営業職の転職にスキルは必要?これができればどの企業でも通用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業職は人気が高く、求人数も多いのでスキルがあれば転職に成功しやすい職種です。

営業の転職にスキルって必要なの?と思う方もいるかもしれませんが、実際に営業は高度なスキルが必要となる職種です。

技術職と違い、体力勝負に思っている人もいるかもしれませんが、営業はスキル次第で給与を簡単に上げることができる稀な職種になります。

転職業界では圧倒的な求人数を誇る営業ですが、実際に転職を成功させるためのスキルのポイントを解説します。

また営業とは違いますが、同様に人気の高い人事についても解説するので参考にして下さい。

営業職の転職に必要なスキル

転職市場のなかで最も多い職種が営業職です。

営業職は、基本的にどの企業にも存在します。企業の動向と転職市場が比例しますので営業職の求人は多いのです。

求人数が多い営業ですが、転職に成功する人としない人には大きなスキルの違いがあります。

このスキルは営業には必須で、逆に言えばこれさえあればどの企業でも通用します。

ヒアリング力は営業の根本となるスキル

営業職で転職するために必要なスキルは、ヒアリング力と提案力です。

この営業スキルは営業職としてはどの業界でも求められる基本スキルと考えてください。

逆にこれがなければいかに業界経験や業界知識があっても転職することは難しいと考えた方が良いです。

営業職が相手にする対象は機械やロボットではなく、人間です

人間である以上、同じ内容を言っていても意図はそれぞれ違います。そのため、まずはヒアリング力が重要です。

企業が求める営業職のスキルで誤解している求職者の方も多いと思いますが、『営業職にはトーク力が重要』と考えている方はいませんか?

確かに巧みな話術で相手を口説き契約に結び付けるというテクニックもありますが、一方的に自分だけ話をしてしまうと、相手が今持っている課題、自分が提案する商品やサービスでどう解決を期待しているのか分かりません

そのため、転職で求められる営業スキルはトーク力よりもヒアリング力です。

相手が自分の商品やサービスでどのようにしたいのか、価格面はどれぐらいを期待しているのか、このあたりの情報をしっかりヒアリングした上でトークがあります。

営業マンのヒアリンク力をアップさせる実践的なテクニックを紹介している世界トップ1%の「聞く力」 (中経出版)は、一度読むことをおすすめする良書です。

提案力も営業に必須のスキル

企画力と言っても良いのですが、商談で相手のニーズをヒアリングし、その上で自分の商品やサービスでどこまで対応することができるのかを企画書にまとめて提案します。

提案を間違えるとしっかりヒアリングできていても他の同業他社へ契約が流れる危険性があります。

優れた営業は、相手の話をしっかりと理解することができます。

先ほど申し上げたように、ヒアリング力の高さが重要なスキルとなるのはこのためです。

営業はヒアリング力と提案力がのスキルが高いほど、重宝されて給与が上がる可能性が高くなります。

営業は貪欲さと目標達成意欲も重要なスキル

日本の職種のなかで最もハードであり、最も企業から評価される職種が営業職です。

その理由は、営業職がもっとも企業への直接的な貢献度が高い職種であるからです。

分かりにくいかもしれませんので、間接部門の経理と比較しましょう。

経理は業務上、直接関わったうえで売上や利益を上げることはできません。しかし、営業職は直接、顧客と商談などをして売上や利益を生むことができます。

企業の評価順位としては、いかに売上や利益を直接上げているかどうかになりますので、営業職はもっとも評価が高い職種になるのです。

ただし、営業職はもっとも評価される一方で離職率も高い職種で、その理由はハードは仕事内容だからです。

仕事内容は、恐らく求職者の方もある程度、知っていると思うので割愛しますが、営業には必ず営業目標があります。

この目標をクリアするとはじめて企業から高い評価を受けることができ、仮に目標達成できなかった場合は、マイナス評価になります。

目標を達成したかどうかで評価は大きく違います。

このような状況ですので、営業は日々プレッシャーとの戦いになりますので、目標達成意欲が高い、貪欲な心のスキルがなければ長続きしません

転職先となる企業は職務経歴書や面接での本人の言葉を通してこのあたりもしっかりチェックします。

営業職は業界不問

営業職はどの企業にも基本的に存在する職種であることは先述の通りになりますが、業界が違った場合にどのような営業スキルが転職には必要かと言いますと、実はありません

営業職は基本的なスキルと心のスキルがすべてと言っても良いぐらいです。

先程、業界経験や業界知識があっても基本スキルがなければ転職は難しいとお話したと思いますが、業界不問である理由はここにあります。

営業職は、どの業界に転職しても売る商品やサービスが違うだけで業務内容はほぼ同じです。

逆を言えば業界経験や業界知識となる基本スキルに乗っかる部分については、それぞれの業界企業で社内研修や自己研鑽で対応することが十分可能です。

転職エージェントにある求人には、応募条件として必須スキルと尚可スキルの欄がありますが、営業職の求人にはその業界経験必須や業界知識必須という文言はありません。

どの求人にも業界不問という言葉があります。

一般的に、労働市場にはつぶしの効く、どの業界や企業でも基本的に行うことは同じという職種が存在しますが、営業職はまさにその典型です。

人事職で転職するために必要なスキル

人事という職種も営業職と同じくある程度の規模の企業には必ず存在する職種のひとつです。

また、人事職は、転職市場のなかでも人気職種になっていて、いつの時代も企業の選考倍率は高いです。

では、人事職で転職するために必要なスキルは何でしょうか。

調整力は人事の生命線となるスキル

人事職は営業職とよく似ていると言われますが、まさにその通りで、営業職が社外との交渉役であるならば、人事職は社内の各部門や各社員、または経営者との交渉役になります。

そのため、人事職を現職で担当している求職者の方のなかには、もとは営業職を経験したことがあるという方も多いはずです。

参考までに社内異動で営業職のキャリアステップとして、王道とも言えるものが営業職から人事職への異動です。

話を戻し人事職の転職でも求められる調整力ですが、今の時代は役員クラスにならないと企業内での人事職の決定権限はありません

ですから、どの役職であっても人事職は、決定権を持つ立場の人が決定するための材料集めやそれまでの間の調整を行うことが大きな役割です。

調整力とは、もう少し具体的に言いますと、企業内は一体という表現は表向きのもので、経営者(経営側)と社員では意見が違うことが良くあります。

その間に立ち、何か決定する場合には、経営者と社員の間に立ちそれぞれと交渉を行い滞りないように調整を行います

ちなみにこの調整がなければ、労働問題に発展する可能性も秘めていることからかなり重要なスキルです。

営業職と同様に人事職もどの企業でも行う仕事内容は同じですので、つぶしが効きます。つまり、転職に必要なスキルということになります。

交渉力も人事に大切なスキル

調整力と同じく企業内でよくあることが交渉で、交渉力も転職では求められるスキルです。

交渉して調整、調整して交渉、人事職は転職後にこの繰り返しが多いです。

なお、ここには相当なストレスがあり、間に立つということは、板挟みとも言えることですが、板挟みにより精神的なダメージも大きいです。

隠れたうつ病ランキング上位とも言われる人事職なのですが、メンタルの強さも転職に求められるスキルです。

転職先となる企業は、書類選考よりも面接でこの部分を確認します。

普段、自分が面接官として担当しているため、面接官の考えていることは何となく分かると思いますので、調整力と交渉力、メンタルの強さをしっかりアピールすることが転職成功の秘訣です。

人事職も基本的には業界不問

つぶしが効くと言うことで営業職と共通項があるため、人事職も業界不問です。どの業界経験でも基本的には通用します。

全く畑違いの業界人事経験であっても、転職スキルとしては職種経験があれば十分他でも通用すると考えて頂いて良いと思います。

ただし、一部、業界経験を必須としている業界がありますのでご紹介します。

化粧品業界の人事は経験要

化粧品業界は、女性上位の体質を持ち、扱う商品も当然に化粧品関係です。

業界文化ですが、化粧品業界は古くから化粧品知識が商品に直接関わらない職種に求められています。

そのため、化粧品業界の人事職として転職するためのスキルは、化粧品業界の経験者が化粧品知識が豊富な求職者の方です

そうなると必然的に男性よりも女性が有利になり、女性の求職者の方の方が転職成功してる確率は高いです。

飲食業界も経験が必要

飲食業界が人事職として転職に求めるスキルは、業態として飲食業界は、入れ替わりが激しく労働問題が多いことで知られる業界で、かつ、雇用形態も正社員の割合と同じぐらいアルバイトやパートの従業員が多いです。

そのため、労務関係の実務スキルと労務知識は必須になっています

飲食業界の企業のなかには、面接時に労務テストを実施する企業もあるぐらいです。

この資格があれば、ほぼ100%に近いぐらい評価され書類選考の通過率が一気に上がる資格があります。それは社会保険労務士です。

国家資格で取得難易度もかなり高い(社労士の勉強法も参考にして下さい。)のですが、この資格は飲食業界の人事職を希望している求職者の方にとっては強み味方になります。

 

営業が給料アップするには

営業職に必要なスキルを中心に説明しました。

営業はスキルが高いほど、給与も上がるので向上心がある人は是非ともチャレンジしてほしい仕事です。

ただし上記でも説明したように、転職率も高いのが営業の特徴です。

その理由は、転職したほうが給料がアップできるからになります。

基本的に営業はヒアリング力と提案力があれば、どの企業にも貢献できますし重宝されます。

ただし同じ企業にいると給与テーブルの問題で給料が頭打ちになり、成果を出しているのに思ったほど稼げないと不満を持っている人も多いです。

では優秀な営業が給料アップするには、どうすれば良いのでしょうか?

現在の転職市場で営業が給料アップするには、転職エージェントを利用するのがおすすめになります。

転職エージェントがおすすめの理由

転職エージェントは企業に人材を紹介するのが一つの仕事です。

この仕事の裏にあることに、優れた人材を紹介するほど貢献した報酬が高くなることがあります。

それは当然のことで、企業側も良い人材を手に入れるためなら少しくらい高くてもお金を払いますよね。

この仕組みは転職エージェント特有のもので、特に優秀な営業は企業の宝になるため、少しくらい条件が厳しくても(給与が高いなど)飲んでしまう傾向があります。

そのため転職エージェントは、良い条件(ここでは転職希望者の給料がほとんどです)を企業と交渉してくれます。

このように営業職の転職で給料を上げたければ、転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを聞きなれない人のために、転職エージェントのメリットを説明しておきます。

営業の転職はスキル次第でメリット大

営業の転職は、このようにスキルさえあれば、好条件で成功する可能性も高いです。

能力の高さを過小評価されているケースも多いので、現在の状況に不満がある人は転職エージェントを利用することをおすすめします。

特に中小企業に勤めている優秀な営業は、その企業の年収テーブルのせいで他の従業員と大差ない給料になっている可能性が高いです。

せっかくスキルが合っても、それに見合った給料がでないのでは宝の持ち腐れです。

営業のスキルは一生ものなので、どんどん自分の能力に合った企業を見つけることが成功への近道です。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク