人間関係で仕事を辞めたい人はすぐに辞めるべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間関係が理由で仕事を辞めたい人は、かなり多いです。

人間関係がどうしても解決できない、または、解決するためには、相当な労力を要するという場合には転職は絶好の手段と言えます。

求職者が仕事を辞めたい転職理由で毎年、上位に入っている理由は職場の人間関係です。

人間関係には、上司、同僚、先輩、他の部署とのコミュニケーションと多岐に渡りますが、人間関係ほど仕事に影響を与えることはないと言えるぐらい、人間関係は仕事において大事です。

 

人間関係が良くなるだけで、仕事が効率的になった、ストレスが無くなったという事例も多いです。

その意味で人間関係が理由で仕事を辞めたいと思うことは、決して間違っているわけではありません。

ただし安易に仕事を辞めると自分が大変になるので、しっかりと将来を考えて転職することが重要になります。

人間関係が悪いと仕事の成果を出しにくい

 

企業で良い仕事、良い成果を出すためには、業務に関するスキルや能力はもちろん大事ですが、それと同じように人間関係の構築が大事です。

しかし、先述の通り、人間関係を理由に転職する求職者は非常に多いですし、人間関係を苦手にしている人も多いです。

求職者のなかには、人間関係を理由に転職するのはそこまで多くはないのではないかと思っているようですが、求職者の多くは人間関係を理由に転職活動をしていますので、自分だけが特別ということは思う必要はありません。

人間関係の構築で一番、よく使われる手法は飲み会です。

飲み会とコミュニケーションを混ぜて『飲みニュケーション』という言葉が普通になっているぐらい会社内での飲み会は人間関係の構築では非常に便利で頻繁に用いられます。

新人の歓迎会や退職する人の送別会では、必ずと言って良いぐらい飲み会があります。

求職者も一度は経験があるのでないでしょうか。

しかし、最近は年齢が若い人に特に多いのですが、『会社の飲み会が嫌い、面倒くさい』という人が急増しています。

人によっては、会社での飲み会に行きたくないということで、本当はお酒は飲めるにも関わらず、社内では飲めないというウソをつき、飲み会に行かないようにしている人もいます。

また、そもそもとして本当にお酒を飲めない人には飲み会は苦痛でしかなく、割り勘負けと言いますが、単にお金を出しにいくだけの環境でしかないこともあります。

その飲み会に自分より目上の上司や先輩がいれば、強制的にお酒を飲まされてしまうこともあり、アルハラという言葉が蔓延するほど、生きにくい世の中になっています。

一番の人間関係の構築手段である飲み会を何らかの理由で行かないとなれば関係性を築く機会は日常の会社生活だけになります。

求職者も経験があるはずですのでご理解頂けるでしょう。

会社生活ですと、だれしも仕事をしに会社に来ていますし、周りを意識し余計な言動は控えようとし、ビジネスライクの姿勢を貫きます。

それを崩す手法として飲み会があり、お酒が入るとそれなりに本音でお互いが語れる環境を作ることができます。

人間関係を構築することはビジネスライクの関係性では難しいのです。

社内の人間関係が希薄になると仕事に影響

このように飲み会にも参加せず、ビジネスライクの表面上の付き合いだけで人間関係を構築することは不可能に近く、少しずつ、人間関係が希薄になり、仕事に影響を及ぼすことが多いです。

人間関係がいかに大事かを例としてご紹介します。

例えば、日ごろ良く飲み会に行く人と全く行かない人がいたとします。

飲み会に行く人は気心知れた関係ですので、飲みに行かない人と同じ提案をしたとしても、人間関係が築けている人を優先しようとします。

これが人間心理です。

同じ提案であっても、提案が受け入れられなかった人はどうなるかと言いますと、簡単に言えば、腐りだします。

腐るとはひねくれる、やきもちをやくということです。

人はこうなるとブレーキが効かず、その方向に走り続けて、自分の殻に閉じこもろうとします。

最終的には、『あいつは何者だ』、『あいつは関りににくい』という風になり、仕事とは全く関係ない人間否定をされ、人間関係が崩れてしまい違う会社で働きたいと意識が傾きます。

しかし、企業には、いろいろな価値観や考え方の人がいて、そのすべてに合わせることは不可能に近いです。

言っていることが両者違うときに間に挟まれた自分はどのようにすれば良いのか分からず、それがストレスに感じ、変な人間関係に縛られたくないということで転職しようとする求職者もいます。

基本的にどの企業でも、その企業の社風や文化、考え方に近い人材を新卒採用や中途採用でターゲットにしますが、限られた時間の面接ですべてを見極めることは不可能です。

結果的に企業とは違う価値観や考え方を持つ社員が増え、それぞれに考え方や価値観が違い、意見が異なりその板挟みになることもあるのです。

人間関係に疲れたら転職しよう

このように企業に在籍していると必ずと言って良いほど、人間関係では支障があります。

それを挽回できる求職者であれば、そのまま在籍しても良いのですが、人間関係に強いストレスを抱えたままでいると仕事への影響はもちろんのこと、自分自身の精神面にも大きな悪影響を及ぼす危険性が生じます。

人間関係に疲れたら、悪いことは言いませんので、転職した方が良いです。

基準としては、1カ月程度、人間関係に疲れ強いストレスを感じるような日々が続くようであれば、それをそのままにしておくとうつ病などの精神疾患になる可能性が高いです。

今の日本はストレス社会ですので、ストレスをいかに減らすのか、または、ストレスがない環境で生活するのかも重要なことです。

労働環境面で考えると、ストレスを開放する手段としては、やはり転職しか方法はありません。

人間関係が一度崩れると、そう簡単に戻すことは難しいです。

人間関係が悪い組織で仕事をしていると、精神疾患になり、休職など自分では想像もしていない結末を迎え、その後の転職活動にも悪影響があります。

ストレスを強く感じる可能性がある職種をこれから紹介しますが、回避するためにも転職を一番の選択肢として頭に入れておくべきです。

トップは営業職

営業職の場合、社内の連携が常にあり、本来は営業先に営業することが仕事になりますが、社内営業も最近では必要な仕事の一つと言われています。

例えば、毎月の締め日までに契約書を提出しなければならないときに、顧客の都合で1日、2日ずれ込むことはあります。

そのようなときに契約書を処理する部門から1日遅れでは受理できないということで、自分の営業成績に影響し、しかも、顧客にも迷惑がかかることがあります。

そのようなことがないように、日ごろからその部署とは親しい関係を築くために、営業帰りにケーキやお菓子を購入し、外部の顧客ではないその部署にプレゼントするということも必要です。

本来はこのようなことはする必要はないのですが、それができなければ、融通を利いてくれるということはあまり考えにくいことになり、成績や顧客に影響が出ます。

それを問題なくできる営業職であれば良いのですが、できないという場合は人間関係の悪化になります。

結果的にストレスを感じて、営業活動にも影響が出て、自分のメンタル面にも問題がでるということです。

すべての職種のなかで、最もストレスを感じる職種が営業職で、うつ病などの精神疾患になりやすい職種の筆頭です。

営業職は人間関係の他にも常に数字との戦いになるため、数字のプレッシャーの他に余計とも言える社内営業にストレスを感じるということは、それだけリスクを伴う職種でもあるということです。

営業職は離職率が高い職種でも知られていて、一つの企業に10年単位で在籍している人はあまりいません。

営業職は特に転職が文化になっていますので、少しでも人間関係に疲れを感じている場合は、転職した方が良いでしょう。

人事職も転職しよう

人事という職種は、人を扱う仕事です。

求職者を採用する主管部署も人事になりますが、求職者には、人を選ぶことができる上から目線の仕事で羨ましいと思っている求職者もいるようですが、人事の仕事は採用だけではありません。

社内の人間関係の解決も人事が担当しますし、経営陣と社員の間に入り物事を調整することも仕事です。

また、部署間の連携をスムーズにするための潤滑油のような役割も人事にはあり、すべてにおいて人間関係が仕事に含まれます。

人事という仕事は経営と現場、部署間という常に板挟みの状態で仕事をする役割になります。

何か人事関係で問題が発生すると人事の責任になりますし、ストレスは相当のものです。

人間関係の問題解決で時間がかかれば、それも人事の責任になります。

隠れたうつ病頻度が多い職種とも人事は言われていて、意外かもしれませんが人事という職種は毎年、うつ病になる職種の上位になっています。

人事は営業職と違い比較的、在籍期間は長いですが、本来、休職対応などを行う自分が、その立場になる可能性もありますから、人間関係に疲れてしまっている場合は、退職してください。

特に年齢が若い人事の場合は、その他の職種の求職者と同じように休職や精神疾患が転職活動にどのような影響を与えるか認識していないため、そのまま我慢する傾向もあります。

人間関係が人生に影響を与える

人間関係が現職だけにとどまらず、退職後の転職活動はもちろんのこと人生にも影響を与えてしまう恐れがあります。

人間関係を理由にうつ病などになってしまうと復帰までに数年単位の期間が必要になります。

当然、その間は転職することはできません。

ご家族がいる求職者の場合は、自分だけの人生ではなく家族の人生まで狂わせることにもなりかねない大ごとです。

昔は、何か嫌なことがあっても我慢するべきだという体育会系精神の考え方がありました。

しかし、今は、精神疾患が急増していて、体育会系の考え方は労働市場においても馴染まなくなっています。

精神疾患の経歴は転職活動でもなかなか内定をもらえないような状況を作ってしまいますので、在籍期間が短く我慢しようとする気持ちは評価できますが、精神疾患になってしまっては本末転倒です。

人間関係を理由に転職活動をすることは採用活動を行う企業は毛嫌いするのですが、面接対策として、人間関係以外の作り込んだ理由を面接で伝えれば良いのです。

企業も自社の本音を面接で語ることはあまりありませんし、今時、前職調査は本人の同意なくしてはできません。

人間関係を理由に転職しても転職先の企業に知られることはありませんし、それよりも自分の人生に重点を置いて人間関係に疲れたならばすぐに転職することをオススメします。

転職エージェントを使えば、今の転職市場は売り手市場ですので、短期間で内定を勝ち取ることもできます。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

スポンサードリンク

スポンサードリンク