50代の転職に資格は必要ない!?女性と男性ではおすすめできる資格が違う

50代で資格を取得していたおかげで、思ってもいなかった仕事を見つけることができるケースがあります。

一般的に転職で資格は役立ちますが、50代という年齢を考えるとあまり資格の効果は期待できないと思っていませんか。

確かに一般的な企業に転職をする場合、50代でこの資格があると即採用というのはあまり聞きません。

では50代が資格を取得する意味が全くないかというと、決してそんなことはありません。

資格を持っていることで、将来の独立や仕事の幅を広げるのに役立つからです。

今は50代の転職で資格がそこまで優遇されなくても、資格を持っていることで思わぬ仕事に繋がることもあるからです。

また将来の独立のために、資格を取得しておくと有利になることだってあります。

50代だと定年も考える時期になりますが、今後は70歳まで働くのが普通になると予測できます。

資格を取得しておくことで、将来に備えることにも繋がります。

今回は、50代が持っておくと有利になる資格を男性と女性別に紹介します。

どんな仕事に役立つか、将来どんなことに役立つかなども踏まえて説明するので参考にして下さい。

50代女性の転職に役立つ資格

50代の女性が資格取得を考える理由で一番多いものは「転職」になります。

今の仕事に不満があったり、リストラの対象になるなど理由は様々ですが、資格を取得して再雇用を目指す50代女性は多いです。

社会人経験がそれなりに長い50代女性であれば、資格を取得することで転職に有利になることも多いです。

ただ資格を持っていれば転職できるわけではないので、自分のキャリアを活かした資格が何なのかを理解することが大事になります。

50代女性の転職に役立つ資格と、どんな人が向いているかを一つ一つ説明します。

簿記2級

経理などではまだまだ使える人気資格。

転職のしやすさ ★★★★☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
おすすめ ★★★☆☆

資格の中でも圧倒的な簿記ですが、2級を持っていればそれなりに評価されます。

ただし50代の女性の転職という意味では、経理の経験がないと転職は厳しいでしょう。

簿記2級の資格取得者は多く、資格だけで転職は厳しいです。

ですが経理経験がある50代女性であれば、採用の門戸は決して狭くありません。

宅地建物取引士

不動産業界に関わっているなら、年齢関係なく有利になる資格。

転職のしやすさ ★★★★☆
合格の難易度 ★★★☆☆
おすすめ ★★★★☆

50代でも不動産業界に関わっているなら、宅建を取得しておけば転職が成功しやすくなります。

全くの未経験だと厳しいですが、女性なら事務職などの経験も多少は有利に働きます。

宅建は大手ではなく、中小企業の転職で有利になる資格として重宝しますよ。

50代という年齢がネックになりにくい資格として、積極的にチャレンジしてほしい資格です。

ファイナンシャルプランナー(FP)

お金に関するプロフェッショナルとして、50代の転職でも有利になる資格です。

転職のしやすさ ★★★★☆
合格の難易度 ★★★★☆
おすすめ ★★★☆☆

ファイナンシャルプランナーは独立でも人気の資格ですが、50代であれば転職の方がおすすめです。

独立になると色々な運営が必要になり、かなり大変になるからです。

企業であれば総務などで需要が高く、50代という年齢でも採用されるケースはそれなりにあります。

ただし未経験の50代は採用されません。

また好条件の仕事ではないため、それなりの給料になることを覚えておいてください。

もしファイナンシャルプランナーとして実績が高ければ、好条件で転職することも可能です。

登録販売者

ドラッグストアや薬局など、一般用医薬品の販売ができる国家資格です。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
おすすめ ★★★★☆

ドラッグストアであれば、この資格を持っていると50代でも有利に転職できます。

今はドラッグストアの数がかなり多く、登録販売者の資格保有者を探しているところも少なくありません。

難易度はそこまで高くなく、50代女性でも年齢がネックにならないのでおすすめの資格になります。

販売の仕事になるので、接客業をしていれば転職に有利になるでしょう。

通訳・翻訳

語学のスペシャリストとして一生働ける資格。

転職のしやすさ ★★★★☆
合格の難易度 ★★★★☆
おすすめ ★★★☆☆

通訳・翻訳は、年齢が全く関係ない実力主義の世界です。

50代でも語学に興味があれば、独立して働くことができる貴重な資格です。

語学力は言うまでもなく高いレベルが必要になります。

ですが今は翻訳の仕事など、クラウドでそこまで高くないレベルでも募集しているケースもあるのでチャンスは大きいです。

一生勉強になりますが、語学が好きなら是非おすすめしたい資格です。

実際、50代でも翻訳家として第一線で活躍している人は多いです。

50代男性の転職に役立つ資格

50代の男性が転職をする場合、キャリアアップだけが全てではないことを覚えておいてください。

昨今の経済状況もあり、リストラや仕事に不満をもって早期退職をする50代が増えています。

そうした人たちは、キャリアアップの資格ではなく、それなりの給料をもらえる資格を狙っています。

なにも第一線で活躍するだけが仕事ではありません。

キャリアアップや別業界への転職など、目的に合った資格を取得しましょう。

マンション管理士

50代男性に人気の資格で、その名の通りマンションの管理ができる人気資格です。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★★★☆☆
おすすめ ★★★☆☆

マンション運用というやりがいのある仕事で、管理者として働きたい50代男性にお勧めの資格です。

難易度は法律が関係するので簡単ではありませんが、持っていると一生使える資格なのでチャレンジする価値は高いです。

マンションの運用なので大変なこともありますが、多くの50代男性がその職に満足しているデータがあります。

50代で新しいことにチャレンジしたい男性にお勧めできる資格です。

二種免許

タクシー運転手を目指す50代男性から人気がある資格です。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★☆☆☆☆
おすすめ ★★★☆☆

タクシー運転手として新しい人生を検討する50代男性が増えています。

特にエリートサラリーマンが、その重責から抜け出そうと二種免許を取得するケースが多いです。

難易度は低い資格なので、50代でも簡単に取れるため人気が高い資格です。

今の人生を変えたいと考えている50代男性が、持っていて損はないおすすめの資格です。

ビル設備管理技能士

ビル設備管理技能士は、ビルのメンテナンス業務を行うことができる資格です。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
おすすめ ★★★☆☆

50代男性でも比較的取得しやすい資格として、人気が高いのが特徴です。

職業訓練校でも選択肢になっていて、ライバルも多いですが持っていると役立つ資格になります。

ビルの空調システム、衛生管理、電気系のシステムなど生活に必要不可欠な技術と結びついているので、需要が高いのも特徴です。

50代からでも目指しやすい資格なので、持っていて損はありません。

宅地建物取引士

金融、建設など不動産関連業界で評価される資格で、持っていれば一生食べていけます。

転職のしやすさ ★★★★☆
合格の難易度 ★★★★☆
おすすめ ★★★★★

資格の中でも圧倒的人気で、50代で不動産業界の経験がある人にお勧めの資格です。

持っていれば一生食べていける資格で、個人で賃貸の紹介業をしている50代男性も多いです。

未経験だと厳しいですが、人脈などがあれば転職にも役立ちます。

難易度は決して低くないので、勉強時間などはしっかりと確保することが重要です。

第2種電気工事士

求人数が多く50代でも転職しやすい人気資格。

転職のしやすさ ★★★★☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
おすすめ ★★★★★

50代で取得しても転職しやすいのが特徴の人気資格です。

職業訓練校の電気設備科などで、半年ほどの訓練で学習することもできます。

数年の経験があれば、個人事業主として独立も出来るのが特徴です。

難易度もそこまで高くないので、50代で独立したい男性におすすめです。

危険物取扱者 乙種4類

求人数の多さが魅力の50代でも取得可能な資格。

転職のしやすさ ★★★★☆
合格の難易度 ★★★☆☆
おすすめ ★★★★☆

50代でも資格を持っていれば転職需要が高い、人気のある資格になります。

昔はかなりおすすめの資格でしたが、今は難易度が上がったわりに賃金が安いので電気工事士の方がおすすめです。

ただ持っていれば仕事に困ることはないので、保険として取得しておいても良い資格になります。

難易度が高い資格にはなりますが、独学での合格も可能です。

50代は資格だけで転職はできないので将来を見据えることが重要

50代で転職を考える場合、資格を持っているだけでは強みになりません。

もちろん転職を希望している企業と関係のある資格なら役立ちますが、それが決定的な採用の決め手にならないことを覚えておきましょう。

ですが今回紹介した資格は、経験が少ないとしても資格単体で評価されやすいものになります。

ただ資格が絶対ではなく、一定の条件が揃っていれば50代の転職に役立つものになります。

例えば女性からの人気が高い資格の簿記2級は経理経験者なら役立ちますが、競争率も高く50代で未経験の方にはおすすめできません。
経理や総務経験があるなら、ファイナンシャルプランナーなどを取得しておくのも良いかもしれません。

簡単ではありませんが、個人の資産運用のアドバイザーをするなど、独立の道もあるからです。

接客経験がある女性ならば、登録販売者を取得して働く道も検討することができます。

男性であれば、危険物取扱者や第2種電気工事士は資格があれば転職には困らないでしょう。

賃金が安いというデメリットもありますが、一生仕事に困らない意味ではとてもおすすめです。

またビル設備管理技能士やマンション管理士なども、需要がそれなりにある仕事なので転職時に役立つ資格になります。

女性、男性どちらでも使える資格は宅地建物取引主任者です。

条件としては、不動産業界の経験になりますが、持っていれば本当に転職に役立つ資格になります。

50代で資格がなくてもできる仕事も増えている

最後に資格とは離れますが、50代でも資格なしでできる仕事が増えているのをご存知でしょうか。

インターネット社会という、現代だからこその話になります。

今はクラウドと呼ばれるネットを介した仕事もあり、50代でライターなどをして稼いでいる人も増えました。

インターネットの仕事と聞くと難しく思えるかもしれませんが、やってみると思ったより簡単で在宅ワークを希望する人には特におすすめです。

ライターの募集幅も広く、何か得意なものがあれば好待遇で採用してもらえる可能性も高いです。

50代で月に5万ほど副業で稼いでいる人もいますし、専業で30万くらい稼いでいる50代もいます。

資格を持っていることは転職での保険になりますが、こうしたクラウドを使った仕事も検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク