飲食業界は間違いなくブラック企業!一生働くならそれなりの覚悟も必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職市場で転職活動をするならば、求職者は絶対にやるべきことが2つあります。

1つは希望条件を設定するための自己分析で、もう1つは自分が希望する業界や職種に対する情報収集です。

どちらも転職活動をするためには絶対に外せない準備になるのですが、今回は、情報収集という点にフォーカスして話を進めていきます。

どのような求職者であっても、ある程度の希望業界や職種の絞り込みをするでしょう。

なかには転職活動をしながら絞っていくいうタイプの求職者もいますが、できればその方法は避けたいことです。

特に自分が希望する業界や職種が世間一般的にハードワークという噂がある場合は要注意です。

恐らく求職者は、自分がこれまでの経歴で経験がある業界や職種で応募しようとするでしょうが、この場合であっても企業によってさまざま違いがありますので、企業研究も必要なことです。

転職市場には多くの業界の企業が採用活動を行っているのですが、ブラック業界、ブラック企業と呼ばれる企業も当然のように求人を公開しています。

ブラック業界やブラック企業に転職すると求職者はどうなるか?

簡単に言いますと、不幸な転職にしかなりません。

人生にも大きな悪影響を与えることになりますので、転職において、ブラック企業への転職は絶対避けたいところです。

ブラック業界、ブラック企業と言っても具体的にどのような業界や企業か分からないという求職者も多いはずです。

具体的な企業名はここでは避けますが、業界であれば、それぞれの企業の悪評を伝える訳ではないですから、許容範囲でしょう。

ですので、ブラック業界について、触れておきます。

転職市場において、ほぼ絶対の確率でブラックと呼ばれる業界があります。

それは飲食業界です。

飲食業界は、ブラック企業の宝庫で有名ですので、職種に関係なく飲食業界への転職を希望する求職者は情報収集は怠ってはいけません。

飲食業界の労働環境

ブラックと呼ばれる労働環境はどのようなものかと言いますと、飲食業界の労働環境を説明すると、ほぼイコールになりますので、飲食業界の労働環境を説明します。

飲食業界の労働環境は、長時間労働で休日も極端に少なく、低賃金です。

以前、某ハンバーガーチェーンを展開する企業の名ばかり管理職ということがニュースになったことがありますが、記憶にありますか?

その企業も飲食業界の一つで、世間的にかなりダークなイメージを与えて、そこから業績を下げたことでも有名です。

長時間労働

飲食業界の長時間労働を具体的に言いますと、店舗自体の営業時間が長いために、必然的に社員が労働する時間も長くなり、1日あたりの平均の所定労働時間は10時間です。

労働基準法に詳しい求職者であれば、『10時間!?』と違和感を持つでしょう。

労働基準法では、1日あたりの労働時間は8時間までとなっています。

つまり、10時間ということは、労働基準法が認める所定労働時間を2時間も上回っているということになり、法律違反!

・・・のように感じるのですが、実は法律違反ではありません。

事業の性格上、ある特定業種については、1日あたり8時間という規定を上回る労働時間を所定にしても問題ないとされていて、その特定業種が飲食業界になります。

では、なぜ、飲食業界が1日あたり10時間の所定労働時間を導入することができているのかと言いますと、労働基準法には、求職者からすると厄介な変形労働時間制という特殊な制度があります。

事業の正常な運営を保つために、国は、変形労働時間制を導入する企業に関しては、8時間を超えても良いとしているのです。

このときに、労使協定というものを企業と労働者代表は締結して、労働基準監督署に届け出る必要があるのですが、特に問題なく普通に認可されます。

ポイントは企業と労働者代表が締結するという点です。

労働者代表は、その企業で働く全社員から自薦、他薦により決定するのですが、飲食業界の場合、企業が自己の都合により指名して決定します。

実は、ここのついては違反行為です。

企業は自社の理由により指名する可能性があるので、法律上は違反行為としていますが、飲食業界でなくても、労働者代表を専任する場合、企業が指名するということが多いです。

基本的に飲食業界は、店舗運営の正常を保つために、1日単位でシフト制を組み、早番、中番、遅番という3交代制を導入しています。

しかし、この3交代制が機能していません。

なぜかと言いますと、飲食業界は労働集約型のビジネスモデルで、店舗には社員含めた従業員が複数名いなければ運営することが難しいからです。

世間一般的に飲食業界はブラック業界という噂が非常に出回っているため、人材確保に苦戦し、3交代制を機能させることができていないのです。

そのしわ寄せは現職の社員に集まり、1日ぶっ通しで働くという日も珍しくありません。

朝に開店準備のために9時に出社して、店舗が閉まり閉店準備を終えて帰社するのは12時近くというスケジュールです。

10時間どころの騒ぎでは労働時間になっているのです。

この働き方が恒久化すると、当然、体が持ちませんので離職する社員が多く飲食業界は離職率が高い業界です。

ですので、飲食業界の企業はほぼ年中、求人を公開して中途採用をしているということになっています。

飲食業界への転職は非常に簡単にできることですが、転職後の働き方は相当大変ですので、情報収集とともに覚悟が必要です。

休日日数が少ない

飲食業界は、長時間労働である他に休日日数が少ないことでも知られています。

広義で言えば、飲食業界はサービス業とも言えるのですが、一般の人が休日である土日祝祭日でも店舗は営業しています。

労働集約型のビジネスモデルですから、当然、店舗には人がいなければ運営できません。

飲食業界は土日祝祭日の休みはありません。

毎月、公休という休暇が8日程度付与されているだけです。

月間8日という休日日数はその月が4週であれば、週休2日ということで、土日休みの業界と同じになりますが、通常の業界は、土日の他、祝日がありますので年間休日日数は120日以上です。

飲食業界はと言えば、祝日は関係ありませんので90日、100日という日数です。

年間あたり30日程度も休日が少ないということになります。

長時間労働であり、しかも休日日数が少ないという労働環境を求職者はどう思いますか?

少し興味があるという程度で、積極的に転職しようと思うでしょうか?

本当に飲食業界が好きで人生の仕事にしたいと思うぐらいの気概がなければ長続きすることはないでしょう。

飲食業界は、長時間労働、休日日数が少ないという2点だけでも十分、ブラックであるのですが、この他にこの後、お話する低賃金という最悪な条件があります。

低賃金

長時間労働であっても、休日日数が少なくても、給料が高ければ、頑張って働こうと思うかもしれません。

しかし、残念ながら飲食業界は、低賃金です。

その理由は、先程からお伝えしている労働集約型のビジネスモデルが原因にあります。

どのような業界でも経営を行う上では社員が必要で、社員を雇用し続けるためには給料を支払わなければなりません。

給料とは管理会計上、固定費のなかの人件費と呼ばれていて、経営において固定費のなかで最も高い割合を占めるものが人件費です。

労働集約型のビジネスモデルの場合、雇用する社員数が多いため、一人に支払う給料が少なくなるのです。

飲食業界は、低賃金であるため、その労働量に見合うだけの稼ぎを伴うことは難しい労働環境になります。

10時間を超える労働時間については、残業になるため、残業代の支給対象に本来はなるのですが、飲食業界で残業代を支払ってもらっている社員はほぼいないと思った方が良いです。

基本的にサービス残業になります。

人件費を削減するために、アルバイトやパートで店舗運営するケースも多く、労働時間が長くなる理由はアルバイトやパートへの業務業育も理由にあります。

この時間に係る残業代も当然に支払われることはありませんので、サービス残業になり結果的に低賃金の状況を変えることはできないと思った方が良いです。

飲食業界への転職方法

飲食業界への店舗で働く職種については、相性が良い転職方法は転職サイトや求人情報誌です。

飲食業界は1つの求人で大量に採用しようとするため、店舗で働く職種で転職エージェントを利用すると成功報酬のコストが跳ね上がるため、採用都合が悪いのです。

ですので、店舗で働く職種を希望するのであれば、転職エージェントよりも転職サイトや求人情報誌の方が良いでしょう。

自己応募の場合、すべての転職工程を自分一人で行わなければならないデメリットはありますが、正直なところ、飲食業界の選考基準はかなり低いですし、書類選考に必要な履歴書や職務経歴書も精度が高くなければならないということもありませんので、求職者が自分ですべてのことを行っても許容できるものです。

一方、飲食業界の企業の管理や営業の職種の場合は転職サイトや求人情報誌では、転職には不利です。

理由は、これらの職種は大量採用ではなく1名、2名程度の採用になりますから、企業は多少のコスト増につながっても採用活動工数を軽減した方が良いので転職エージェントを利用することの方が多いからです。

求人が多ければ当然、求職者からするとその転職方法を利用した方が有利な転職活動を実現できます。

ただし、飲食業界は、ブラックな働き方は店舗で働く職種だけではないので、注意してください。

飲食業界の直接利益を生む部門は店舗です。

どの企業でも直接利益を生む部門の方が社内的な立場は強く、労働環境も不公平感がないように直接利益を生む部門に合わせることが多いです。

飲食業界は店舗運営が中心の経営になりますから管理や営業の職種であっても、長時間労働であり、休日日数は少なく賃金も安いです。

多少の違いはあっても管理や営業の職種だからと言って極端に労働環境が優遇されるということはありません。

管理や営業の職種の場合、転職エージェントを利用することがベストなのですが、転職難易度はどうかと言いますと簡単ではないものの、それほど難易度が高いものでもありません。

飲食業界の管理、営業の求人見極め

飲食業界で働きたいと思っている求職者は、できれば労働環境の良い企業に転職した方が良いのは言うまでもないのですが、転職エージェントから求人の紹介があったときに着目して欲しい点があります。

それは、『ジョブローテーション』です。

飲食業界のあるある話になりますが、現場を経験して欲しいという願いから、管理や営業で転職しても、近い将来、部署異動で、店舗で働く職種に異動になる可能性があります。

飲食業界の求人で『ジョブローテーション制度あり』という表記がある場合は、怪しいと思った方が良いです。

店舗で働く人材不足により、戦略的に管理や営業で採用して、採用後に店舗で働く人員不足の解消のために異動させるという作為的な理由ではないのですが、経営上の問題でジョブローテーションにより店舗異動になる可能性があります。

転職エージェントを利用する際に、転職支援中にキャリアアドバイザーに対して、ジョブローテーションがあるかどうかの確認は絶対にしておいた方が良いです。

また、飲食業界の求人特徴としては、転職時の年収条件に関してバッファを持たせていることがあります。

例えば、『400万円~600万円』というようなイメージです。

このバッファは、どの企業でもあるのですが、その振れ幅が大きいことが飲食業界にはあります。

振れ幅が大きければ、大きいだけ、低賃金の可能性がありますし、求人に記載されている年収幅を下回る可能性があります。

ブラックな労働環境を回避するためにも、転職エージェントをうまく活用して求人の見極めを行ってください。

飲食業界への転職は情報収集が絶対条件

ここまで飲食業界についてご紹介しましたが、積極的に転職しようと思える求職者はいますか?

飲食業界の経験がない求職者で飲食業界を希望するのであれば、今回の情報はリアルな事実になりますから、情報として活用し飲食業界への転職について今一度、慎重に検討した方が良いでしょう。

飲食業界への転職は勢いではまずく、必ず情報収集をした上で、熟慮することが必要です。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

スポンサードリンク

スポンサードリンク