プログラミングスクールおすすめ!プログラム未経験の社会人がエンジニアになる方法

プログラミングスクールに通いたい社会人は年々増えています。

社会人がプログラミングを勉強する目的として多いことに

  • IT業界に転職したい
  • フリーランスになりたい
  • 副業で稼ぎたい

という理由が多いです。

難しいイメージのプログラミングを、積極的に学ぼうとする社会人が増えているのは収入に直結するからです。

やはり将来に不安を感じている人が多く、老後でもできる仕事としてプログラミングを選ぶ人が増えているようです。

未経験でもプログラミングってできるの?と思うかもしれませんが、スクールで学べば実務で使えるスキルを身に着けることができます。

独学でプログラムを勉強している社会人の方もいますが、仕事をしながら独学でプログラミングを勉強するのは難しく、途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。

そこでプログラミングスクールを利用して、手っ取り早くプログラミングを覚えようという社会人が増えているのです。

今回は、プログラミング未経験におすすめのプログラミングスクールの選び方と、社会人がプログラミングを勉強して結果を出すために必要なことを説明します。

プログラミングスクールならとりあえずここ

まず最初に現時点でおすすめできるプログラミングスクールを紹介します。

おすすめプログラミングスクールBEST3
  1. TechAcademy

    4週間の自宅学習でWEBアプリが作れる!現役プログラマーいちおしのプログラミングスクール

  2. CodeCamp

    挫折しないプログラミング習得!No.1の実績を誇るオンラインプログラミングスクール

  3. 侍エンジニア塾

    目標に合わせたオーダーメイドのカリキュラム!専属講師のサポートが充実しているプログラミングスクール

基本的に時間が限られている社会人におすすめなのは、オンラインのプログラミングスクールです。

上記で紹介したプログラミングスクールは、オンラインながらサポートが充実していることと、カリキュラムがしっかりしているので未経験の社会人の方にもおすすめできます。

プログラム未経験の社会人が仕事をしながらプログラミングを覚えられるのか

社会人でプログラミング未経験の人が不安になることは、社会人から始めて遅いのでは?ということです。

ですが、その点については全く心配する必要はありません。

プログラミングは基礎さえわかれば応用力は自然と身に着いてくるからです。

ただ問題は、その最初の基礎を身につけるまでが大変で、最低でも半年から1年の時間が必要になります。

私も現役エンジニアとして多くの未経験新人プログラマーに会いますが、半年ほどすると業務を任せられるレベルになります(もちろん簡単なものです)。

当然、社会人の方は仕事をしているので、新人プログラマーに比べるとプログラミングしている時間が短いです。

プログラミングスキルは経験が大事になってくるので、仕事をしながらの社会人の方はできるだけプログラミンをする環境を作ることが大事になります。

プログラミングを勉強する環境は、独学でもネットでも構いません。

毎日プログラムをしていれば、自然と覚えられるようになります。

プログラミングスクールは社会人に必要か

説明したように、プログラミングは毎日やっていれば自然と覚えられます(週5日とかでも大丈夫です)。

独学でも毎日プログラミングをするモチベーションが保てれば、プログラミングスクールに通う必要はありません。

ですが社会人の方は必要に迫られなければ、仕事が終わってからプログラミングの勉強をするのは難しいと思います。

よほどプログラミングが好きでなければ、わざわざ家で独学することはないでしょう。

プログラミングスクールは、こうした社会人にピッタリの勉強法だと思います。

オンラインなので教室に通う必要はないですし、自宅にいながらプログラムの勉強ができるからです。

プログラミングスクールは社会人に絶対に必要ではありません。

ですが、プログラミングを将来活用したいと考えているが、独学ではモチベーションが上がらない人におすすめできます。

プログラミングスクールはオンラインと通学どっちがいいの

プログラミングスクール選びをするときに、オンラインか通学型かで迷う人もいると思います。

どちらが良いかを判断すると、オンラインのプログラミングスクールを選ぶことをおすすめします。

その理由は大きく2つあります。

  • 通学の時間がもったいない
  • オンラインも質が高い

まずプログラミングの勉強で教室に通う必要がないのは、通学の時間がもったいないからです。

プログラミングはコードを書いて動かすほど上達するので、通学の時間があればプログラムしていた方がよほど効果的です。

もう一つの理由として、今のプログラミングスクールは、オンラインの質が高いこともあります。

オンラインのデメリットは、対面のように直接質問ができないことでした。

ですが今のプログラミングスクールは、質疑がいつでもできるチャットの仕組みを導入しているのでこのデメリットが解消されました。

むしろ、いつでも質問できるので、通学にするメリットがほとんどないのではと思いました。

今回、紹介しているプログラミングスクールは、オンライン学習のデメリットを見事に解消していました。

社会人に無料プログラミングスクールはおすすめできない

プログラミングスクール選びで大事なことに、有料のプログラミングスクールにするか、無料のプログラミングスクールにするかもあります。

当然ですが無料の方が魅力的ですが、無料には理由があります。

タダより高いものはないと言いますし、怪しいと思いますよね。

使い方によってはメリットもあるのですが、社会人に無料プログラミングスクールはおすすめできないので、その理由も踏まえて説明しますね。

無料プログラミングスクールの仕組み

まず無料プログラミングスクールがどうして無料で授業を行ってくれるのか、その運営について説明します。

無料プログラミングスクールは、プログラミング学習を無料で教えるかわりに、必ず受講後に転職することを前提として運営しています。

転職まで世話してくれるなら最高じゃん!と思うかもしれません。

この転職に関してはカラクリがあり、実は無料プログラミングスクールは企業に人材を紹介して、その見返りに成果報酬を受け取って収益を上げています。

受講者からすると、別に転職先を紹介してもらえるなら、その程度の見返りがあってもいいなじゃないかと思うでしょう。

しかし注意してほしいことは、紹介している転職先企業の実態についてです。

きちんとした企業なら問題ありませんが、無料プログラミングスクールで紹介する企業の中には「SES」と呼ばれる、派遣型のエンジニアとして転職する可能性があるのです。

SESとは、なぜ注意が必要なのか

この業界に詳しくなければ、SESという言葉を知らないのが普通です。

SESとは「システムエンジニアリングサービス」の略で、プログラマーやSEなどエンジニアを客先に派遣する会社のことになります。

このSESですが、実はあまり良い評判を聞きません。

SESで転職したけど、あまりに過酷な環境で失敗したという声もかなり多いです。

  • 長時間労働
  • 給料が低い
  • 派遣なので使い捨てられるリスクがある

プログラマーやSEの仕事が過酷と言われているのは、こうした客先への派遣を経験しているエンジニアのリアルな声も実は多いです。

SESは、このような労働条件があまり良くない環境が多いので、SESは離職率が高くなり結果、誰でも採用されやすくなります。

高度なスキルであるプログラミングをせっかく覚えても、激務なうえに薄給ではやる気もなくなりますよね。

無料プログラミングスクールの全てがこうしたSES契約の企業へ転職するわけではありませんが、そういった事例も良く聞くので注意してください。

プログラマーとして成功するには、キャリア形成がとても重要になります。

最初の就職先が悪いと、すぐにプログラマーを辞めて他の業界にいってしまう可能性があります。

SESが全て悪いわけではありませんが、労働環境が悪い企業のリスクもあるため無料プログラミングスクールからの転職は注意が必要と言えます。

社会人が転職に失敗したら、将来真っ暗になってしまいます。

そういった失敗をするリスクが無料プログラミングスクールにはあることを覚えておいてください。

無料プログラミングスクールは授業の質が低いのか

もう一つ無料プログラミングスクールの懸念としては、質の低い授業を行っているスクールがあることです。

そういった質の低いと言われる無料プログラミングスクールには悪い噂もあり、特に酷いものだと講師がいなくてテキストの勉強だけということもあるそうです。

テキストだけで勉強するなら、独学でプログラミングを勉強するのと変わりません。

また学習できるプログラミング言語が限られている無料プログラミングスクールもあるようです。

スクールを利用するメリットは、自分の学びたい方向性にあったプログラミング言語を勉強できることです。

社会人で、将来の方向性に合わないプログラミング言語を勉強しても、正直なところメリットはありません。

もし入学するなら事前にカリキュラムや口コミをしっかりと調べることをおすすめします。

社会人を募集していないスクールも多い

あと最後に根本的な話になりますが、無料プログラミングスクールは若い人材を募集していることが多いです。

しっかりと時間が取れることが前提になるケースも多く、社会人だとそれだけで落とされることもあります。

就職に直結しているので、仕事をしている社会人を募集していないのも当然のことですね。

残念ですが、社会人がプログラミングスクールに通うなら有料のスクールが無難なところです。

社会人におすすめのプログラミングスクール

最後に、今回おすすめしたプログラミングスクールについて、その詳細を説明したいと思います。

プログラミングスクールは他にもあったのですが、

  • 授業の質
  • 講師の質
  • 転職サポート

に関しておすすめできるレベルのスクールは今回の3つだけでした。

ちなみに転職サポートですが、正直、WEB系ならおすすめできるのですが、その他の業界では?という感じです。

ただWEB系は将来的にも伸びますし、需要が高いので転職でプログラマーを目指す社会人の方にもおすすめできる業界です。

それでは各プログラミングスクールの特徴を紹介します。

TechAcademy

授業形態 オンライン
学べるスキル WEB系のプログラミングスキル・アプリ開発スキルなど
講師 現役エンジニア
費用(一例) 4週間プラン:129,000円(学生89,000円)など
就職・転職 転職保証(転職できなかった場合は全額返金)

TechAcademyは、WEB系のPHPやruby、スマートフォン開発のJavaやUnityなど、幅広いプログラミングコースから選ぶことができます。

色々なコースがありますが、社会人におすすめなのはWEB系のコースです。

WordPressやWebアプリケーションコースは、転職の幅を広げることができます。

求人数が圧倒的に多く、潰しが効くプログラミング言語になるからです。

さてスクールの質ですが、

  • パーソナルメンターと呼ばれる現役プロのサポート講師がつく
  • チャットの返信がとにかく早い
  • ペアプログラミングが受けられる

オンラインで不安となるスクールの質ですが、かなり充実していました。

特にペアプログラミングは、現役エンジニアのサポートを受けながらプログラミングができるのでとてもわかりやすいです。

TechAcademy

CodeCamp


プログラミングスクールおすすめNo.1です!

授業形態 オンライン
学べるスキル WEB系のプログラミングスキル・アプリ開発スキルなど
講師 現役エンジニア
費用(一例) 2ヶ月プラン : 248,000円など
就職・転職 自社の転職サイト・キャリアアドバイサー有

CodeCampは、Webマスターコース、アプリマスターコース、デザインマスターコースなどの幅広くスキルを身に付けることができるプログラミングスクールです。

こちらもコースは多いですが、やはり需要を考えるとWEBが一番おすすめです。

特に人気が高いPythonやWordPressのコースがあるのも、CodeCampの特徴です。

スクールの質ももちろん高く

  • 現役エンジニアによるマンツーマン指導
  • 朝7時~24時まで現役エンジニアがテレビ電話で授業

など充実したサポートも評価できます。

ただ最短でも2ヵ月コースからになるので、社会人の方がプログラミングを学習するならもっと短い期間の方がいいと思います。

もちろん最低でも2ヵ月しっかりと勉強できますが、どちらかと言うと、プログラミングを基礎から学びたい学生やフリーターにおすすめしたいスクールです。

CodeCamp

侍エンジニア

授業形態 オンライン(対面もあり)
学べるスキル WEB系のプログラミングスキルなど
完全オーダーメイドのカリキュラム
講師 現役エンジニア
費用(一例) 1ヶ月プラン:168,000
就職・転職 IT業界特化のエージェントがサポート

侍エンジニアは、挫折しないプログラミング学習を掲げていて、オーダーメイドのカリキュラム(WEB系のプログラミングが中心)で学習できる他と違ったプログラミングスクールです。

専属インストラクターと対面か、Skypeでのオンラインレッスンを選ぶことができます。

スクールの質も十分で、

  • 完全マンツーマンサポート
  • 素早い質疑応答

といった生徒が勉強しやすい環境を作っています。

ただ気になるのは6ヶ月コース(698,000円)を推奨していて、そうなると社会人にすすめられるか疑問が残りました。

プログラミングスクールとしての質は高いので、ゆっくり勉強したい社会人におすすめです(ただし高い!)。

侍エンジニア塾

プログラミングスクールの就職支援

プログラミングスクールは、転職支援をしているところも多いです。

今回紹介したスクールも、転職支援をしていますし、生徒の評判も悪くはありませんでした(卒業生などが入社してくるので話を聞きました)。

こうした転職支援もプログラミングスクールのメリットですが、少し勿体ないなと感じることもありました。

おそらくプログラミングスクールの転職支援先の企業はある程度決まっていて、そこから生徒に合ったところを紹介しているのだと思います。

ですがIT企業はたくさんあり、転職であれば以前のスキルを活かしてもっと良いところに入れそうな人もいます。

営業スキルが高かったり、管理能力がとても高い人など(店長経験者など)。

プログラミングと関係ないと思うかもしれませんが、営業スキルはSEに活かせますし、管理能力はプロジェクトマネージャーなども検討できます。

転職に関しては、転職エージェントを通したほうがより条件の良い求人を紹介してもらえる気がします。

参考:IT系の転職サイトで失敗!転職エージェントを使った転職がおすすめの理由をキャリアコンサルタントとエンジニアが教えます

もちろんスクールの転職支援もおすすめですが、こういった選択肢があることも覚えておいてください。

社会人の副業にもプログラミングはおすすめ

最後に、社会人がプログラミングで副業をするメリットについて説明します。

副業解禁になり、サイドワークをする社会人が少しづつですが増えてきました。

参考:副業で稼げる資格6選!サラリーマンは在宅ワークがおすすめ

土日だけ単発のバイトをしたり、本業が終わった後に数時間の仕事をするなど、時間を作って副業をしています。

ただ多くの社会人は、本業以外に仕事をすることの大変さを感じてすぐに副業を辞めてしまいます。

それは当然のことで、仕事場に行く時間や、慣れない人とのコミュニケーションなど、副業をするハードルは思っている以上に高いからです。

ですが将来的に考えて、生活の安定を求めるなら副業は必須になります(年金問題や退職金の減額など日本の生活環境は今後悪くなることが予想されるからです)。

プログラミングは、そんな社会人におすすめの副業として人気が出始めました。

人気の理由としては、在宅でできて高額の収入を手に入れることができるからです。

プログラミング副業で月5万以上稼ぐ方法で説明しているのですが、在宅で週1回でもできるプログラミング案件が増えています。

IT需要の高さとIT技術者不足を考えると、将来的にはもっとこうした案件が増えることが予想できます。

社会人として本業を持ちながら、プログラミングで副業ができるのは大きなメリットです。

その意味で、未経験の社会人がプログラミングスクールに通う意味は大きいと思います。

転職して収入を上げる目的もありますし、副業として収入アップを目指す方法もあります。

プログラミングができると、人生の幅が広がるので積極的にチャレンジしてください。

今はスクールの質が高く、プログラミングを勉強する環境がとても良いので、社会人の方でも無理なくプログラミングを覚えることができますよ。

プログラミングに興味があるけど、何から始めればいいかわからない。

プログラムの学習は初心者には難易度が高く、どこから手を付ければわからないと思います。

そんな初心者におすすめの勉強法として、プログラミングスクールがあります。

プログラムを学ぶ目的は様々ですが、きっと本当に自分にプログラミングなんてできるの?という不安があると思います。

私も現役プログラマーとして、今でこそプログラミングができるようになりましたが、最初にプログラムを勉強したときは全く理解できませんでした。

プログラミングは、基本となる考え方が理解できれば、どんどん実力を伸ばすことができます。

ですがプログラミング初心者にとっては、どうすれば基本ができるのかわからないと思います。

もちろん独学で勉強するのも良いでしょう。

ただ最初の難易度はそれなりに高いので(日常生活で覚えられるものではないので)、もしプログラミングの勉強に挫折したり、最初は不安だという人は、プログラミングスクールを利用してください。

プログラミングスクールは、プログラムのイロハを丁寧に教えてくれるので、初心者の方の勉強に最適です。

もちろんしっかりと勉強すれば、現場でも使えるスキルを身につけることもできます。

今回は、現役プログラマーが、プログラミングスクールの選び方やプログラムの将来性について解説していきたいと思います。

プログラミングスクールを卒業してフリーランスを目指す

プログラミングスクールを卒業したら、企業に就職・転職するのが普通だと思っていませんか?

確かに安定した企業に勤めるのも魅力的ですが、プログラミングスキルがあれば独立も夢ではありません。

実際に社会人の方でプログラミングを勉強して、独立して悠々自適の生活を楽しんでいる人もいます。

営業のように企業に属していなくても、プログラマーはスキルがあれば家でも仕事ができるのです。

仕事のスタイルも様々で

  • クラウドサービスで仕事を探す
  • 独自のサービスを展開する
  • アフィリエイトをする

など幅広い選択肢があります。

WEB系のプログラミングスキルがあれば、クラウドワークスなどで仕事を探すこともできます。

ワードプレスなどPHPを使ったプログラムは需要が高く、個人で受注できる案件もたくさんあります。

また自分でECサイトを作って、物販サービスをすることだって可能です。

成功すれば大きな稼ぎとなるアフィリエイトも、プログラミングスキルを利用して実践することができます。

本業だけではなく、副業や主婦のお小遣い稼ぎもできるので、プログラムができるようになれば将来性が高いのは間違いありません。

就職や転職も一つの選択肢ですが、プログラミングスクールに通うと、こうしたフリーランスについてのアドバイスも頂けます。

フリーで働くことができれば、企業勤めのようなストレスが少ないメリットもあります。

今はフリーで働くのも普通になっているので、年齢関係なく誰にでもチャンスがあります。

あなたの将来の選択肢を広める方法として、プログラミングスクールで勉強することは、お金はかかりますが大きな先行投資になるでしょう。

おすすめプログラミングスクールBEST3
  1. TechAcademy

    4週間の自宅学習でWEBアプリが作れる!現役プログラマーいちおしのプログラミングスクール

  2. CodeCamp

    挫折しないプログラミング習得!No.1の実績を誇るオンラインプログラミングスクール

  3. 侍エンジニア塾

    目標に合わせたオーダーメイドのカリキュラム!専属講師のサポートが充実しているプログラミングスクール

スポンサードリンク