第二新卒の転職は難しくない!転職を成功させるポイントをお教えします

第二新卒の転職は、一般的に難易度が高いイメージを持っているかもしれません。

転職市場はその時によって変わりますが、状況により変わる要因は、企業ニーズ、社会問題、日本経済と大きく分けて3つになります。

企業ニーズは、まさに企業が求める経験やスキルということになり、今はどの企業でもIT関連事業や社内ネットワークを展開していますが、それに応じてエンジニア人材が求められています。

社会問題とは、若手人材の早期離職で、新卒で入社した企業を3年以内で退職する人が急増し3人に1人の割合で早期離職になっています。

最後の日本経済との影響が最も大きいのですが、日本経済の景気により転職市場が盛り上がったり、停滞します。

このように大きく3つの要因で転職市場は変わるのですが、今回は転職市場に影響を与えていることはもちろんのこと日本社会全体に関わる若者の早期離職に関することについて取り上げていきます。

若手人材の早期離職は、転職市場では第二新卒と呼ばれています。

第二新卒という言葉は今では当たり前のようになっていますし、広辞苑にも記載されている言葉になりますが、実は、リクルートエージェントが作った造語です。

リクルートエージェントは、大手の転職エージェントになりますが、転職サイトやその他、人の生活に関わる事業を展開する日本でも有数の大手企業です。

リクルートエージェントは転職エージェントのなかリーディングカンパニーで、いくつものブームを創造してきたのですが、その一つが第二新卒の転職です。

スポンサードリンク

第二新卒の転職市場

第二新卒は、それまで世の中に認知されることはなく、転職市場では今以上に不遇の扱いをされてきました。

簡単に言うと、『新卒で入った会社に3年もいれない持続力のないやつ』という風によく言われてきました。

今も、第二新卒を取り巻く転職環境は良いとは言えませんが、転職市場のなかで一つの市場になっていますので、第二新卒に対して、昔のような不遇な表現をされることは少なくなっています。

10年ほど前までは日本経済が低迷し、それに伴い転職市場全体が低下し多くの転職エージェントが業績を落として、最悪の場合、倒産や事業撤退ということもありました。

リクルートエージェントも同様で、そのときに業績回復と社会貢献を目的として、第二新卒という造語を作り、今に至っています。

今、第二新卒として転職活動をしている求職者は、リクルートエージェントに感謝する気持ちは持っても罰は当たらないでしょう。

理由は、リクルートエージェントが第二新卒という市場を創造しなければ、いまだに不遇な環境は続き、今以上に転職活動では厳しい状況だったと言えます。

リクルートエージェントがリーディングカンパニーとして第二新卒市場を作り、そのおかげで、その他の転職エージェントも第二新卒の転職支援に力を入れるようになったのです。

とは言え、第二新卒の転職支援に力を入れるとしても、肝心な第二新卒が応募できる求人がなければ意味がありません。

しかし、第二新卒の求職者が多いということは、それだけ、企業からすると新卒3年以内に退職する若手人材が多いという証になりますから、ニーズがないはずはないのです。

3年以内に退職する企業は、その欠員補充が必要で、新卒採用と同じく第二新卒の求職者を求めて採用活動を行います。

ですので、第二新卒の求職者の数と第二新卒の求職者を対象とした求人の数はほぼ一致するということです。

第二新卒の転職難易度は?

第二新卒の転職難易度について話をしていきますが、第二新卒の求職者と求人の数は同数でありながらも、難易度としては、高いです。

例えば10人の第二新卒の求職者がいて、10個の求人があったとします。

理論的には必ず10人が10個の求人のどらかに転職できるということになるのですが、転職市場ではこの理論は通用しません。

これだけ転職市場で第二新卒の転職支援がブームになっているにも関わらず、企業としては、どうしてもマイナスイメージを先行させてしまい、書類選考の通過率がまず低いです。

あくまで平均になりますが、第二新卒の求職者の書類選考率は1割程度です。

通常の求職者の場合は2割程度になっていますので、1割ほど低い数字になります。

その理由はやはり第二新卒の求職者に対する早期離職の懸念です。

どの企業も同じですが、費用を使って採用するのであれば、長く活躍してほしいと考えます。

企業からすると最も痛手になることが中途採用で採用した人材が早期に退職することです。

中途採用者が入社するにあたり、入社受け入れの準備やその他のこと業務が発生し、中途採用者を念頭に入れてその後の事業計画や業務スケジュールを計画します。

短期間で退職されてしまうと、その計画や準備は意味のないものになりますし、さらには再度、中途採用活動を行わなければなりません。

第二新卒の求職者は、転職活動と同時に覚悟が必要なのですが、書類選考の通過率は低くなるということです。

どれだけ素晴らしい内容の職務経歴書を作成しても、職歴の在籍期間を企業は必ず見ますから、その段階で1社の在籍期間が3年以内であれば、前向きに考えることはありません。

『とりあえず会ってみる候補』というぐらいになります。

どの求職者でも第二新卒であれば、同様のことが言えます。

スポンサードリンク

第二新卒が転職で成功するには

ただし、書類選考を通過するとその後の面接は、人物面重視の採用になりますので、人物面がしっかりしていれば十分に内定を勝ち取ることはできます。

第二新卒の求職者を対象にした求人の選考フローは鬼門となる書類選考から始まり、適性検査、面接2回になります。

面接2回はほぼ絶対と言っても良いぐらいの確実な情報です。

面接は人事担当者と現場責任者が1次面接、担当役員と人事責任者が最終面接になります。

第二新卒の場合、面接よりも意識を働かせてほしいフェーズは書類選考と適性検査です。

最近は中途採用で適性検査を行わない企業も増えていますが、第二新卒は経験が浅い分、ポテンシャル重視の採用になります。

そのため、面接でも人物重視になるのですが、ポテンシャルを見極めることは企業からすると非常に難しく、一定の定量的な判断基準も必要になります。

そこで、適性検査が役立ちます。

適性検査とは言語と非言語の試験と性格診断になります。

言語・非言語の試験が1時間、性格診断が30分が基本です。

企業が導入する適性検査により多少の時間の差異はありますが、基本的にはトータルで90分になります。

自宅受験もありますが、テストセンターで受験する場合もあります。

または、面接の後に適性検査を用意して企業内で行うパターンもあります。

いずれにしても、第二新卒からすると書類選考と同じく適性検査は厄介な存在で、事前に準備をしておかなければなかなか通過することは難しいです。

ちなみに、採用活動を行う企業の役7割がSPIという適性検査になりますので、SPIを勉強しておけば、7割の企業の対策をピンポイントに行うことができるということになります。

また、すべての適性検査のなかで最も難易度が高い適性検査はSPIと言われていますので、難易度的にもSPIを勉強しておけば、その他の適性検査問題は簡単に感じるはずです。

適性検査の中心はSPIと認識し書籍やインターネットの無料問題で対策を十分に取っておいてください。

リクルートエージェントを使う!

第二新卒の生みの親とも言える存在がリクルートエージェントということは説明した通りになりますが、リクルートエージェントを使って転職活動をすることが第二新卒の求職者にとっては一番都合が良いと言えます。

理由の一つに適性検査対策があります。

企業の採用活動の適性検査の中心がSPIとお伝えしましたが、SPIはどの企業が開発しサービス提供しているかわかりますか?

答えは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、適性検査も自社で開発し展開してます。

補足情報ですが、SPIの歴史は長く、現在はSPI3になっています。

つまり、SPI、SPI2とバージョンアップしているということになります。

リクルートエージェントを利用するともれなくSPIの対策も転職支援に含まれます

しかも、SPI提供会社ですから、どの企業がSPIを利用しているかも当然に分かります。

約7割の企業でSPIを導入している、かつ、リクルートエージェントが適性検査の企業を割り出せる、かつ、リクルートエージェントがSPI開発企業であるという3つの側面からリクルートエージェントを利用することが適性検査で大きなアドバンテージを持つことになります。

その他の転職支援として、求人紹介や履歴書や職務経歴書の添削、面接情報の共有、内定条件の交渉とありますが、特に求人紹介については得意分野です。

キャリアアドバイザーも第二新卒の求職者と比較的近い年齢の担当者になりますし、話しやすい身近な存在に感じることができるでしょうし、求人紹介についても年齢が若い分、第二新卒の立場の視点でオススメをピックアップしてくれます。

リクルートエージェント以外の転職エージェントには、第二新卒に特化した転職エージェントがありますが、はっきり言いますと、その他の転職エージェントを利用することも良いのですが、優先的に利用すべきはリクルートエージェントです

1つ1つの転職支援を見れば、第二新卒に特化した転職エージェントにも強みがありますが、求人紹介やSPI対策という点において、他社との差別化が明確で競合優位性があります。

ブラック企業には気を付ける!

第二新卒の求職者は、新卒で入社した企業を何らかの理由で3年以内に退職しているのですが、その理由のなかには、『それは仕方ないよね』と言える理由があります。

その理由は、ブラック企業へ入社したということです。

転職エージェントにはブラック企業リストというものがあり、これまで転職支援してきた情報と一般的な情報を合わせて求人を扱わない企業ということになります。

転職エージェントの目的は転職支援で、ドライに考えると転職後のことは求職者の自己責任と言えるものになるのですが、転職エージェントでは、求職者の転職後のことも考慮してブラック企業への転職支援は行いません。

もちろん、転職エージェントのなかには、転職エージェント自身がブラック企業に近い労働環境ということで、その労働環境がブラック企業だと認識できず、求人を受け付け求職者に紹介してしまう転職エージェントもあります。

リクルートエージェントではそのようなことは一切ありませんし、ブラック企業に対するスクリーニング機能が充実していますので第二新卒の求職者は安心できるところです。

とは言え、転職エージェントを利用して転職活動をすることが最も理想的なのですが、ブラック企業の求人がゼロとは言い難いため、ブラック企業への転職は気を付けてください。

1社目でブラック企業に転職してブラック企業は長く在籍できないことはだれよりも認識できているはずです。

第二新卒の求職者がブラック企業を理由に退職するということは、その分、ブラック企業の求人も同じように採用活動を行い第二新卒の求職者を求めているということです。

今なら複数内定も夢ではない!

今の転職市場は全体的に好景気で多くの企業が採用活動を行い求人が非常に多くあります。

一番、求人を扱っている機関は転職エージェントになりますから、リクルートエージェントをはじめとして転職エージェントを利用することが第二新卒の求職者にはベストな方法です。

転職エージェントを利用して転職活動をすると、その他の転職方法よりも転職活動自体の質を高め、企業の選考でも有利に働きます。

最終的に内定が近づくということで、求職者によっては複数の内定を同時期に勝ち取ることも夢ではない状況になります。

転職条件は基本的に前職考慮になりますから、高い条件は望めないのですが、転職エージェントを利用することでブラック企業のリスクはかなり高い確率で排除できますので、安心して転職することができるはずです

それと気を付けてほしいことは、第二新卒の場合、新卒採用の対象である就活生が競合になることもあります。

どの企業も毎年3月から一斉に新卒採用を開始します。

1月から6月の約半年は第二新卒よりも新卒採用に比重を置き、新卒採用で若手人材の欠員補充をすることもあります。

転職活動をするタイミングは大事で、理想としては7月から12月に内定が出るように転職活動をすることです。

同じ売り手市場でも時期によっては求人が減るということも想定できます。

戦略的に転職活動をすることをオススメします。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment