仕事を辞めたい理由ランキング!現状を変えるために確認しておくべきこと

仕事を辞めたいと思っている理由を聞くと、ほとんどのケースで共通点が見受けられます。

仕事を辞めたい理由は人それぞれですが、現代の社会人が感じている理由も昔から変わらないものが多いです。

人間関係、給料、休日など、仕事を辞めたい理由は、仕事内容や評価に不満を感じているからです。

今回は仕事を辞めたいと理由の上位を実体験の口コミをもとに紹介していきます。

転職理由ランキング

こちらはリクナビNEXTに掲載されている転職理由・退職理由ランキングです。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

出典:リクナビNEXT

よくある建前の転職理由ではなく、本音の転職理由なのでリアルな声が多いですね。

このように仕事を辞めたい理由として多くなっているのはネガティブな要因が多いです。

それでは仕事を辞めたい理由となる、ネガティブな要因について一つ一つ見ていきます。

1.人間関係が理由で仕事を辞めたい

仕事を辞めたい理由で多かったのは人間関係です。どの職場にも嫌な上司や同僚、相性の悪い部下など様々な悩みがあります。

人間関係は現代社会では避けられないことですが、特にブラック企業などの人間関係は最悪のようです。

この問題は男性女性ともにある問題で、改善がかなり難しいのが特徴です。

幼稚園の人間関係

幼稚園に勤めていました。女30人ほどの職場で、女のドロドロした関係が苦になり、辞めたいと思い始めました。仕事自体は、子供たちも可愛く、子供の頃からの夢だった仕事でしたが、影での文句の言い合いは耐え難く、また、給料も安かったことも不満でした。

 店長との相性の悪さが理由

アパレル業界に勤めていましたが、人間関係の不安定さから辞めたいと思いました。ある地方でチェーン展開しているセレクトショップだったのですが、店長との相性が悪く仕事を辞めたいと感じるようになりました。我慢して続けましたが、ストレスで体を壊して辞めることになりました。

 昔からいる社員が厳しい

外部からの仕事を請け負ういわゆるBPOをする会社にいましたが、人間関係に耐えられず辞めました。仕事内容は事務局の代行運用や、封入封緘、コール業務など様々です。昔からいた長期案件の派遣社員がきつく、年下なのだから言うとおりにしろと日々言われ、このままだと自分が壊れてしまうと思うほど追い詰められました。

2.上司が理由で仕事を辞めたい

女性だけではなく男性にも多いのが、上司のパワハラやえこひいきによる理由です。

上司問題は仕事を辞めたい理由でも圧倒的に多く、ストレスで鬱になるケースも多いので注意が必要です。

上司が理由で仕事を辞めたい人がチェックすべきことでも説明していますが、耐えているだけは状況は変わりません。

悪い状況を打破するためには、転職活動も視野に入れておいた方が良いでしょう。

 言っていることが違う

新人で入ったのに教育もなく、上司は私が作成した資料をただ揶揄するだけでした。こちらも覚えようと必死なのに、言うことが毎回変わるのでどうしようもありません。

 女性上司のパワハラ

アパレルで働いていました。上司が、私が結婚しているとのことで、夫の学歴や仕事や夫婦仲などを顔を合わすたびに聞かれました。私が話した夫の情報を他の販売員に勝手に話し、変な噂を立てられたこともありました。

3.過酷な残業・ノルマが理由で仕事を辞めたい

ハローワークなどの求人情報で多いのですが、労働条件が書いてあるのと違うケースで仕事を辞めたいと思う人も多いです。

残業が月10時間と書いてあったのに、実際に働いてみると50時間以上になるなどもあります。

また営業など、ノルマが異常に厳しいのも仕事を辞めたいと感じる理由になっています。

残業時間や過酷なノルマは、精神的にもダメージが大きく体を壊す人も多いので転職をすることも考えておくべきです。

 雇用条件と違う

私は総合病院で医療事務をしています。小さな個人病院からの転職でした。転職の際、雇用条件として4週8休ということを言われて入職しました。ですが、実際に働いてみると、「代われる人がいないから」という理由で週6日、働いています。土曜日は13時までですが、仕事がなかなか終わらず、結局16時ぐらいになってしまいます。

 ノルマがきつすぎる

大学卒業をして、不動産業界でマンション販売の仕事をして、ノルマが厳しすぎました。働き始めて2年目から、ノルマが課され、契約が取れない月は、アポイントが取れるまででひたすら名簿にある顧客に電話をかけさされました。

4.仕事にやりがいがなく辞めたい

希望をもって就職しても、仕事にやりがいを感じず辞めたいと思う人が増えています。

仕事は一生付き合っていくものなので、やりがいがないは転職理由としては十分なものになります。

特に若い人は、見つからなかったからと妥協して入社した企業に落胆して、新しい企業で活躍するケースも増えています。

これも転職することで改善するケースになりますが、注意としてはしっかりと次の企業を選定することがあります。

転職サイトだけでは十分な情報を得られないので、転職エージェントを使ってみるのもおすすめです。

 新しいことにチャレンジしたい

単調な仕事のため覚えることがほとんどなくなく、目標を見失いました。

 クレーム対応が辛い

カタログの電話受付業務をしていますが、商品が届かなかったり、不良品などのクレーム応対がストレスとなり仕事を辞めたいと思っています。もっと自分の力を発揮できる職場で働きたいです。

5.将来性が感じられず辞めたい

将来性が感じられないと、仕事を続けるモチベーションが下がります。これも仕事を辞めたい理由としては、十分なものになります。

将来性は給与の問題や仕事のやりがいなど理由は様々ですが、将来性を感じない企業で働いていると成長が止まってしまいます。

将来性に関しては、景気なども関係あるので単純な話ではありません。

もし将来性を求めて仕事を辞めたいと思っているなら、次の会社をしっかりと見定めることが重要です。

このケースも転職を考えるなら、エージェントを利用することをおすすめします。

 悔いを残したくない

今の仕事では自分のやりたいことはできないと思い、上司と相談した上に辞めました。仕事は人生の3分の1を占めるので、悔いの残らない仕事をしたいと思ったので最終的にこういう決断になりました。

 給与が上がらない

入社して10年になりますが、給与が全く上がりません。残業代が出るからなんとかなっていますが、年を取ったら辛くなりそうです。このまま給与が上がらないのならば、仕事を辞めたいと本当に思います。もっと早く転職活動をしておけばよかったです。

6.社風が合わず辞めたい

昔からある企業だと、社風があり若い人が仕事を辞めたい理由となる風習が残っていることもあります。

旧態依然とした体制や、社長のワンマン企業などに良くある理由になります。

社風が変わることはほぼないので、もし社風が合わないなら早めの転職をすべきです。

 会社の方針が古い

大手企業の子会社に勤めていましたが、仕事を辞めたいと思っていました。辞めたい原因ですが、経営陣が頻繁に天下りで入れ替わりますし、その度に経営方針が大きく変わりますのでプロパーの社員としては非常にやりずらい社風だったからです。

 会長が老害

会長がいつまでも我が物顔で会社に来るのが本当に嫌です。いつまでも自分のやり方が正しいと思って、新しいことを取り入れません。そのうえ、成績が悪くなると社員のせいにします。

仕事を辞めたいと感じている人がすべきこと

仕事を辞めたいと感じている人がすべきことは、辞めたい原因を解決できるかを考えることになります。

解決できる原因のケース

仕事を辞めたいと感じる原因には、解決できるものも当然あります。

例えば人間関係の問題であれば、部署の移動や上司への報告で対処してもらえる可能性があるからです。

もし会社内で解決できる可能性がある問題であれば、一度周りの人と相談することをおすすめします

仕事を辞めたいと感じて相談をする場合は、仕事を辞めたい時に相談すべき相手を参考にして下さい。

仕事を辞めるのも一つの方法になりますが、せっかく入社した会社なので打開策を検討してからアクションを起こしても遅くはありません。

ですが今までの経験上、こうした人間関係の問題に関しては会社も積極的に動こうとしません。上司からのお咎めなどもありますが、それが原因で余計に人間関係が悪化したケースもありました。

人の恨みは恐ろしいもので、アクションを起こすことが逆効果になるケースもあるので最新の注意を払って行動をしましょう。

解決できないケース

給与の問題や会社の社風などは、個人や上司への相談では解決が難しいケースになります。

また人間関係も家族経営の会社や、お局様がいる会社などは正直なところ改善が難しでしょう。実際にそういった会社を何社も聞いていますが、体制が改善された報告は聞いたことがありません。

こうした根が深い理由で仕事を辞めたい場合は、早めに行動を起こすことが重要になります。

なぜなら解決の目途が立っていない会社に残っていても、自分にとってのメリットはないからです。

こうした原因で仕事を辞めたいと感じている人は、他の会社に転職をすることで将来性を見出せる可能性が高くなります。

こうした解決が難しいケースで仕事を辞めたいと感じた人は、転職エージェントに登録して相談することも検討してみて下さい。

 

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント


スポンサードリンク