母子手帳はいつからもらえるの?もらい方と持っているメリット

1 min 0 views
スポンサーリンク

妊活中の方は、母子手帳という言葉を聞いたことがあると思います。

では、母子手帳はいつから配布されるのか。

母子手帳のもらい方や、持っていることのメリットをお伝えします。

スポンサーリンク

母子手帳はいつから?どこでもらえるの?

母子手帳は、赤ちゃんの心拍が確認できる妊娠5週目あたりが目安になっています。

病院によって違うケースもありますが、目安としては妊娠5週目あたりと覚えておいてください。

母子手帳がもらえる場所は、

  • 自治体の役場窓口
  • 保健センター

になります。

「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」が必要になるので、忘れず持って行って下さい。

ちなみに代理人も可能で、委任状と、代理人の本人確認書類、妊婦本人のマイナンバー確認書類が必要になります。

大事な赤ちゃんの成長記録となる母子手帳、面倒ですがもらっておくとメリットがありますよ。

[yousan1]

母子手帳のメリットは?

母子手帳のメリットとしては

  • 赤ちゃんの健康管理ができる
  • 子育て支援が受けられる
  • 健診や予防接種の補助券がもらえる
  • 緊急時に他の病院で今までの経緯を確認できる

母子手帳を持っていると、いざという時に役立つことも多いです。

母子手帳は、妊娠中から赤ちゃんが成長するまで、ママと赤ちゃんの健康を守ってくれる大切な手帳です。

しっかりと記録をつけることで、赤ちゃんとの思いでにもなりますよ。

[yousan2]

スポンサーリンク
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)