ブライダル業界への転職方法はどれが一番?憧れの職業になるために必要なこと

求職者は、転職活動を行う際に、希望条件というものを自ら設定します。

これを転職軸や転職テーマと呼ぶのですが、企業の選考を受けると面接において、必ずと言って良いほど、この点については面接官から聞かれます。

聞かれ方としては、『今回の転職活動でテーマとなるものは何か?』や『転職でなし得たいことは何か?』という具合です。

求職者は、ほぼ100%の確率で聞かれることになりますから、事前に準備しておくことをオススメします。

転職軸や転職テーマを設定するためには、自己分析というプロセスを踏むことが最も得策であると言われています。

自己分析を行うと、それまで気づけなかった自分の特徴や強み、弱みが明確になり、今後やりたいことなどを決めやすくなります。

最近、転職市場で求職者からの人気が高い業界のひとつにブライダル業界があります。

何となくのイメージでブライダル業界は女性の専売特許という考えを持っている人が多いのですが、転職市場においてはそのようなことはありません。

確かに女性の求職者からの応募希望は多いのですが、ブライダル業界は男性の求職者も何の制限もなく応募を歓迎しています。

今回は、ブライダル業界への転職方法やブライダル業界を取り巻く環境などについて触れていきます。

求職者が転職希望を決めるときに、『人の役に立つ業界、仕事をしたい』と考えている場合は、間違いなくブライダル業界はその目的を実現できるはずです。

ブライダル業界への転職はいくつか方法がありますので、今回の情報を参考にして頂き自分に合った転職活動を行い最高の転職をしてほしいです。

スポンサードリンク

ブライダル業界とは?

まず、はじめにブライダル業界とはということから話を起こしていきます。

ブライダル業界は、主に結婚式のサポートを事業としている業界になります。

イメージとしては、結婚式の企画やプロデュース、運営というものです。

最近ではブライダルプランナーという職種が転職市場の求人として目立ちますが、ブライダル業界の花形はプランナーです。

結婚式を行うカップルと結婚式前に打合せを何度も行い、企画から当日の運営責任を行います。

プランナー=管理職?と思うかもしれませんが、管理職ではありません。

プランナーの仕組みは、その企業に複数のプランナーが存在し、1つの結婚式に対して1名の主担当となるプランナーが付きます。

その主担当をサポートする形で他のプランナーが当日の運営サポートを行うというプロジェクト体制になっています。

ですので、管理職ではない求職者もプランナーとして採用され、実務に従事することができるのです。

プランナーの他、営業職や企画職、さらには間接部門となる総務や人事、経理などの職種もあります。

ブライダル業界には、他の業界と同じくすべての職種が存在し、転職市場で求人を公開し採用活動を行っているのです。

プランナーのように直接、人の幸せに関わる職種ではなくても、人の幸せをサポートする事業を行う業界や企業で働きたいと考えている求職者でもブライダル業界は候補のひとつになるでしょう。

それと、忘れてはいけない業界区分があり、ブライダル業界とホテル業界はほぼ同じと考えて良いです

結婚式はホテルの宴会場で行われることも多く、ホテルにはブライダル事業部という部署もあります。

転職エージェントなどを利用して転職活動をしているとホテル業界の求人も見つけることができますが、ホテル業界であってもブライダル業界と同じ仕事を行うことができます。

求職者にはホテル業界と聞くとハードワークで敬遠したいと考える人もいますが、ブライダル業界のひとつに入りますのでご注意ください。

ブライダル業界の働き方

求職者は、転職のために転職活動を行うのですが、勘違いしてはいけないことは転職がゴールではないということです。

転職はあくまで自己実現のための手段であり、大事なことは転職活動を経て転職先で自分らしく長く活躍するということです。

そのためには、求人の内容だけをみて魅力的だと判断するのではなく、求人企業のホームページなどを確認し企業研究、ならびにその企業が属する業界研究も必要です。

年齢が若い求職者には良く見られることですが、転職を短期的な視点で考えてしまい、求人内容だけで志望度が上がり、選考を通過すると特別、検討することなく、その内定に飛びついてしまうことです。

そのような安易な思考で転職してしまうと、非常にリスキーな業界がブライダル業界です。

求職者の傾向として、休日は土日祭日が良く、年間休日としては120日以上を希望することが多いです。

求職者も家族や友人の結婚式に一度は参列したことがあるのではないでしょうか。

結婚式が平日に行われたという記憶をお持ちの求職者はどれだけいるでしょう。

確かに平日に結婚式を行うカップルもいますが、結婚式全体で考えるとその数はわずかです。

大半は参列者の都合も考えて土日祝日に行われるのですが、結婚式をサポートする事業を行うブライダル業界としては、土日祝日は繁忙日です。

結婚式を控えるカップルは土日祝日に相談に訪れることが多く、この点から考えてもブライダル業界へ転職して土日祝日の休みを確保できるでしょうか。

残念ながら、土日祝日の休みを希望する求職者はブライダル業界への転職は再度、検討し直した方が良いです。

たまに土日祝日の休みはあっても基本的に土日祝日は出勤日になります。

また、年間休日についても100日前後の企業がほとんどです。

ブライダル業界の求人を見ても、ブライダル業界の経験がない求職者の場合は、その労働形態がいまいち理解できません。

求人を見ても分からない部分を今からお話しますが、ブライダル業界の多くの企業は変形労働時間制という労働形態を組んでいます。

変形労働時間制とは、年単位、月単位、週単位で労働日と休日を決めるのですが、その対象期間で週当たり平均40時間であれば、一般的な週休2日制をとる必要はないのです。

企業からすると、年間、月間、週間の繁忙期と閑散期に効率よく労働と休みを組み合わせることができるため、無駄な人件費を作る必要がなく便利な制度になりますが、労働者たる求職者からすると変形労働時間制は年間休日日数が平均よりも大きく下回りデメリットになります。

ブライダル業界では、この変形労働時間制を導入しているため、120日を大きく下回る休日日数でも問題ないのです。

ブライダル業界の求人を見て頂ければ、恐らく休日欄に『公休8日』などと『公休』という言葉が記載されているはずです。

公休とは変形労働時間制を導入する企業が良く用いる言葉で、簡単に言うと休日のことを言います。

一般的に考えると週休2日制をとる企業の場合は、1カ月が4週あるとすれば8日の休みで、5週あるとすれば10日の休みということになります。

加えてその月に祝日があれば、8日や10日ではなくもっと多い休日日数になるのですが、ブライダル業界では土日祝祭日という定義がなく、月あたり8日の休みを取得可能ということになります。

スポンサードリンク

労働時間も長い!

ブライダル業界の大きなネックとしては労働時間が長いということです。

もちろん1日の労働時間は8時間という定時がありますが、顧客商売になりますから、8時間でおさまらないことの方が多いのです。

結婚式前の打合せが夕方に始まり、カップルの考えが定まらなければ、決まるまで相談に乗り、打合せが延びるということは典型的なパターンです。

結婚式自体は時間が決まっているため、結婚式が理由で労働時間が長くなるということはあまり想定できませんが、結婚式前の打合せ回数に比例してその都度、労働時間が長くなるということです。

ブライダル業界の転職しようとしている求職者は、転職後に自分がどのような働き方になるのかしっかりと情報を集めて見極めることが大事です。

今は少しずつ解消されていますし、離職率も下がりつつあるのですが、昔はブライダル業界は人の入れ替わりが激しく激務の業界で有名でした。

現在は激務というイメージを払拭し労働環境を改善しつつありますが、他の業界に比べると休日日数も少なく労働時間は長いと考えてください。

ただ、将来的には安心を保つことができる情報があり、人を幸せにする業界であるブライダル業界が、そこで働く社員が幸せではなく仕事量で疲れ果てていては本末転倒ということで、昔から現在、現在から将来にかけて少しずつ労働環境を見直しています。

ブライダル業界のなかには、企業自体の利益率は減ったとしても転職した求職者が長く働いてくれることを期待して、変形労働時間制はあるものの、中途採用数を増やし1人の対する労働量が軽減されるようにしている企業もあります。

この動きはブライダル業界全体に少しずつ広がっていますので、昔ほど不安に思う必要はないはずです。

ブライダル業界への転職は転職エージェントがベスト!

ブライダル業界への転職をするためには転職活動をしなければなりません。

どのような転職方法が最も内定に近くなるかと言えば、転職エージェントです。

転職エージェントを利用することでブライダル業界への転職は一気に拡大します。

求人の内容としては、経験者求人と未経験者求人の大きく2つに分類されていて経験者求人は内定時に提示される年収が高いため、選考ハードルも厳しくなりますが、ブライダル業界の求人は豊富にありますから1つ2つの求人で見送りになっても内定を勝ち取ることはできるでしょう。

未経験者求人は、ある意味でだれでも応募することができるものになります。

選考ハードルは内定時の条件が新卒より少し良いぐらいの条件になりますので、苦戦するということは想定できません。

ごく普通の職歴を持っていれば、今の転職市場は売り手市場でブライダル業界の求人も豊富にありますので短い転職活動期間で1社は内定を勝ち取ることができるはずです。

転職エージェントのなかでもブライダル業界と相性が良い転職エージェントは、リクルートエージェントです。

その理由は2つあります。

1つはリクルートエージェントがそもそもとして大手の転職エージェントであり求人数がもともと多いということです。

2つ目の理由は、リクルートエージェントがブライダル事業も行っているという点です。

ゼクシィという結婚情報誌をCMなどで聞いたことはありませんか?

ゼクシィを運営している企業はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは人に関わる事業のほとんどを展開していて、その一つが転職エージェント事業になります。

ブライダル業界の企業は、リクルートエージェントが結婚式事業を行っているということで、その親和性からリクルートエージェントを利用して採用活動を行う傾向が強いです。

この2つの理由から、転職エージェントを使うのであれば、まずリクルートエージェントに優先的に登録してみてください。

他の転職エージェントよりも目に見て分かるぐらいの求人数があるはずです。

プランナーとプランナー以外の職種は全く同じで転職エージェントを利用して転職活動をすることが理想的な展開にできます。

男性の求職者はどうなのか?

男性の求職者であっても、ブライダル業界への転職は十分可能です。

多くの男性求職者がブライダル業界で仕事をしていますし、半数は中途採用で入社した社員になります。

男性と女性で選考基準やフローが変わるのか?という質問を聞くことがありますが、男女関係なく平等的に評価されますので、安心してください。

転職後は女性が多い職場になりますが、選考自体においては全く不問になります。

男性求職者が応募する傾向が強い職種は営業職です。

営業職の業務内容は割愛しますが、営業職として転職活動をした方がプランナー職よりもブライダル業界への転職はハードルが低いです。

ブライダル業界への転職として中心はやはりプランナーになりますから、応募数を考えると相対的な比較が減りますので営業職は有利です。

転職活動と同時に転職後も大事!

ブライダル業界への転職はそこまで難しいものではないことは説明した通りですので、難しい業界ではありません。

ただ、転職後も含めて転職活動と考えるのであれば、転職後の働き方が仕事への時間が長くなりますので、本当の意味でやる気と体力がなければ成功は難しいかもしれません。

昔ほどの労働環境は改善されていますが、ブライダル業界の企業には昔と変わらずという企業もありますので、その企業選択のためにも転職エージェントを利用しておいた方が良いでしょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment