会社の将来性がないなら将来性のある会社へ転職すれば良いだけ!具体的な方法を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業で働く上で、自分が在籍する企業の経営や事業に対して不安を持っていては、その後も継続して働き続けることは難しいでしょう。

企業は生ものですから、一生安泰ということは、どの企業にもありません。

もし、今の企業に何らかの不安を抱いているのであれば、思い悩むことなく転職してしまった方が自分の将来にとってはプラスになることの方が多いです。

求職者が、現在の企業に対して不安を抱く大きな理由に将来性があります。

会社の将来性は経営者の力量、事業の性格がメインになるのですが、このどちらか一つでも将来性で不安を覚えているのであれば、安心して働き続けることは難しいでしょう。

会社で働くということは、生活のための給料を稼ぐことが大きな目的であるはずですので、給料の源泉となる会社が倒産や業績悪化となれば、生活に大きな影響が出てしまいます。

しかし、求職者のなかには、今の企業に情など人情的な思いがあり、なかなか転職に踏み切れないという人もいるのですが、会社が倒産してしまっては、自分や自分の家族の人生が犠牲になります。

会社に対して、必要以上の情などの人情は不要です。

会社に対して感謝の気持ちはあっても、自分の人生との天秤で考えてください。

将来性に不安があるのであれば、その判断においては、ドライな考えを持つことが必要です。

転職することは悪いことではない

昔の日本は終身雇用の時代で、新卒で入社した企業に長年在籍し定年を迎えるまでその企業で働くということが当たり前でした。

そのため、転職するということに対して強い抵抗を持つ人が多かったのですが、今の時代は、逆に1社に定年まで働き続けることの方が珍しい時代です。

20代で1社、30代で1社、40代で1社、合計3回の転職をするという求職者も普通にいます。

終身雇用全盛の時代は、転職が悪だという声も多かったのですが、時代は変わっています。

転職は決して悪いことではなく、職業選択の自由が憲法にもある通り、求職者が自分のビジネス人生を最高のものにするための一つの手段です。

転職がゴールではなく一つの手段として考えて、今の会社に将来性を感じていないのであれば、転職という手段を使って不安を解消することが当然のことです。

転職に対して不安を覚えている求職者は、今の会社に将来性がないことの不安の方がきっと大きいでしょう。

将来性を感じない会社で働き続けるメリットは何でしょうか?

1度きりの人生です。

後悔のない選択を取りましょう。

勇気を出して一歩、転職市場に足を踏み入れると必ず分かります。

自分が思う以上に転職は悪いことではないということ、自分が思う以上に多くの求人があり、多くの求職者が転職活動をしているということを。

転職市場には将来性がある会社がたくさん

今回の話を通して、転職を助長しようとしているのではないことをご理解頂いた上で、転職市場に関しても触れておきます。

転職市場には多くの求人があります。

そして、その求人の元である企業には将来性豊かな企業がたくさんあります。

今の会社に対して将来性を感じないとしても、転職する勇気がないということで、転職活動をしない求職者は、騙されたと思って転職市場で求人を見てください。

事業内容に魅力がある企業、経営者の手腕がすごい企業など今の会社よりも将来性がある企業は多いです。

転職市場で活動することは、転職活動がすべてではないです。

単純に、どのような企業が求人を公開しているのか情報収集のための活動も転職活動の一つです。

転職エージェントを使おう

今の転職市場には転職方法としていくつかの選択があります。

転職サイトや求人情報誌、ハローワークも転職方法になりますが、本格的な転職活動、情報収集としての転職活動、どちらにとっても求職者にとって便利な転職方法は転職エージェントです。

転職エージェントは、今の転職市場では中心的な存在で大半の企業は転職エージェントを利用して採用活動を行っていますし、求職者のほとんどは転職エージェントを利用して転職活動をしています。

情報収集のためには、求人を多く確認しなければなりません。

その意味でも転職エージェントを利用すると、登録面談時などで一気に10社、20社の求人を紹介されることも当たり前にあります。

また、転職エージェントを利用するメリットとして、転職市場に関する専門的な知識や情報を持つキャリアアドバイザーが担当でついてくれることです。

求職者は転職活動をするとしても、人生で何度も行うことはありませんし、自分で求人を見て、自分で求人からこの企業は将来性があるかどうかを判断することは難しいでしょう。

そこで、求人紹介を受けたら、担当のキャリアアドバイザーに求人の詳細説明をしてもらうのです。

そうすると、求人には記載されていない企業の横顔も知ることができ、求人だけではない総合的ななかで、企業を知り、将来性があるかどうかを判断することができます。

将来性があるかどうかの判断基準も客観的な立場でキャリアアドバイザーがアドバイスしてくれますので、その後に本格的に行う可能性もある転職活動に役立てることができるでしょう。

今の会社に将来性を感じないときの環境

今の会社に将来性を感じない場合、先述の通り、心のどこかに不安な気持ちを持っていますので、モチベーションが上がらないことが多いです。

その結果、自分の仕事の成果があまり良くなく、評価に影響し、給料が下がったり、もっとひどい場合は降格ということもあり得ることです。

脅しではなく、実際に、将来性を感じないなかで会社に在籍して、降格したという求職者もいます。

降格すると給料にダメージがあり、それまでもらっていた額は当然、もらうことはできません。

給料が下がると、更にモチベーションが下がり、将来性を感じていない訳ですから、下がった分を取り返そうというやる気も起きないでしょう。

会社の将来性を感じないという理由で、自分の給料にも影響があるのです。

会社に対して思い入れが強いという気持ちとは裏腹にモチベーションが上がらず自分の給料が下がっても、会社からすると貢献度が低い分、当たり前だと判断しドライな評価結果を提示します。

会社という組織は成果や貢献度に応じて給料や役職が決まりますし、求職者が思っていることと同じく自分に対しても情などがあるということはありません。

会社に対しての考え方で必要なことは、必要以上の肩入れは不要であるということです。

会社は、自分が困っても基本的に何もしてくれない組織です。

組織で運営している以上、自分のために動くということは他の社員の手前上、不可能なことです。

将来性を感じない会社は、そう簡単に将来性を感じるような会社になるということも現実的に厳しいです。

若手社員の動きに注目

求職者自身が若手社員であるならば、自分と同年代の社員の動きに注目して欲しいですし、求職者が若手社員でないのであれば、若手社員の動きを意識してください。

転職市場では、若手社員が離職することが多い企業には将来性がないと言われています。

今の会社に対して、将来性がないと思っていても、実際のところ、本当に将来性がないのかどうかを判断できないということもあり得ることです。

その際、若手社員の動きが一つのヒントになります。

今の若手社員は、昔と違って転職に対して意識が高いです。

絶対評価で今の会社を評価するのではなく、転職市場など他の会社を知り、他の会社との比較のなかで、今の会社が将来性のある会社かどうかを判断しています。

もし、求職者の会社の若手社員が離職する率が高いのであれば、ほぼ間違いなく今の会社は将来性がないと思って良いでしょう。

第二新卒という言葉がありますが、第二新卒の求職者は今、急増しています。

転職する理由の一つに今の会社に将来性を感じないからというものがあります。

社会人経験が少ない若手社員の情報は当てにならないと思うかもしれませんが、求職者が思っている以上に今の若手社員の情報収集力は長けています。

また、新卒入社した段階から、転職を意識していますので、本格的に転職活動をしている訳ではないのですが、情報収集のために転職エージェントを利用して定期的に求人の内容を見ています。

将来性が低いと言われる業界は?

今の会社に将来性がないとしても、将来性がある企業選びのヒントが分からないと、転職活動をしても現状とあまり変わらない結果になってしまうということもあります。

このようなことにならないためにも、転職エージェントを利用すべきなのですが、転職エージェントが将来性があると認識している業界をご紹介します。

IT業界は鉄板ですので、ここでは割愛しますが、人材業界は将来性があると言われています。

今の転職市場は、東京オリンピック誘致の影響で日本経済が好景気になっているため、それに引っ張られる形で、熱い環境になっています。

今、この瞬間だけ熱い環境ならば、将来性はあるとは言えないのですが、東京オリンピック後、向こう10年はこの環境は続くと予測されています。

人材業界のビジネスは、景気に非常に左右されやすい業界で、景気が悪ければ、どの企業も人員削減や現状の人員のままで経営を賄いますから、新規人材の獲得のために新卒採用や中途採用は行いません。

今は、好景気の影響で売り手市場になっていますので、多くの企業が新卒、中途ともに積極的に採用活動を行っています。

例えば、転職エージェントのビジネスは求人を企業から集めて、その求人を求職者に紹介し、その企業に求職者が内定入社となれば、採用支援の費用を受けることができるのですが、採用数が多ければそれだけ売上利益が上がるということになります。

その他の人材業界もほぼ同じ仕組みで成り立っていますので、いかに企業が採用活動を行っているかどうかにより業界全体の将来性が決まります。

向こう10年は安泰と言われていますので、今、人材業界に転職することができれば、将来性のある企業で働くことができるということです。

余談情報になりますが、将来性がある企業で働くと、自分のモチベーションアップはもちろんですが、会社業績が好調であるため、昇給など待遇面で有利です。

基本的にどの業界、企業でも賞与については、業績連動型を取っていますので、業績が良ければ、賞与の原資が増え、一人の社員に支給する賞与の額も増えるということです。

同じB評価でも将来性がある企業と将来性がない企業では賞与原資が異なります。

将来性に不安があるならリクルートエージェントに相談を

日本には多くの転職エージェントが存在しています。

転職活動の方法としては転職エージェントを利用することが最も良い方法であることは説明した通りですが、数多くの転職エージェントのなかで、どの転職エージェントを利用すれば、将来性に対して不安を解消できるのかが問題です。

ベストはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントには、たくさんの企業からの求人が舞い込んできますから、その分、企業情報を豊富に持っています。

現在の会社がどのような会社であるかも転職エージェント目線で判断することもできますし、今の会社と同じ業界の他の会社が将来的にどのような予測があるのかも把握しています。

リクルートエージェントは日本で最も優れた転職エージェントで、それまでの採用支援実績、転職支援実績が日本トップです。

それだけ、企業情報、求職者情報を豊富に持っていますので、深みのあるアドバイスを受けることができるということです。

リクルートエージェントを利用する目的は、本格的な転職活動はもちろんですが、相談役としても十分、機能します。

リクルートエージェントを利用すると自動的にリクナビネクストという転職サイトも利用し、そこに掲載されている求人にも応募することもできます。

求人だけでは分からないという求職者であれば、企業の選考に実際に進み面接を通して企業の将来性を見極めるということも手段の一つです。

実際に他の企業を知り、今の企業の将来性がどうのかということを相対的ななかで判断することもできるでしょう。

ありとあらゆる面において、リクルートエージェントは求職者の見方になるでしょうし、役立つ転職方法です。

転職は大きな勇気はなくても大丈夫です。

将来性に関して今の会社に不安があるのであれば、良い意味でフランクな気持ちで転職してください。

将来性に不安を抱えて今の会社に在籍したままでは、自分のキャリアプランの進捗にも遅れがでます。

将来性がないなら、単純に転職すれば良いだけのことです。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

スポンサードリンク

スポンサードリンク