30代の転職は厳しい?転職を成功させるポイントをキャリアコンサルタントが教えます。

30代と言えば、ビジネスマンとして経験を積み、自信をつけている年齢です。

このタイミングで、転職してもっと自分を高めたい、もっと自分を高く評価してくれる企業へ転職しようと考える求職者も多いです。

転職市場の統計として、年齢別の求職者割合では20代と30代が最も多く、20代と30代が転職市場の中心になっています。

転職市場には多くの求職者がいますが、企業の動向が影響しています。

どの企業でも若い人材や即戦力人材を求めて中途採用活動を行っていますので、20代や30代の求職者はピンポイントに採用ターゲットということになります。

企業の動向と同じく先ほど触れたように求職者としても、今後の自分を踏まえて次のステージで勝負したいと考えるため、両者のニーズが合致しているということになります。

20代の求職者は、即戦力として考える企業はそこまで多くはないのですが、30代の求職者の場合は、確実に即戦力として期待しているため、即戦力として活躍できる能力や経験がなければ、内定を勝ち取ることは難しいでしょう。

また、30代という年代は、転職市場において、実は、かなりシビアな年代でもあり、自分を過大評価したり、または、転職活動のやり方を間違えたり、転職市場の動向を読み切れずに転職活動をすると大きな失敗に繋がるリスクもあるのです。

今回は、企業のニーズは十分あるとは言え、求職者自身が理由で転職失敗のリスクを持つデリケートな30代の求職者の転職活動の実態についてご紹介します。

スポンサードリンク

30代の求職者を取り巻く環境

30代と言っても年齢幅は広く10歳あります。

30代の転職は35歳を分岐点として、2つの年代に分けることができますし、それぞれを分離させて話を進めていきます。

まず、30代前半となる35歳前の求職者です。

30代前半と今後は表現していきますが、この年代は、自信が過信に変わってしまっていることも良くあります。

大学を卒業してから約10年程度のビジネス経験があるのですが、それまでの在籍していた企業規模によっては、20代と同じ評価しか受けない場合もあります。

20代と同じ評価しか受けない30代前半の求職者は、大手企業に在籍している人です。

大手企業は、豊富な資金や人材数により、ゆとりある経営、事業を行うことができる環境にあります。

そのため、一人の社員に与える仕事量はそこまで多くなく、また、入社数年までは一人で仕事を行うということよりも上司や先輩社員と一緒に仕事をするというスタンスです。

年齢的には10年ぐらいのビジネス経験があっても、実務経験としてはそこまで深いものではないですし、レベルの高い業務を行っているケースも想定しがたいです。

経験年数は10年程度であっても、業務経験はそこまでないということで、転職市場にはおいては、経験が重要になりますので、自分の経験と転職市場が求める経験にアンマッチが発生します。

30代前半の求職者としては、転職市場で十分、評価されるに違いないという自信を持って転職活動を始めるのですが、転職活動を行い企業の選考を受けると、自分では不思議なぐらい選考見送りの数が多いということがあります。

この要因はまさに求職者の過信です。

転職市場には自分以外に多くの求職者がいて、他の求職者が自分と比べてどのような経験を保有しているのか知ることは難しいですから、相対的な判断で自分の経験がどうなのかを知ることができません。

自分が思う以上に、自分と同じ世代であっても高い経験を持つ求職者はたくさんいます。

企業の選考は相対比較の要素がありますので、他の求職者との対比から経験不足ということで見送りになってしまうのです。

ベンチャー企業経験がある30代前半の求職者

大手企業とは真逆で、ベンチャー企業は経営や事業に対して限られた資金、限られた人員で運営しているため、社員一人にかかる業務量や質の面では負荷がかかります。

この負荷は、短期的に考ええると非常にしんどい部分が多いのですが、転職市場となれば、その経験こそが武器になり大きなアドバンテージを生む要因になります。

転職市場は、経験を企業が買うという構図であるため、経験が豊富であれば、その分、高い評価、高い条件、または、内定に近づくということになります。

ベンチャー企業の経験がある30代前半の求職者は、自分が思っている以上にベンチャー企業でのしんどい労働環境が売りになり、経験となっていて高い評価を受けることが多いはずです。

ベンチャー企業で20代から30代前半まで働き続けている求職者は、転職活動を有利に進めることができますし、短期間で好条件の内定を複数勝ち取ることもできるでしょう。

ベンチャー企業でのハードワークは当時は、辞めたいと思っていたかもしれませんが、転職活動では相当な武器になりますので、自信を持って転職活動をして良いです。

スポンサードリンク

30代後半の求職者の転職活動

30代後半の求職者は、転職市場をしっかり見極めることが絶対条件です。

転職市場には売り手市場と買い手市場の2つがあります。

売り手市場とは今の転職市場がまさにそうなのですが、転職市場に多くの求人がある状態のことを言い、求職者からすると非常に転職活動をしやすい状況です。

逆に買い手市場とは、転職市場に求人が少ない状態を指し、求職者からすると求人選択の幅が狭くなり、内定を勝ち取ることが困難な状況になります。

30代後半ともなれば、企業規模関係なく、課長などの管理監督者、管理監督者ではなくても、それなりの地位で仕事をしていることが予想されます。

30代後半で、役職がないという求職者は、転職市場では苦戦が予想されます。

30代後半の求職者をターゲットにする求人は転職市場にどれぐらいあるでしょう。

具体的な数はだれも分かりませんが、ある程度、予測することはできます。

予測となる情報源は、企業です。

どの企業も組織で構成されています。

経営者をトップとして部長や課長、そして一般社員が在籍しています。

どの企業にも言えることですが、組織の人員構成上、課長以上の管理監督者は全体の2割程度です。

2割程度ということは8割が一般社員ということになります。

転職市場もまさにこの2割、8割の法則が当てはまり、全求人の2割程度が管理監督者を対象にした求人ということです。

全体数が仮に1000だとすれば、30代後半の求職者が応募できる求人は200しかないということになります。

一方では800もの選択肢がありながらも、30代後半の求職者は200しかないのです。

また、2割の求人に対して、相当な数の応募数がありますので、その選考を勝ち抜く必要があります。

30代後半の求職者は選考ハードルが高い

30代後半の求職者の大半がターゲットとする管理監督者の求人は絶対評価として選考ハードルが高く設定されています。

応募条件にも、一定以上の業務経験や能力を要し、ただでさえ少ない求人割合から、応募できない求人が出てきます。

また、応募できたとしても、選考ハードルの高さにより、見送りになることの方が確率としては高いです。

そのうえ、応募数が非常に多いため、相対評価により選考ハードルがもっと高くなるという現象が起こります。

転職市場で転職活動をしている管理監督者を希望する求職者の割合は多くはないのですが、応募できる求人割合が少ないため、1つの求人に多くの求職者が集中するということで、応募数が多くなり相対評価が高くなるということです。

30代後半の求職者は、自分の経験を信じて、『普通にやっていれば普通に転職できる』と思っているかもしれませんが、実際は、見送りになることが多く、転職活動は短期間で終わらないことの方が多いです。

このような環境が想定されるため、転職市場の動向が買い手市場であれば、さらに転職活動の進捗は悪くなりますし、最悪の場合、今の企業では通用しても転職市場では他の求職者との比較により転職先がないということもあります。

30代後半の求職者は、転職活動を始める前に転職市場の動向を見極めることが必要です。

転職市場には40歳転職限界説という言葉があります。

40歳転職限界説自体は、大嘘で、40代であっても今の時代は十分に転職することができるのですが、この言葉はどこから生まれたかと言いますと、40歳を境界線として、転職市場に応募できる求人数が少なくなるということからです。

求職者にとって、転職活動がしやすい状況にするためには、転職市場に豊富に求人があることです。

求人は転職活動の生命線とも言われるぐらい非常に重要な存在です。

求職者自身が、どれだけ転職する気があっても、転職市場に求人がなければ空回り状態で絶対に転職することはできません。

30代後半の求職者は、40歳の一歩手前の年齢になりますから、その分、応募することができる求人数が少なくなるということになります。

30代の求職者はこの転職方法が理想

30代の求職者が行う転職活動を無駄なく内定に近づけるためには、転職エージェントを複数利用することが理想的です。

転職エージェントを1社だけしか利用しないという選択も間違いではないのですが、応募できる求人数が少ないということと、選考ハードルが高いということで、複数の転職エージェントを同時に利用して少しでも多く応募できる求人を増やし、かつ、質の高い転職支援を受けることが良いです。

複数の転職エージェントを利用する際の大まかな組み合わせとしては転職エージェントの規模で考えましょう。

求人の数は大手の転職エージェントで確保し、転職支援の質は中小規模の転職エージェントで確保するということです。

中小規模の転職エージェントは転職支援の質にこだわりを持っているため、きめ細かい転職支援を受けることができます。

大手の転職エージェントは、雑な転職支援しかしないのかと言えば、そのようなことはなく、平均的な転職支援を提供してくれます。

ただ、大手の転職エージェントの場合は、扱う求人の数が非常に多いため、一人の求職者に対して小規模の転職エージェントほどの時間を割くということが難しいのです。

大手のなかでも比較的、質の高い転職支援を提供してくれる転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントを利用することで平均以上の転職支援の質を確保することができますし、また、日本で最も多くの求人を抱えていますので、求人数も十分集めることができます。

さらにリクルートエージェントは、最近、ハイクラス人材を対象にした特化型の転職エージェントを立ち上げていて、ハイクラス人材とは管理監督者の求職者を指します。

リクルートエージェントのグループ会社になりますから、リクルートエージェントに登録することで特化型の転職エージェントを同時に利用することもできるということになります。

求人紹介だけのために転職エージェントを使わない

先述の通り、30代の求職者は転職市場では自信が過信になっていたり、応募することができる求人の数が少ないということで、転職活動では苦戦も予想されます。

一般的に転職エージェントを利用する一番のメリットは求人紹介で、求職者によっては求人紹介以外の転職支援を必要としないという人もいます。

しかし、30代の求職者には、この転職エージェントの利用方法は絶対に向きません。

転職エージェントの転職支援には、求人紹介の他に、履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接など複数のサービスがあります。

特に職務経歴書の添削は絶対に受けるべきです。

職務経歴書が企業の選考のどのタイミングで重要になるかと言いますと書類選考です。

求職者が応募意思を固め、キャリアアドバイザーに依頼すると企業は書類選考を行うのですが、書類選考の通過率は2割程度で、面接に比べると異常なぐらい通過率が悪いです。

30代の求職者は、選考ハードルが高く、書類選考に関しても、同じです。

書類選考は、求職者にとって異質な存在で、企業がどのように選考をしているのか、どのような基準で選考をしているのか知ることができません。

だからこそ、どのような選考内容であっても通用する履歴書や職務経歴書の作成が必要になるのです。

転職エージェントの良さを十分活用することこそが転職への近道です。

求人紹介を受けた後は、その企業の選考情報を積極的にキャリアアドバイザーに確認し、選考対策を進めてください。

転職エージェントをどのように活用するかにより、転職活動の出来は大きく変わります。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment