高校中退の20代が転職市場で熱い理由!キャリアコンサルタントが教える学歴をカバーする転職方法

スポンサーリンク

転職市場では未だに学歴偏重主義が強く残っていて、20代の高卒で転職に苦戦している若者が多いです。

最近では以前に比べれば学歴重視の選考は減りましたが、まだ色濃く学歴で選考を行う企業も残っています。

学歴重視の企業に関しては、20代高卒という学歴ではまず採用されることはありません。

転職サイトやハローワークには、そうした学歴を重視する企業がまだ多く、高卒の20代が辛い思いをしながら転職活動を行っています。

今回は、学歴を重視する傾向もある転職市場で、高校中退の20代がどのような評価を受けるのか、また、転職することができるとすればどのような方法が理想的であるのかをキャリアコンサルタントが紹介します。

スポンサーリンク

20代高校中退の転職市場における評価

20代で高校中退の場合、転職市場においてどのような評価を企業から受けるのか、この点を転職活動前に把握しておくことは大事です。

厳しいですが転職市場で、高校中退の20代を高く評価する企業はほぼゼロだと思って良いです。

高く評価をしないということは、それだけ転職活動では苦戦が予想されるということになります。

ですが20代で高校中退だからと言って、転職活動に対して悲観する必要はありません。

転職市場は、求職者の経験や熱意を企業がどう評価するかにより決まります。

20代で高校中退と学歴が浅くても、少しくらい経験が不足していても熱意を持っていれば、十分、転職市場では勝負することができます。

ただし、大手企業への転職となれば、経験や熱意があっても20代の高卒では内定を勝ち取るということは難しいです。

そのため20代の高卒の転職条件として、ベンチャー企業を中心にすることをおすすめします。

20代高卒はハローワークで転職すると高い確率で失敗します

高校中退の20代が、転職活動で利用しがちな転職方法はハローワークです。

ハローワークとは、だれでも無料で利用することができる国が運営する公共機関です。

求人を無料で紹介してくれるということで、ハローワークにまず通うというケースが多いです。

確かに求人の紹介はありますが、その後の転職支援はほぼありませんし、20代は高い確率でブラック企業に入るリスクがあります。

ハローワークは、国が公共で行う転職支援であるため、担当する人はアルバイトやパートの中高年で、求人紹介はあっても、その後の選考に関しては積極的に支援することはありません。

転職することに関しては、応援していますが、支援することがないのです。

と言うよりも転職支援に関するノウハウやスキルが不十分で、支援したくてもできないということが正確なことです。

求人の質が低い

高校中退の20代は、安い給料であっても、どこでも良いので転職したいということもあるかもしれません。

ですが、できることなら、より良い条件で転職したいと考えて頂きたいです。

ハローワークには、安い給料などアルバイトやパートの求人も多く、求人の質が高いとは決して言えません。

また無料で掲載できるため、質の低いブラック企業が高い確率で利用します。

参考:ブラック企業の見分け方!面接の手口をキャリアコンサルタントが教えます

20代の高卒で今すぐ転職したいなら資格はそこまで重要ではない

転職市場の動向としては、経験を重視しますが、特に大事なのは業務経験と知識になります。

業務経験は、業務を行って得られる経験ですが、知識は業務を経験せずとも習得することができます。

例えば20代高卒の求職者が企業の選考で、「知識はあります!」と言っても、知識は目に見えるものではないので説得力がありません。

説得力を持つためには、証拠が必要で、それには資格がベストです。

企業には、経営を行う上で絶対に必要な知識があります。

経営に絶対に必要な知識を資格取得で身につけることで高校中退の学歴であっても、それを上回る知識があると評価されます。

高校中退であっても、経営が求める国家資格を取得することができます。

  • 公認会計士
  • 社会保険労務士
  • 税理士
  • 行政書士

これらは転職市場で人気の高い資格で、すべて難易度が高いです。

この資格さえあれば、実務経験がゼロで高卒の20代であっても内定を勝ち取ることができる素晴らしい武器です。

この武器があれば、高校中退という学歴は帳消しになるほどです。

20代の高卒でも、恐らく、苦労することなく複数の企業から内定をもらえることができるでしょう。

ただ、これらの士業と呼ばれる資格は難易度が高く、合格にはかなりの時間が必要になります。

キャリアアップ目的ではなく、今すぐ転職を重視しているのであれば、これらを取ってから転職するのは現実的ではありません。

すぐに転職したいという希望があるのでしたら、もっと効率的な方法があるので後ほど説明します。

例外としてIT系の資格は20代高卒の転職に役立つ

一般的な20代高卒の転職では、資格はそこまで役立ちません。

しかしIT業界に関しては、資格をもっていることで採用率を上げることができます。

特に未経験でIT業界に行くのならば、持っていた方が良い資格もあります。

参考:未経験プログラマーの就職・転職におすすめの資格10選

IT業界は高卒への門戸も広く、20代であれば転職しやすい業界です。

資格を取得しておくことで、転職への近道になるので20代でIT業界を目指すならチャレンジしてほしいです。

参考:IT系の転職サイトと転職エージェントおすすめ

20代高卒でやってはいけないこと!絶対に現職をやめないでください

20代高校中退の求職者は、現職に在籍中であれば、内定が出るまで絶対に現職を辞めてはいけません。

20代高校中退の求職者が、転職市場で勝負するための要素は、経験と学歴です。

20代高校中退の学歴は残念ながら今は大卒者が多いため、武器にすることはできないのですが、経験は他の求職者と同じ土俵で戦えます。

高校中退の20代で経験豊富な人と、大卒で経験が浅い人の2人が応募したとします。

その企業はどちらの求職者に高い評価を与えるでしょう。

正解は、高校中退の20代の方が優遇される可能性が高いです。

転職市場は、経験も重視されるため、高校中退の求職者は、学歴が浅い分、転職市場で戦えるぐらいの経験が必須です。

その経験を転職活動中でも現職で得られる訳ですし、学歴がネックで見送りになる可能性もありますから、転職活動期間が長くなるリスクも想定して絶対に現職を辞めてはいけません。

20代高校中退の求職者は、今の転職市場でも十分に転職、就職することはできますので、準備や方法を間違えず頑張ってください。

特に今すぐ転職したいと焦って転職すると、かえって悪い結果になることも多いです。

参考:転職で妥協してはいけない理由!キャリアコンサルタントが教える後悔しない転職方法

キャリアコンサルタントが教える!20代高校中退の効率的な転職方法

20代高校中退の求職者は、書類選考で学歴を理由に足切りにあう可能性があります。

そのため、転職サイトなど自己応募の転職方法とは相性があまり良くありません。

転職の裏話になりますが、書類選考は、面接も含めてすべての選考フローのなかで最も選考通過率が低いです。

採用活動を行う企業から見て、少しでも気になる部分があると見送りにされてしまう「落とす選考」と呼ばれています。

企業の選考には、同じ選考フローであっても、

  • 落とす選考
  • 通過させる選考

の2つが存在します。

「落とす選考」の代表格が書類選考で、書類選考は面接とは違う選考性格を持ち、企業の採用活動を円滑に生産性高く行うことを目的に、応募数をかなり絞り込む傾向が強いです。

面接では通過できそうな経験を持っていても、書類選考で見送りになることも多いです。

書類選考は、求職者の「あらさがし」という意味合いが強く、少しでも気になる部分があると、その他の箇所は見ずにそのまま見送りになってしまうのです。

その意味では、20代の高校中退という学歴は書類選考の「あらさがし」の格好の的です。

転職サイトなどを利用すると確かに求人を見つけ応募することはできるのですが、応募手続き含めたすべてのことを求職者自身で行うことが必要で、だれの後ろ盾やサポートがなく選考を受けるということになります。

高校中退という転職市場からすると欠点に近い要素を持っていると、そのまま見送りにされてしまう可能性が高いです。

そのため20代の高卒は、書類選考の通過率を上げるためには転職エージェントという手段を使うことが理想的です。

転職エージェントとは、すべてを無料で転職支援してくれる企業と求職者の間に入り、求職者の転職支援や企業の採用支援を行う立場で、マッチングビジネスとも呼ばれています。

求職者からすると、すべて無料で利用することができるという点がメリットにあり、転職支援中も、求人紹介や選考スケジュール調整など、あらゆる面で自分の転職活動で都合の良い存在です。

20代高校中退の求職者は、まず、書類選考対策として転職エージェントを使い、自分の転職支援を直接担当するキャリアアドバイザーの力をうまく利用しましょう。

転職エージェントを利用して自分が希望する求人に応募すると、キャリアアドバイザーが求職者の推薦状を作成し、求職者が転職エージェントに提出した履歴書と職務経歴書と一緒に企業へ提出します。

推薦状でキャリアアドバイザーが後押ししてくれる

転職サイトなど自己応募の場合は、絶対に推薦状は存在しません。

自分で応募して自分が、自分を推薦するということは違和感があるでしょう。

転職エージェントを利用すると、企業に対しては、求職者が応募希望を持ち、求職者をキャリアアドバイザーが判断して、応募しても問題ないと感じ、面談などから得た求職者の印象や推薦する理由を推薦状に記載します。

企業としては、キャリアアドバイザーが推薦しているのだからということで、履歴書や職務経歴書に目を通す前に必ず推薦状に目をやります。

推薦状に記載されている内容は先ほど触れた内容の他に、求職者の経歴や転職理由を簡単に記載しています。

この推薦状があるだけで、自己応募とは違いがあります。

推薦状を求職者は通常は見ることはできないのですが、キャリアアドバイザーに対して、応募する際の推薦状をどのように記載しているか見たいと依頼することで、問題なく見せてくれます。

どのような求職者であっても、転職エージェントを利用し企業に応募する場合、キャリアアドバイザーから推薦状が出されているということは知りません。

転職エージェントが求職者の選考を有利にするために、裏側でこのような動きをしているということを知っておくと良いでしょう。

推薦状に加えて、企業に直接アプローチ

転職エージェントを介して企業に応募すると、のちほど選考結果が出ます。

選考結果が出てから求職者にキャリアアドバイザーがその結果を伝えるまで、どのようなプロセスをキャリアアドバイザーが踏んでいるのか、このあたりも求職者はあまり知らないはずです。

求職者のイメージとしては、下記でしょう。

企業 → 転職エージェント → 求職者

選考結果の伝達プロセスはこのやり取りだけだと思っていませんか?

このプロセスであることは間違いないのですが、求職者が知らないところで、転職エージェントは企業と交渉をしていますので、下記が正確なプロセスになります。

企業 ⇔ 転職エージェント → 求職者

矢印が両方に向いていることにお気づきでしょうか。

この矢印の意味は、企業から選考結果を伝達されても、そのまま求職者に伝達するのではありません。

結果に対してキャリアアドバイザーが納得できない、または、もっとしっかり選考して欲しいという場合などに、企業に対して選考のやり直しや選考結果の見直しをしているということです。

企業に求職者を推薦するタイミングで、求職者を担当するキャリアアドバイザーは推薦状の提出とともに自らの言葉で推薦状の内容説明をしますし、一回の書類選考で納得できないなどの場合は、再度、選考をするように交渉しています。

20代高校中退の求職者は、この矢印のプロセスが特に利用メリットであり、高校中退という学歴をサポートして書類選考の通過率を上げる要因になるのです。

どれだけ20代高校中退にとって、転職エージェントがメリットになるかご理解いただけたでしょうか。

高校中退というネックを持っていたとしても、転職活動は利用するサービスで成功率が変わります。

ただ転職エージェントは数が多く、キャリアの少ない20代を相手にしないエージェントもあります。

20代高卒でも丁寧なサポートをしてくれるエージェントは以下に説明しているので、効率よく転職活動を行ってください。

タイトルとURLをコピーしました