春オススメのメンズアウターコーディネート

スポンサードリンク

目次

ライトカラーアウターで楽しむ春コーディネート

メンズの春アウターの中でも比較的合わせやすいのがベージュ。

一見リネンアウターに見えるのですが、しっかりとしたハリ感のあるトレンチアウター。

メンズアウターの中でも定番モデルとして人気の高いデザインとなっています。

春先に合わせる薄手のニットをインナーに着ても着ぶくのしないラインとなっています。

Tシャツやカットソー合わせはもちろん、ノーカラーのシャツとも相性よくバランスのとれたコーディネートを楽しめます。

Vネックアイテムを合わせる際は、ネックレスでVネック部分に視線が行くようにするとポイントになります。

ボトムスは、トレンチアウターが長さがあるので細身ボトムスかスリムボトムスを合わせるのがベターです。

フードのあるニットアウターでリラックスカジュアル

メンズの春アウターで、軽装かつリラックスして着れるデザインがニットアウター。

動きやすくストレッチ性があるのでレイヤードスタイルにも着やすくなっています。

ニットとの組み合わせは相性が悪いのでロングカットソーやシャツなどで合わせて、すっきりとしたスタイリングで見せるのがポイント。

長さがしっかりとあるのでボトムスはロールアップして着こなすのが素敵です。

カジュアルな中でも、少しキレイめに大人っぽい印象を作るなら足元をレザーシューズなどで遊んでもGOOD。

丈短ボトムスの見え感に、プレーンシューズを合わせれば一気にトレンド感がUPします。

スポンサードリンク

往年トレンドのレザーアウターはシンプルにモノトーンで

春アウターの中でデニムジャケットと並んで人気のあるレザータイプ。

ライダースだとハードに見えがちですがスタンドタイプなら大人っぽくインナー合わせも困らないので飽きのこないコーディネートを楽しめます。

ベーシックなブラックが一番合わせやすく、春でもモノトーン合わせがカッコよくスタイリッシュにキマります。

レザーコーディネートでも柔らかい優しい印象にするなら薄手のニットを、カットソーで固さを崩してきればこなれた印象にまとまります。

気を付けるならクルーネックのアウターなので、インナーに関してはVネックを避けた方が良いです。

ネイビーのステンカラーアウターでクリーンな印象

クリーンでスタイリッシュなカラーとして人気のネイビー。

スタンドカラーのタイプは、メンズアウターの中では少し落ち着いた印象のタイプです。

カジュアルな服装を楽しむなら、インナーは、ボーダーやカラートップスで動きのあるデザインをチョイスして抜け感を出すとGOOD。

長さのあるアウターで薄手なので、レイヤードに白パーカ、やデニムシャツを重ねて着るなどの遊び心をいれるとスタイリングもグレードアップします。

単品で着るのと、レイヤードで着る着こなしで変化をつけれるので、末長く愛用できるアウターです。

ボトムスはデニム、チノ、スラックス、スウェットとどんな物でも相性よくまとまります。

マスタードカラーは季節感&トレンド感溢れるスタイリッシュさ

春でも、モノトーンやベーシックなアイテムを着る事が多い・・・そんな方はカラーアウターで一気に春めいた装いを楽しみましょう。

鮮やかでアクティブなマスタードカラーは秋だけではなく春カラーとしても大活躍します。

明るすぎないカラーなので、ベーシックなスタイルにも馴染みやすく、インパクトもしっかりとつくのでONOFF兼用で着こなして頂く事もできます。

OFFの時にデニムと合わせれば大人なラフ感と、爽やかな印象を演出する事も出来るのでその際は、シンプルに白×デニムやボーダー×ノンウォッシュデニムといったシンプルなスタイリングにすると、アウターをポイントとしたコーディネートが出来上がります。

