フリーターから正社員を目指す方法!段階を踏めば決して難しくはない

フリーターとは、今、現在、定職につかずアルバイトやパートを転々としている人のことを指しますが、この人たちも転職市場で正社員を目指し転職活動をしています。

しかし、その道は、そう簡単なものではなく、他の正社員経験を持つ求職者と同じように転職活動をしても、転職活動期間が長期化する可能性の方が多いです。

今回は、現在、フリーターという立場を持っている求職者がどのような転職活動をすれば、正社員としての転職の道が近づくのかをご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

まずは派遣として!段階的な対策も検討してみよう

フリーターの求職者の転職方法の一つとしておすすめなのは、派遣社員と正社員の合わせ技です。

この転職方法を紹介予定派遣と言います。

フリーターの求職者は、恐らく聞き慣れない転職方法でしょう。

紹介予定派遣は、派遣会社に登録して、派遣会社から仕事を紹介され、書類選考、面談で終わりです。

書類選考に関しては、正社員の書類選考とは異なりかなりシンプルなもので、個人情報や雇用形態は伏せて、略歴だけで判断されます。

また、面談も面接ではなく、長くても30分程度で終わるシンプルなものです。

面接の場合は、その企業である一定の立場にある社員が面接官をしますが、紹介予定派遣の面談は、一般社員であることの方が多いため、通過率も非常に高いです。

正社員としての企業の選考は、書類選考、適性検査、面接複数回ということで、ハードルが高いのですが、紹介予定派遣の場合は、簡単な書類選考、簡単な面談1回だけです。

選考ハードルがここまで低い理由は、入社時の立場は派遣社員だからです。

派遣社員には、どの企業でも裁量権のあるメインの仕事はお願いしません。

あくまで仕事のサポートということで時限措置になります。

しかし、この先が『美味しい』のです。

これだけハードルが低い選考で、『とりあえず企業に入社』した後は、派遣社員として働き、その実際の働きぶりを企業が見て、正社員にするかどうかを判断するということになります。

もちろん、その前提は、求職者自身がその企業に正社員として働きたいという意思があることです。

派遣社員として働く期間は、法律で上限6カ月と決められています。

そのため、派遣社員の立場は最長でも6カ月ということで、多くの場合は、3カ月程度で、正社員の面談があります。

ここでも面接ではなく面談です。

面談は、一般社員ではなく、今現在、所属している課長や部長が担当しますが、日ごろから業務で関わりを持っているため、馴染みがある存在になりますから、面談で緊張することもないでしょうし、話す内容も雑談が大半です。

正社員としての転職活動で相当な苦戦が予想されるフリーターの求職者が、紹介予定派遣という転職方法を使うことで、これだけ簡単に正社員としての転職を掴むことができるのです。

『文章にすれば簡単だけで、実際はそこまで簡単ではないだろう!?』と思うかもしれませんが、良い意味で期待を裏切ってくれます。

紹介予定派遣は、実際も驚くぐらい簡単に正社員として採用されることができるフリーターの求職者にとってはかなりメリットがある転職方法です。

リクルートエージェントは人材総合企業になり、転職エージェント事業はその一つです。

リクルートエージェントを利用することをオススメした理由の一つに紹介予定派遣があるのです。

リクルートエージェントのグループ企業に派遣事業を行う企業があり、その派遣企業も紹介予定派遣を取り扱い、かつ、リクルートエージェントとの連携も期待できます。

リクルートエージェントを利用するだけで、正攻法となる正社員としての転職活動と裏技となる紹介予定派遣の転職方法の両方を展開することができるということになります。

フリーターでも十分転職できる

転職市場には、売り手市場と買い手市場の2つの毛色があります。

売り手市場とは、転職市場に求人がたくさんあり、求職者にとっては有利な環境です。

一方、買い手市場とは、求人が少なくどのような求職者でも苦戦する可能性があります。

求職者からすると、自分が有利な売り手市場で転職活動をすることが理想的ですが、では、売り手市場は、いつ到来するのかという話になりますが、まさに、『今』です。

今は、東京オリンピック誘致の影響で日本経済が好景気に入っていて、それに引っ張られる形で多くの企業が業績拡大、事業拡大のために人員不足になっています。

フリーターの求職者は、今が転職活動のチャンスです。

資格があれば、更に良いのですが、なくても転職エージェントや紹介予定派遣の仕組みを使って転職することが十分できる状況にあります。

今のような売り手市場は、これまで例がありませんので、転職活動をしようか迷っているのであれば、今しかないと言っても良いぐらい最高の舞台が整備されています。

転職エージェントからの転職支援を受けて、フリーターという立場を持つ求職者が、どのように転職活動をすれば正社員として転職できるのかアドバイスを受けつつ、転職活動を積極的に行って良い時期です。

『フリーターから正社員』、この雇用形態の変更を希望する転職活動は容易なものではありません。

絶対にできないということはありませんが、転職市場で転職活動をしている求職者の多くは、それまでの経歴で正社員経験を持っていますし、また、企業の選考においては相対的な比較が必ずありますので、比較されてしまうとため、選考上、不利になります。

断定的に話をしていますが、不利な状況であることは言い切ることができます。

それぐらい、転職市場においては、フリーターという経歴はマイナスになるということです。

転職市場には、正社員転職の市場と非正規雇用の市場があり、フリーターの求職者が活動する市場は、非正規雇用になりますので、畑が違うのです。

畑が違うなかで、ハードルの高い正社員への転職を志す訳ですから、相当な覚悟と徹底した準備が重要になります。

ほぼほぼの確率で、無計画に転職活動をしてしまうと、最悪の場合、フリーターから正社員への転職はできないということもあり得ることです。

フリーターから正社員を目指すためには、これがあれば、かなり立場を有利にすることができるというものがあります。

それは資格です。

今回は、フリーターから正社員への転職を実現するための方法として資格についてお話します。

スポンサードリンク

転職市場は武器が必要

転職市場は、基本的には企業が求職者のそれまでの経歴からなる経験をどう評価するかにより合格、不合格が決まります。

そのため、求職者としては、転職活動時点で、企業に評価されるべきレベルの経験を保有していれば、当然に内定が近づくということになります。

逆に経験がない場合は、内定には程遠い状況になるのですが、このような求職者タイプが、フリーターの求職者です。

フリーターの求職者は、正社員での経験がないため、転職するためには経験が不十分になる企業は評価しようとしません。

転職市場で採用活動を行うほとんどの企業は、中途採用者である求職者を採用後に一定の教育をする前提ではなく、入社後すぐに即戦力として貢献してくれることを想定しています。

経験が乏しいフリーターの求職者が即戦力人材として貢献できるでしょうか。

そう考えればフリーターから正社員の転職がいかに難しいのかということがご理解頂けるでしょう。

しかし、諦める必要は全くありません。

フリーターから正社員への転職を希望する求職者が転職活動途中に投げ出し正社員転職を諦める人も多いのですが、その理由は、計画性がないということと、武器がないということです。

この2つをしっかり準備できれば、フリーターの求職者であっても転職市場で一定以上の評価を受けることができまし、もっと言うと経験がそこそこの求職者よりも高い評価を受けて、短期間での内定も実現できるはずです。

経験がないフリーターの求職者が武器にすべきもの、もっと言うと武器にしなければならないものは資格です。

転職市場で評価されるための資格が必要

国内には、資格と呼ばれるものは非常に多くあります。

『資格を取れば転職できるのか!』ということで、何でも良いから資格取得に励むという行動は、正しいようで転職市場では間違っています。

資格取得するための目的は、まずは転職するためですから、転職することができる資格でなければなりません。

資格には難易度がありますし、転職市場で評価されやすい資格があります。

難易度と転職市場で評価される資格は基本的にイコールになりますが、簡単な資格であれば、それだけ転職市場での価値は低いのです。

難易度が低い資格は、ある意味ではだれでも取得可能ということです。

だれでも取得できる資格は、取得している求職者が多い可能性がありますし、また、採用活動を行う企業サイドから考えても採用後に貢献できる可能性は低いのです。

難易度が高い資格は、取得するには多くの勉強時間が必要ですし期間も必要です。

『転職するから今から資格を取るぞ!』という軽いノリで取得できるほど、難易度の高い資格は甘くないのです。

では、転職市場で評価されるために取得すべき難易度の高い資格はどのようなものがあるのかをご紹介します。

フリーターからの正社員を目指すなら、絶対に取得すべき資格だと認識してください。

基本的には国家資格

転職市場で一般的に、どの企業でも採用したいと思えるレベルの資格は次の通りです。

■公認会計士
■税理士
■弁理士
■社会保険労務士
■行政書士

いずれも国家資格で難易度が高い資格になります。

これ以外にビジネスシーンで有利とされる資格にMOSがありますが、これは有利ではあってもフリーターから正社員を目指す求職者にとっては、少しレベルが低いです。

MOSはPCスキルの証明になるものですが、実務経験がないフリーターの求職者がPCスキルを保有しているというだけでは、評価されることはありません。

PCスキルならば、今時、学生でも保有していますし、同じレベルであれば、年齢が低い新卒者でカバーするでしょう。

今、ご紹介した資格の他にも国家資格ではなくても実務に役立つ高難易度の資格はありますが、業界や職種に特化した資格になりますから、どの企業でも価値があるとは言い難いのです。

今ご紹介している国家資格は、すべてバックオフィス系の資格で、バックオフィスは採用活動を行う企業であれば、必ずありますし、転職市場にも多くの求人があります。

フリーターの求職者は、まずはどの企業にも応募できる資格を保有し、応募できる求人数を増やすことが必要になりますので、バックオフィス系の資格が転職機会を創造してくれます。

これらの資格は、国家資格ですから、言ってみれば国から認可を受けることができるもので、信頼性が高い資格です。

経験がなくてもこれらの資格さえ保有していればフリーターから正社員への転職も道が拓けるでしょう。

例えば、税理士です。

税理士とは、経理や財務に関わる資格で、どの企業も『金』の勘定、管理は必要不可欠です。

税務上、必要以上のキャッシュアウトを防止するための節税対策も必要で、税理士がいれば、知識を駆使して法律をうまく活用し企業にメリットがある資金管理や運用が実現できます。

また、今、ニーズが特に高まっている資格は社会保険労務士です。

特に女性には相性が良い資格と呼ばれていて、女性が積極的に資格取得を目指す傾向があります。

もちろん、男性でも問題ないのですが、年金・育児・介護、または働き方改革に関しての知識が企業には必要で、その知識を保有している証明が社会保険労務士になります。

資格が転職活動に与える具体的な影響

このように国家資格を取得した上で転職活動をすると、資格がない状態で転職活動をするよりも、確実に選考通過率が変わり、結果的にも内定が出るということです。

具体的には、特に書類選考通過率が一気に上昇します。

フリーターから正社員を目指す求職者にとって、最大の難関は、書類選考です。

書類選考の他にも面接という選考がありますが、この両者は選考の性格が異なります。

面接の場合は、人物面を図りますし、その上で経験以外の部分も加味されて通過させる選考になります。
※面接は面接でも1次面接は見送りを前提とした落とす面接です。

一方、書類選考とは、履歴書や職務経歴書だけで求職者の判断をしますから、企業からすると、選考を見送りにして面接回数を減らすためには好都合の選考です。

人物面を一切見ずに履歴書や職務経歴書上に記載されている経験などの経歴だけで判断されますから、フリーターという経歴は、企業からすると見送り要素満載のものになります。

すでに転職活動をしているフリーターから正社員を目指す求職者は経験があるでしょうが、書類選考の通過率は恐ろしいぐらい悪いはずです。

一般的に2割前後と言われている書類選考の通過率ですが、フリーターという経歴を持っているだけで、2割よりはるかに下回り1割もない通過率になります。

1割ないということは10社応募した場合、1社も通過しないということがあるということです。

逆を言えば、書類選考の通過率さえ上げることができれば、それだけ内定に近づくということです。

その大きな要素となることが資格になります。

国家資格は、書類選考においては非常に見栄えが良いもので、企業からすると、その資格があるだけで、その他の経歴は無視するぐらい注目ポイントになります。

バックオフィス系の職種においては、それぞれの資格に親和性が強い資格を持っていると経験よりも知識を優先する傾向があります。

それもそのはずで、バックオフィス系の職種は実務経験はもちろん必要になりますが、それ以上に、知識量が企業への貢献に大きく繋がります。

企業は経営をする上で、複数の法律に準拠する必要があり、そのためには専門的な知識を保有している人材が必要で、社内にその専門的な知識を保有している人材がいないため、高い費用を支払って顧問契約をして法令遵守を徹底しています。

もし、このような環境のなかで、経歴がフリーターであっても、各種国家資格を保有している求職者が応募してきたらどう思うでしょう。

確実に、企業は欲しいと感じます。

社内に専門的な知識を保有している人材がいるということはもちろんなのですが、その他として、費用対効果があります。

高い費用をそれまで負担していた企業は、国家資格保有者がいることにより顧問契約をする必要がなくなります。

顧問契約料はいくらぐらいかご存知でしょうか?

1カ月当たり100万円前後になっています。

企業からすると年間で考えると1200万円です。

このコストをフリーターから正社員の転職を目指す求職者が転職するだけで浮くことになります。

企業は中途採用で即戦力を期待している訳ですから、専門的な知識により十分な即戦力となり、しかも、コスト面、法令面のいずれにおいても採用メリットがあるのです。

どれぐらいの年収で転職できる?

転職市場において、年収を上げて転職できる人はそんなに多くはいません。

テレビCMなどで転職したら年収が上がるという情報が飛び交っていますが、現実的にはそんなに多くはいません。

フリーターから正社員を目指す場合も例外ではなく、現状のアルバイトやパートで得ている給料とほぼ変わらないということになります。

雇用の安定のために条件は二の次で考えて正社員として転職することを優先しているとしても、あることが理由で一気に年収が上がった状態で転職できるのであれば、それは最高の転職でしょう。

そのあることこそ、資格になるのですが、国家資格を取得しているだけで、転職時の年収は大きく変わり、フリーターのときとは天と地の差があるぐらい大きな年収を手にすることができます。

今回ご紹介した国家資格のなかで最も高い年収を得ることができる資格は公認会計士と税理士です。

この2つの資格は転職市場で特に価値が高く、取得している求職者はほぼいません。

それほど難易度が高く、取得に関してはかなりの労力を要することになるのですが、その労力以上の転職価値を得ることができます。

簡単な資格を10個、20個取得するよりも公認会計士や税理士の資格を1つ取得することの方が転職時の年収は高いです。

年収は、企業が、企業に対してどれだけ貢献しているかの証明になるのですが、先程の通り、それだけの貢献度があるということです。

具体的にどれぐらいの年収が提示されるのかと言いますと、1000万前後です。

1000万円という年収は日本の全人口の1割未満しか得ていない年収額です。

今までフリーターで安定に欠ける雇用形態で、しかも、低賃金だったフリーターから正社員を目指す求職者が資格だけで1000万円前後の年収を取得するということは、ある意味でジャパニーズドリームのようなものです。

転職には条件があり、フリーターの求職者は、正社員で転職できただけで十分と感じるのですが、転職市場で弱い立場を変え、しかも、強気に交渉することもできますし、経験豊富な求職者よりも高い条件で転職することが実現できます。

資格とは転職において相当な武器になり、企業からしても貢献度の高い存在です。

転職活動を無計画にするのではなく、資格取得して転職市場で価値を作り、転職活動をした方が遠回りに見て実は最短だったりします。

転職エージェントなどを利用してキャリアアドバイザーからアドバイスを受けつつ、資格取得した上で転職活動を本格化してください。

資格に関する転職情報はリクルートエージェントがオススメですので、リクルートエージェントに登録することも必要かもしれません。

絶対に外せない転職エージェント

フリーターの求職者は、転職方法としては転職エージェントを絶対に使ってください。

転職方法には、転職エージェントのほかに転職サイトやハローワークがありますが、これらの方法はすべて求職者が自ら企業への応募手続きなどを行う自己応募になります。

この方法で転職活動をすると、企業の選考に関してはフリーターという経歴により圧倒的に不利な状況になり、特に、書類選考においては、相当低い通過率になってしまいます。

そうなると、どうなるかと言いますと、まず、正社員としての転職を諦めようとしていまいます。

フリーターの求職者に限らず、企業の選考で見送りが続くと、人間否定されている感じになってしまい、自分に対して、『自分はだめな人間だ』、『自分は正社員としては転職できない』などとネガティブな思考に入ってしまい、正社員としての転職ではなく、これまでと変わらないフリーターの道を選んでしまう可能性が高いです。

転職エージェントを利用すると、書類選考においては特に効果があり、転職支援の一つに書類選考対策としての履歴書や職務経歴書の添削サービスがあり、企業の選考通過率を上げるために、企業ごとの選考特徴を把握した上で、添削を受けることができます。

転職エージェントは、これまで多くの転職支援と同時にそれと同じ数の企業の採用支援の実績がありますから、企業ごとの書類選考の特徴も把握しています。

言ってみれば、ピンポイントに書類選考が通過するような履歴書や職務経歴書を作成することができるということです。

書類選考は、面接とは異なり、完全に見送ることを前提とした性格を持ちますので、書類上で、少しでも欠点になるような部分があると見送りにしますし、フリーターという経歴はまさにそれに該当します。

いくら添削を受けてもフリーターという経歴は過去のことですので、変えることはできないのですが、この点をうまく推薦する際に転職エージェントはケアしてくれます。

転職エージェントは企業に求職者を推薦する際に、推薦状というものを添付しますが、推薦状には、面接で判断するべき人間性の部分も加筆されています。

企業に推薦する際に、フリーターという経歴をなぜ持っているのかという書類では表現できない点を第三者視点で補足説明しますので、企業に対してのプッシュに繋がります。

確実に転職サイトなどの自己応募方法よりも転職エージェントを利用した方が通過率は高くなりますので、転職エージェントは絶対に使うべきです。

特にリクルートエージェントは必須

転職エージェントと言っても今の日本には1000社以上の転職エージェントが存在します。

それぞれ他の転職エージェントとの差別化を図るために、特化型の転職支援や転職支援の質にこだわったりと異なる性格を持っています。

1000社以上ある転職エージェントのなかで、フリーターという経歴を持つ求職者には、リクルートエージェントが最もオススメできる転職エージェントです。

リクルートエージェントは日本で最も転職支援実績、採用支援実績があり、企業からの信頼も最も熱いです。

同じ求人でもリクルートエージェントから推薦された求職者は、他の転職エージェントから推薦されるよりも書類選考の通過率が変わると言われています。

理由は、リクルートエージェントが企業に対して、対等な立場で意見を言える立場にあり、企業からすると、リクルートエージェントからの推薦ならば一回会ってみようということになるのです。

基本的に、書類選考は、求職者の経験やスキルなどの経歴で判断されますが、リクルートエージェントからの推薦であれば、それに加えて、リクルートエージェントの信頼という要素があります。

通常であれば、書類選考で不合格になりそうなところを、リクルートエージェントの信用により、書類選考の通過ができるということもあります。

リクルートエージェントは、フリーターの転職支援に関しても得意という訳ではありませんが、実績がありますので、過去のフリーターの求職者がどのような求人に応募し、転職できているのかの傾向と対策をノウハウとして保有しています。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment