フリーランスプログラマーのメリットとデメリット 大学中退でも目指せる年収1000万

スポンサーリンク

フリーランスのプログラマーとして働く人が増えてきました。

しかも会社員時代の給料よりも高額の年収を稼いでいるフリーランスプログラマーも多く、年収1000万クラスも普通に目指せる時代になりました。

フリーランスは自分の力量が全ての世界になるので、スキルさえあれば会社役員並みの手取りも可能です。

特にプログラマーは、将来的な需要もなくならない職種になるので、フリーランスとしてスキルを磨けば一生食べていくことができます。

もし今、プログラマーとして企業勤めしているなら、将来的なスキルアップや独立を考えてフリーランスを目指すのもおすすめです。

また大学中退などのドロップアプト組でも、フリーランスプログラマーで成功すれば仕事に困ることはありません。

そんなフリーランスプログラマーについて、そのメリットとデメリット、仕事の取り方、給料など全てお教えします。

フリーランスのプログラマーを目指す人は是非とも参考にして下さい。

スポンサーリンク

フリーランスのプログラマーに必要なスキル

まずフリーランスのプログラマーと言っても、どんなプログラミングをメインにするかで仕事が変わります。

フリーランスのプログラマーには、基本的には3種類あり

  1. 派遣として働くプログラマー
  2. WEB系のプログラマー
  3. アプリ開発のプログラマー

このどれかを選択することになります。

一昔前だと、フリーランスのプログラマーといえば派遣が一般的でした。

大規模な案件に派遣社員としてお手伝いに行くパターンで、基本的に企業勤めのプログラマーと仕事内容は近いです。

このタイプはフリーランスとしての魅力は少なく、過多の残業や派遣先の社員とのトラブルなどあまり良い噂を聞きません。

WEB系のプログラマーやアプリ開発のプログラマーは、中規模から小規模の案件が多く一人で行うフリーランスにピッタリです。

WEB系プログラマーの必須スキル

企業のホームページやECサイトなどを作るのが、WEB系プログラマーの一般的な仕事になります。

必要なスキルとしては

  • PHP、Ruby、Perl
  • HTML
  • CSS
  • Javascript

といったプログラミング言語になります。

人によってはHTMLやCSSは不要という人もいますが、WEBには欠かせないスキルなので覚えるようにしましょう。

その他にもデザインスキルなどがあると仕事に困りません。

案件数が多く、フリーランスのプログラマーでも無理なくできる仕事が多いのが特徴です。

アプリ開発プログラマーの必須スキル

AndroidやiOSといった、スマートフォン向けアプリ開発がメインの仕事になります。

  • JAVA
  • Swift

といったアプリ用のプログラミング言語を覚える必要があります。

WEB系のプログラミング言語よりも難易度が高くなりますが、案件の単価が高いので稼ぐことができます。

スマホアプリも今後なくなることはないので、スキルがあれば稼いで行けるでしょう。

フリーランスのプログラマーになるメリット

まずプログラマーがフリーランスになるメリットについて説明します。

一般企業に勤めた場合との比較をするので、今プログラマーとして働いている人も、これから就職・転職する人も参考になると思います。

お金の使い道が広がる

フリーランスは時給などの給料の考えは、基本的にありません。

その為、常に時間を有効活用しながらお金の管理をしつつ働くスタイルになります。

お金の管理と考えると面倒と思うかもしれませんが、経費をうまく活用しながら働くことができるメリットは大きいです。

普段使う交通費や接待交際費用や家賃、通信費などが、フリーランスとして働けば経費として落とすことができます。

良く上場企業の役員などが経費で高い料亭に行ったり、車に乗るなどのことがフリーランスのプログラマーになれば自分でできるのです。

例えばプログラマーとしてフリーランスで働けば、勉強のための書籍代やクラウドサービスの利用なんかも経費にすることができます。

しっかりとした理由があれば、必要なものを経費として使えるのはフリーランスプログラマーの大きなメリットです。

時間の有効活用ができる

フリーランスは自分で時間を管理しなければなりませんが、その反面、時間の使い方は自由です。

年間決まった時間を働く必要もなく、金銭的に余裕ができたら長期休暇をとることも可能です。

とにかく稼ぎたければ、寝る間を惜しんで必死に働くこともできますし、休みたければいつでも休むことができます。

会社員では有給休暇も使いにくいですし、こうした時間の使い方ができるのはフリーランスのプログラマーならではと言えるでしょう。

どんな場所でも仕事ができる

またプログラマーはパソコンとネット環境があれば仕事ができるので、離島や海外で仕事をしているフリーランスのプログラマーも増えてきました。

有名なプログラマーでブロガーのマナブさんなどは(確かフリーランスのプログラマーだったと思います)、バンコクを中心に仕事をして成功しています。

彼は年収数千万のアフィリエイターとしても有名(こちらのブログを参照下さい)ですが、フリーランスのプログラマーになれば海外で仕事をしながら時間を有効に使うこともできます。

プログラマー同士の交流が広がる

企業勤めだと家と仕事場の往復がほとんどですが、フリーランスのプログラマーになれば交流の場が広がります。

都内を中心に、プログラマー同士の交流会(コアワーキングスペースなどもあります)が活発に行われております。

またプログラマー以外にもサーバ技術者などと交流することも多く、人脈を広げることができます。

もちろん自分一人で活動することもできますが、会社員の時には接する機会が少ない人と出会えるのもフリーランスプログラマーのメリットと言えるでしょう。

とにかく稼げる

やはりフリーランスプログラマーの一番のメリットは、仕事した分だけ稼げることに尽きます。

会社員プログラマーの平均年収は500万前後ですが、フリーランスプログラマーになれば1000万以上も普通に狙えます。

お金が全てではありませんが、やはり仕事をする以上、お金を稼ぐことは大事なことになります。

特に自分のスキルを売るフリーランスは、その売り上げが自分の評価として認められたことになります。

仕事のモチベーションにも繋がるので、積極的にお金を稼ぐことにチャレンジしてください。

フリーランスのプログラマーになるデメリット

フリーランスのプログラマーにはメリットがたくさんありますが、逆にデメリットもあります。

安定的には稼げない

フリーランスのプログラマーは仕事を自分から取っていかなければならないため、仕事量が少ないと収入が安定しないでメリットがあります。

大きな案件や継続的に仕事をもらえるようになるには、かなりの時間や実績が必要となります。

フリーランサーによっては、クラウドなどで仕事を探して細々と仕事をするスタイルの人もいます。

安定的に稼げるフリーランスになるには、スキルを磨き続ける必要があります。

スケジュール調整が難しい

これは慣れもありますが、一人で仕事をするとスケジュール調整がかなり大変です。

打ち合わせの調整をしたり、納期に合わせてプログラミングをするなど、プログラマーの仕事と営業の仕事を同時にこなす必要があります。

これはフリーランサーの醍醐味でもありますが、慣れないうちは精神的にもかなり辛くなります。

ただ多くのフリーランスプログラマーから話を聞くと、最初の1年は辛いが、その後は調整しやすくなるという声もありました。

実績を作って、継続的に付き合いができる相手が見つかれば、納期の調整などもしやすくなるようです。

確定申告などの事務作業を自分で行う

毎月の売上管理や、年末調整、確定申告など、フリーランスプログラマーがやるべき事務作業はたくさんあります。

簿記の勉強をしていれば多少はわかりますが、全く未経験の場合、何をやればよいかわからず苦労します。

これも慣れになりますが、最初の内は税理士を雇って手続きを行うなども考えて良いと思います(経費になるので)。

ちなみに稼いでいるフリーランスのプログラマーほど、自分で事務処理を行っています。

その方が余計な出費も少なく、そのお金を自分で使うことができるからだそうです。(税理士は年間20万前後かかります)

変わりがいない

フリーランスのプログラマーは、もし体調が悪くなっても他にやってくれる人はいません。

せっかく仕事をもらっても、納期に間に合わないと信頼がなくなってしまいます。

こうした不測の事態に備えるには、人脈を作っていざというときの変わりを確保しておくことです。

フリーランスプログラマーの交流会などで会った人に、ピンチの時に依頼するなどできれば対処は可能です。

フリーランスプログラマーの給料はどのくらい

次にフリーランスのプログラマーの給料はどれくらいかを暴露します。

これは完全に個人差があり、化成できる人と稼いでいない人の差が大きいです。

ただプログラマーとしての経験が長い人ほど、稼げるというデータはありました。

プログラマー歴1年~4年

まだプログラミング能力が高くないレベルのプログラマーが多いですが、仕事はクラウドで探すケースが多かったです。

年収としては300万~400万が多いです。

特にWEB系のプログラマーが多く、フリーランスとしても仕事量が多いWEB業界なら案件も取りやすいようです。

WEB系プログラマーであれば、経験が少なくても取れる案件も多いのが特徴です。

単価は安いですが、まずは実績を積むという意味ではおすすめになります。

この経験値だとアプリ開発や規模の大きな案件を受注するプログラマーは少ないです。

プログラマー歴5年~10年

プログラマーとして経験も充実している時期で、比較的案件が取りやすい特徴があります。

年収としては500万~800万位の範囲が多く、生活に余裕ができるレベルになります。

WEB系のプログラミングやアプリ開発など、プログラマーとして受注できる案件の幅も広いです。

安い案件などは狙わず、割のよい案件を受注する人が多くなります。

プログラマー歴10年以上

このクラスになると、大きな企業から案件を受注することも多くなります。

年収としては600万~1000万以上で、知っている限りでは一番稼いでいる人で3000万以上もいました。

プログラミングスキルがあれば、自分でサービスを展開することもできます。

また最近はブログなどで収入を得ているフリーランスのプログラマーも多いです。

大学中退でもフリーランスのプログラマーで成功できる

実は今、大学中退してフリーランスのプログラマーとして活躍している人が増えています。

せっかく大学に行ったのにと思うかもしれませんが、プログラマーはスキル重視の世界なので大学卒業の資格は関係ありません。

むしろ早く実践レベルの仕事をこなしたほうが、プログラマーとして成長できます。

実際に有名な学生プログラマーの迫さんなどは、大学中退してフリーランスプログラマーとして成功しています。

この方はブログなどで自分のブランディングができている成功例ですが、ひっそりとプログラマーとして成功している人もたくさんいます。

ただ個人的には大学を中退する必要はなく、クラウドなどでプログラミング案件をこなしながらプログラミングスキルを磨いても良いと思っています。

大学中退者全てがフリーランスのプログラマーとして成功できるわけではありませんし、大学卒業の資格は就職や転職の役に立つので無理して中退しなくても良いでしょう。

ただチャンスはどこにあるかわからないので、プログラマーとして独立まで考えているなら、大学中退してフリーランスになるのもありでしょう。

フリーランスプログラマーの仕事の探し方

フリーランスのプログラマーはどうやって仕事を探すのか。

一般的な方法として

  • 人脈を広げて紹介してもらう
  • クラウドソーシングを利用する
  • エンジニアのマッチングサービスを利用する

この3つになります。

人脈を広げて紹介してもらう

これは経験が増えるとできる方法ですが、他の人から仕事を貰う方法になります。

一度仕事をした相手の交友関係だったり、コアワーキングスペースで知り合った人から案件を紹介してもらう方法です。

人脈を広げていくと、こうした新しい案件を簡単に増やせるメリットがあります。

ただ信頼されないと紹介してもらえないので、その意味では高いプログラミングスキルとコミュニケーション能力が必要になります。

クラウドソーシングを利用する

クラウドワークスやランサーズといった、クラウドソーシングサービスを利用して探す方法になります。

IT系の案件が豊富で、仕事が探しやすいのがメリットです。

ただ案件の質や単価はバラバラで、思ったよりもお金にならない案件もあるので注意が必要です。

誰でも応募できるので、ライバルが多いのもクラウドソーシングのデメリットになります。

エンジニアのマッチングサービスを利用する

ITジョブネット、スマキャリ、レバテックフリーランスといった、エンジニアのマッチングサービスを利用する方法です。

フリーランスのバックアップが充実しているのが特徴で、良質な案件が多いので安心して使えます。

フリーランスプログラマーとして不安なことも、しっかりとサポートしてくれるのも魅力です。

フリーランスプログラマーが仕事を探すには、こうしたマッチングサービスが一番おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました