つわりの時期はいつから【症状と対策】元気な赤ちゃんを産むための栄養について

1 min 0 views
スポンサーリンク

妊娠中は赤ちゃんのためにも栄養をしっかりと取ることが大事なのですが、つわりの症状を感じると食欲が落ちてしまいます。

だからといって、無理に食べるとストレスになってしまいます。

つわりと上手に付き合うための対策方法について説明します。

スポンサーリンク

つわりを症状が出るのはいつから?

つわりの症状を感じるのは、妊娠5週はじめ頃と言われています。

ひどくなりだすのは、妊娠6週~7週頃という先生もいますし、8から11週目がピークという先生もいます。

つわりのピークについては、個人差があるのかもしれません。

つわりは、妊娠12週頃には収まるのが一般的になります。

つわりの症状

つわりといっても、症状はいろいろあります。

  • 吐き気
  • 眠気
  • 酸っぱい食べ物が欲しくなる
  • 臭いに敏感になる
  • 頭痛・イライラ

吐き気や味覚の変化で、食欲がなくなることもあるようです。

お腹の赤ちゃんのためにも、しっかりと栄養を取ることが大事です。

ですが無理して食べるのも良くないので、サプリなどで栄養を補充しましょう。

[yousan1]

つわりの対策にはどんなものが効果的?

では、つわりの対策には、どんなものが効果的なのでしょうか。

  • 1回量を少なく何回かに分けて食べる
  • 淡い塩味のものを食べる
  • みかん類の果物はダメ(吐き気になります)
  • 冷やしてから食べる

食事の1回量を減らしたり、薄味などにすると効果がある女性も多いです。

また、氷を歯でかまずに、ゆっくりとしゃぶるよう食べるのも効果的と言われています。

水分不足を指摘する声もありますが、水は嘔気の原因になるため注意してください。

食事量が少ないと赤ちゃんに栄養がいかないと不安もあるでしょう。

赤ちゃんに必要な栄養は優先的に赤ちゃんに行くようなしくみになっているそうです

ですので、無理に食べなくても大丈夫だそうです。

赤ちゃんに必要なビタミン(葉酸)が不足しないようにサプリを飲むのも効果的です。

[yousan2]

スポンサーリンク
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)