スモーキーカラーで渋みあるダンディズムを感じさせる

トレンチよりも軽めで、かっちりとした印象の中にもアクティブな要素が高いチェスターアウター。

ベージュに近いカーキなので周りとは違った雰囲気で着こなせます。

アウター自体がスモーキーカラーの中間色なので、グレーやベージュといったカラーはNG。

できるだけ全体にメリハリをつけたスタイルのが大人っぽくハンサムに仕上がるので、白、黒、デニムなどのベーシックなアイテムで合わせて、小物で着崩すとオシャレです。

ビジネスシーンには不向きなカラーなので、スーツ合わせなどはしないよう気を付けてください。

落ち着きあるブラウンなら定番コーディネートにも鮮度を添える

深みのあるテラコッタカラーで、春でもシックなメンズコーディネートが楽しめます。

モノトーンはもちろん、春定番の白トップスやボーダー、旬なチノボトムスやデニム、スラックスなどでアーバンスタイリングの完成です。

少しとろみのあるキレイめなアウターなので、ハリ感のあるボトムスでも、スウェットのような柔らかい素材のボトムスでもオシャレに着こなせます。

足元はロールアップして、スニーカーはもちろん、ハーフパンツにマニッシュシューズで英国風なスタイリングにしてもカッコよくスタイリッシュなコーディネートに仕上がります。

ヘルシーなオレンジアウターでいつでもアクティブな印象

マットなオレンジカラーはメンズアウターの中でも珍しいカラー。

インパクトはありますがカラーの中では大人っぽくオシャレな印象です。

しっかりとした色のアウターなので、基本的にカラーアイテムと合わせるよりも、モノトーンやベーシックカラーで合わせてアウターを挿し色とした見せ方にするとGOOD。

オールホワイトやブラックのコーディネートで、より一層テラコッタアウターを引き立てたコーディネートにすればトレンド感溢れるスタイルにも仕上がります。

大本命のデニムアウターはヴィンテージライクなカラーをチョイス

メンズアウターの中でも大定番のデニムアウターは、絶対に1着は持っていたいマストハブアウター。

中でもクリーンなデニムより、ヴィンテージ感溢れる加工デザインのタイプがベターです。

ジャスト丈のアウターなのでボトムス選びも悩まずオシャレに組めます。

同じトーンのデニム合わせでセットアップな着こなしても素敵です。

チノ、カーゴ、スリム、ワイドとボトムスをチョイスし、トップスは白やグレーなら、ボーダーなどと合わせてカジュアルなスタイルを楽しめます。

アウター同士のレイヤードスタイルも注目されていて、デニム×カウチンベストやロングアウターの中にデニムアウターといった着こなしもトレンド感がありスタイリッシュに着こなして頂けます。

マウンテンパーカをクールに着こなすならネイビーが正解

春のメンズアウター、カジュアルデザインとして軽く羽織れるマウンテンパーカはカジュアル派な方に人気のアウターとなっています。

単色のネイビーだけで見るとブラックやグレーと同じベーシックで少し重さのあるカラーですが、白やベージュ、ボーダーなどの合わせで春夏の季節感溢れるマリンスタイルにも挑戦できます。

前を全部占めてきれば、襟元にボリュームの出るアウターになるので羽織った時とは違う印象に。

小顔効果もあり全体的なバランスのスタイルアップができます。

足元も出来るだけカジュアルにしスニーカーで合わせるのが基本的にベストなスタイルです。

コーチアウターで作り出すキレイめカジュアルがこの春新鮮

メンズコーディネートでも主流なダークトーンスタイル。

ツヤ&ハリ感あるアウターでダークトーンでも春らしさを取り入れる事が出来ます。

アウター自体も裾に絞りが効いているので、コーディネート全体に締りが出なかったときウエストマークをつけるだけでブラッシュアップされます。

薄手で大人っぽいアウターなので、パーカを入れてカジュアルダウンしたり、トップスにオーバーサイズアイテムを取り入れスリムパンツを合わせても今年のトレンドシルエットになるのでオススメです。

ボトムスはアウター自体ジャスト丈なのでどんなパターンでも相性抜群です。

オールブラックコーデでクラシカル&ハンサムなスタイル

メンズコーディネートを春らしく見せるスタイルとして、白や青といった爽やかなカラーの取り入れはもちろんですが、大人っぽくてシックな春の装いとして人気なのが、ワントーンコーディネートに春色を1点投入するバランス。

一見ダークトーンで全く春らしくないと感じますが、1点投入されたアウターが明るい色なのでより一層引き立ち、春らしく見える効果があります。

このタイプも、オールブラックでストライプ柄などのトップスで動きをつけてスタイリッシュにまとまっています。

小物まですべて色を統一させアウターのトーンを華やかに見せるのがコツです。

爽やかな代表白×ブルーのスタイルは万人愛されスタイル

春カラーを存分に取り入れた爽やかスタイル。

白×青の掛け合いが鮮度がありメンズコーディネートでも比較的合わせやすいカラーコーディネートです。

白のアウターで、軽さを表現するのに黒のボトムスを取り入れて視覚効果もテキメン。

全体的に明るい色でまとめると足元の選択肢が狭くなるので対象色を入れる事で足元の色選びも好きにできます。

アウター自体の丈感が長いのでコーディネートはここに焦点を合わせて作るのがベター。

同じ位のトップスを合わせてスキニーやスリム、レギュラー合わせにしたり、ジャスト丈トップスにボトムスをロールアップしてバランスをとればスタイルアップも叶います。

アウターのシースルー効果でニットでも抜け感あるスタイリング

一般的なニットアウターとは違い、ボーダー柄がシースルーになったデザインニットアウター。

ニットアウターの特長として柔らかく着心地が良いのでアクティブに動きやすい恰好がお好きな方はオススメです。

アウターでも袖をまくれたりするのでシャツをインナーに着て、袖元をまくった際のラフなレイヤードカフスが見えるのもオシャレに見えます。

シンプルな白Tシャツ×デニムボトムスでもうっすら表面に出るボーダーの立体感がとてもクールで、どんな方にもオススメなアウターです。

ボトムス選びもスリムボトムス~ワイドボトムスまで幅広く相性がいい所も魅力の一つです。

鮮やかなブルーアウターで誰よりもクールでオシャレに

メンズコーディネートの中でも、人気テイストなマリンスタイル。

キレイな青のアウターは手持ち服に白があるだけで様になります。

ライトグレーやベージュとも相性が良く、この色アウターを入れるだけで爽やかに見えるので春のカラーアウターの中では春らしいというキーワードにとても優秀なカラーと言えます。

ハリ感あるテーラード型なので、キレイめならテーパードやタックパンツなどの合わせで、カジュアルダウンするならスウェットやスラックスといった緩さのあるボトムスを選ぶのがGOOD。

足元をスニーカーやマニッシュシューズなどで変化をつければ、センスアップにも繋がります。

立体感ある編地アウターでベーシックな中にもセンス光る

メンズニットカーディガンのスタイルは春っぽくて、オシャレに見える事で人気のアイテムです。

特にワッフル地の様な凹凸感があり立体的なデザインのタイプは、ダークトーンでも動きがあるのでスタイリッシュ。

キレイめに着こなすならスリム、スキニーボトムスなどですっきりと。

少しカジュアルよりにするなら、ボトムスをチノやワイド、デニムにジョガーボトムスなどで取り入れると大人カジュアルスタイルにもなります。

少し肩の力が抜けたスタイルは男女共に人気のスタイリングとなっているので、足元は断然スニーカー合わせで決めるとなおクールにキマります。

ツヤ感&ハリある素材で春らしさ満載なグレーコーチ

春のトレンドスタイルで上がってきているスポーティ。

レディースだけではなくメンズもトレンドとなっています。

スポーツブランドのTシャツやボトムスを取り入れたスタイルもシンプルで解りやすいですが、グレーのコーチアウターを取り入れてクリーンな印象をプラスαで取り入れるとより一層スタイリッシュにまとまります。

クリーン×スポーツのテイストが相性抜群なので、シンプルカラーのコーディネートでもオシャレに着こなす事ができ、ボトムス自体もスリムボトムス~ワイドボトムスまで、幅広い選択肢でコーディネートを楽しめるので初心者にもこの春オススメのアウターです。

ライトなミリタリーブルゾンは挿し色合わせで一層クールに

さらっとした薄手で、ツヤ感あるミリタリーブルゾン。

メンズアウターの中では男性的でクールな印象を持つアウターです。

春はシンプルにTシャツ×デニムボトムスでクールに仕上げるのも素敵ですが、少しコーディネートにスパイスを取り入れて印象をグッと引き締めるなら、シャツのの取り入れがオススメです。

腰巻にしてワンポイントでもカッコよく決まり、アウターの下からシャツが覗くスタイルでも大人っぽくまとまります。

MA-1よりも薄手で、タイトなジャスト丈デザインとなっているので、全身スタイリングのバランスもしやすくコーディネートも幅広く相性がいいのでオススメです。

エアリーなホワイトブルゾンで清潔感あるカジュアルスタイル

メンズアウターで、白を取り入れたいけどキレイめなデザインは避けたい。

そんな方にオススメなデザインアウターがこの白のMA-1タイプ。

カジュアルなスタイルならどんなカラーとも相性が良く迷わない所も魅力的です。

定番のMA-1だと季節感が秋になりやすく春らしさを演出する事が難しいですが、白であれば一気に春色として頭角を現します。

MA-1の特徴的なノーカラーネックは襟元でのスタイルも選ばずにトップスはTシャツはもちろんシャツ、Vネックとどんなデザインも合わせやすくなっています。

アウター自体の長さも少しあるのでトップスの長さもアウターに寄せてきるとカッコよく、クールなコーディネートに仕上がります。

ツヤありブラックアウターは春でカッコよく着こなせる優秀さ

春の黒は素材感でイメージを覆す事ができます。

一般的に黒は春らしいから遠い存在ですが、合わせるカラーのバランスで春っぽさを演出する事ができます。

そのポイントとして、黒の面積よりも、白やグレーなどの明るい色の面積を多くすること。

この事で自然と黒の視覚効果が少なくなり、春っぽい着こなしに見えます。

特にツヤ感のある黒アウターは、クールでいて高級感あるスタイルへとブラッシュアップしてくれるのも魅力的で、合わせやすさはピカイチです。

シンプルなトップスにチノやスラックスにカラーを加えたり、デニムボトムスでブルーを取り入れれば相乗効果でどの色も引き立つのでコーディネートの格上げにもなります。

チェックガウンアウターは大人カジュアルスタイルへの第一歩

ガウンアウターは大人男性に人気のアウターです。

他のカジュアルアウターよりも中性的な印象でクールに見えるので、シンプルなスタイルに羽織るだけでコーディネートがキマります。

ゆったりたっぷりとしたデザインアウターなので、すっきりとしたテイストならボトムスはスリム、レギュラーボトムスにロールアップをして軽やかな印象を作るとGOOD。

他に、トレンドテイストを意識したスタイリングであれば、ワイドボトムスをロールアップしてスニーカーなどで目線をボトムスよりにする事で、オーバーサイズシルエットを作る事ができます。

モノトーンカラーなので、色合わせも迷わずスタイリングが組めるのも良い所です。

大人なストライプアウターでクールでエレガントなおとな男性に

少しエレガントな印象を残すストライプ柄。

カジュアルな中にも大人っぽい印象の強いアウターとなっています。

更にテーラード型より一層スマートな印象に。

アウター自体がクールで大人エレガントなので、カジュアル感の強いスタイリングは合いません。

キレイめよりのスタイルが良く、カラーは白やグレーなどのベーシックカラー、ボトムスもスリム、レギュラーといったタイトめなタイプと相性が良いです。

もし、カジュアルアイテムを取り入れる場合はシルエットはそのままでデニムやチノ、タックパンツといったアイテムを入れ、足元はかっちりとしたマニッシュシューズやモノトーンのスリッポンなどを取り入れるとバランスよくスタイリングができます。

 

キルトアウターはONOFF兼用でオシャレに見せる立役者

去年秋冬に大人気だったライナーアウター。

キルトタイプならビジネスシーンでも、休日でも応用できる万能アウターになります。

ビジネスシーンでは一般的にキレイめなトレンチやテーラードといたラインが人気ですが、キルトアウターはスーツとも相性がよく、軽やかでスマートな印象になります。

休日のオシャレであれば、キレイめなシャツにホワイトボトムスやVネックニットにテーパードパンツなどが素敵ですが、カジュアルな着こなしであればTシャツにスラックス、デニムボトムスといったシンプルなコーディネートでもスタイリッシュに組めるのでオススメです。

春のカーキアウターはハリ感&デザインでアーバンに決める

春コーディネートで、ミリタリーテイストもトレンドの一つ。

ミリタリーシャツやボトムスもいいですが、シンプルに取り入れるならカーキアウターで取り入れましょう。

色だけでミリタリーテイストにできるのでオススメです。

ただ、より一層大人っぽく見せるなら、ツヤ感やハリのある素材のアウターを選ぶのがベスト。

カーキの色自体は少し野暮ったさがある色なので、見え感に気を付ける事が大事です。

ミドル丈でアウターとしては半端丈のラインなので、なるべくすっきりとした状態のジャスト丈トップスに細身なボトムスを選ぶのがベターです。

ブルーネイビー×ベージュの春カラーコラボで誰よりも新鮮に

一般的なネイビーよりも明るく、ブルーよりも落ち着いた印象のブルーネイビーアウター。

絶妙カラーなアウターはコーディネートに鮮度を加えてくれます。

春定番の白×ベージュのスタイリングに取り入れるだけでも、目を引く存在感。

ブルーネイビーカラー×カラーアイテムでもケンカせずに助長してくれるので1枚持っているだけで、コーディネートの幅が広がります。

スマートな印象なら、細身のボトムスを。

丈感は長めですが、アウターのカラーが目を引くのでラフで緩めのボトムスでも相性が良いです。

アウター×アウターレイヤードで誰よりもオシャレに決める

ここ最近トレンドでオシャレな人が必ずやっているアウター×アウターのレイヤード。

厚手のアウターではなく、レイヤード意識で薄手のアウターを組み合わせる事がスタイリッシュと話題です。

中でも、ロングアウター×デニムジャケットは初心者でも取り入れやすいスタイル。

定番の、デニムジャケットの活用幅が広がる事も嬉しいメリット。

シャツのような感覚で前ボタンを少し止めて動きをつけるのがポイントです。

上から明るめカラーのロングアウターを載せる事で一層春らしくスタイルアップの叶うコーディネートです。

フェイクスウェードで織りなすキレイめカジュアルがカッコイイ

メンズ春のアウターでも珍しい、フェイクスウェード仕様のMA-1ブルゾン。

滑らかで柔らかい素材感がMA-1のミリタリー感を調和してくれキレイめスタイルとしても活躍してくれます。

白の色でもグレー交じりの白なので、インナーを白にしても膨張しません。

きちんと立体的に映り、モノトーンでコーディネートを作れば繊細で大人なイメージに。

もちろん、ベーシックカラーのアウターなのでカラートップスや柄物トップスとの相性も抜群。

ボトムスは幅広いタイプと合わせやすく、デザインが入ったタイプでもまとまりやすい印象が作れます。

少し物足りなさを感じるようであればハットやメガネ、ネックレスなどの小物を使ってポイントを作れば一層、スタイリングがブラッシュアップされます。