第二新卒におすすめの転職エージェントと転職サイト!キャリアコンサルタントが教える絶対に登録すべきエージェント

スポンサーリンク

第二新卒で転職すると、キャリア的にデメリットになると思っている方も多いのではないでしょうか。

一昔前の転職市場としては、第二新卒に対する企業のイメージはそこまで良くはありませんでした。

第二新卒は新卒で就職してから3年以内の転職になるので、どうしてもキャリア不足が否めなかったからです。

また終身雇用の考え方も、第二新卒の転職を難しくしている理由でした。

ですが今は転職の考え方が変わり、第二新卒を積極的に採用しようとする企業も増えています。

キャリアコンサルタントとして第二新卒の転職相談も数多く行っていますが、、転職サイトや転職エージェントなどを活用して転職を成功させている第二新卒もかなり増えています。

実際に転職市場に目を向けると、第二新卒向けの求人も多く、キャリアコンサルタントとしては「現状に満足していないなら早めに転職すべき」と言いたいです。

それだけ今の転職市場は売り手市場になっていて、それは第二新卒にも当てはまります。

ただ第二新卒の転職のリスクとして、計画性なく転職をすると、転職を繰り返す転職難民になってしまうことがあります。

では第二新卒が転職で成功するためには、どうやって転職活動を行うのがベストなのか。

今回はキャリアコンサルタントが、第二新卒の転職事情とおすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。

スポンサーリンク

第二新卒におすすめの転職エージェントBEST3

キャリア不足の第二新卒は、転職市場ではキャリアのある年齢層より不利になります。

そのキャリア不足をカバーするためにも、転職エージェントを利用してください。

第二新卒の最大の欠点となるキャリア不足をカバーするためには、転職エージェントの交渉術は必須になります。

転職エージェントを利用することで、担当のキャリアアドバイザーがあなたに合った企業を紹介してくれるだけではなく、企業へあなたの強みを説明して転職を有利にすすめてくれるからです。

第二新卒におすすめの転職エージェントは以下の3つになります。

第二新卒におすすめ転職エージェント
  1. マイナビAGENT第二新卒に特化した転職支援が評判の転職エージェント。丁寧なサポートが評判で最もおすすめ。
  2. リクルートエージェント求人数と転職支援の質は転職エージェントの中でもNo.1。登録必須の転職エージェント。
  3. dodaエージェントサービス営業力が強く転職成功率も高いエージェント。売り込みが苦手な人におすすめ。

第二新卒は転職サイトに頼ると転職に失敗する可能性が高いです

キャリアコンサルタントとして、第二新卒の転職活動を見ていて思うことに「求人選びの失敗」があります。

第二新卒の転職市場は、正直なところ求人数はかなり多く、どこでも良ければ転職は難しくありません。

ですが、これが厄介で、第二新卒の転職で失敗している人の多くは、いわゆる「ブラック企業」や「思っていたのと違う仕事」に転職してしまい転職を繰り返すケースが多発しています。

特に転職サイトのように、自己応募型の転職活動はこのような企業に採用されるリスクがあるので注意してください。

転職サイトは確かに求人数が多く使いやすいのですが、求人の質や企業の本当の実情までは説明していません。

転職サイトに書いてあることは当然ですが良いことが多く、キャリアの少ない第二新卒には魅力的に見える求人も豊富です。

ですが、こうした企業にはブラック企業も多く、年齢が若い第二新卒ほど採用される確率が高くなります。

これは転職サイトだけではなくハローワークも同様で、第二新卒が転職難民になる理由の一つになります。

このような転職失敗を防ぐための方法を、キャリアコンサルタントが説明します。

転職エージェントで求人選定をしてもらう

まずキャリアコンサルタントとして第二新卒の転職では転職エージェントを強くおすすめしますが、それには理由があります。

第二新卒に限らず、今の転職市場では求人の先が見えません。

この企業はブラック企業ではないのか、入社後に違う業務をやさられるのでは、といった不安を持つ求職者は少なくありません。

転職エージェントを利用すれば、こうしたリスクを回避することができます。

参考:ブラック企業の見分け方は転職エージェントに相談するのが一番

また転職エージェントの場合、求人の選定だけではなく、書類作成から面接対策まで全て無料で行ってくれます。

転職ノウハウが少ない第二新卒は、書類の書き方や面接の受け答えができていない人も多いです。

転職エージェントを利用すれば、こうした不足している転職の対策を無料で行うことができるメリットがあります。

転職サイトは求人探しの参考にする

転職サイトを利用している第二新卒の方は多いと思います。

求人数に関していえば、転職サイトは転職方法の中で一番多いでしょう。

ただ転職サイトのデメリットは先ほど説明したとおり応募型になるので、求人探しから書類作成・面接対策まで全て自分で行う必要があります。

また転職サイトには残念ながら評判の良くないブラック企業もあるので、求職者のデメリットになる求人も含まれています。

ですが求人数の多さはメリットになるので、転職サイトを全く使わないのはおすすめできません。

そこで求人を転職サイトで調べて、気になる求人があれば、転職エージェントに相談する転職方法がおすすめです。

転職エージェントにはない求人でも、相談すればプッシュしてもらえます。

そうすることで、書類選考の通過率や、面接での合格率を上げることができるのです。

第二新卒で給料アップを狙う転職とは

キャリアの少ない第二新卒でも、給料アップを狙って転職を行う人が増えています。

ですが残念ながら、第二新卒を評価する企業は少なく、ほとんどの場合、給料ダウンや現状維持で終わってしまいます。

第二新卒の転職で給料アップが高い確率で期待できるケースは2つあり、

  1. ブラック企業からの転職
  2. IT業界内で転職

この2つは転職エージェントを利用して給料アップが期待できます。

ブラック企業から脱却すると条件が良くなる

ブラック企業は労働時間が過酷なだけではなく、給料が低いことに悩んでいる人も多いです。

残業代なし、昇給なしなどの企業も多く、第二新卒でも転職して給料アップできているケースが多いです。

ただ過度な期待は禁物で、手取り15万→18万になったなど、生活面で少し楽になる程度を期待してください。

むしろブラック企業からの脱却で大事なことは将来性で、社畜として終わらず人として働けることになります。

IT業界は給料アップできる第二新卒が多い

第二新卒の転職で給料アップが目立つのはIT業界になります。

プログラマーなどはスキルがあれば評価される職種になるので、第二新卒でも給料アップの対象になりやすいです。

特にSES(派遣型)企業からの転職で給料アップする第二新卒が多く、年収が50万~100万アップする例もありました。

もちろん全ての人に当てはまることではありませんが、IT業界に関しては「昇給よりも転職の方が給料が上がりやすい」と言われているので第二新卒でも成功しやすいです。

IT業界に関しては、IT業界に特化した転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。

参考:IT系の転職サイトと転職エージェントおすすめ!キャリアコンサルタントとエンジニアが教える優良5選

IT業界は将来的な伸びしろもあるので、第二新卒の転職におすすめできる業界です。

第二新卒の転職は転職エージェントを使うとライバルと差別化できる

キャリアコンサルタントとして第二新卒の転職が難しいと感じることに、ライバルとの差別化ができないこともあります。

30代・40代になるとキャリア形成ができているので、特筆すべき強みが見いだせます。

ですが第二新卒の場合、よほど優秀な人材以外はそこまで大差がないのが実情です。

そのため第二新卒の転職では、

  • 書類選考が通らない
  • 面接が上手くいかない

この2つが他の求職者と差別化できずに失敗することが多いです。

就職活動経験がある第二新卒には、書類作成や面接が就活の時と同じレベルの求職者も少なくありません。

第一選考となる書類では、特筆すべきものがなければ当然通過できません。

また面接も新卒レベルの受け答えでは、面接官の要望に応えることができません。

実は第二新卒の転職はまだまだこのレベルの求職者が多く、ノウハウがわかれば転職成功できる人材もたくさんいます。

転職エージェントは、書類作成や面接対策など、第二新卒転職の弱みを補ってくれる役割も果たします。

転職活動をしているけど、なかなか合格できない第二新卒の方は是非とも転職エージェントを利用してみて下さい。

第二新卒で転職しようか悩んでいるなら

第二新卒の転職は、キャリア不足から失敗してしまう人が多いのも事実です。

ですが現在は転職市場が活発になり、第二新卒の若手を積極的に採用しているホワイト企業も増えています。

転職は人生でも大きなイベントになるので、安易にすべきことではありません。

ですが現状に不満がある第二新卒は、転職を決断するなら今はとても良い時期と言えます。

事実、私もキャリアコンサルタントとして仕事をしていると、待遇が悪くどうして辞めないのか不思議な第二新卒も良く見ます。

彼らは転職をしたくないわけではなく、転職したいが次も失敗することを恐れているのです。

確かに転職した会社もブラック企業だったら、もう生きていくのも辛くなるでしょう。

参考:ブラック企業の見分け方!面接の手口をキャリアコンサルタントが教えます

もしそういった不安があるのであれば、転職エージェントに一度相談してみてください。

今回紹介した転職エージェントは、きちんと企業を見極めて安心して働ける会社を紹介してくれます。

また経験値不足の第二新卒でも、企業の目に留まる書類作りや面接のサポートをしてくれるのです。

もし今の会社に不満があり転職を考えているのであれば、一度、転職エージェントに登録して相談してみてください。

第二新卒おすすめの転職サイトとエージェントランキング

第二新卒の転職は、転職サイトと転職エージェントの併用が最も安全で確実な転職方法になります。

ただ転職サイトと転職エージェントの数は多く、どれを使うかで成功率は変わります。

転職エージェントによっては、高いキャリアの求職者を希望するところもありますし、業界に特化している場合もあります。

第二新卒に強く、評価の高い転職エージェントを選ぶことが成功のポイントになります。

それではキャリアコンサルタントとして、第二新卒におすすめできる転職サイトと転職エージェントのランキングをご紹介します。

リクナビNEXT

おすすめ度 ★★★☆☆
求人数 ★★★★★
サポート ★★☆☆☆

リクルートグループが運営している国内No.1の転職サイトとして有名です。

求人を探すことに関しては、この転職サイト以上のものはないでしょう。

第二新卒の未経験求人も多数で、求人探しには役立つので登録しておくことをおすすめします。

ただ、あくまで求人探しに特化しているので、本気で転職を考えているなら転職エージェントは必須です。

ちなみにリクナビは、リクルートエージェントに登録すれば同時に利用可能です。

リクナビNEXT

リクルートエージェント

おすすめ度 ★★★★☆
求人数 ★★★★☆
サポート ★★★★☆

知名度・求人数ともに業界No.1の歴史ある業界最大手の転職エージェントです。

第二新卒への転職支援も手厚く、おすすめのエージェントになります。

求人の質・量ともにトップクラスで、安心して利用できるイチオシの転職エージェントです。

ただ大手転職エージェントだけにサポートの質が落ちるキャリアアドバイザーがいるので、保険にもう一つ転職エージェントも登録しておくと万全です。

デメリットもお伝えしましたが、転職サイトのリクナビNEXTも利用できるので、ここ1つで転職活動を成功させることができます。

リクルートエージェント

DODA

おすすめ度 ★★★★☆
求人数 ★★★★☆
サポート ★★★★☆

業界最大手の転職サイトで知名度も高く、第二新卒への転職支援も充実しています。

こちらは転職サイト「DODA」も使えるので、ここだけで転職活動を完結させることができます。

営業力の強さが売りで、求人数が多く安心して利用できる転職エージェントです。

懸念は営業力の強さからくる「ゴリ押し」ですが、第二新卒でも転職成功率が高くおすすめできる転職エージェントです。

キャリアコンサルタントとしては、リクルートエージェントかDODAはどちらか一つ登録しておくべきと断言できます。

dodaエージェントサービス

マイナビ転職

おすすめ度 ★★★★★
求人数 ★★★☆☆
サポート ★★★★★

若手に特化した転職エージェントで、第二新卒の転職で絶大な支持を得ています。

ここでしか載っていない求人も多く、大手・優良中小企業・ベンチャー企業・外資系企業など幅広い求人が魅力です。

転職イベントや講座、限定機能、スカウトサービスなど各種サービスを無料で利用でき、転職支援の質も業界トップクラスです。

若手の求人が得意なエージェントなので、第二新卒の転職では絶対に登録すべきエージェントです。

マイナビAGENT

タイトルとURLをコピーしました