【必見】高校中退は就職や転職に不利!?学歴がなくても成功するために必要なこと

高校中退は就職や転職に不利でしょうか?

日本には今も、学歴偏重主義が強く残っています。

昔は、今よりももっと強烈な学歴偏重主義であり、子供は両親から、就職のためには良い大学という教育を受けていた時代もあります。

最近では、偏差値が高い大学が必ず本人のためになるとは限らないということがあり、少しずつ、本人のやりたいことが学べる進学先という動きが出ています。

この観点で考えると転職市場にも学歴で求職者を選ぶという基準があるはずですが、実際のところはどうでしょうか。

答えは、まだ色濃く学歴で選考を行う企業は残っています。

ただ、学歴だけではなく転職市場では、求職者が持つ経験やスキルも重視し、即戦力を期待している面もありますので、どちらを優先するかは企業により異なります。

ベンチャー企業であれば、学歴よりも経験を重視しますし、大手企業であれば学歴を重視しつつ、その上で経験があるかどうかで判断します。

ここまでご紹介した学歴は、大卒がメインになりますが、求職者のなかには高卒や高校中退という学歴を持つ人もいます。

今回は、学歴を重視する傾向もある転職市場で高校中退という学歴を持つ求職者がどのような評価を受けるのか、また、就職することができるとすればどのような方法が理想的であるのかをご紹介します。

スポンサードリンク

高校中退とは?

高校中退とは、高校を卒業していないということで、転職市場においては、その求職者の最終学歴は中卒になります。

昭和時代の戦前戦後では中卒という学歴は普通だったのですが、時代の流れとともに高卒が当たり前になり、今では大卒が当たり前になっています。

転職市場で転職活動を行う求職者の多くは大卒の最終学歴を持っていますので、それを考えるとかなりアウトローな存在です。

転職市場における高校中退の評価

高校中退の場合、転職市場においてどのような評価を企業から受けるのか、この点を転職活動前に把握しておくことは大事です。

転職市場で、高校中退という学歴を高く評価する企業はほぼゼロだと思って良いです。

高く評価をしないということは、それだけ転職活動では苦戦が予想されるということになるのですが、高校中退だからと言って転職活動に対して悲観する必要はありません。

冒頭でもお伝えしたように転職市場は求職者の経験を企業がどう評価するかにより決まるため、学歴が浅くても、それを上回るぐらいの経験を持っていれば、十分、転職市場では勝負することができるということです。

ただし、大手企業への転職となれば、経験があってもなかなか内定を勝ち取るということは難しいですので、転職条件にはベンチャー企業を中心に考えておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

高校中退の転職方法

高校中退の求職者は、書類選考で学歴を理由に足切りにあう可能性がありますので、転職サイトなど自己応募の方法は相性があまり良くありません。

書類選考は、面接も含めてすべての選考フローのなかで最も選考通過率が低く、採用活動を行う企業から見て、少しでも気になる部分があると見送りにされてしまう、『落とす選考』と呼ばれています。

企業の選考には、同じ選考フローであっても、『落とす選考』と『通過させる選考』の2つが存在します。

『落とす選考』の代表格が書類選考で、書類選考は面接とは違う選考性格を持ち、企業の採用活動を円滑に生産性高く行うことを目的に、応募数をかなり絞り込む傾向が強いです。

面接では通過できそうな経験を持っていても、書類選考では見送りになることも多いです。

書類選考は、求職者の『あらさがし』という意味合いが強く、少しでも気になる部分があると、その他の箇所は見ずにそのまま見送りになってしまうのです。

その意味では、高校中退という学歴は書類選考の『あらさがし』の格好の的です。

転職サイトなどを利用すると確かに求人を見つけ応募することはできるのですが、応募手続き含めたすべてのことを求職者自身で行うことが必要で、だれの後ろ盾やサポートがなく選考を受けるということになります

書類選考は『あらさがし』になるのですが、高校中退という転職市場からすると欠点に近い要素を持っていると、そのまま見送りにされてしまいますので、だれかのサポートが必要です。

そのサポート役であり、書類選考の通過率を上げるためには転職エージェントという手段を使うことが理想的です。

転職エージェントとは、すべてを無料で転職支援してくれる企業と求職者の間に入り、求職者の転職支援や企業の採用支援を行う立場で、マッチングビジネスとも呼ばれています。

求職者からすると、すべて無料で利用することができるという点がメリットにあり、転職支援中も、求人紹介や選考スケジュール調整など、あらゆる面で自分の転職活動で都合の良い存在です。

高校中退の求職者は、まず、書類選考対策として転職エージェントを使い、自分の転職支援を直接担当するキャリアアドバイザーの力をうまく利用しましょう。

転職エージェントを利用して自分が希望する求人に応募すると、キャリアアドバイザーが求職者の推薦状を作成し、求職者が転職エージェントに提出した履歴書と職務経歴書と一緒に企業へ提出します。

推薦状でキャリアアドバイザーがサポート

転職サイトなど自己応募の場合は、絶対に推薦状は存在しません。

自分で応募して自分が、自分を推薦するということは違和感があるでしょう。

転職エージェントを利用すると、企業に対しては、求職者が応募希望を持ち、求職者をキャリアアドバイザーが判断して、応募しても問題ないと感じ、面談などから得た求職者の印象や推薦する理由を推薦状に記載します

企業としては、キャリアアドバイザーが推薦しているのだからということで、履歴書や職務経歴書に目を通す前に必ず推薦状には目をやります。

推薦状に記載されている内容は先ほど触れた内容の他に、求職者の経歴や転職理由を簡単に記載しています。

この推薦状があるだけで、自己応募とは違いがあります。

推薦状を求職者は通常は見ることはできないのですが、キャリアアドバイザーに対して、応募する際の推薦状をどのように記載しているか見たいと依頼することで、問題なく見せてくれます。

どのような求職者であっても、転職エージェントを利用し企業に応募する場合、キャリアアドバイザーから推薦状が出されているということは知りませんので、転職エージェントが求職者の選考を有利にするために、裏側でこのような動きをしているということを知っておくと良いでしょう。

推薦状に加えて、企業に直接アプローチ

転職エージェントを介して企業に応募し、選考結果が出ます。

選考結果が出てから求職者にキャリアアドバイザーがその結果を伝えるまで、どのようなプロセスをキャリアアドバイザーが踏んでいるのか、このあたりも求職者はあまり知らないはずです。

求職者のイメージとしては、下記でしょう。

企業→転職エージェント→求職者

選考結果の伝達プロセスはこのやり取りだけだと思っていませんか?

このプロセスであることは間違いないのですが、求職者が知らないところで、転職エージェントは企業と交渉をしていますので、下記が正確なプロセスになります。

企業『⇔』転職エージェント→求職者

カッコ書きの箇所の矢印を確認してください。

矢印が両方に向いていることにお気づきでしょうか。

この矢印の意味は、企業から選考結果を伝達されても、そのまま求職者に伝達するのではなく、結果に対してキャリアアドバイザーが納得できない、または、もっとしっかり選考して欲しいという場合などに、企業に対して選考のやり直しや選考結果の見直しをしているということです。

企業に求職者を推薦するタイミングで、求職者を担当するキャリアアドバイザーは推薦状の提出とともに自らの言葉で推薦状の内容説明をしますし、一回の書類選考で納得できないなどの場合は、再度、選考をするように交渉しています。

高校中退の求職者は、この矢印のプロセスが特に利用メリットがあり、高校中退という学歴をサポートしてくれる点になり、書類選考の通過率を上げる要因になるのです。

ハローワークはオススメしない

高校中退の求職者が、転職活動で利用しがちな転職方法はハローワークです。

ハローワークとは、だれでも無料で利用することができる国が運営する公共機関です。

友人や知人からの勧めで、求人を無料で紹介してくれるということで、ハローワークにまず通うというケースが多いです。

確かに求人の紹介はありますが、その後の転職支援はほぼありませんし、転職エージェントとの比較で考えるとまるで別物です。

転職エージェントもハローワークも同じ無料で転職支援をする機関になりますが、違いは民間か公共かです。

転職エージェントは民間企業であるため求職者の転職支援はもちろんのこと、自社の経営維持も考えなければなりませんので、求職者をいかに転職させるのかということで転職支援に積極的です。

一方、ハローワークというと、国が公共で行う転職支援であるため、担当する人はアルバイトやパートの中高年で、求人紹介はあっても、その後の選考に関しては積極的に支援することはありません。

転職することに関しては、応援していますが、支援することはありません。

と言うよりも転職支援に関するノウハウやスキルが不十分で支援したくてもできないということが正確なことです。

ハローワークは求人の質も違う

求人紹介はあっても、転職エージェントと比較すると求人の質がまるで違います。

高校中退の求職者は、安い給料であっても、どこでも良いので転職したいということもあるかもしれませんが、できることなら、より良い条件で転職したいと考えるでしょう。

ハローワークには、安い給料などアルバイトやパートの求人も多く、求人の質が高いとは絶対に言えません。

転職エージェントは、正社員での転職を希望する求職者が転職活動をする転職市場を主戦場にしているため、正社員の求人が9割以上です。

転職エージェントを利用すると正社員で、より良い条件の求人紹介があり、この点においても高校中退の求職者にはメリットがあります。

資格取得してから転職活動

転職市場の動向としては、経験を重視しますが、経験をもっと具体的に言いますと、業務経験と知識です。

業務経験は、業務を行って得られる経験ですが、知識は業務を経験せずとも習得することができます。

企業の選考で、『知識はあります!』と言っても、知識は目に見えるものではないので説得力がありません。

説得力を持つためには、証拠が必要で、資格がベストです。

企業には、経営を行う上で絶対に必要な知識があります。

経営に絶対に必要な知識を資格取得で身につけることで高校中退の学歴であっても、それを上回る知識があると評価されます。

高校中退であっても、経営が求める国家資格を取得することができます。

公認会計士、社会保険労務士、税理士、行政書士は、転職市場で人気の高い資格で、すべてにおいて難易度は高いですが、この資格さえあれば、実務経験がゼロであっても内定を勝ち取ることができる素晴らしい武器です。

この武器があれば、高校中退という学歴は帳消しです。

恐らく、苦労することなく複数の企業から内定をもらえることができるでしょう。

絶対に現職をやめない

高校中退の求職者は、現職に在籍中であれば、内定が出るまで絶対に現職を辞めてはいけません。

資格取得をしていれば、問題ないのですが、資格取得がない場合の高校中退の求職者が、転職市場で勝負するための要素は、経験と学歴です。

学歴は残念ながら多くの求職者が大卒であるため、武器にすることはできないのですが、経験は他の求職者と同じ土俵で戦えます。

企業の選考を、高校中退の求職者で経験豊富な人と大卒で経験が浅い人の2人が応募したとします。

その企業はどちらの求職者に高い評価を与えるでしょう。

正解は、高校中退の求職者の方です。

転職市場は、経験も重視されるため、高校中退の求職者は、学歴が浅い分、転職市場で戦えるぐらいの経験が必須です。

その経験を転職活動中でも現職で得られる訳ですし、学歴がネックで見送りになる可能性もありますから、転職活動期間が長くなるリスクも想定して絶対に現職を辞めてはいけません。

高校中退の求職者は、今の転職市場でも十分に転職、就職することはできますので、準備や方法を間違えず頑張ってください。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment