあります。もちろん良い条件の仕事に転職できた例もありますが、そういった成功者は計画的に転職活動をしています。

30代の女性の転職活動

30代は転職しやすい年齢ですが、女性の場合はそう簡単なことではありません。社会的に地位を認められてきたとはいえ、30代の女性を積極的に採用する企業はまだ多くありません。またキャリアが高い女性に関しても、企業側が嫌がる可能性もあります。

30代の女性が転職をする場合は、はっきりと業界を決めてから活動することが成功に繋がります。最近では新しく資格を取得して、自分で独立している30代の女性も増えてきています。企業に転職するだけが全てではないので、起業も一つの方法ということを覚えておきましょう。

30代の女性で多い転職先としては、看護師などの医療系や介護系などの仕事が多いです。これらは資格を取得すれば転職しやすい業種なので、退職後にスクールに通って転職している女性も増えてきています。ただし仕事内容は忙しいものが多いので、転職後にまた転職している女性も多いです。ですが医療系や介護系は全体的に人材が不足しているので、職に困ることはありません

基本的にキャリアアップに関しては、転職サイトなどを利用しても難しい傾向があります。薬剤師のようにスキルが必要な職種に関しては、30代女性でも転職に成功しやすいです。ですが一般企業に関しては、キャリアが高い30代女性を積極的に採用する可能性は低くなります。キャリアアップを目指して転職活動をする場合は、しっかりと将来性がある企業を選ぶことが重要です。一般企業の転職を考えている場合は、転職サイトの女性対象の求人を中心に探すことをお勧めします。

30代の女性は、ターゲットを決めて転職活動をすると成功しやすくなります。きちんと明確な目的があれば、企業側も積極的に採用を検討してくれるからです。また新しいことにチャレンジする30代の女性も増えているので、独立も視野にいれた転職活動も検討する価値は高くなります。

30代の転職に役立つ資格

30代の転職では、20代に比べると資格はそこまで重要にはなりません。実務経験があるならばわかりますが、資格を持っているだけでは仕事では通用しないことが一般的に認識されているからです。ですが資格が全く意味がないわけではなく、30代が持っていると転職に有利になる資格も存在します。

資格と言っても色々な種類があり、転職を希望する業界によって役立つものが変わります。営業職と技術職では求められるスキルが違うように、どんな仕事を選ぶかで取得すべき資格が異なるのです。人気の資格だからと言って、30代の転職で役立つとは限りません。しっかりと自分の希望する職種に合った資格を取得することが、30代の転職の成功率を上げることに繋がります。

30代で事務職に転職を希望する場合は、日商簿記2級や1級を持っていると有利になります。事務の場合パソコンを使う作業も多いので、マイクロオフィススペシャリストも持っていると優遇される可能性があります。ただし30代の事務の求人は倍率が高いので、資格だけに頼ると失敗してしまいます。実務経験が必須になる場合もあるので、条件を確認して応募しましょう。

30代の営業職に関しては、基本的に資格はそれほど重要ではありません。比較的あると有利なものとしては、TOEICのような語学の資格になります。結果が全ての営業では、資格よりも実績の方が30代の転職では重要になるのです。

30代でIT関係の転職を考えている場合は、プロジェクトマネージャーの管理資格が有利になります。ITなのでスキル系の資格も優遇されますが、圧倒的に管理者が少ないのがIT業界の実情です。そのため管理職を希望する30代は、転職に成功しやすい傾向があります。特にプロジェクトマネージャーは、難易度も高く持っていると給与も上がるのでお勧めの資格になります。

30代で医療系の転職を目指す場合は、必須となる資格を取得する必要がある仕事が多いです。看護師や薬剤師などは、きちんと学校などで勉強しなければ資格を取得できません。簡単には取れない資格ですが、取得すれば一生職に困らないと言われている資格になるので価値は高いです。

30代で独立を目指す場合は、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなどの資格がお勧めになります。社会保険労務士や行政書士も人気が高く、持っていると仕事の幅が広がります。これらの資格は一般企業の転職でも役立ちますが、独立志向が強い人が取得している資格になります。ただし難易度が高い資格が多く、勉強時間をしっかりと確保しなければ取得が難しいものが多いです。

30代は資格で転職が有利になることは、あまりないと考えてよいでしょう。30代は今までの経験とスキルが重要となるので、資格に大きな期待をしないほうが良いです。ただし条件が同じ人材の場合は、最終的に資格も採用条件の一つになる場合が多いです。上記で紹介したように、職種によっては持っていると優遇される資格も存在します。自分の希望する求人に合わせて、資格を取得することが転職成功に繋がります。

30代の転職まとめ

30代が転職を成功させるには、戦略的に活動をすることが重要になります。20代に比べると応募できる業種や職種に制限があり、どんな企業でも採用されるわけではないからです。また30代は今までのキャリアも重要となり、全くの未経験の業界に転職することは簡単ではありません。

しっかりとターゲットを見極めて転職活動をすることが、30代の転職を成功させることに繋がります。今の仕事への不満から転職すると失敗する可能性もあるので、きちんと将来を見据えて転職活動を行いましょう。30代でも積極的に採用する企業は増えているので、チャンスは大きいと言っても良いでしょう。転職サイトなどを上手に使えば、希望する求人を探すことも必ずできるはずです。

30代は人生でも仕事に打ち込む時期になるので、転職を成功させることは人生の成功へと繋がります。明るい未来のためにも、しっかりと考えて転職活動を行うことが重要なのが30代の転職になります。

BIZREACH

スポンサードリンク